08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.レビューもどき。

今回はROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.」のレビューです。

ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.3




本来買う予定が無かったのですが、資金に余裕が出たので購入してみました。

元々この機体が好きな上に、プレイバリューの高さが決め手かなと。

思えば、この機体を初めて見たのは、あの名作プラモ漫画「プラモ狂四郎」でした。

その中でパーフェクトガンダム2として登場したこの機体は、鉛板入りの重装甲でありながら、いざとなったら取り外して身軽になれる便利さを併せ持つ、極めて高い能力を持った強機体として描かれています。

以後はパーフェクトガンダム同様、原作にも導入され、MSVの定番として収まりました。

プラモのCMではジョニー・ライデンのザクをふっ飛ばしてましたなw

ただ、漫画版通りに装甲がフルパージ可能なアイテムが出るのには、かなり時間がかかった感が。

当時に出た1/144は当然固定で、1/60ですらボディ部分しか外れませんでした。

ちなみに、そのボディしか外れない欠点を突かれて倒された事も…。

しかし、ここにお手軽に弄れてカッコイイフルアーマーガンダムが出たというのは、当時から考えると中々感無量です。

妙なアレンジも殆ど無く、ほぼほぼ原典通りに再現されたこのフルアーマーガンダム

今から、サクッと紹介して行こうかと。

まず、いつも通りパッケージから。











ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.2

非常に迫力のある、書き下ろしのパッケージイラストが素敵です。

てか、良く見ると複数機のフルアーマーガンダムがいますね…。

こんなモノが量産されたら、堪ったもんじゃないですなぁ。

まさにジオン涙目

ついでに連邦の財政もガタガタだ!










ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.1

裏は説明

この辺りは定番です。

当然の如く、フルパージ可能な事をしっかりアピール

素体の色合いから、どうもG3ガンダムがベースになっている様に思います。

実はバンダイが出した某書籍に、フルアーマーガンダムの母体になったのは、マグネット・コーティング実験機だったG3ガンダムであるという記述があるので、もしかしたらそれを意識していたのかも。














ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.5

フルアーマーガンダム本体

カラーリングは、狂四郎バージョンではなく、公式化された方のモノに。

まあ、こちらの方がメジャーですしね。











ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.4

何処から見ても、立派なフルアーマーガンダムですね。

アーマーの装着も、それ程苦労せずに出来ました。

なお、ノーマル形態は基本的にG3ガンダムと同じなので省略しています。











ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.9

横から見ても、重厚な感じが再現されています。

の様な部分には、爆発エフェクトを装着可能。

MGなどであった、肩のスラスター部分は残念ながらオミット













ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.8

後ろから見ても、隙の無い格好良さ。

アーマーパーツがランドセルを覆っていますが、スラスターだけはしっかり出ている所がポイント















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.7

真後ろから見ると、でかいキャノン砲が強烈に存在感をアピール。

火力も相当なモノで、並の機体なら一撃で粉々でしょう。

MGでは腰にビームサーベルラックがありましたが、こちらは無し

更に腰スラスターもオミットだったり。

狂四郎版ではパージした後にビームサーベルが使用可能でしたが、こちらでは無理ですね。

まあ、その分MG版準拠(?)の重武装になってはいますが。















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.6

顔はほぼ元のガンダムのリカラーです。

しかし、なんで隈取り部分灰色のままなんでしょう?

個人的な感想ですが、ここも本体カラーと同じイメージがあるんですが。

ネットで画像を検索しても、大体同じに塗られており、この改変にはちょっと疑問が残りました。














ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.10

可動に関しては、装甲が追加された為、それなりに制限があります。

頭は遮るモノが無いので普通に動かせますが、キャノン砲ブレードアンテナ干渉するので破損にご注意を。

肩はボールジョイント接続ですが、本体側の可動が使えないので、ほぼ従来のROBOT魂程度の可動に。

二の腕のロール軸は、問題無く使用可能

ただ、若干抜けやすい印象が。












ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.14

肘は二重関節ですが、少し装甲が干渉するのでノーマル程曲がりません

が、腕のロール軸もしっかり使えるので、上出来の部類でしょう。

手首は、安心と信頼のボールジョイント接続

















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.13

胴体は二箇所が可動し、若干のスイングと回転が可能。

ここは然程、オリジナルと差はない感じでした。

本来、中にコア・ファイターが入っている関係で、あまり動かせない箇所ですし。


















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.12

股関節は引き出し式のボールジョイント接続で、ノーマルガンダムと同じ可動域を保持。

と言うのも、腰部分には蓋パーツ程度の装甲しか追加されていないからですが。

ただ、後でG3と比較しますが、腰の横だけは新造パーツになっていました。

腿にはノーマルガンダム同様のロール軸があり、足の回転をサポート
















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.11

膝は複雑に見えますが、かなり凝った分割により、装甲を付けたままでも正座が可能。

これはホント凄いです。

ふくらはぎのスラスターは、残念ながら無可動ですが。

足首も装甲の干渉がほぼ無いので、ノーマルガンダムと同程度

つま先は、追加装甲ごと可動するので、ポージングには困らないはず。













ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.15

いざ、フルアーマーガンダム出陣

アーマーによる着膨れ感も無く、プロポーションも問題無し














ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.17

メインウェポンである二連装ビーム・ガン

フルアーマーガンダムと言えば、やはりこれですね。

射程は従来のライフルより短い様ですが、その分破壊力特化している模様。

ビーム・ガン本体は、装甲引き金部分できっちり固定される為、ポロリもありません

まあ、実はプラモ狂四郎的に考えると固定しちゃダメなんですがw













ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.16

専用のビームエフェクトが付属する為、射撃シーンを再現可能。

これは嬉しいですね。

















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.18

爆発エフェクトと合わせて、ビーム・ガン発射

テスト時の試射みたいなイメージですね。














ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.19

そして武器その2、360mmキャノン砲

実弾による無反動砲となっており、恐らくフルアーマーガンダム最強クラスの破壊力を持つ武器です。

上下に可動しますが、前述した様にブレードアンテナとの干渉に気を付けましょう。













ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.20

に向けて水平発射

連邦軍はどうも肩キャノンが好きな様で、元祖パーフェクトガンダムの他、ジム・キャノンヘビーガンダムなども装備していましたね。

尚、ジオンもこぞってキャノン付きモビルスーツを作りまくる模様。














ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.22

専用エフェクトパーツを使用し、キャノン砲発射

この様なエフェクトパーツが、今回沢山付属しているので、物凄いボリュームになっています。



















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.21

エフェクトの長さは短めになっており、取り回しは楽々

ただ、これをバズーカに転用出来たら、もっと良かったかなと。

何か頑なに、ハイパー・バズーカに合うエフェクトパーツを出しませんよね…。















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.25

そしてここからが、プラモ狂四郎では登場しなかった追加ギミックである、肩部ミサイル・ベイ

と言っても設定としては存在していた様なのですが、狂四郎は組み込まなかった様ですね。

恐らくは、相手が圧倒的面制圧能力を持ったパーフェクトザク(仮)だった為、防御力の方を重視したのでしょう。

あんな凄まじい攻撃を喰らった日には、誘爆しかねませんし。

ちなみに、ミサイル部分は差し替えパーツで表現されています。














ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.24

そして、エフェクトパーツに差し替える事で発射状態を再現。

これは中々の迫力です。

ますますアーマードバルキリーっぽく…。












ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.23

から見ると、こんな感じに。

後、右カバーパーツは当然の如く肩キャノンと干渉するので、上手く調節しましょう。














ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.28

で、内蔵武器その2、膝ミサイル・ベイ

これも差し替えですが、質感は良く出来ているのではないかと。

本体に近接戦闘武器が無い分、これでもかという位に遠距離攻撃に特化していますね。

もっとも、誘導が出来ないので、MS相手には牽制程度にしかならなかったでしょうが。













ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.27

こちらも当然の如く、エフェクトパーツにより発射シーンを再現可能

もう至れり尽くせりですな。














ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.26

横から見ると、結構長めのパーツなのが分かります。

その分ちこっとポロリし易いですが、まあそれは許容範囲内かなと。















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.29

幾つかのエフェクトパーツを使用して、戦闘シーンっぽく。

絡ませられる敵がいないのが残念ですが、単体でも良い感じです。

パーフェクトザクなんぞ(ヾノ・∀・`)ムリムリですし、CMで戦ってたジョニー・ライデン専用高機動ザクⅡも未だ発売されず…。





















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.30

これだけエフェクトパーツが付いていれば、遊びにも相当な幅が出ます。

こういう付属品の充実は大歓迎ですので、これからも続けて頂きたい所。



















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.34

勿論、ノーマルガンダムに付属した武器も全部揃っています。

まずは、代表的武器であるビーム・ライフル

ノーマルガンダムのモノと同じと思われますが、G3のライフルと比べるとかなり塗装が濃い目でした。














ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.33

射撃エフェクトパーツも付属するので、発射シーンを再現可能

と言うか、ビームエフェクトだらけなのでたまーに混乱しますw
















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.32

本体には装備箇所がありませんが、ビーム・サーベルもちゃんと付属

あんまりサーベルを使っているイメージはありませんが、全部まるっと付属するのはありがたいです。

ガンプラだと、刃部分が省かれる事が多いですしね。
















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.31

大きくしなったビーム刃の方も付属

最早豪華なんてもんじゃないですな。

もう好きなだけ遊び倒せます











ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.35

ハイパー・バズーカは、フルアーマーガンダムに合わせたリカラーで付属。

なので、残念ながら、他のガンダムのと合わせて最終決戦仕様とかにはし辛いです。

でも、このリアルカラーは結構好きかも。















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.36

構造自体はこれまでのモノと同じなので、特筆すべき点は無し

しかしながら、色を合わせているので、違和感がゼロですね。

後、アーマーを付けたままでも、腰にマウント可能

これは素直に嬉しい機能です。















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.38

シールド

これも、フルアーマーガンダム仕様にリカラーされています。

















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.37

裏も含めて、通常のシールドと同じですね。

まあ、特に追加しないといけないモノもないんですがw

フルアーマーで使用する場合は、画像の様に手持ちで使用するのがデフォでしょうか。



















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.39

ついでに腕シールドに爆発エフェクトを装着し、攻撃を受けるシーンを。

やはり、爆発エフェクトとは非常に相性が良いです。













ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.40

スラスターエフェクトも、当然付属します。

個人的な感想ですが、ジョイント部分が若干キツ目に調整し直されている気が。















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.41

足の裏がぽっかり空いた形になっているので、ここにもスラスターを装備可能

この辺りは、もう手慣れた感じですな。

















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.42

スラスタースタンドを使って、突撃シーン

この機体は基本的に宇宙用なので、スラスターとの相性は抜群です。
















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.43

足の裏から逆噴射しつつ、引き撃ちっぽく。

エフェクトパーツが豊富だと、様々なシチュエーションを容易に再現出来るのがGOOD





















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.44

G3ガンダムと2ショット

大きさ的には、殆ど一緒ですね。






















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.45

細かい差異はあれど、1番違うのはやはりこのサイドアーマーの部分。

腰部分がアーマーを装備しない箇所になっているので、丸ごと新造されたものと思われ。

その御蔭で、腰のシルエットが貧相になるのを防げている気が。






















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.47

最後は、全エフェクトパーツを総動員してフルファイア

重武装モビルスーツには、こういうバ火力にモノを言わせた面制圧が非常に似合います

ガンダムヘビーアームズかな?















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.46

何しろバルカンエフェクトまで動員しているので、迫力が半端ないですね。

これこそ、まさに男の浪漫

使い方としては、敵の密集地に叩き込む様な感じでしょうか。
















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.48

最後もフルファイアしたままで。

「早かったな… 俺の死も…」





以上、色々弄って来たROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.

想像以上に遊びごたえのある、ボリューミーな逸品でした。

これがAmazonで5千円以下で購入出来るのですから、ホント良い時代になったモノです。

フルアーマーガンダム好きは勿論、ノーマルのガンダムを所持している方にもオススメのアイテムかなと。

装甲や追加武器が付くだけで全く違った運用が出来ますし、ちょっと大変かもですが、アーマーを移植する事も可能ですしね。

弄っていて、非常に楽しかったです。

ちなみに私はG3しか所有していないので、アーマーチェンジしても殆ど変化しない事が判明し、換装はせず…。












(`・ω・´)










欠点は、取り敢えず2点のみ。





ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.49

まず、個体差かもですが、ウチのは頭が基部から抜け易かったです。

妙に可動がキツいなと思ったら、基部からごそっと外れてびっくりしました。

あまり緩い様なら、調整する必要があるかも知れませんね。
















ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.50

で、もうひとつは肩アーマーの固定が甘く、スルッと外れる事がありました。

そう頻繁に外れる訳ではないのですが、気がついたら緩んでいる事も多いので、くれぐれも紛失ご注意下さい。













(´・ω・`)

















とは言え、ホント欠点はこの程度なので、値段を考えたらお買い得なのは間違いない所。

顔の塗装の件などもありましたが、購入して後悔はしておりません。

本体の並外れたプレイバリューの高さが、そういう些細な問題を吹き飛ばしてしまいましたので。











ROBOT魂〈SIDE MS〉FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.51

最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

背中がすっきりしているので、横顔もしっかり見えますな。








次回の木曜日も、適当に購入アイテムのレビュー予定。

3月発売分には、ギリギリ届かない感じなので…。





( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード