09
1
2
4
6
8
9
11
13
15
16
18
20
22
23
25
27
28
29
30
   

スーパーロボット超合金 マジンエンペラーGレビューもどき。

今回はスーパーロボット超合金「マジンエンペラーG」のレビューです。

スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG5




この新たなマジンガーは、「スーパーロボット大戦V」に出演する為、新規に設定されたモノです。

恐らくは、何らかの都合で漫画「真マジンガーZERO対暗黒大将軍」に登場した「グレートマジンカイザー」が使用出来なかった為の、苦肉の策ではないかと。

マジンカイザーの版権は多分東映が抑えていて、真マジンガーの版権はまた別だったからですかね…。

そのせいか、全体的なイメージがカイザー+グレートマジンガーな感じになっていました。

尚、資料がゲーム内のモノしか存在しない為、レビューにあたって、YouTubeなどで上がっているゲーム動画を元にしています。

ちなみに、パッケージはデカ過ぎて撮影スペースを軽くオーバーしたので割愛。

では、新規に生まれ変わったグレートを継ぐ魔神の姿を見て行きましょう。











スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG4

正面から。

前述した通り、カイザー化したグレートの様な姿をしています。

設定としては、真マジンガーZEROのカウンターとして、人類の叡智を結集させて開発した究極の魔神だそうで。

手足の色がTV版グレート準拠になっているので、色合いもカイザーと比べてカラフルに。

















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG3

胸の放熱板もV字であり、これもグレートの意匠を組んだモノですね。

後、スパロボ「V」にもかけてる?

放熱板は基部からボールジョイント接続で動かせるので、腕の可動を阻害しません















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG2

今までのカイザー系と大きく違う点は、まずこのでかい肩でしょう。

を基調としたこの形は、マジンエンペラーGの大きな特徴となっています。

まあ、オリジナルのマジンガーやグレートも肩は円形が基本なので、他のカイザーどもの方が異形なんですがw












スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG1

背中に背負った飛行用ユニットの名は「エンペラーオレオール

マント状のスクランダーであり、自在に姿を変える事でマジンエンペラーGに真ゲッターの如き運動能力を授けます。

エンペラーオレオールをまとったこの機体は、まさに「偉大なる魔神皇帝」の名に相応しい出で立ちではないかと。

















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG7

後ろはほぼエンペラーオレオールですが、良く見るとスクランブルダッシュから引き継いだと思われる意匠も。














スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG20

勿論外す事も可能であり、更にクロスオーバージョイント対応な為、他の機体の背負いモノを装備する事も出来ます。






















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG6

顔はかなりマジンカイザーに近い感じですが、が増えてより力強いフォルムに。

その分無可動になってしまいましたが、元々グレートの角はあの武器の為にあると言っても過言ではないので問題無し。

特筆すべき点は、真ゲッターの様に目玉が存在する事。

そのせいか、顔つきも迫力満点です。



















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG19

頭部のコクピット部分も取り外しが可能

なので、未起動状態を再現出来ます。













スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG10

可動に関しては、首がボールジョイント+二重構造によりそこそこ可動しますが、形状的にを向くのは苦手

肩はダイキャストの二軸式+ボールジョイントにより、かなり広い可動域を実現。

引き出し式で可動域を更に広げられる為、おおよそ取れないポーズは無いと言っていいかと。


















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG9

腕は二の腕の辺りから分離出来る様になっており、回転もそこでカバーします。

肘は特殊な二重関節になっており、必要十分な可動域を確保

手首はボールジョイントによりグリグリ動く他、固定用パーツまで付属しており、ジョイント部分のヘタりを最小限に食い止める事が可能

放熱板は前述した通り、基部から自在に動かせます。













スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG8

腰は3箇所に可動が仕込まれており、回転とスイングが可能。

背中のエンペラーオレオールは、多少前後に動く他、各パーツを少し開く事が出来ます。















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG12

股関節は引き出せる二軸式で、ここもダイキャストが使用されています。

しかし、形状の問題もあり、画像の程度位までが可動限界

立て膝は何とか可能ですが、少し窮屈かも。

腿にはロール軸があり、足の回転を賄います。
















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG11

膝は二重関節により、正座寸前位まで曲がります。

足首は、これまた引き出し式のボールジョイント可動ですが、全体的なバランスに対して足自体が小さいせいもあり、あまり接地性は良くないですね。














スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG14

新たな魔神である、マジンエンペラーG起動。

スパロボの出演だけでは勿体無い格好良さですね。

大きさ的にも最大クラスであり、あのマジンカイザーを超えるデカさ。


















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG13

パンチで一撃。

上半身の可動は最高クラスなので、ポージングも自由自在















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG15

光線エフェクトを無理矢理使用して、グレートスマッシャーパンチ

本当は両腕を飛ばすのですが、エフェクトの関係上片手のみw













スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG16

一応それっぽくは撮れましたが、カイザーのエフェクトを購入しておけば良かったと後悔しきり

これだと、何かブロウクンマグナムに見えなくも…。

















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG18

そして、サンダーブレークの強化版と思われるサンダーボルトブレーカー

一応稲妻エフェクトで再現しましたが、実際は凄まじい雷をビーム状にして放っている感じでした。















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG17

別角度から。

エフェクトの不足で、充分にあの迫力が再現出来なかったのは残念です;












スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG21

スパロボ調で、敵を撃破したシーンを。

あのアニメ、どれも気合が入っていて凄いですよね…。














スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG24

で、ブレストバーンの後継たるグレートブラスターは、発射前の態勢を交換パーツで再現可能。

発射前にデカくなる放熱板も、バッチリ再現しています。


















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG22

光線エフェクトを使用して、グレートブラスターを発射

鉄也曰く「光子力エネルギーに変える」との事ですが、炎なんてものじゃないレベルの破壊力が出ている気が。

















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG23

正面から。

エフェクト的には不足気味ですが、そこそこマシな再現度かなと。













スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG25

そして、マジンエンペラーG最大の武器も当然付属



















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG26

最強武器、その名は「エンペラーソード

を合わせ、広げた瞬間に何処からか召喚される、長大な大剣です。














スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG27

召喚された時点では地面に突き刺さったままなので、まずは回収

















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG28

雷鳴を切り裂け!エンペラーソード!!

更に流れる様なアクションでサンライズパース

肩の広い可動域のお陰で、両手持ちも難なくこなします。














スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG29

煽り文句には「最大ボリュームで再現」となっていますが、実際にはカイザーのサンライズパース用カイザーブレードや、SKLの牙斬刀とほぼ同じ位でした。

なので、このクラスの大きさの武器がスパ超の限界と言っていいのかも。















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG30

大上段への構えも余裕

流石にお高いだけあって、可動は既に頂点を極めているのかと思えるレベルです。














スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG31

振り下ろし一閃

下半身の微妙な可動を、上半身の優れた可動でカバーしている印象が。



















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG32

魔刃一閃!!

ライトニングプラズマエフェクトで、例の連続斬撃を再現してみました。

アレほどの迫力は無理ですが、そこそこマシにはなったかなと。




















スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG33

これが偉大なる魔神皇帝の力だ!

最後は撃破シーンで決め。



以上、色々弄って来たスーパーロボット超合金「マジンエンペラーG

最大クラスの価格だけあって、中身も充実したアイテムでした。

これまでのカイザー系の反省が所々に生きており、より高度な作りになっているのは流石

造形や塗装も完璧に近い出来で、個人的には大満足

ゲームを未プレイの私でも、うっかり買ってしまう程の魅力を備えた、素晴らしい逸品だと思います。










(`・ω・´)









ただ、欠点も幾つか。






スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG35

まず、エンペラーオレオールがあんまり動かないのは少しがっかり

まあエンペラーソード使用時の巨大化は無理にしても、マント部分をもっと可動出来る様にして欲しかったです。

戦闘アニメでは自在にピラピラ動いていただけに、この制限は厳しいかなと。

それと、全体的なバランスが悪いのか、自立性があんまり良くないです。

特に後ろ姿を撮影しようとした時に、良く後ろにすっ転ぶのでイライラしました。

基本的に後ろに転ぶモノと考えて、飾る場合はスタンドを使用した方が良いかも。

後は、エンペラーブレードが付属しなかった事位ですが、これは多分後にマジンガーZEROとの合同追加パーツセットがプレバンで出るのかもですね。

素のマジンカイザーも、2本のカイザーソードが付属したのはパーツセットでしたので。











(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン












欠点も一応あるものの、致命的なモノは全く無いので、ゲームなどで一目惚れしたなら、購入して損は無いかと。

ポロリする箇所も極小(コクピット部分など)に留まっており、非常に扱いやすかったです。

何より、グレートマジンガーを継ぐ存在が初立体化された事は、マジンガーの歴史的にも大きな一歩でした。

カイザーに匹敵するかそれ以上の乗機を得た事で、不遇な事も多い剣鉄也の地位も向上するかもですな。

しかしながら、マジンガーZEROの存在と東映版マジンガーがスパロボに全然参戦しない事もあり、今度はカイザーが不遇化しそうなので、そこも何とかして欲しい所。

この、カイザーを超えるスパ超最大クラスのボディを、是非手に取って確かめて欲しいですね。













スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG34

最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

これだけ格好良いと、後ろ姿もになりますな。









次回の木曜日も、(間に合えば)3月発売アイテムのレビュー予定。






( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

東映はマジンカイザーの版権は持ってない筈ですよ、OVA版の制作にも関与してないですし(あと、ロボットガールズに「カイザーちゃん」は未だいない)
グレートカイザーではなくエンペラーGになったのは新規のマジンガーが欲しかったダイナミックプロの都合では?という気がします
それこそOVAが出たりラジオドラマになったり派生作が作られたカイザーのようにしたいのでは、と
グレートカイザーもカイザーの派生ですしね

No title

>>Z様

コメントありがとうございますv

なるほど、ロボガの方は少々ノーマークでした。
確かに、カイザーがいないというのは耳にした事があります。
つまり、エンペラーは、発表の通り、純粋なグレートマジンガーの後継機として色々使いたかったって事で問題ないのですな。
自分的には、グレートマジンカイザーより、エンペラーGの方が愛着あるので、これからどんどん出て活躍してくれる事を期待するばかりです。
カイザーも超合金魂になりますし、エンペラーも期待出来るかも?
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード