11
1
3
4
6
8
10
11
13
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

グランブルーファンタジー彷徨にっきその4。

地味にプレイを続けています。




こういうタイプのゲームは、チャットなどの会話が必須でないのがありがたいですな。

極端にコミュニケーション機能が制限されているので、他人と深く関わらずに済むというね。

他人の存在感を感じつつ、マイペースで進められるのが1番助かります

閑話休題。

進行度としては、ようやく島HARDが楽々クリア出来る位になった感じでしょうか。

特に水属性PTが突出して強力で、HARDボスをほぼ1ターンキルする程に。

そこそこ揃った強力な武器と、SSRキャラが集中しているのが強さの秘密かなと。

次に強力なのが火属性で、こちらは武器が非常に充実

これもみな、攻略サイト様のお陰でございます。

ただ、この辺りからどんどん難しくなって来るので、どうしたものかと悩み中

もうただ武器レベルを上げているだけでは、強くなれない所まで来てしまいましたので。

弱いって、ホント悲しいです。

マルチバトルに参入しても、自分だけカスダメ出してると、物凄く惨めな気分になりますし。

ただのお荷物から脱する為にも、これからも地道な努力を続けて行こうかと。










(`・ω・´)









さて、現在グラブルでは2つのイベントが同時開催されています。

一つ目はこれ










グランブルーファンタジー彷徨にっき21

イフリートの上位種らしい「ゼノ・イフリート」との討滅戦です。

トレジャー交換の所でバナーだけは見た事があるのですが、実際に遭遇するのは初めて困惑した覚えが。

後述するストーリーイベントのマルチバトルのボスを倒すべく、マルチバトルにインしたらこいつがズラリと並んでいて、2度びっくり。

実体は何の事は無い討滅戦の拡大版で、ひたすらこのゼノ・イフリートをボコってトレジャーを回収するという物。

ただし、初心者だとまず自発が不可能なので、得られる物はあまり良いモノではないです。

と言うのも、上位者にしか出現しない赤箱からしか、良いアイテム出ないからですが。

それでも、金箱からイフリートの召喚石やSR武器などが発掘出来る可能性があるので、積極的にマルチバトルで参加した方が良いかと。




















グランブルーファンタジー彷徨にっき25

このイベントのメインアイテムと言えるのが、この「六道・灼熱天の刃鎌

非常に強力な火属性SSR武器なので、即戦力として使用出来ます。

今現在ですら、最強武器の一角を成すとの事なので、入手しておくに越した事はありません

ただ、前述した様に初心者がこれの現物のドロップを見る事は無いですし、素材も入手し辛いです。

なので、SR攻刃武器収集イベントと割り切って行うのもいいかも。

自分はかなり粘った結果、この武器を2本交換出来た上に、色々良い武器やイフリート召喚石も拾えたのでまずまずかなと。










(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン











次に、いつものストーリーイベントですね。



グランブルーファンタジー彷徨にっき22

主役はこのイケメン騎士である「ノイシュ

心ならずも故国を滅ぼす手伝いをしてしまい、心身ともに深い傷を負ったノイシュが再起するまでのお話です。















グランブルーファンタジー彷徨にっき23

キャラとしては、こんな感じになっております。

火属性ですが、騎士なので当たり前の様にダメージカットスキル常備なのが頼もしい。

他には中々いないので、即一軍入りさせられる優秀なキャラではないかと。

イベント自体いつものそれなので、ストーリーをクリアしてこの人を仲間にすれば大体終わったと見て良いです。

ただ、この人何処かで見た記憶が…。















グランブルーファンタジー彷徨にっき24

と思ったら、別バージョンが既にいました。

属性はあまり使用しないなので、今の所全然育っていません

と言うか、ほぼ別人みたいな感じです。





















グランブルーファンタジー彷徨にっき27

で、交換出来るトレジャーその1のSSR武器ですが、見ての通り能力がとても控え目

なので、無理して取る必要は無し





















グランブルーファンタジー彷徨にっき26

召喚石もこのレベルなので、やっぱり取る必要は無さそう

風はカジノでアナトが取れますしねぇ。

もうイベントSSR召喚石は、性能的に使えないというのがお約束なんでしょうか。

何と言うか、勿体無いですよね。

出るだけで、誰にも使って貰えないという…。

私もストーリーイベントをクリアした後は、BPを全てゼノ・イフリートの方に全振りしました。

イベント難易度も低めで、ボスも弱いのでこちらが正真正銘の初心者向けイベントだと思います。

使える火属性騎士を仲間に出来るだけでも儲け物ですし。
















( ̄ー ̄)bグッ!














最後はいつものキャラ紹介





グランブルーファンタジー彷徨にっき28

今回はそのインパクトで私を唖然とさせた「ラムレッダ」さん。

Rでの入手当初はこんな感じで、何故か後ろを向いて嘔吐してらっしゃいました。

なんでこの人、いっつもケツを向けてるんだろうと不思議に思った記憶が。

スキルも見た感じ、意味不明なモノばかりで、更に困惑する事請け合い。

特に「すっきり」のアイコンが意味するモノを考えると…。

ちなみに二段階程レベル上限を解除すると、ようやくそのお顔を拝見する事が出来ます。

が、私は以前の合コンイベントで、一足先に素顔を見た為「誰?」と首を傾げた覚えが。

暫くストーリーを進め、覚えのあるケツを見た瞬間、ようやく同一人物と分かってモヤモヤが解消

まあ、ストーリー自体が妄想120%のモノだったので、分身したり、酔って管を巻いたりやりたい放題でしたねぇ…。

















グランブルーファンタジー彷徨にっき29

その意味不明なラムレッダさんが、新たにSRとして新生しました。

これは以前の月末ガチャ祭りの時に、狙ってすらいないのにいつの間にか居たモノ

今回はケツから始まる事はありませんが、常に酒瓶を携帯しており、戦闘中でもふーらふーらと揺れております。

攻撃を食らっても何か嬉しそうですし、奥義も酒瓶でどつくというバイオレンスなモノだったりと、相変わらずぶっ飛んでますな。

ただし、スキルは軒並み優秀なモノになっており、状態異常を防いでくれたり、トリプルアタックの確率を上げたり、果ては自己回復自バフの同時発動アビまで備えており、特に状態異常に弱い土属性のPTには、非常にありがたい存在に。

この人がいるだけでも、かなり安心感があります。

尚、酒をザルの如く飲み続ける上に酒癖もよろしくなく、おまけに男運も最悪な模様。










'`,、('∀`) '`,、。










次回のイベントはまたストーリーイベントとの事ですが、面倒な会話による好感度上げが必要になる模様。

合コンイベで既に体験済みではありますが、少し苦労しそうですね。

まあ、艦これのイベも無事終わったし、のんびりやろうかと。












次回の木曜日は、予定通り5月発売アイテムのレビュー予定。




( ´ー`)フゥー...

theme : グランブルーファンタジー
genre : オンラインゲーム

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード