05
1
3
5
6
8
10
12
13
15
17
19
20
22
24
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダーエグゼイド&宇宙戦隊キュウレンジャー。

恒例の仮面ライダーエグゼイド 第26話「生存を賭けたplayers

宇宙戦隊キュウレンジャー 第9話「燃えよドラゴンマスター

感想です。




まずキュウレンジャー

ショウ・ロンポーの意外な過去が判明した回でした。


かって、ショウ・ロンポーはリベリオンの1戦士として所属。

自らが生み出したプロトタイプのアイテムを以って、疑似キュウレンジャーとも言える存在になって戦い続けていました。

プロトタイプの上、変身用キュータマを使用していない事もあり、変身時間に制限がありましたが、その強さはかなりのモノ。

しかし、それ故にジャークマターに危険視され、送り込まれた刺客が例の2人組

時の総司令官であるビッグ・ベアは敵の恐ろしさを熟知しており、現在のショウ・ロンポーの様に出撃を禁止します。

が、若かった彼はそれを拒否し、戦いに出てしまいました。

結果、戦いには惨敗し、総司令官を失う大打撃を受けたリベリオンは、事実上壊滅

その後のショウ・ロンポーは、亡き総司令官の指示通り、キュウレンジャーを探し続けて来たのです。

この経験があったからこそ、今度は自分が若き戦士達を守るべく、戦場に立ったのでした。

ですが、やはり変身時間の制限は厳しいモノであり、結局スパーダが捕らえられたままに。

これ以上キュウレンジャーを失う訳には行かないショウ・ロンポーは、1人でスパーダを救出しようとします。

途中で参入を表明したラッキーをKOし、1人で突入したショウ・ロンポー。

が、スパーダを助けたのは良いものの、時間切れで万事休す

しかし、そこにラッキー達が到着。

いつまで1人で戦ってるつもりだ!

ラッキーの熱い一喝に、ショウ・ロンポーがみんなと共に戦いたいと改めて感じた時、奇跡降臨

何と龍座の精霊(?)が出現し、スキルキュータマだったリュウキュータマが、正式な変身用キュータマへと変化します。

公式によれば、9人揃ったキュウレンジャーによる奇跡だそうで。

これにより、不完全なリュウバイオレットから、完全なるリュウコマンダーに進化したショウ・ロンポー。

改めて、みんなと共に戦い抜くと誓ったのでした。

雑魚敵はみんなに任せて、リュウコマンダーは因縁の敵2人と対峙。

その凄まじい初登場補正戦闘能力を以って、マーダッコを撃破します。

イカーゲンには逃げられたものの、巨大敵も自身のメカとキュウレンオーの合わせ技で撃滅。

ダイレンジャーのOPかな?

10人になったのでジュウレンジャーに名前を変えようという案は速攻却下されましたが、バランス達も帰還した事で、より強固な組織となったのでした。

某恐竜戦隊「残当」








( ̄ー ̄)bグッ!








一方、意外と言えばジャークマターの殺し屋2人も相当なモノ。

まさか、一度リベリオンを壊滅させた事があるとか、そりゃショウ・ロンポーも恐れる訳です。

あの不完全な変身に弱点があるのも当然知ってる訳で、すっかり手玉に取られた形になってしまいました。

が、ショウ・ロンポーが正式な戦士になる事までは予測しきれず、戦闘では終始劣勢

遂には、マーダッコが戦死してしまいます。

2対1でも勝てなかったのに、逃げたイカーゲンだけではどうにもなりません

が、こっそり拾って帰ったマーダッコの破片が何かの伏線になりそう。

まだまだこいつらには、果たすべき役目がある様です。








次回、まさかの更なる追加戦士登場。

楽しみに待つとしましょう。









次は仮面ライダーエグゼイド

医師達、遂に立つの巻。



流石にこの事態を衛生省が見過ごすはずも無く、取り敢えずガシャットの発売中止と回収が言い渡されます。

しかし、消滅に関しては依然として伏せたままの上、永夢達は待機を命じられました。

その体たらくに失望した最初の患者は、自分を救うべくCRを飛び出してしまいます。

待機を命じられたものの、見過ごす訳にも行かず追いかける永夢。

同じく現場に到着したスナイプと共に、バグスターと戦おうとしますが、そこにポッピーが出現

今度は「ライダーがプレイヤーを助けるのはルール違反」という、またも自分勝手なマイルールを押し付けて来た挙句、自身も仮面ライダーに変身しました。

困惑するエグゼイド達に対して、仮面ライダーポッピーは容赦の無い攻撃を仕掛けて来て、エグゼイド達は変身解除

おまけにポッピーが「本来」のバグスターに戻っただけで、今までは社長によって仮のプログラムを与えられ、仮面ライダークロニクル完成の為、ライダー達の味方をしていただけだった事まで判明します。

それでも、患者を1人でも多く救う為、抗う事をやめない永夢。

ピンチに陥ったプレイヤー達を助ける為、呼応するかの如く集った飛彩達と共に、仮面ライダーへ変身

ソルティどもをブレイブ達に任せ、自身はレベル99パワーでパラドクスを圧倒

流石のパラドクスもレベルの暴力には勝てず、ぶっ飛ばされて変身解除する羽目に。

残りのバグスターもブレイブ達が倒し、無事ゲーム病患者を救う事に成功します。

患者達の信頼も取り戻し、ガシャットを回収した永夢。

ですが、当然の如くパラドは滅んでおらず、戦いは尚も続く事に。

新社長が何か仕掛けて来そうな感じですが、どうなる事やら。















(;´Д`)











飛彩は当初、この事態を「医者の出るレベルの問題ではない」とし、待機に応じますが、ゲーム病に怯え苦しむ人達がいるのもまた事実

そして自分達が戦わない事で、患者からの信頼すら失うという有難くない現実を突きつけられ、苦悩します。

結局永夢と同じ結論に辿り着いた飛彩は、永夢に続いて待機命令を破棄

永夢と合流した飛彩は術式レベル5を起動し、バグスターと交戦し撃破しました。

結果、衛生省は方針を変更

消滅の事実を公表した上で、ライダー達を信じてくれる様に、記者会見で訴えます

永夢に呼応した事で、1番ベターな結果を出した飛彩。

そろそろ、少しデレたかなと思ってしまいました。










(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン








大我は今回、ほぼ全ての戦闘に参加。

闇医者という自由な立場故、1番動きやすい位置にいると言えます。

バグスターを全て殲滅し、仮面ライダークロニクルの撃破を目論む大我。

ガシャット集めの鬼だった頃よりはソフトになっていますが、永夢達が二の足を踏みそうなポッピー撃破くらいは、躊躇わずやってしまいそうな気が。

次回では、その大我に試練が訪れる模様。

一体何が起こる事やら。










(;´∀`)










衛生省は、前回指摘した事は一応ちゃんと行いました

しかし、対応が遅れた為に相当数のガシャットがユーザーの手に渡ってしまいます。

仕方無いのでレアキャラ認定されて標的になりかねないライダー達を待機させ、一部を隠した発表でお茶を濁そうとしました。

が、それに反発した永夢が行動を開始。

結果的に全ライダーが待機を無視し、バグスター殲滅に当たった事で方針転換

後は前述した通り、対応をライダー達に託す事としました。

後手に回る事が多い衛生省ではありますが、トップがまだ有能なので、何とか踏み止まっている感があります。

ただ、これ以上幻夢を野放しにしておくのは、流石によろしくないかと。

ここはライダー達と共に、本部へ強行捜査に踏み切るべきでしょう。

もしパラド達がそこにいないとしても、流通を止める事は出来ますし。










で、前回に引き続き登場のプレイヤーであるテンマ

何か某天馬座の前聖闘士みたいな名前ですが、見た目はモロヲタク

CRに唯一収容されていた患者ですが、衛生省の対応に激怒

ライダー達が待機=自分達が見捨てられた判断したからですが。

自分で病気を治すべく、ネットで仲間を集めてバグスター退治を敢行します。

が、仮面ライダークロニクルはそもそもパラドが言う様に、バグスターが人間を狩るゲーム。

幾らライドプレイヤーを集めた所で勝てない、超クソゲー仕様なのでした。

しかし、待機命令を無視して出撃したライダー達がバグスターを殲滅した為、その場の全員がゲーム病から回復

心を入れ替えたテンマはライダー達の勇戦をネット拡散すると共に、ガシャットを永夢に渡しました。

取り敢えず最初の感染者の残りは彼の様に回復したと思われますが、このままバグスターが終わるとも思えません

次の犠牲者は、一体どうなる事やら。









:(;゙゚'ω゚'):









バグスター側は、遂にポッピーが仮面ライダーとして参戦

女性型という事で弱く見えますが、これでもレベルエックス

なので、素のエグゼイド達が敵わないのも無理はありません

おまけに前述した事実まで判明したとあれば、もう完全に敵になったと見ていいかと。

と言うか、そもそも味方ですらなかった訳ですが。

一つ気になるのが、一体誰を消してポッピーが誕生したのか。

これもまた、今後の伏線でしょうか。

そしてパラドは調子こきすぎたせいか、今回はやられ役

分離したエグゼイドには圧倒的だったものの、やはりレベルマックスには勝てず

となると、そろそろOPでもチラ出してたアレの出番ですかね。

エグゼイドにレベル50が存在しない上、いつリプログラミングされるかも分かりませんし、早期に切り札を切ってくるかも。

その他、復活したグラファイトも、大我を挑発するなどこまめに活動しています。

ゲームの方は衛生省の対応でプレイ人数が大幅減になりましたが、新社長に何か案があるとの事。

恐らく、あの言い方からして、プレイヤーを強制参加させる方法か何かでしょう。

一体どうやるのかイマイチ見当もつきませんが、こいつには要注意ですな。










(゚A゚;)ゴクリ










戦闘では、やはりエグゼイドのマキシマムがクッソ強いです。

その前には、パラドクスも為す術無し

おまけに自在に分離合体が可能とか、ちょいとチートが過ぎますね。

ポッピーの方は、ライダー達が呆気にとられていた事もあり、ほぼ一方的に勝利した感じでした。

ただ、何か格好が某ネトゲの女性キャストみたいで、凄い既視感があります。

早速、キャラメイクで作る人が出そうですな。

戦闘能力も極めて高く、油断してかかれる相手ではありません

と言うか、そろそろブレイブとスナイプの強化アイテム共有問題を解決した方がいいかも。

流石にレベル5では、些か厳し過ぎると思いますので。







次回、まさかのニコ暴走。


楽しみに待ちましょう。





( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーエグゼイド
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード