05
1
3
5
6
8
10
12
13
15
17
19
20
22
24
26
27
28
29
30
31
   

今週の機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第二期)。

恒例の鉄血のオルフェンズ 第50話「彼等の居場所

感想です。




取り敢えず、ほぼ予想通りの酷い終わり方でしたとだけ。



ミカは、最後まで昭宏と仲間の撤退を援護し、敵に特攻

そのまま雑魚無双するものの、まさかの大気圏外からのダーインスレイヴ掃射で一気に瀕死状態に。

まさか最後までこの厨兵器を使うとは思わず、しばし唖然

それでも半壊した機体を操って抗うものの、最後は英雄面したジュリエッタに倒されるという有様

折角オルガというある種の呪縛から脱しようとしていただけに、これはどうなのかと。

「夢ってのは呪いみたいなもんだ…」

恐らく、TVアニメだけでは無く、映像化したほぼ全てのガンダム主人公の中で1番悲惨な末路だったと思います。

なんせ、負けた上に死ぬというどーしよーもないオチでしたし。

しかも、2期に入ってから誰1人として、名ありのパイロットを討ち取っていないというね。

乗機のルプスレクスも、結局雑魚散らしばかりで終わるなど、到底活躍に恵まれたとは言えません

今までパイロットと共に不遇度トップだったデスティニーガンダムを超える、新たな汚点として燦然と輝き続ける事でしょう。

デスティニーガンダムは最後こそ惨敗でしたが、それ以前に何人か名ありを撃墜していますし。

同レベルのオチは「閃光のハサウェイ」でもありますが、映像化されていない所を見ると…あっ(察し)

あの「皆殺しの富野」と言われた御大ですら、映像ではやらかした事がない前代未聞の展開です。

イデオン・ダンバイン・ザンボット3など味方が全滅あるいはそれに近い作品はあれど、主人公側が一方的に負け、かつ死んで終わりなんてオチは無かったり。

と言うか、ミカやオルガ達の「居場所」は、結局現世には無かったとでも言いたいのかと。

この物語は鉄華団の物語でもなんでもなく、実は底辺はどんだけ努力しても底辺で報われず、尚且つ長いものには巻かれろ精神でないとこうなるぞって言う訓示か何かだったのですか?

某脚本家には、辞書の「主人公」の項目を、2万回音読しろと言いたい。











(;´д`)トホホ…









ミカに比べると、昭宏は若干マシと言えます。

地球編ではガラン・モッサ(仮名)をペンチ処刑し、ラストではこれまで散々シナリオを引っ掻き回した戦犯の1人であるたわけことイオク・クジャンを同じくペンチ処刑するという戦果を挙げました。

全体的な活躍こそ地味でしたが、ここぞという時にきっちり戦果を挙げている辺り、まだミカよりマシと言える所以でもあります。

とは言え、あんだけ大切な人に死なれまくった挙句、オチがミカ同様特攻して死亡とか報われないにも程がありますが。

初代ガンダムで言えば、最終回でアムロカイ死んだ挙句、連邦が負けて終わる様なモノで。

あの世があるのなら、多分ラフタ達にみっちり叱られている事でしょう。

しかも、に続き彼も死んだ事で、アルトランド家は断絶してしまった訳で。

名前は残れど、血は…。

正直、何故ラフタとくっつけず、共々に殺してしまったのか、理解に苦しみます

彼も、グッダグダの脚本の犠牲者である事は、疑いない事実ではないかと。










(´Д`)ハァ…









その他のメンバ…ユージン・ダンテ・チャド・ヤマギは何とか生き残りました

戦闘に不参加のヤマギ以外は最後まで残るつもりだった様ですが、ミカや昭宏に促されて渋々脱出の手伝いに向かい、それで命を拾ったのです。

脱出後は地球に向かって予定通り別人となり、戦後はクーデリアと共に様々な活動に従事と普通のオチでした。

ユージンはクーデリアの秘書(の様な存在)としてがっちりガードを固めており、鉄華団出身の中では1番の出世頭と言っていいかと。

今でも鉄華団の副団長としての気持ちは忘れず、その務めを果たし続けていました。

チャドも同じくアドモス商会に所属し、ユージンと共に働く事に。

有能な大人だったデクスター氏も、今はアドモス商会でその敏腕を振るっています。

ダンテはデルマと共にアドモス商会の孤児院に就職し、上手くやっている様で。

コンピュータに強いという設定は、ほぼ死に設定になってしまった模様。

ヤマギはどうも雪之丞の興した会社に就職した様ですが、どう見ても女性みたいな姿になっていました。

あれ、一体どうなっちゃったんでしょうか?

エピローグの中でも、上位に位置するレベルのですな。

尚、ヤマギの想い人であるシノは「バイセクシュアル」である事が判明しており、ヤマギ自身は男で間違いないと思われ。

新人組ザックデインもハッシュの死に衝撃を受けるものの、生き延びてヤマギ同様に雪之丞の会社の社員になった模様。

まあ、収まる所に収まった感じですな。

で、雪之丞もきっちり生き延び、会社を興したばかりか、メリビットとの間に2人も子供をもうけるという大勝利

昭宏…(´・ω・`)

この人は、最初から最後まで非常に安定したキャラでした。

数少ない有能かつ清廉潔白な大人であり、故に助かってホッとしています。

しかしながら、あるところにがある。

サス○か?

戦後を粛々と受け入れた人間達もいれば、大半の視聴者同様に受け入れ難かった人間達もいました。

色々と足を引っ張るキャラにされた挙句、最後はオルガを盾にして生き延びる形になってしまったライドが、その筆頭です。

彼は事件後に数名の同志と共に行方をくらまし、じっとあるチャンスを待っていました。

それは、オルガ・イツカ(とフミタン)死亡の間接的原因を作った、「汚い大人」の代表格であるノブリス・ゴルドンの暗殺。

オルガにせよフミタンにせよ、ライドにとっては大事な存在であり、それを消した原因が絶対に許せなかったのでしょう。

視聴者の大半がそうである様に。

相当念入りに作戦を練り、ユージン達にも分からない程に巧妙に潜んだ結果、そのチャンスを掴みます

何らかの方法で、ノブリスの火星におけるスケジュールを入手したであろうライドは、護衛とノブリスが離れるその瞬間を待っていました。

コノシュンカンヲマッテイタンダー!

不用心にも1人トイレにこもったノブリスを、ライドの容赦無い弾丸が襲います。

残りの護衛もライドの仲間に始末され、ここに一つの悪が潰えました。

後、鉄華団の墓標に銃と華を持って参っていたのもライドだと思われ。

これはこれで良かったとは思うのですが、結局最強の武器はヒットマンの拳銃ってのはなんともお粗末な結果だと思います。

もうひとつの最強武器は、言わずと知れたあの便利な鉄杭。

ヤクザ映画ならともかく、これは「ガンダム」な訳で。

そこはガンダムらしく、MSMAケリを付けるべきだったのではないかと。

こんだけ拳銃無双だと、ガンダムである意味がありませんし。











(´・ω・`)










一方で、アーブラウの方にも動きが。

まず、恩人と言える蒔苗氏が、高齢の為に逝去

エピローグでいきなり死んでいて、びっくりした人も多いかと。

最後までヒューマンデブリ撲滅に尽力してくれたそうですが、まさか出番無しとは思いませんでしたな。

後継は腹心であるアレジ氏であり、いずれは秘書であるタカキに継がせたいとの事。

タカキだけは事前に抜けたお陰で、存在を変えずやっていけている様で。

ザックもタカキ程に鼻が利いていれば、今頃違う人生があったのかも…。

ギャラルホルンが火星圏の支配規模を縮小した事で、地球の経済圏も火星の間接的支配を断念したとか。

それでも、アーブラウは恐らくクーデリア達を最後まで支援してくれたのでしょう。

鉄華団の生存組の恩人でもある事から、密接な関係は続いていくと思われます。











(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン










で、2期では空気化していたクーデリアですが、エピローグではほぼ無双状態

経済圏が火星を放棄した事で、対策として各都市が築いた「火星連合」のトップとして立ち、長かった髪もバッサリ落とし、今も忙しい日々を送っています。

正直この展開は、エピローグではなく本放送中に行うべきだったと思うのですが、まあ仕方ないかなと。

あのラスタルにも臆せず渡り合い、ヒューマンデブリ撲滅条約調印まで漕ぎ着けた手腕は、未だ彼女の実力が衰えていない事の証でしょう。

この展開も(以下略)

他にも雪之丞と手分けして鉄華団の元団員達を保護し、居場所を与えるなどの功績を残しています。

しかしながら、やはり2期はこの人を蔑ろにしすぎたのではないかと。

1期であれだけ重要キャラだったのに、2期でこんな空気とと化した挙句、エピローグだけ(お情けの如く)活躍する様な事になるとは、一体何処の誰が予想出来たのでしょうか。

鉄華団がクーデリアではなく、何故かマクギリスに付いた時点で、シナリオ自体が歪んでいたとしか思えません

そこは最後まで、「革命の乙女」の騎士団であるべきでしたのに。

すっかりたわけレベル無能として描かれる羽目になったマクギリスとは違い、エピローグで活躍の場を貰ったのがせめてもの救いでしょうか。

一方アトラは、クーデリアとは逆にを伸ばし、身長も伸びて別人みたいに。

クーデリアと共に、世話になった女将さんの所に匿って貰って居た事が、生存に繋がったと思われ。

大方の予想通りに美人度が加速しており、大いにアトラファンの溜飲を下げた事でしょう。

今は専業主婦(?)として家を守り、ミカの忘れ形見である暁を育てています。

そこはクーデリアの家でもあるらしい事から、未だ「幸せ家族計画」は続行中な模様。

息子のは、顔がミカそっくりですが、髪はアトラを受け継ぐと、ほぼ半々に特徴が遺伝した姿でした。

この子の頑張りが何とかを奏し、立派にミカの血筋を繋ぐ事に成功したのは、この陰惨な話の中で数少ない吉報ではないかと。

昭宏は犠牲になったのだ…。

願わくば、この親子が生きている間だけでいいので、平和が続く事を祈るばかり。

もう味方キャラばっかりがバンバン死に、劣化しまくる続きはいらないので…(苦笑)










(;´∀`)









テイワズの方も、特に変化は無い様で。

ただ、火星連合設立などの問題では、陰ながら大いに助力したんだとか。

正直、クーデリア同様エピローグで活躍されても困るとしか言い様がないのですが、何にもしていないよりはマシですかね。

しかし、一つ気になるのが、ラスタルと密約を交わした事で勢力を拡大したという点。

つまり、テイワズの繁栄は、結局鉄華団を見捨てる事で為されたと言っていいかと。

結果的に火星の自治権樹立を後押ししたとは言え、それまでに無駄な血が流れまくったのもまた事実

少なくとも、マクマードが早急にジャスレイを始末しておけば、タービンズ壊滅も、ラフタの理不尽な死も無かったと思うと…ねぇ。

正直マクマードも、ノブリス同様に裁かれるべき「汚い大人」の1人だったのではないかと思うのです。

自称ナンバー2の後始末も含めて、全部鉄華団に押し付けた上でのほほんとしている訳ですし。

案外、ノブリスを始末したライドの次の目標は、タービンズや鉄華団そのものを見捨てたも同然のこいつかもですな。










(;・∀・)













一方、ガエリオジュリエッタなどという敵キャラも、すっかり英雄になって生き残りました。

まさかこいつらが最後まで生き残るとか、一体誰が予想出来たのやら。

通常のガンダム作品なら、最終回近くで次々と散って逝くのはこいつらのお仕事だったはず。

Zで言えばジェリドとマウアー位の位置付けでしょう。

あるいはシロッコとサラ。

なのに、ガエリオはすっかり主人公ポジに収まり、ジュリエッタも(ボロボロの)バルバトスを討伐した事で、次代のギャラルホルンを担う人材として大いに期待されているんだとか。

前者はアインにおんぶに抱っこで勝ち、後者は明らかな脚本の都合有能化したとしか思えないんですが。

特にジュリエッタが、バルバトスと戦いながらミカに説教めいた事をのたまうシーン

ここがもう、反吐が出る程大嫌いです。

一体、お前程度に何が分かるのかと。

おまけにあの陰惨なミカ達の最後を見せられた後に、ガエリオとのラブコメめいたシーンを見せられるとか、一体何の罰ゲームなんでしょう?

リア充死すべし慈悲はない。

そんなシーンを見せ付けられる程、我々視聴者は悪い事をしたのですか?と言いたくもなります。

…もう「あっそ、( ´_ゝ`)フーン」としか言い様の無いオチですな。

一説によれば、メイン脚本家のお気に入りがこの2人であり、特にジュリエッタに自己投影している為、どうしてもこの2人が活躍して、最後はラブラブになる展開にしたかったんだとか。…何か種死でも似た様な事があった気が。

こいつらの顔も、正直もう二度と拝みたくはないです。















(´・ω:;.:...












あ、そう言えば「日曜日のたわけ」ことイオク・クジャンも、お情けの様に戦死しましたな。

その死に際の行動も、以前と全く変わらないアホっぷりで、もう乾いた笑いしか出ません。

出る必要も無い戦いに無理矢理出陣し、ボロボロのグシオンリベイクフルシティをしばき倒して大はしゃぎ

ですが、調子こいて名前まで言ってしまったのが運の尽き

タービンズ壊滅の直接的原因となったたわけを前に、止まりかけていた昭宏のエンジンがフル回転

斧の投擲を喰らいながらもその勢いは止まらず、哀れ(?)たわけはペシャンコに。

最後は無様泣き叫びながら潰されるという、誠にこのクソ雑魚に相応しい最後だったと言えなくも無いです。

むしろ、あんだけ悪運の強かったこいつが、良くこれで死んでくれたなと感心するばかり。

こいつが無駄特攻で死んだ事でクジャン家も崩壊し、合わせて3家が断絶した事で、ギャラルホルンが生まれ変わる結果に繋がったのだとすれば、この虫けらの死にも、意味があったって事でしょうか。










(´ε`;)ウーン…
















そして、1番の顰蹙ポイントである、ラスタル・エリオンの大勝利

にも言いましたが、ラスタルは、ギレンやジャミトフなどと同類の敵組織指導者であり、普通ならこいつこそ、パンパンされて終了するべき存在でした。

事実、ギレンやジャミトフなどの敵指導者は、裏切った味方の銃で始末されるというインガオホーな末路を迎えてますし(指導者にして戦士だった場合、その限りではありませんが(シロッコ・ハマーンなど))。

それが勝利すると言うのは、ある種のタブーとも言えるモノです。

そもそも、なんでこいつが大勝利する様な事になったのか。

原因は間違いなく、脚本家の暴走でしょう。

聞いた話では、2期の展開についてスタッフ間で意見の相違が発生し、結果1期に関わったスタッフがごっそり抜けたそうで。

2期のあの空気の違いを考えると、これはかなり真実度の高い話ではないかと。

Wikipediaでスタッフリストを調べてみても、1期を最後に名前が消えた人がちらほら…。

そのお陰か、最初はただの弱い者いじめ大好きな陰謀おじさんだったのに、どんどん有能化

火星編ではほぼ空気でしたのに、その後の変わり様がまた凄い

何度たわけがやらかしても、何故かその地位は常に不動

更に最大兵力優秀な手駒を揃え、地球編ではイマイチだったのに、火星編後はやる事成す事成功ばかり

その代償として無能に落とされたオルガやマクギリスを相手に誰得の大活躍をし、しまいにゃ王者の風格すら漂わせる始末

そういうのは、普通主人公側の指導者が辿り着く最終形態のはずなんですが。

いつしか鉄血は、恵まれない子供達の成り上がり劇から、ラスタル・エリオンの覇王記となって行きました。

遂には某種死の如く、勢力比が逆転

主人公達の組織はあれよあれよと宇宙の敵にされ、後は狩られて逝くのみ。

禁止兵器をバンバン使用し、あの手この手で少年達を虐殺するなど、人の命をゴミとしか思っていない男が地球の王者となったのです。

しかも、ラスタルのお情けみたいな形で火星の現状が良くなり、実は凄く有能な王者だったとまでされる有様。

クーデリアの理想も、マクギリスの理想も、みーんな有能で素晴らしいラスタル様のお陰で成就したんだそうで。







( ゚д゚)、ペッ







こんな展開、一体誰が見て喜ぶのかと。

はっきり言って、鉄血第2期は、あのガンダムAGEガバガバ展開と、最早伝説とも言えるガンダム種死正邪逆転という最もアカン部分を融合させるかの如き暴走をかました結果、名実ともに最低のガンダムとして仕上がった感が。

まさにガンダム世界のボトムズ(最低野郎)

おまけに、本来なら主人公やその仲間達が綴るべきエピローグの約半分が、何故か敵側のキャラによってナレーションされるという、前代未聞の展開となってしまいました。

自分的には、もう二度と見たくない作品ですし、プラモも購入しないと思います。

一応以前に買っておいたバルバトス第6形態だけは作りますが。









:(;゙゚'ω゚')











戦闘に関しても、ぶっちゃけ見るべき点はありませんでした。

主役メカは雑魚散らしの挙句に、チート兵器使われて大破

挙句の果てに、敵の雑魚レベルのキャラにトドメ刺されてがっくり

前作の主人公(クラスのキャラ)に一方的にボコられて終了した某主役機(笑)がまともに見えてくる!ふしぎ!

比較的まだマシだったグシオンリベイクフルシティにせよ、どう考えてもキャラ的に釣り合いが取れていないクソ雑魚と相打ちとか、もう泣くしかありません。

ラスボス機も存在せず、爽快感欠片も無い描写には、ホントもううんざり

ガンダムと言えばモビルスーツが花形なのに、最強武器が鉄杭と拳銃とか頭わいてるんでしょうか。

正直、もう地上波ではガンダムの放送は無いかも知れませんね。

仏の顔も三度までと言いますし。









(;´Д`)







1期が終わった時は、ホント良作に出会えたと感謝したモノです。

しかし、OOじゃないですが、まさか2期で豪快な掌返しをされるとは、夢にも思いませんでした。

2期が決まって、プロモ映像が流れた時は、期待に心が踊ったのを覚えています。

ですが、結果はこの有様

折角良い作品で終わっていたモノを、身勝手な脚本家が掘り起こし、自分のエゴを剥き出しにして、再起不能なまでに踏み付けた

鉄血のオルフェンズ」という作品には、最早そんな印象しか残っていません

ホント、もう心底疲れたとしか。








暫くは見るべきモノも無さそうですし、疲れきった精神を今は休めたいと思います。

次回の火曜日は、現在絶賛映画公開中のあのヒーロー(ライダーにあらず)の回想録となる予定。




( ´ー`)フゥー...

theme : 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード