11
1
3
4
6
8
10
11
13
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

今週の仮面ライダーエグゼイド&宇宙戦隊キュウレンジャー。

恒例の仮面ライダーエグゼイド 第19話「Fantasyは突然に

宇宙戦隊キュウレンジャー 第2話「いくぜっ!怪盗BN団

感想です。




まずキュウレンジャー

結構あっさり目に、2人まとめて増えましたな。



ラッキーの運は、完全に天賦の才能なんでしょうね。

前回、今回と偶然では片付けられない様なツキでしたし。

これ、ある意味最強の才能持ちと言えるのではないかと。

ここまでツイてると、人生をギャンブルにしても面白いのでしょう。

人間、勝負に勝つ方が面白いのは当然ですし。

逆に、負けるのが前提のゲーム程、最低なモノもない訳で。

たまに負けて、アクセントが付けば完璧ですね。

そのラッキーが探し出して来たのは、風変わりな2人組。

1人は、お調子者の機械生命体であるバランス

もう1人は、種族が捨てた「感情」を取り戻すべく、旅をしているナーガ

と言うか、この未来宇宙では機械生命体が当たり前の様にそこかしこに存在するんですね。

ブラックマグマ・マシン帝国バラノイア「せやせや」

2人はプリキュア怪盗BN団を名乗り、ジャークマター相手の窃盗を繰り返していました。

2人の次の狙いもジャークマターのお宝だった事で、ラッキーもそこに参加

ですが、バランスが裏切った事でナーガ共々捕縛されてしまう事に。

仲間を裏切った事に対する激しい憤りが、偶然にもナーガの「怒り」の感情を取り戻させます

それを見たバランスは、流石にヤバいと思ったのか更に裏切りを行い、結局戻って来ました。

恐らく、バランス的にはナーガが感情を取り戻すのは不可能に近いと考えていたのでしょう。

実際、バランスとの旅では一切戻らなかった訳で。

それが今回自身の裏切りであっさり戻り、しかも激怒するという珍事に遭遇し、考えを改めたのかも。

2人はキュータマに選ばれ、共に変身

その高いスペックと特性を存分に生かし、ダイカーン(怪人)・ガメッツィを撃破

巨大化したガメッツィに対しても、新合体を行う事で圧勝しました。

改めて仲間になった2人を加え、ようやく7人

まだまだ、仲間探しの旅は続きます。





新たに加わった2体のマシンは、結構チート性能でしたね。

バランスが搭乗するテンビンボイジャーで鉄壁の防御を行い、ナーガのヘビツカイボイジャーのドラゴンハングにも似た攻撃で蹂躙する。

天秤座=ヨーヨーの如く使える盾というと、やはり黄金聖衣を思い出します。

攻守共に兼ね備えた、スキの少ないフォームではないかと。






怪人に関しては、前回推測した通り、ダイカーンがそれでした。

そう言えば、オダイカン・サマーってキャラがどこかにいたなぁ…宇宙の幕府ってネタも被るし…まさか、ね。

特殊能力を備えたエイリアンで構成されている様で、今回登場したガメッツィもかなりの曲者

名前の通り金の亡者ですが、何故かデザインにツタンカーメンが混じっている奇妙な奴です。

伸縮自在の尻尾と、邪悪なエネルギーで敵を滅するツタンガンで武装。

戦闘能力も高めで、武装変更する前のキュウレンオーを圧倒するシーンもありました。

こんなのが後(最悪でも)87人もいるとか、キュウレンジャーでなくてもになりますなw





次回、8人目も中々の問題児の模様。

楽しみに待つとしましょう。









次は仮面ライダーエグゼイド

永夢、何とか元に戻るの巻。




ゲーム病を発症し、暴走状態になってしまった永夢。

このまま消滅かと思いきや、バグスターも出現せず、ただ倒れてしまいました。

しかし、昏倒から回復した永夢は、何故かデフォルトがゲーマーMに。

おまけに自身が医者だった事も完全に忘れて、ただのゲーム好きのDQNと化す有様。

この性格では、ニコに恨まれても仕方ないかも…。

確かに戦闘では、アイテムを駆使してレベル差を跳ね返すなど、普段よりゲームの腕が上がっている様に感じます。

が、それ以上に大前提である「医者」である事を完全に忘却してしまっていたのは、差し引きマイナスかと。

仮にこちらが本来の永夢だったとしたら、元に戻す方が弊害ありそう

だって、正義も人に対する思いやりも無い、ただのゲーム好きのガキですし。

院長や飛彩に暴言を吐き、ポッピーさんで遊ぶその姿は、良識のある大人とは到底思えません

主人公どころか、これではゲーム漫画に登場する敵キャラです。

あの飛彩が慣れない患者のメンタルケアを始めるとか、もう相当Mに対して頭に来たと見ていいかと。

幸い、その飛彩の活躍により、Mは永夢に戻りました。

これまでの記憶も一応あるらしく、普通に飛彩に詫びを入れる永夢。

一体、永夢の体はどうなっているのか。

検査した結果では解析不能と出ており、まだ明かされる事は無い模様。

何と言うか、とっても面倒臭い体質ですね。










(´ε`;)ウーン…








永夢の激変で、1番割を食ったのが飛彩。

完全にDQNと化したMに、只管手を焼かされます

とは言え、飛彩自身も学ぶ事があったので、悪い事ばかりではありませんでした。

まず、慣れないながらも、患者のケアを自発的に行った事。

これは、医者としてかなりの進歩だったのではないかと

そして、Mの戦い方からテクニックを学び、それを即活かした事でしょう。

やはり、こちらも天才と呼ばれるだけの事はあります。

生身の状態でありながら、バグスターとのゲームに競り勝つ辺り、主人公としての素質も充分

奪い取ったガシャコンギアデュアルベータでブレイブレベル50になった時も、最初こそ乗っ取られそうになりますが、超人的な精神力でそれを阻止

そのまま攻勢に転じ、ゲンムXをボコってガシャットを回収、更にガットンバグスターを殲滅しました。

もう飛彩が主人公でいいんじゃね?と思う程の大活躍だったと思います。

永夢に対しても「メンタルを鍛えておけ」位しか言わない辺りが、中々のぐう聖ですな。

これで、パラドクスに匹敵する力も手に入れた飛彩。

見た感じ、スナイプと共用っぽいのですが、どうなる事やら。










(;´∀`)









大我は今回も、ほぼ傍観者

未だガシャットを奪われたままの上、飛彩の様に正規の病院に所属していないので仕方ないのですが。

おまけにニコには結構振り回され続けており、今1番受難の時かも。

ニコにどうするか聞かれた時も、ガシャットを全部奪った後はバグスターを皆殺しと、特に問題無さそうな発言をしています。

何か隠している真の目的でも無い限り、放っておいても支障は無い感じですね。

まあ、ガシャットを全部揃える事で叶えたい願いこそが、大我の真の目的なんでしょうが。

この人も、永夢程ではないですが、どう転ぶか分からない人です。

バロンみたいにラスボスになるのか、それともチェイスやマコトみたいに仲間になるのか。

あるいは、最後まで馴れ合わず第3勢力的存在で居続けるのか。

こちらも、行く末が気になります。











(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン










ポッピーさんは、今回ゲーマーMに(文字通り)弄ばれる羽目に。

あの筐体でゲームするには、どうもポッピーさんが入ってないとダメな様です。

まあ、ドレミファビートというゲームの主人公キャラっぽいので、当然なんでしょうが。

スペースチャンネル5のうららみたい。

一方院長は、相変わらずの威厳の無さ

完全にゲーマーMに飲まれており、DQNにも弱そうです。










(;´Д`)








今回の患者は、一回しか出番が無かったせいで、また存在感の薄いキャラに戻ってしまいました。

色々と話が作れそうな背景を持っていただけに、非常に勿体無いです。










社長は、今回も暴走超特急

永夢が消滅しなかった事を悔しがりながらも、野望は着々と完成に向けて動かしています。

が、ガシャットをごっそり奪い返された上、またボコボコにされる所が社長クオリティ

流石にレベル50のガシャコンギアを取られたのは、もう擁護のしようがありません

しかし、ちゃっかり倒されたガットンのデータは回収しており、また一歩究極のゲーム完成に近付いた感が。

どうやら、残ったバグスターのデータもあと4体になったとか。

これはいよいよ、バグスター事件自作自演説が濃厚になって来ました。

究極のゲームとやらを作る為に、親子で自作自演した疑いが強い社長。

やはり、こいつがラスボスって事で良いのでしょうか。








一方のパラドは、当初ご機嫌斜めだったものの、永夢の復帰にニッコリ

この人、ホント今の永夢が好きなんですなぁ。

勿論、好敵手という意味で。

ゲーマーMにはまるで興味を示さなかった所を見ると、余程思い入れがあると見ました。

パラドの誕生や経緯が、それに深く関わってそうです。










(;・∀・)








今回出現したバグスターは、意外な事に初登場のバグスターでした。

初出のガットンバグスターは、Mも言っていた通り「ゲキトツロボッツ」のラスボスをにしたモノ。

以前コラボスバグスターが一度ゲキトツロボッツガシャットをぶっ刺して、それっぽい姿になってましたが、こちらが本来出現するはずだった存在です。

となると、残りのギリギリチャンバラジェットコンバットにも、本来のバグスターがいるんでしょうか。

ただし、ドレミファビートは既にポッピーさんがいるので、多分出て来ないと思われ。

それに加え、シャカリキスポーツで取り敢えずは4つですね。

しかし、最初からレベル30だった所を考えると、あの時誕生しなくて良かったと言えましょう。

と言うか、もう素で30がデフォルトとか、最早マイティブラザーズXXのアドバンテージもありませんよね。

ですが、初戦ではゲーマーMに苦戦し、その次はブレイブレベル50に蹂躙されるなど、強さに反してイマイチ成果を挙げられなかった感が。

その問題もあり、次のバグスターは一気にレベル50を超えて来るかも知れません。









戦闘は、今回中々見所が多かったです。

ゲーマーM対ガットン飛彩対ガットンでは、共にアイテムなどで工夫すれば、レベル差を何とか出来る事が判明しました。

と言うか、取ったら弱体化するデバフアイテムもあった事が1番の驚きです。

これを上手く取らせる事でガットンを弱体化し、飛彩は逆転に成功しました。

また、防御力アップ攻撃力アップアイテムで、レベル27の差を克服しているのも、中々興味深いですな。

ゲキトツロボッツはレベル3なので。

また、今回初登場したブレイブレベル50は、スペックがバク上げされています。

特にパンチ力とキック力は、ドラゴナイトハンターZ(フル)の二倍以上と、かなり凄まじい事に。

パラドクスともほぼ互角なので、最早社長レベルでは蹂躙される他ありません

攻撃方法も摩訶不思議なモノばかりで、社長どころかレベル30ガットンもまるで歯が立たない有様。

パラドクスも充分チートだと思いましたが、こちらも大概です。

勿論良い所ばかりではなく、相当肉体に負担がかかる様ですが。

おまけに精神が脆弱だと乗っ取られ、バグスターの雑魚を大量に生み出して大暴れする危険性も秘めています。

故に、取り扱い注意なガシャコンギアと言えましょう

次ではスナイプが使用する様ですが、果たして反動に耐えられるのか。

これも要注目ですね。







次回、スナイプレベル50出陣。

楽しみに待つとしましょうか。





( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーエグゼイド
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード