07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダーエグゼイド&宇宙戦隊キュウレンジャー。

恒例の仮面ライダーエグゼイド 第18話「暴かれしtruth!

宇宙戦隊キュウレンジャー 第1話「宇宙一のスーパースター

感想です。




まずキュウレンジャー

ほぼほぼ、第一話の基本を踏襲したオーソドックスな内容でしたね。



とは言え、最初から地球外が舞台というのは、戦隊史上でも非常にな事態です。

宇宙から来た(帰ってきた)戦隊はいても、主な活動場所が宇宙というのは、恐らく戦隊初でしょう。

メタルヒーローで言えばジャスピオンが1番近いですが、あれも数話後には地球メインになってしまいました。

あれは当時結構がっかりしたモノですが、今回のキュウレンジャーはどうなるのか楽しみです。

以前も触れましたが、今回の戦隊は最初から9人と設定されており、これも戦隊初

ただし、1話開始時点では、三人しか揃っていません。

しかも、一人は完全に人間からかけ離れた存在と来たもんだ。

おまけに、今回加わったブルーも人外の容貌をしており、中々わくわくさせてくれます。

時代は遥か未来との事で、残りの人間型をしているメンバーも全員が地球外出身であり、地球人かどうかも定かではありません

個性も尖っており、コックで料理オタクのカジキイエローことスパーダ

戦隊初の女性グリーンであり、忍者属性とJK属性を併せ持つハミィ

ゴーバスターズ以来のロボットメンバーであり、見た通りの脳筋が売りのオウシブラックことチャンプ

ガオブラックかな?

それに司令官秘書アンドロイドのラプター283を加えたのが、反乱組織「リベリオン」の初期メンバーです。

ただ、司令官が誰なのかも不明なので、この実戦メンバーが全てでは無さそう

彼らは巨大母艦「オリオン号」を基地としていますが、ゴーカイガレオンなどとは違って、純粋な輸送船だそうで。

そこに加わるのが、宇宙の冒険野郎であるラッキー

そして、一族をに滅ぼされ、復讐の心を持ちつつも、無力感に苦しむ獣人戦士のガルです。

ラッキーは「宇宙の果て」に辿り着くという、とてつもない目的を以って故郷のシシ座系を飛び出したそうで。

性格はポジティブシンキングでノリが良く、更に名前の通り強運に恵まれ、そして運試しが好きという変わり者

当初はキュウレンジャーに選ばれた存在では無かったのですが、自力でその資格をもぎ取ってみせた猛者でもあります。

資格取得後はシシレッドに変身し、文字通り獅子奮迅の活躍をしました。

しかも、彼の操るスペースマシン「シシボイジャー」がロボのコアとなる為、参戦即戦力となっています。

ガルの方はキュータマには選ばれていたものの、一族を失ったトラウマで戦う事が出来なくなっていました。

が、果敢に戦うハミィ達や、宇宙空間に放り出されて尚諦めなかったラッキーの闘志に喚起され、遂に変身

ロボの最低稼働数である5人を満たした事で、キュウレンオーを誕生させ、敵の巨大戦力にも立ち向かえる様になっています。

巨大ロボのキュウレンオーは、手足を自在に交換出来る、言わばスクランブル合体を採用している為、コアのシシボイジャーがあれば、残りはどのメンバーでもどこでも合体が可能に。

そのパターン、何と1680通りとの事。

これは、前作のキューブアニマルによる自由度の高い合体を、更に進めた感じですね。

さて、残るキュウレンジャーは後4人

どんなアクの強いメンバーが登場するのか、非常に楽しみです。







一方、今回の敵は久しぶりの宇宙規模の国家である「宇宙幕府ジャークマター

名前の通り、地球の幕府をモチーフとした構成になっており、トップに謎のショーグンである「ドン・アルマゲ」が君臨。

その下に、カロー(家老)・ダイカーン(代官)という上級職が存在し、更に戦闘員としてツヨインダベーインダベーが配備されており、日夜侵略に明け暮れています。

今回はカローの一人であるエリードロンと戦闘員しか登場しませんでしたが、怪人に当たる存在はいないのでしょうか?

まあ、恐らくは未だ未登場のダイカーンがそれに当たるのかも。

時代劇とかでも、大抵は悪代官が悪事を働いてるモノですし。

ザンギャック以来の宇宙国家規模の敵である為、スケールの大きな戦いを期待したい所ですね。

ゴーカイジャーでは、地球に拘ったせいで、メイン戦闘自体がミニマムにならざるを得なかったので。




色々初だらけ大変でしょうが、一年間失速せず突っ走って貰いたい所。

かってない大風呂敷を広げたからには、大スケールならではの楽しさ期待させて頂きます。




次回、一行が出会ったのは宇宙盗賊?

楽しみに待つとしましょう。








次は仮面ライダーエグゼイド

社長、最早暴走が止まらないでござるの巻。


永夢は、自身に対する態度への不信からか、飛彩を問い詰めます

が、事実を伝える訳にはいかない飛彩は、ガシャットの譲渡を要求するのみ。

と言うのも、事前に大我から色々念押しをされていたからですが。

しかし、社長が作を餌にエグゼイドをおびき寄せようとした為、その努力も無駄になってしまいました。

エグゼイドは作から飛び出たモータスを追って飛び出してしまい、その隙に残ったスナイプが撃破され、またもガシャットが全部奪われる羽目に。

しかもモータスには振り切られると、もう散々

完全に連携が取れていない故の失態であり、戦わせてはいけないエグゼイドが残る事も社長の作戦通り

それでも作の治療を優先する永夢を、誰も止める事が出来ません

モータスと戦おうとするエグゼイドを、新ガシャットを使い撃破する社長。

自身ではレベル10が限界なのか、今度は奪ったガシャットでレベル50のガシャコンギアを使用するなど、最早社長のやりたい放題

しかし、前回同様モータスを「用済み」として始末した事が、パラドの逆鱗に触れる結果に。

今度は社長自身がレベル50の脅威を喰らって、無様に変身解除

これに立腹した社長は、「パラドの希望を奪う」と称して、遂にやってはいけない事をしてしまいます。

それは、永夢の秘密を豪快に暴露してしまう事。

結果、自身が「最初のゲーム病患者」である事を知ってしまった永夢。

その体に異変が生じ、体が凄まじい光に包まれました。

社長の目論見通り、永夢は消滅してしまうのか?

果たして、永夢の運命や如何に?









(゚A゚;)ゴクリ








飛彩は、今回も何も出来ない自分に憤る事しか出来ません。

永夢に「ゲーム病」である事が知られれば、その壮絶なストレスで一気に消滅してしまうかも知れない。

それだけは医者として避けなければならない為、永夢の問い詰めにも答える術を持ちません

大我からも、永夢に対する忠告をされ、永夢を救う為に何とかガシャットを取り上げようとします。

が、不信が高じて意固地になった上に、作を救うという大義名分を得た永夢を止める事は出来ませんでした。

この時の飛彩は、本当に心から永夢を救おうとしていただけに、見ていて辛かったですね。

次回では、どうも飛彩に千載一遇のチャンスが巡ってくる模様。

彼の活躍に期待しましょう。







大我もこれまでのわだかまりを捨て、永夢治療の為にわざわざ飛彩に忠告を入れます。

飛彩程純粋に永夢を助けたい訳ではないと思いますが、それでも貴重な味方なのは確か。

…だったのですが、エグゼイドが誘き出された隙にゲンムXに襲われ、大我までガシャットを喪失してしまいました。

流石にもう、5レベルの差を埋める事は叶わなかった上に、不死身属性のチート野郎相手ですし仕方ないと言えましょう。

飛彩同様に、バグスターに対する攻撃手段を失った大我。

この先、どう動くのかが見ものですね。









(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン








ポッピーさんは、今回ハラハラし通しでしょう。

飛彩達以上に無力なだけに、その焦りも半端なかった感が。

やっぱり、この子がヒロイン枠なんですかね。









(´ε`;)ウーン…








で、前回限りと思われたのですが、今回またゲーム病にされてしまった作さん

しかもその理由が全部社長の都合と来たもんだ。

一時は消滅寸前まで逝った作さんですが、彼を救ったのもまた社長の都合でした。

何と言うか、ホント今回は完全に社長に振り回された感が。

これに諦めず、新たなガシャットを開発して貰いたいモノです。











そして、完全に狂ってしまった様に見える社長。

自身の都合で作さんをゲーム病にし、スナイプをボコってガシャットを回収

ゲームマスター」を自称し、すら名乗る傲慢さはもう留まるところを知りません

おまけに奪ったガシャットで新たなガシャコンギアを作成し、その力でエグゼイドを倒して大威張り

挙句の果てに、自身で生み出したバグスターを「用済み」と始末してしまう有様。

流石に傲慢過ぎたのが仇になり、遂にパラドの怒りを買い、フルボッコにされてしまいます。

が、それでも悪あがきを辞めず、ヤケクソ気味に永夢に真相をぶちまけてしまう辺りは、もう救えないとしか言い様がありません

現在一身にヘイト(とガシャット)を集め続けている社長ですが、バグスター側の不興を買った事で一気に安定感が無くなりました。

その最後も、多分碌なもんじゃないんでしょうね。









(;´Д`)










パラドは、一気に社長との仲が険悪に。

それも、全部社長側が原因だから困る。

自身を神と自称するのはともかく、バグスターを「」と見下し、用済みとして次々と使い捨てにする様を見て、飄々としていたパラドも遂に激怒

パラドクスに変身し、ゲンムXにキッツイお仕置きを敢行します。

流石にレベル50と10では話にならず、戦闘はほぼ一方的にゲンムXの敗北で終了。

が、ヤケになった社長が永夢殺しの切り札を発動。

永夢を好敵手として、戦いを楽しんでいたパラドにとって、これは更なる裏切りです。

どう考えてももう仲が修復不可能なまでにこじれてしまいましたが、この先パラドはどうするのでしょうか。

今後の行動に要注目ですな。











(;´∀`)









で、今回のバグスターはモータスレベル5

そのスピードは以前とは比べ物にならず、マイティブラザーズXX使用のエグゼイドを振り切る速さを魅せます。

が、戦闘能力を発揮する前に、社長に「用済み」として破棄されてしまいました。

バガモン同様、使い捨ての駒にされた可哀想なバグスターと言えましょう。










(´・ω・`)









戦闘に関しては、今回はライダー側に見せ場は無し

スナイプはゲンムXに負け、全ガシャットをボッシュートされてしまいました。

頼みのエグゼイドは新ガシャコンギアの前に敗退し、今や消滅寸前

ブレイブに至っては変身も出来ないと、地味にピンチです。

ただ、社長とパラドの不仲に付け込む隙はあるかも知れません。

と言うか、そうでもしないと完全に詰みなんですが。






次回、永夢にとんでもない異変が。

戦々恐々としつつ、楽しみに待つとしましょうか。





( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーエグゼイド
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード