05
1
3
5
6
8
10
12
13
15
17
19
20
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第二期)。

恒例の鉄血のオルフェンズ 第48話「約束

感想です。




今回は…最早この物語がどっちを向いているのか分からなくなる様な展開でした。


ミカは特に動きは無し

ただ、再三マクギリスの勧誘を受けてウザそうでしたが。

後の見所はダブルヒロインとのキスシーン(?)と、オルガとの最後の別れ位かなと。

恐らく、ミカが大暴れするのは次回なんでしょうね。

本能的にか、オルガの死を感じ取っていたみたいですし。

実際に、起きた事を知った時の反応が怖いです。









:(;゙゚'ω゚'):








そして、まだ残り2話もあるのに、退場となってしまったオルガ。

主役が最終回前に死んだ事で有名な某作品でも、その退場は最終回一歩手前でしたのに。

と言うか、以前も言いましたが、鉄華団とはオルガあっての集団。

ミカが言うまでも無く、オルガの居る所が鉄華団そのものです。

そのオルガがこんな所で倒れたとなると、もう正直「物語を投げた」感じがしてならんのですが。

しかも、手口がフミタンを殺害した時と同じと来たもんだ。

フミタンはクーデリアを庇って撃たれましたが、オルガはライドを庇ってですから実質同じです。

流石にこれは芸が無いし、やっちゃいかんだろと。

と言うか、第二期に入ってから、同じパターンを繰り返す事が多くないですか?

敵を捉えそこねる事に関しては、大雑把ですが名瀬・シノ・マクギリスでほぼ三回

1期を合わせるなら、マクギリスがもう1回やらかしてますな。

暗殺シーンにしても、1期を合わせれば都合三度目ですよ?

そりゃ、物語が雑と言われても仕方ないかと。

あまりにもヒットマンが仕事しすぎだろうと言いたい。

そもそも、一体誰が主役に近いキャラを、名無しの殺し屋が倒して終了なんて話を見て喜ぶのでしょうか。

Zガンダムで例えるなら、突然ブライトがティターンズのヒットマンに暗殺される様なモノです。

ブレックス?あれは名瀬枠だから…。

折角名瀬の兄貴が頑張って守ったモノが、全て無駄に終わるとか、もう乾いた笑いしか出ません。

おまけに、今回の暗殺シーンがあまりにもガバガバ過ぎるんですよね。

そもそも、戦闘集団で慣らした鉄華団なのに、なんであそこまで無防備なんでしょうか。

どう考えてもアドモス商会が張られている可能性は大なのに、ろくにクリアリングもしていません。

最早基地周辺まで攻め込まれているんですから、普通警戒するでしょうに。

しかも鉄華団のジャケットは着たままだし、防弾チョッキの類も、まともな装備していないとかもうね。

特に、武器がミカから借りた銃一丁だけとか、何の冗談ですか?

普通ならチャド辺りがフル武装して警戒に当たるのが当然なのに、それも無いってのは幾らなんでも不自然です。

随伴人員にしても、どうしてライドを伴ったのかがさっぱり分かりません。

ここは昭宏かダンテ辺りが妥当だと思うのですが。

特にダンテは、クリュセ側の回線を確認するにはうってつけの人材でしたのに。

今までの鉄華団なら、2人を入り口の警護において、オルガだけがクーデリア達に付いて入ったのではないかと。

なのに、何故全員揃って入って行っちゃってるのか。

トドメに、一人殺られただけで速攻逃げ出す敵も違和感たっぷり

相手は鉄華団なんですから、そこはもっと根性のある鉄砲玉を用意するでしょうに。

奇襲が成功したのも、考えられないレベルでオルガ達が不用心だったからですよねこれ…。

あれだけ苦労して足掻いて、最後がこれとはもう報われないなんてもんじゃないです。

結局、2期のオルガはただイマイチなまま、終わってしまいました。

にも言いましたが、有能だったキャラを無能に貶めてまで、「今まで無かったパターン」をやりたかったのですかね?

それこそ、例の四次元殺法コンビのAAを使うまでも無く、先人達が「面白くならないからやらなかった」事だった訳で。

ミカにしろ、オルガにしろ、マクギリスにしろ、クーデリアにしろ、1期からは考えられない程劣化したと思います。

で、逆にラスタル陣営はやる事なす事全部成功で、犠牲者もゼロ不自然な上げっぷり

そしてどう足掻いても死なないたわけ様。

余程の阿呆でない限りは、おかしいと感じますわな。

まるで、ガンダム種死の再来を見ている様です。

そう言えば、どちらもメインライターは女性…あっ(察し

つか、これはガンダムなんですから、せめてもっとMS戦闘クローズアップしましょうよ。

オルガ専用機もあったのに、乗らずに終わるとかもう笑うしかないです。

こう暗殺暗殺ばっかりでは、ガンダムを見ている気がしません

一応最後まで視聴はしますが、このオルガの無駄死にを見る限り、もう何にも期待出来ない気がして来ました。

シノも結局無駄死にでしたなぁ…;












(´・ω:;.:...










他のメンバーも、今回は殆ど動き無し

せいぜい、チャドがまた九死に一生を得た事と、ザック達が戻って来ざるを得なくなった事位ですかね。

チャドの霊圧が…消えなかった!?

不自然な程に速いラスタルの部隊展開により、出る事すら叶わなくなったからですが。

はい、ここも理不尽ポイントね。試験には出ません。

後、ライドの成長のしなさにもちとがっかり

お前、何度他人に庇われてるのかと。

少なくとも、シノの負傷とオルガの大きく関わっている以上、お咎めなしとは行きませんわな。

これで結局全滅エンドだったら、マジで誰得物語になります。

地下を通って逃げる作戦も、あの通路の狭さからしてMSなどは通れないでしょうし、全滅エンドの可能性は非常に高いと言えましょう。

遺された連中に集団を率いるだけのカリスマ性を持つ人材もいませんし、やっぱりこれで終わりでしょうか。

最初はダグラム的物語になるのかと思ったら、新撰組始末記だったでござるの巻。











(;´д`)トホホ…










ヒロインズは、アドモス商会に匿われる事に。

クーデリアもかっては「革命の乙女」として頑張ったモノですが、2期に入ってからの存在感の無さは異常です。

1期では存在自体が火星独立の象徴であり、存在する事こそが希望でした。

なのに、2期では彼女は小さく収まってしまい、物語は鉄華団を軸に思いもよらない方向へ行ってしまいます。

そう、完全にクーデリアを置いてきぼりにして。

まさか、ここまでクーデリアが空気みたいな存在に成り下がるとは、一体誰が予想したのでしょうか。

物語を大きく牽引する可能性を秘めたキャラだっただけに、最後は居ても居なくても一緒レベルになってしまったのは、本当に残念です。

蒔苗の爺さんへの交渉成功も、命の恩人であるチャドと、向こうで頑張ったタカキのおかげですし。

逆にアトラに関しては、元々ただの飯炊きでしたので、扱いとして破格だったかなと。

主人公の幼馴染から、鉄華団の飯炊き(オルガ曰く)、そして最後は勝ち組ヒロインと順当に繰り上がった感が。










(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン













で、もうどうにもならんのがマクギリス。

今回は何故か執拗にミカを勧誘した挙句、鉄華団とは決別

最後はたわけを殺し損ねた挙句、どっかへ行ってしまいました。

雑魚には強いマクギリス。

正直、もう何を考えているのかさっぱりですな。

大体、こいつが率いていた部隊は何処行ったのかと言いたい。

あんなにあっさり鉄華団本部が囲まれたからには、全く別の場所に居るんでしょうが、一切の描写が無いので分かりません。

マクギリスが鉄華団を幾ら過剰評価しようとも、誰一人として随伴がいないってのは不自然極まりないです。

2話しかないのに、一体何をやらかそうとしているのやら。

ある意味、そちらに期待するしか無いのかも。

これで本当に何にも考えて無かったら、もう救い様がありませんが。










(´ε`;)ウーン…











絶賛ビクトリーロードを爆進中のラスタル陣営は、今回も一応順風満帆

部下に鉄華団本部を包囲させておいて、自分はのんびり紀行とか良いご身分ですな。

たわけが既に到着していた事から、急げばラスタルもとっくに火星に行けたのだとは思います。

なのに、何故不自然ゆっくり向かっているのでしょうか。

それで結局マクギリスを逃した挙句、かなりの損害が出た訳ですが。

それでなくとも鉄華団が打って出ればたちまち激戦になったでしょうし、尚更遅れて行く事に意味があるとも思えません

まさか、もう鉄華団が死に体と油断し、勝利を確信した上で慢心しているのですかね?

幾らなんでもあそこまでキッチリ計画を立てて戦闘を行う策士らしからぬ行動ですが、果たしてどうなる事やら。

まあ、もう不自然に持ち上げられるラスタル陣営なんぞ、語るに値しないんですが。

それこそ、(脚本)に助けられているかの如く、作戦成功ばっかりですし。











( ´_ゝ`)フーン











後、どうしても触れておかねばならないのが、諸悪の根源のそのまた根源とも言えるノブリス

今回でこいつが元々ラスタルと繋がっていたという事実が判明し、またもこいつが裏で色々暗躍していた事が明らかになっています。

オルガ達を待ち伏せして襲撃したのも、間違いなくこいつの差し金でしょう。

前述した通り、やり方が完全にフミタンの時と同じですし。

鉄華団だけを狙ったのも、恐らくはクーデリアにまだ利用価値があると踏んだからと見ていいかと。

鉄華団さえ排除すれば、またクーデリアを広告塔として利用し、甘い汁を吸う事が出来ますし。

何度も言いますが、1期からホントこいつの存在だけは不快で不快でなりませんでした。

マジでそろそろ、こいつを何とか消して欲しいです。

こんなゴミみたいな大人の為に、オルガやフミタンが死んだなんて、全く釣り合うモノじゃないですし。

そろそろ、この調子こいた豚にも然るべき制裁が下るべきでしょう。

因果応報とは、そういうモノです。









( ゚д゚)、ペッ










戦闘に関しては、マクギリスが雑魚(たわけ含む)を散らした程度。

たわけはレギンレイズを壊してしまった結果か、パーソナルカラーに塗ったグレイズを使用していましたな。

行動も特におかしな点は無く、ラスタルにきっちり教育された成果が出たと言えます。

まあ、1番おかしな点は、またも生き残った事なんですが。

多分、(脚本)に愛されているのでしょう。

そう言えば、次回予告でオルガ専用獅電が確認された様ですが、一体誰が乗っているのやら。

そこも気になる所です。






次回、名前がタイトルに来た人間は漏れなく死ぬ法則を、果たして彼は打ち破れるのか?

希望的観測をブラックホール全投げしつつ、てきとーに待つとしましょう。




( ´ー`)フゥー...

theme : 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード