05
1
3
5
6
8
10
12
13
15
17
19
20
22
24
26
27
28
29
30
31
   

S.H.Figuarts ウルトラセブンレビューもどき。

今回はS.H.Figuarts「ウルトラセブン」のレビューです。

S.H.Figuarts ウルトラセブン5




さて、ウルトラシリーズのフィギュアーツもこれで3つ目

順番としても、ほぼ登場順に出ている事になります。

ただ、このセブン以降は順番通りではなく、最新のオーブが挟まりますが。

ウルトラマンジャック「誠に遺憾である」

最近セブンは色々出番が多いので、もしかしてこれの販促か?と思わなくも無いですが、恐らく偶然でしょう。

それでは、まずパッケージ









S.H.Figuarts ウルトラセブン2

大体いつも通りのフォーマット。

ただ、ライダー系などのシンプルなパッケージを見ていると、少し古臭くも感じますな。













S.H.Figuarts ウルトラセブン1

後ろはいつもの説明

概ね特筆すべき点はありません














S.H.Figuarts ウルトラセブン4

ウルトラセブン本体

…何と言うか、質感が一気にレベルアップした感があります。

劇中のスーツっぽさが、見事に再現されていました。











S.H.Figuarts ウルトラセブン3

プロポーションも中々の再現度

アイスラッガーは今回も交換用頭部使用かと思ったら、まさかの着脱式でびっくり。

これに関しては、ちょっとした問題があるので、詳しくは後述













S.H.Figuarts ウルトラセブン9

から見ても、まさにウルトラセブン

着脱式のアイスラッガーも自然な感じで、しっくり来ています。











S.H.Figuarts ウルトラセブン8

この角度から見ても、非常に格好良いです。

最早造形は、ほぼ頂点を極めたと見ていいかも。













S.H.Figuarts ウルトラセブン7

体のあちこちにスーツのシワが緩やかに再現されており、それが更なるスーツっぽさを演出。

の後ろには、パッドらしき造形まで。

まだ幾分ACTっぽさを残していたゾフィーから、かなり進化したと言えましょう。















S.H.Figuarts ウルトラセブン6

顔も、劇中のイメージ通り

若干スマート過ぎる気もしますが、この程度は誤差の範囲内ですな。

余談ですが、スーツの方の目のクリアー部分を外すと、ダイレクト覗き穴があり、非常にシュールな顔になりますw

実際のアクターさんには、外がどう見えていたのか気になる今日此の頃。















S.H.Figuarts ウルトラセブン11

可動に関しては、まず首がいつものボールジョイント接続で、自在に動きます。

肩は引き出しありのボールジョイント接続で、可動範囲は広め

ただし、胸の造形が邪魔をするので、スペシウム光線っぽい構えは苦手

×の字にクロスする様な構えなら問題無いので、概ね合格点ではないかと。

肩の下にはロール軸があり、腕の回転を賄います。
















S.H.Figuarts ウルトラセブン10

肘はほぼ人体と同じ程度には曲がるので、ポージングに問題は無し

手首はボールジョイント接続により、回転とスイングが自由自在

取り付けもになっており、扱いやすかったです。

















S.H.Figuarts ウルトラセブン14

胴体は二箇所に可動が仕込まれており、回転とスイングが可能。

可動範囲も優秀で、非の打ち所がありません














S.H.Figuarts ウルトラセブン13

股関節はいつものボールジョイント接続で、調整は普通くらい。

前と横にはほぼ水平まで上がるので、ポージングに困る事はないはず。

腿にはロール軸があり、足の回転をサポート

















S.H.Figuarts ウルトラセブン12

膝もほぼ人体と同程度ですが、正座は流石に無理でした。

が、立て膝は余裕でこなすので、概ね優秀と言っていいかと。

足首はいつもの軸可動で、調整も硬め

つま先にも、ヒンジ可動あり。













S.H.Figuarts ウルトラセブン15

ジョワーッ!!

モロボシ・ダンがウルトラアイを装着する事で、ウルトラセブンが降臨

当時は、ウルトラマンと全く違う変身プロセスに驚いた覚えが。

胸のパネルで太陽光線を吸収出来る様になっており、このポーズでチャージした事もありました。

このお陰かセブンには活動限界が存在しなかったのですが、自身が受けた深刻なダメージにより、結局制限が生じる事に。

ポール星人「ざまぁwww」





















S.H.Figuarts ウルトラセブン18

ウルトラセブン、戦闘開始

この、を握りしめた独特のファイティングポーズは、ウルトラマンの前項姿勢と並んで有名ですね。











S.H.Figuarts ウルトラセブン17

鋭いパンチ

可動範囲が広いので、この辺のポージングはお手の物
















S.H.Figuarts ウルトラセブン16

そしてハイキック

流石に自立は無理でしたが、結構足が上がります

















S.H.Figuarts ウルトラセブン19

更に飛び蹴り

これもビシっと決まります。

このポーズを見ていると、何故か「ウルトラファイト」という単語が…。















S.H.Figuarts ウルトラセブン20

ジャンプからの、急降下チョップ

セブンに限らず、ウルトラ戦士は良く使っていた印象が。















S.H.Figuarts ウルトラセブン21

で、説明にあった謎のポーズ

何か光線が出た記憶があるのですが、あまりはっきり覚えてません

ただ、この指で、一度外したアイスラッガーを操っていた気もします。














S.H.Figuarts ウルトラセブン23

そして、セブンと言えばやはりこれ












S.H.Figuarts ウルトラセブン22

そう、アイスラッガーですね。

今回は着脱式なので、気軽に飛ばす事が可能に。

膝立ちからのアイスラッガー投擲も、小気味良く決まります














S.H.Figuarts ウルトラセブン24

勿論、専用の持ち手で保持する事も可能

結構手に持って切り裂く事が多かったので、この再現は当然と言えましょう。

ギエロン星獣「やめて…やめてクレメンス…」


















S.H.Figuarts ウルトラセブン25

ダッシュして、攻撃開始


















S.H.Figuarts ウルトラセブン26

ジャンプして切り上げ

近接戦闘武器があると、やはりポージングが捗ります

更に飛ばせばウルトラ念力で何処までも追尾するという、誠に恐ろしい武器でした。













S.H.Figuarts ウルトラセブン27

ライトニングプラズマエフェクトを使って、無数の斬撃

この辺はもう、お約束ですな。

絡ませられる、フィギュアーツのキングジョーかメトロン星人が欲しくなります。

















S.H.Figuarts ウルトラセブン28

そして、セブンの必殺技の一つである「エメリウム光線

エフェクトが付いているので再現可能ですが、こちらのポーズには対応していない為、何とかそれっぽく見える様に撮影しています。
















S.H.Figuarts ウルトラセブン29

専用手首エフェクトを組み合わせれば、こんな感じに。

当時の設定ではスペシウム光線より格上の設定だったので、こんな細い光線がスペシウム光線よりなのか…と不思議に思った記憶が。

確かスペシウム光線が30万度・ジャック版スペシウム光線が35万度・エメリウム光線が45万度・メタリウム光線が55万度・ストリウム光線が60万度…と順調にインフレしていたと思います(ただし当時の少年雑誌などに載っていた設定なので、現在この設定自体が存在しないと思われ)。

専用なので再現度は抜群ですが、出来ればもうひとつのポーズでも使える様にして欲しかったかも。
















S.H.Figuarts ウルトラセブン30

別の角度から。

やはり格好良いですね。













S.H.Figuarts ウルトラセブン31

エメリウム光線で掃射っぽく

撃ちながら、多数の目標を薙ぎ払うイメージです。

ウルトラ戦士は、結構こういう光線技の使い方をしていた気が。


















S.H.Figuarts ウルトラセブン32

最大の威力を誇る必殺技「ワイドショット」も、専用エフェクトで再現

色合いも原典に近くなっており、迫力満点














S.H.Figuarts ウルトラセブン33

少し引いた絵で。

結構長いエフェクトなので、見栄えも良い感じ。
















S.H.Figuarts ウルトラセブン34

から。

まさにワイドショットです。

個人的には光線が付かない分、スペシャル感があった気が。
















S.H.Figuarts ウルトラセブン35

必殺のワイドショットを、敵に照射
















S.H.Figuarts ウルトラセブン36

そして大爆発


















S.H.Figuarts ウルトラセブン37

戦いを終え、飛び去って行くウルトラセブン
















S.H.Figuarts ウルトラセブン39

飛行ポーズもバッチリ。

ウルトラマンとは違い、ベーシックなポーズになっています。















S.H.Figuarts ウルトラセブン38

正面から。

宇宙を飛ぶ時は、自力でジャンプ航法の様な事が出来るんだそうで。

大気圏内での速度は、あくまで悪影響が出ない様に加減した数値なんでしょう。

まあ、ウルトラの星と地球の距離を考えれば、そうするしか無いですよね。









S.H.Figuarts ウルトラセブン40

飛行しながらエメリウム光線発射

発射位置が高いので、これもギリギリ再現出来ます。
















S.H.Figuarts ウルトラセブン42

おまけで、共闘する事も多かったウルトラマンと。

超闘士激伝でも親友設定でしたし、結構仲いいですよね。
















S.H.Figuarts ウルトラセブン43

映画のイメージで、背中合わせの必殺光線

やはりになります。











S.H.Figuarts ウルトラセブン44

最後は並んで必殺技

にしても、相変わらずウルトラマンは関節ゆるゆるなので、自立させるのに苦労しました…。








と言う訳で、色々レビューして来たS.H.Figuarts「ウルトラセブン

前作のゾフィーを上回る造形を以って送り出されたこのアイテム、中々のモノです。

関節の調整具合も良く、塗装もリアルと、明らかな進歩を感じました。

ウルトラセブンのファンは勿論、ウルトラ兄弟コンプ派にもオススメ出来る逸品だと思います。










(`・ω・´)









ただ、欠点がゼロとは行かず









S.H.Figuarts ウルトラセブン41

まず、着脱式になったアイスラッガーが兎に角ポロリし易いです。

まるで、まだレッドマンだった時代の、アイスラッガーがド下手だったセブンの如く。

ちょっとの衝撃でも落ちるので、気がついたらハゲだった事もしばしば。

実はアイスラッガーは2つ付いているのですが、これもしかして手持ち用じゃなくて、落っことして紛失した時用じゃないかと思えて来ました。

皆様も、アイスラッガーの紛失にはくれぐれもご注意を。











S.H.Figuarts ウルトラセブン46

最後は、恐らく個体差でしょうが、肩のパネルに赤の色ハネがありました。

こういうの、結構ありますよね…。

もう少し、商品管理徹底して欲しいなと思います。

他にもACT引きずった肩構造をそろそろどうにかしないか?とか、アイスラッガーエフェクトは無し?とか、細かい不満はあれど涙を飲んで割愛。













(´・ω・`)












とは言え、大きな問題はその程度なので、安心して購入して良いかと。

地獄のアイスラッガーポロリにさえ気を付ければ、非常に高レベルなアイテムではあります。

可動はともかく、造形においては大きくレベルアップしていますし。

これは、次のオーブにも期待してしまいますな。










S.H.Figuarts ウルトラセブン45

最後は恒例(?)の、後ろ振り向き姿で。

セブンの場合、何となく哀愁と渋みを感じさせる背中に見えます。







次回の火曜日は、もうひとつゲームのレビュー予定。





( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード