06
2
3
5
7
9
10
12
14
16
17
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

今週の仮面ライダーエグゼイド&宇宙戦隊キュウレンジャー。

恒例の仮面ライダーエグゼイド 第25話「New game 起動!

宇宙戦隊キュウレンジャー 第8話「ショウ・ロンポーの秘密

感想です。




まずキュウレンジャー

キュウレンジャーの弱点が明らかになった回でしたね。


その弱点とは、結局前回否定した「強力なリーダー」の存在そのもの

本来トップのショウ・ロンポー自体がリーダーシップを発揮しなきゃいかんはずなんですが、それが出来ず仕舞い。

理由としては、メンバーとの関わりがまだまだ薄い事もあり、信頼関係を築くまでに至っていない事。

そして、おふざけが多い事もあって、メンバーに舐められ気味なのが挙げられます。

実際、ショウ・ロンポーの命令は一部の人間しか聞いていませんでした。

ショウ・ロンポーは、多すぎるモライマーズ撃破を優先し、電撃作戦で全てを破壊する手に出ます。

それは即ち、星を優先して、ダイカーンに苦しめられる人々は無視する形に。

確かに異様に多いモライマーズと、地球に秘められた謎は気になる所ですが…。

それだけで、そこまで偏った作戦を実行出来る程、メンバーの忠誠心がショウ・ロンポーに向いていませんでした。

まず、どうしても自身のポリシーを曲げられ無かったスパーダと、それに呼応したラッキーとハミィが離脱

そこでは、ダイカーンの1人であるメシウバインダベーが食料を強奪し、人々を絶望のどん底に叩き落としていました。

世紀末かな?

スパーダは、元々苦しんでいる人々のお腹を満たす為にコックになった経緯を持つ為、これをどうしても見過ごせ無かったのです。

その強い想いを計算に入れていなかった事、そして極めて自由であり、同時に弱者への庇護本能が強いラッキーとハミィが一緒に居た事も、計画の綻びを加速させました。

3人が抜けた事で残りは3人になってしまいましたが、何とか3つまではモライマーズの破壊に成功します。

が、今度はスティンガーが、以前助けた子供の危機に離脱

1番忠誠心が高そうなスティンガーでしたが、流石に目の前で小さな命が奪われようとしているのは見過ごせず

残った2人は例の刺客に襲われてしまい、あっさりノックアウト

計画の破綻を感じたショウ・ロンポーが撤退を命じますが、時既に遅し

スティンガーはマーダッコの特性を読み切れず倒され、メシウバインダベーを倒して駆け付けたラッキー達もあっという間に敗退

キュータマゲット班はともかく、地上戦闘班はおかげでボロボロになってしまいました。

様々な読み違いと、イカーゲン達の作戦もあって、最早キュウレンジャーは全滅寸前

ここで全戦力を失う訳には行かないショウ・ロンポーは、遂に自ら出陣します。

が、この時子供を留守番に置いて行くというミスをやらかしており、ペガさんの使用許可を求めたラッキーが目的を果たせず、敗北の原因に繋がったりと、とことん間が悪い感が。

そうとも知らず出撃したショウ・ロンポーは、見た事も無いアイテムでまさかの変身

10人目のキュウレンジャー(?)、リュウバイオレットになりました。

って、9人の究極の救世主だったはずなのに、10人に増えたのですが、これってどういう事なのでしょうか。

しかもイカーゲン達を同時に相手取って一歩も退かない強さです。

おまけに、何か昔の知り合い同士の模様。

果たして、リュウバイオレットはデカマスターポジなのか、それともキョウリュウジャーでの前メンバー的扱いなのか。

次回予告を見る限りは、後者の扱いに近い気がしますが。

アイテムが専用みたいになっているのも、旧世代の遺物だから?

それにしては、あまりにも強すぎるのが気になります。

果たして、ショウ・ロンポーとは一体何者なのか?

そして、キュータマ捜索班は次回戻って来れるのか?

次回の展開が、非常に楽しみですね。







次回、キュウレンジャーは敗北から立ち上がれるのか。

楽しみに待ちたいと思います。















次は仮面ライダーエグゼイド

ライダークロニクルが、あまりにもリアルSAOだったでござるの巻。




目の前で繰り広げられる悪夢の様な光景に、愕然とする永夢。

そう、社長が作った「ライダークロニクル」が完成を迎え、パラド達の手によって世に送り出されたのです。

事の起こりは、ポッピーの不在を訝しがる永夢と、何故か株価が上がる幻夢に大我が違和感を覚えていた時でした。

いつもの様に緊急通報が入って来たのですが、その数があまりにも多くてどうにもなりません。

仕方ないので手近な所に向かう永夢達でしたが、そこで奇妙な患者に遭遇します。

何故か立ち入り禁止区域に入って来たという若者を診察した永夢は、見た事もないゲーム病っぽい何かに彼が感染している事に気付きました

ポケ○ンGOかな?

CRに搬送しようとする永夢を振り切り、奇妙なガシャットを手に走り去ろうとする若者。

それを追った永夢は、目を疑う様な光景を目の当たりにする事に。

何と、一般人がガシャットでライダーっぽいモノに変身し、バグスターと戦っているのです。

永夢が変身して辞めさせようとしますが、逆に邪魔者として弾かれる有様。

更に行方不明状態だったポッピーが出現し、仮面ライダークロニクルの解説を始めた事で、事態の全容が明らかになりました。

前述した通り、何故かストップがかからないまま、幻夢から仮面ライダークロニクルが堂々と発売

しかも、ポッピーがイメージキャラクターとして就任し、これまた堂々と宣伝まで行っていたのです。

これ、マジで衛生省警察何やってたんだと言いたくなる様な、凄まじい不祥事ではないかと。

とどめにポッピーが仮面ライダーを「攻略すべきレアキャラ」と紹介しやがったせいで、ソルティバグスターに勝てなかった連中が大挙してエグゼイドに押し寄せます

仕方ないのでレベル99で圧倒して追い散らすエグゼイドですが、症状の重い最初の奴が残ったのでCRへ搬送

グズる患者を置いて再び飛び出した永夢は、元凶(?)であるソルティを倒そうとしますが、レベル10の相手だった為に返り討ちに。

それならマイティブラザーズXXで対処すれば良さそうなモノですが、運悪く変身解除されてしまいました。

おまけに群がったプレイヤーどもにガシャットやゲーマドライバーを剥ぎ取られ、何にも出来ない状態に。

そこにパラドが出現し、社長殺しはまさにこれの為だった事を確認させられます。

ここで、冒頭のどーにもならない乱闘シーンに繋がる訳で。

挙句の果てに変身したパラドにプレイヤー全員が狩られ、しかもコンティニュー無しの超クソゲーである事が判明しました。

何故なら、このゲームは人類がバグスターを狩るゲームではなく、バグスターが人類を狩るゲームだったからです。

実際に社長が目指した仕様かどうかは不明ですが、今はそうなっているのですから仕方ありません

次々と消えて行くプレイヤー達を、為す術もなく見ているしかない永夢達。

陰惨極まりない結果に、永夢の叫びが響きます。

果たして、この訳の分からない状況に、永夢達はどう対応するのか。










(゚A゚;)ゴクリ








飛彩は永夢同様に出撃しますが、こちらは医者が出るレベルではないと判断し、一時撤退

その後は大我と同じ考えに至り、幻夢の本社へ。

ですが、新社長にはスルリとかわされてしまい、何も出来ず

取り敢えずはポッピーが敵の手駒の一つになったのではないかと推測しつつも、永夢と合流

…したのは良いのですが、永夢同様に何も出来ない有様。

とは言え、装備取られた永夢よりは、まだ状況判断がしっかりしていた気がします。

次回は何とか反撃に転ずる様ですが、どうなる事やら。








大我は株価の急上昇で幻夢の異変に気付き、次いでニコが持って来たスマホで仮面ライダークロニクルの発売を知る事に。

リア充爆破しろ。

永夢達とは違い、そのまま幻夢という本丸一直線に切り込んだ大我。

しかし、あまりにもエキセントリックな新社長のキャラの前に圧倒(?)されてしまい、追求をかわされる結果になってしまいます。

その後は、永夢達と共に異様なゲームの結末を見届ける事に。

次回では、永夢達同様に反撃に加わる様ですが、突破口は見つかるのやら。











(´ε`;)ウーン…










そして、完全に敵の一味と化してしまったポッピーさん

仮面ライダークロニクルのイメージキャラクターとして、八面六臂の大活躍です。

そこにはかっての優しい面影は微塵も無く、ただバグスターの為のゲームを販促するばかり。

ゲームオーバー=死という理不尽な結果すら、あっけらかんと伝えてしまう辺り、もう完全に洗脳されきったと言っていいのかも。

まあ、元々バグスターですし、居なくなっても永夢位しか心配していなかった所を見ると、案外あっさり敵として始末されるのかも。

ただ、この人の存在を元社長は利用しようとしていなかった気がします。

死の間際でも探していたのはあくまで患者だったので、恐らく仮面ライダークロニクルの元の仕様はやはり違うのでしょうね。

今の仕様では、完全にタイトル詐欺ですし。

新社長からバグヴァイザーⅡとガシャットを手渡された事で、仮面ライダーへ変身する事が確実になったポッピーさん。

レベルは幾つなのか?

やはり、永夢達の敵として立ち塞がるのかが、非常に気になる所。

新社長の発言を見る限り、単純な敵として送り出す訳では無さそうですが。

ヒロインから豪快に転げ落ちた挙句、となった彼女の運命や如何に?










(;´Д`)










で、早くも名物キャラとなりつつある新社長

あまりにも色々痛々しいキャラなのですが、他人の追求をスルリとかわす事が出来るので、あれはわざとやっているのかも知れません。

にしても、良く仮面ライダークロニクルを発売し、CMまで打つ事が出来たと思います。

完全にライダー達も衛生省も、こいつの手のひらの上で踊らされた感が。

ただ、一つ気になる点があるんですよね。

それは、仮面ライダークロニクルがただのデスゲームだと判明した後、プレイヤーは居なくなるんじゃないかという事。

そもそも、デスゲーム系の最重要ポイントは「強制参加」な所にあります。

強制参加だからこそ、理不尽なゲームにチャレンジする必要性がある訳で。

しかし、今の段階ではゲームを購入した物好きにしか訴えかけられていない上に、衛生省などが禁止に踏み切れば、即終焉しかねない程度の浸透度しかありません。

となると、今後はゲームに参加しなければ、バグスターに無抵抗に殺される事を宣伝し、参加者を増やす事が考えられます。

戦わなければ生き残れない!

そうなれば、史上最悪の危機が人類を襲う事に。

今の所、有効な手は、エグゼイドのレベル99がまだ圧倒的なウチに、敵の本陣に攻め込んで潰してしまう事でしょう。

現段階ではレベル50以下の雑魚しかいないので、攻略も容易かと。

ただ、その辺も恐らく手を打って来そうではありますが。

これからの、新社長のお手並み拝見と言った所でしょうか。

所でこの方、本当に人間なんですかね?

出自は案外、ポッピーさんと同じ様なモノなのかも。










(;´∀`)









パラドは名実ともにバグスターの頂点に立ち、人類を狩るゲームを仕掛けて大喜び

実際はプレイヤーが仮面ライダーに変身して、リアルでバグスターを狩る壮大なバーチャルゲームとして誕生するはずだったと思われ。

プレイヤーがクッソ弱い雑魚に設定されているのも、成長要素が今の段階ではレアキャラである仮面ライダーから装備を奪う程度しか示唆されていないのも、全てパラドの改変のせいじゃないかと。

そもそもお人好しの永夢だから奪えたのであって、変身されたらそれこそ歯が立ちません

おまけに強力な装備を手に入れた所で、パラドクスの前には何の意味もありませんでした。

つまり、プレイヤーはどう足掻いても絶望しかない訳で。

SIRENかな?

ホントこれ、マジでクソゲー通り越してゴミゲーではないかと。

そりゃもうファ○通ですら、問答無用で最低評価を羅列するレベルで。

パラド自身、現時点では未だエグゼイドに及ばないのに、相変わらず自信満々です。

恐らくは、もう次段階へ移行する目処が立っているのでしょうねぇ。

そしてレベル99のインフレへ。

常に笑みを絶やさず、底が見えない強敵パラド。

まさに、ラスボスに相応しいと言えなくも無いですが、ゲーム説明ではどうも別にラスボスが用意されている様な感じです。

パラドクスも、どちらかと言えばレアキャラのライダー扱いっぽいですし。

今後も、こいつの動向には要注意でしょうね。










:(;゙゚'ω゚'):









後、今回からOPが復活しましたな。

色々と目を惹く変更点などがあり、これからの展開を期待させてくれます。

既にポッピーさんの変身体がネタバレされてたりもしますが。

延々とOPの無い異様な状況が続いただけに、復活は大歓迎したい所。






もうひとつ気になる点は、今後バグスターは全部使い回しで行くのかどうかです。

既にバグスターは13体と言い切ってますので、これからも同じバグスターが延々と出続けるのでしょうか。

だとすれば、少し興醒めかなと。

幾らゲームでは同じ敵キャラが出まくり、色違いも当たり前とは言え、それを仮面ライダーでしつこくやられても困ります

手を抜かず、ちゃんと新規怪人が登場する余地を作って頂きたいですね。








戦闘は、何と言うか後味の悪さしか残らない結果に。

と言うのも、プレイヤーが変身する「ライドプレイヤー」がモロにクッソ雑魚の量産型ライダー系なので、見ていて悲しくなる位に弱いんですよね。

グリドンを彷彿とさせるカラーリングも、より弱さを印象づける結果に。

もう、最初から狩られるのがお仕事と言わんばかりの、雑魚臭いデザインです。

しかも不親切な事にライフゲージマスクされており、まるで自分の状況が分からない理不尽さ

おまけにガシャットで変身する仕様の為、恐らくレベルアップも無理なんでしょうね。

それこそ、より上位のガシャットでも販売しない限りは。

課金ガチャでじゃぶじゃぶ課金すれば、手に入る可能性も微レ存?

これまでのエグゼイドでも、ガシャットを交換しない限りはレベルアップ出来ませんでしたし。

ガシャットを二重に使用する事でレベルアップは可能ですが、それにはゲーマドライバーが必要。

ですが、その入手はまず不可能と言って良いレベルの難易度と来たもんだ。

おまけに見た感じ、入手した所で使用すれば武器にしかならず、装着出来ないっぽいです。

マイティブラザーズXXはガシャコンキースラッシャーに化け、ゲーマドライバーは貴利矢のモノだった事もあり、ガシャコンスパローに変化しました。

となると、他のライダーのドライバーも、漏れなく武器にしかならないと思われ。

装着するのは、ゲームの仕様で出来ない様になっているのでしょう。

コンピュータゲームとは、従来そういうモノですし。

だからこそ、何でもありのTRPGにも需要がある訳で。

どっちにせよ、適合者ではないので仮面ライダークロニクルガシャットを挿入しても、起動しない可能性が

この絶望しかないゴミゲーを、エグゼイド達はどう攻略するのやら。

かってエグゼイドは「ノーコンティニューでクリアしてやるぜ!」などと申しておりましたが、システム的にそうするしかない場合、最早ギャグにしか聞こえない気もします。

しかも質の悪いブラックジョーク系の。






次回、遂にポッピーが変身。

エグゼイドと戦ったらリプログラムされる可能性がありますが、そこをどうクリアするのか。

楽しみに待ちましょう。





( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーエグゼイド
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード