06
2
3
5
7
9
10
12
14
16
17
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクターレビューもどき。

今回はプレバン限定品、S.H.Figuarts「仮面ライダーディープスペクター」のレビューです。

S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター5




TV版における、スペクターの最強フォームがようやくプレバン限定で発売されました。

シンスペクターは…ムゲンの後でしょうなぁ。

まずはパッケージ

















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター4

ほぼいつものプレバン系フォーマットですね。

溜めポーズのディープスペクターがプリントされています。
























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター3

裏は説明

これもいつも通り



























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター2

ディープスペクター本体

ほぼ完全にTV版の禍々しいフォルムが再現されています。

と言うか、ここまで不思議な色合いだったのか…と感心してしまいましたw



















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター1

体型的には、それほど素のスペクターと変わってません

が、このトゲトゲ具合塗装のお陰で別物に見えます。

ゴーストドライバーの眼魂も、目つきが鋭いディープスペクター眼魂に。




















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター8

横から見ても、がっしりとした体型が良く分かります。

と言うか、が完全に鹿みたいになってますな。




















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター7

ここから見ると、紫のジャケットが上半身の殆どを覆っているのが分かりますね。

ここがゴースト系のキモとも言えるのですが、可動的には悩ましい所。























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター6

後はほぼ紫一色

腰の下辺りまでをジャケットが覆っているので、かなり可動に制限が。

























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター10

顔は、スペクターらしさを残しつつ、禍々しい感じに仕上がっています。

色分けも完璧で、言う事無し


















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター9

パーカーのフードを被った姿も、差し替えで再現可能

しかし、ゴースト以上に即脱いでいた印象があるので、あまり見た覚えがありません






















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター15

可動に関しては、まず首がボールジョイント接続でそこそこ動きますが、フード部分が干渉するので、左右を向くのは苦手

肩はボールジョイント+スイング機構で、若干引き出せますが、やはりジャケットの干渉で可動域に制限が。

ゴーストの闘魂ブースト魂同様、腕を前に持って来る様な動きはほぼ無理と言っていいかと。

ただし、肩のでかいトゲトゲ付きアーマーは腕側の方に付いているので、干渉は最低限に食い止められています。























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター14

二の腕には回転軸がありますが、かなり硬めになっており、取り扱い注意かも。

肘は二重関節ですが、何しろぶっといのでこの程度しか曲がりません

手首はいつものボールジョイント接続により、グリグリ動かせます。





















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター13

胴体は二箇所に可動がありますが、ジャケットのお陰で殆ど殺されています。

この辺りも、ゴースト系共通ですな。

ただしグレイトフル除く。






















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター12

股関節はボールジョイント接続

前は水平より少し下位まで上がりますが、横は控え目

軟質素材とは言え、ジャケットのが干渉して塗装が剥げるかもなので、動かしすぎに注意しましょう。

腿には回転軸があり、足の回転をサポート






















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター11

膝も二重関節ですが、やはりぶっといので90度強程度の可動。

足首は左右上下の良くある可動軸で、接地性はそこそこ

つま先もヒンジ可動します。























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター20

俺の生き様、見せてやる!

深海マコトが、ディープスペクター眼魂で変身!



















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター19

フードを外し、戦闘準備

視界が狭まるので、あんまり付けて居たくないのでしょうね。


















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター18

適当にファイティングポーズを取らせても、造形が良いのでバッチリ決まります。

闘魂ブースト魂よりは干渉も若干マシになっているので、それなりに扱い易い感が。




















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター17

鋭いパンチ

ポーズは問題無いのですが、首周りの可動がイマイチなので、角度が制限されるのが残念な所。




















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター16

そしてハイキック

流石に片足立ちは無理だったので、素直に魂STAGEを使用しています。





















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター22

ゴーストドライバーのレバーを操作し、必殺技の態勢へ。

勿論可動はしませんが、それっぽく見せる事は出来ます。


















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター23

ディープスペクター特有の溜めポーズ

かなり苦しいですが、ギリギリで再現出来ました。




















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター21

必殺のライダーキック

…なんですが、ボディ部分がぶっといせいで、中々保持がやり辛くて困りました。






















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター24

爆発エフェクトを使用して、敵を成敗

ドライブとかと違って、未だ敵キャラがラインナップされていない為、絡ませられる相手がいないのが寂しい所。

眼魔ウルティマ位は出ても良かったのでは…。



























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター25

そして専用武器「ディープスラッシャー」を装備。

玩具同様、サングラスラッシャーのリデコですね。

…なんですが、どうもグレイトフル付属のモノではなく、闘魂ブースト魂付属のモノが元になっているらしく、銃口部分がまた外れやすくなっていました。























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター27

ディープスラッシャーを構えて。

腕の動きが制限されるので、こういうポーズも取り難い感が。























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター26

サングラス部分を開いて、眼魂を装填

…なんですが、今回は眼魂が一つも付属しない為、あくまで真似だけですね。

ここも地味に残念ポイント





























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター28

光線エフェクトを使用して、「ギガオメガダマ」発動。

今回もこのエフェクト、大活躍です。
























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター29

からも。

中々迫力のある絵になったのではないかと。
























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター30

銃口を刀身に差し替え、ソードモードに。

こちらもやはり、ポロリしやすいです。























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター31

ソードモードで攻撃

やはり可動制限で色々キツいですが、ガンモードよりは扱いやすいかも。

























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター32

そして振り下ろし

やはり可動はイマイチですが、造形の良さに助けられていますね。

























S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター33

必殺のギガオメガギリで敵を滅殺

ヒーローには、爆発が似合います。

















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター34

最後はほぼ同ランクの強さであろう、。ゴーストのグレイトフル魂と共に。

こうして並べてみると、グレイトフル魂の異質さがかなり目立ちますなw




以上、色々弄って来たS.H.Figuarts「仮面ライダーディープスペクター

ベースは恐らく闘魂ブースト魂なんでしょうが、若干の改良が施されており、手抜き感はありませんでした。

可動に制限がかかるとは言え、肩の突起が逃がせる様になっていたりと、工夫の跡が見えます。

何より、あの禍々しい造形がほぼ完全再現されているのは凄い

特にメタリックカラーの色合いが素晴らしく、非常に高級感があります。

決して安くない買い物だったとは言え、買って良かったと感じました。
















(`・ω・´)














欠点に関しては、ほぼ闘魂ブースト魂と似たモノに。









S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター35

代表的なのが、やはりこの胴体部分の可動の悪さ。

突起こそ改良が加わってますが、ジャケットのせいで可動域が大幅に制限されるのはちと痛い

それと、付属品がディープスラッシャーのみというのも寂しいです。

どうせ限定品なんですし、眼魂ゲキコウモード再現エフェクト位は、付けてくれても良かったのではないかと。

他にも全体の重量バランスが悪いのか、自立性があんまり良く無かったり、武器のポロリ癖継続されていたりと、細かい欠点も多かったのが残念でした。













(´・ω・`)













とは言え、造形はとても良い上に、改良された部分もあるので、そこはしっかり評価したいですね。

あまりガシガシ動かして遊ぶには向きませんが、ディスプレイしておくには充分かなと。















S.H.Figuarts 仮面ライダーディープスペクター36

最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

結構、哀愁漂う感じですな。

最後の方ではあんまり扱いが良く無かったので、せめてVシネの方で活躍して頂きたい所。






次回の木曜日は、多分艦これ2017年冬イベの感想になるかなと。




( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード