07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダーエグゼイド&宇宙戦隊キュウレンジャー。

恒例の仮面ライダーエグゼイド 第21話「mysteryを追跡せよ!

宇宙戦隊キュウレンジャー 第4話「夢見るアンドロイド

感想です。




まずキュウレンジャー

色々と意外な事が多かった様に思う回でした。


てっきりラスト近くまで出て来ないと思っていた地球が、あっさり登場しましたね。

敵が宇宙幕府なんですから、てっきり敵の本拠地になっているのかと思っていたのですが。

ただ、ここに複数のダイカーンがいるとの事なので、暫くは地球編?

ジャスピオンみたいに、定着しちゃうのはちょっと勘弁して欲しい物ですが。

まあ、キュウレンジャー達の認識も今の所「宇宙の辺境」程度でしかないので、そこまで心配はしていません

その地球では、完全にジャークマターの支配下にある様で、人々も生きる希望を失っています。

過去、あれだけ宇宙帝国の侵略などを退けた伝説の惑星だったのに、これはどういう事なんでしょう?

幾らジャークマターが強大と言っても、大星団ゴズマザンギャックより強いとはちと考えがたいです。

一体、レジェンド戦隊達は何処へ?

少なくとも、30世紀までは存続が確認されているはず…。

となると、この世界はもしかして、今までの地球のあった次元とは別の宇宙?

そうだったら、春のライダー映画や、冬の戦隊VSシリーズに登場出来るのも納得行くのですが。

そりゃ、時を超えるより次元の壁を超える方が楽そう(大体ウルトラ一族のせい)ですしね。

最も、遠い未来のせいで、戦隊自体の歴史が何処かで途切れてそれっきりという可能性も。

それはさておき、地球ではダイカーンの一人であるユメパックンとやらが、人々を迫害する傍ら、子供達の夢を喰っていました。

おまけにラプターの夢にまで手を付けようとした為、キュウレンジャーに追い払われます

アンドロイドの夢にまで食欲を向けるとか、どんだけ悪食なんだと言いたい。

しかし、大人たちも完全に夢と希望を失っており、戦って敵を撤退させたキュウレンジャーに、文句を付ける始末。

そりゃ命を取られるよりかはマシですが、それは完全に奴隷根性と言うもの。

当然の如くラッキーは烈火の如く怒り、「夢をなくしたまま生きるのは、死んでいるのと同じだ」と非難します。

現代でもそんな人間は沢山いますが、確かに大多数が「生きる屍」の様になっている現実が重い…。

ラプターの夢を肯定し、戦うラッキー達に勇気付けられ、再び強く「みんなと一緒に戦いたい」と願ったラプターに、奇跡が。

何と、ワシ座のキュータマがラプターを選んだのです。

ラッキーから渡された変身アイテムを使用し、ラプターは念願のキュウレンジャー「ワシピンク」に変身。

アバレピンク(自称)「えぇー…」

空戦に特化したその機動力を駆使し、敵を圧倒

ジュウオウイーグル「仲間かな?」

ついでにモライマーズも一体破壊し、地球における初戦に勝利したのです。

ユメパックンは部下を盾にしたり、メカを犠牲にするなどで逃げてしまいましたが、キュウレンジャーも8人までが揃いました。

にしても、まさかロボ枠が3つもあるとは思わずびっくり

…まさか、安易に退場させられるからロボにした…なんて事はない…ですよね?

てっきりもう一人人間型の女性が入るかと思っていたので、ホント意外でした。

色々新しい事にチャレンジする姿勢は良い感じなので、頑張って欲しい所。

残るは後一人

結構早く揃いそうですが、どうなる事やら。







次回、遂にあいつも仲間に?

楽しみに待つとしましょう。








次は仮面ライダーエグゼイド

確かに事件の真相が明らかになったものの、ちょっと疑問が残った回でした。



永夢は、貴利矢が掴んだ社長の情報が、ずっと気になっていました。

そこに、同じくゼロデイの真相を追う刑事がゲーム病を発症した事で、再びその謎に迫る事を決意

飛彩はそれを「医者がやる事じゃない」と止めますが、ずっと貴利矢の死に囚われ続けていた永夢は止まりません

ポッピーさんを伴って社長の父親に面会した永夢は、そこで衝撃の事実を知る事に。

何と、ゼロデイ勃発の原因は、バグスターを発見した社長本人による物だったのです。

つまり、完全に全てが社長による自作自演

バグスターをばら撒いて社会に深刻なダメージを与え、自身はカウンターと称してゲーマドライバーとガシャットを開発

それを「適合者」とした人間に使わせてバグスターと戦闘させ、データを集めて究極のゲームを作り上げる。

それが、社長の最終目的でした。

更に、ポッピーさんの口から、永夢をライダーに推薦したのは社長自身だという事も判明

つまり、永夢が最初のバグスター感染患者だと知っていた社長は、それを利用する為に永夢を指定したのでしょう。

激昂する永夢は、バグスターをブレイブに任せて、自身は只管社長をフルボッコ

しかし、社長はゾンビなので死なず、ボコられても変身解除するばかり。

おまけにバグスターのデータはしっかり回収し、自らを神と称して高笑いする有様。

この鬼畜野郎に対して、永夢はどうするのか?

そろそろ、エグゼイドの更なる強化の時が近付いている気がします。










(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン









飛彩は突出する永夢を抑え切れず、患者の面倒を見たり、バグスターを相手取ったりと大忙し

特にレベル30のカイデンバグスターを、レベル5のフルドラゴンで撃破するなど、戦闘能力が格段に上がっている気が。

やはり、レベル50に変身して戦った事は無駄では無かった様です。

取り敢えず、格上の相手でもアイテム使用やテクニック次第では充分に戦える。

そういう絶妙なパワーバランスが良い感じですが、もしかしたらこれも社長の計算通りなのかも。

だって、これで絶対に勝てないとなったら、それこそクソゲーですし。

敵がクッソ高いレベルで出て来て無双するだけでは、とてもゲームとは言えません

完全にSAN値ゼロの社長ですが、基礎のゲームバランスに関しては一応考えているのかも知れません。










(;´∀`)









大我は前回に引き続き、スナイプレベル50で参戦。

社長を一蹴したり、パラドクスとも互角に戦うなど、一味違う所を披露しています。

更には作さんに札束をばら撒き、新規ガシャットの作成を依頼するなど、結構やりたい放題

大我が依頼したのは、ズバリ「ゾンビを殲滅するゲーム」の作成。

敵がゲームで無双するなら、こちらもゲームで対抗という訳です。

ガシャットの力で死なないのなら、ガシャットの力でそれを打ち消してやればいい。

大我はそう考えた様です。

これは、闇医者という事でを結構持っており、更に勝つ事に貪欲な大我だからこそ出来た発想ですな。

どうも社長が自身の強化に王手をかけた様なので、大我の打った手が何とか間に合う事を祈るばかり。













(゚A゚;)ゴクリ









今回の被害者は、ゼロデイの真相を追う中年刑事

彼は息子をゼロデイで失っており、その事件の不可解さがどうしても納得行かず、貴利矢同様に独自調査をしていた模様。

しかし、恐らくは社長の差し金で、バグスターウイルスに感染

以降の活動を、永夢達に委ねる事になります。

ブレイブがカイデンバグスターを倒した事で完治した後は、真相を衛生省に持ち帰った様ですが、その結果が気になる所。

これが明るみになれば、一気に社長が詰む可能性がありますし。









ただ、一つ気になる点が。

社長の父親である正宗は、何故この真相を公表せず、素直に服役していたのでしょう?

普通にバラすだけで、社長がお縄になってお終いだと思うのですが。

考えられる可能性としては、やはり社長が怖かったのかも。

人を殺す事に何の躊躇いも持たない息子に恐怖し、言われるままに罪を被ってだんまりを決め込んでいた可能性が大

バグスターを操り、人を消す事も余裕でやってのける社長の秘密をバラすには、社長を倒すだけの力を持った人間でないとならない。

だから、ライダーである貴利矢には語り、立ち向かう力を持たない刑事は門前払いにしたのでしょう。

今回の秘密が明るみになったのも、正宗が「ゲーマーM」こと永夢を知っていたからでしたし。

恐ろしい野望を抱く息子を止められる相手を、ずっと待っていた正宗。

今まで殺されなかったのは、社長の身代わりとしての役割があったからで、この先はちとヤバいかも。

用済み」として殺される前に、より一層厳重な身辺警護が必要な気がします。










(;´Д`)











で、全ての元凶である事が暴露されてしまった社長。

今までは父親に罪をなすりつけて、この事実が公表されない様に工作していました。

本人曰く「捕まったらゲームが作れない」との事なので、ゲームを完成させたいが為に、父親を脅して身代わりにしていたと見ていいかと。

こいつは本気でライダークロニクルを完成させる為に、全てを犠牲にするつもりの様です。

何と言うド迷惑ゲーム製作ヲタク

もしかしたら、戦極凌馬を超えるマッドかも。

多分どっちもSAN値はゼロ。

ついでにこいつが製作中のライダークロニクルとは、一般人全てがライダーになり、バグスターと戦うゲームだそうで。

ゲーム世界を現実に侵食させ、人類にを賭けたゲームを強いる

自身が言う様に、完全にになったかの如き傲慢な振る舞いです。

逆ソードアート・オンラインかな?

そのイカれっぷりは、平成ライダーの敵でも上位に食い込むのではないかと。

こいつに比べたら、自分の娘を復活させる為に、大量の命を犠牲にしようとした白魔がまともに見えてくるから困る。

更には、自身のガシャットをX(10)から、X(計測不能)にする手段も確保したとか。

これは、早めに駆除しないと大変な事になりそう。

次回ではまた奇行に走る様ですが、一体何が狙いなのやら。










(´ε`;)ウーン…










パラドは今回、少しスナイプレベル50とやりあったのみ。

予想した通り格闘の方では歯が立たず、パズルの方にチェンジして、戦いを互角で終わらせています。

まだまだ厄介な相手ですが、スナイプに社長の危険さを忠告してくれたりと、純粋な敵とは言い難いパラド。

一応ライダークロニクルのプレイを楽しみにしている様ですが、いざその段階になったら、どう動くかが見ものですね。







バグスターは、もう予定調和と言えるギリギリチャンバラのデータから生まれたカイデンバグスター

他の連中同様最初からレベル30であり、二刀流を駆使する強敵

…のはずだったのですが、戦い慣れしてきたブレイブに脆くも粉砕されてしまいました。

しかし、データはしっかり社長に回収されてしまい、またライダークロニクル完成に近付いてしまいます。

登場していないのは、シャカリキスポーツのバグスターですが、こいつ出て来るんですかね?

実際、こいつを除けばバグスターはネタ切れなので、出て来ないとは思えないのですが。

次回以降、どうなるのかが気になる所。










戦闘に関しては、ほぼ消化試合みたいな感じでした。

最早レベル30のバグスターですら話にならず、パラドクスにもスナイプレベル50が対処出来る様になったからですが。

社長に至っては、いつも通りにボコられるだけのお仕事だったので、こちらも平常運転

ただし、次回からはまた次の段階に進みそうなので、今回は箸休め回(またはネタばらし回)と言っていいのかも。






次回、社長がまたも色々とやらかす模様。

非常に楽しみに待ちましょう。




( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーエグゼイド
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード