08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダーエグゼイド&宇宙戦隊キュウレンジャー。

恒例の仮面ライダーエグゼイド 第38話「涙のperiod

宇宙戦隊キュウレンジャー 第21話「さらばスコルピオ!アルゴ船、復活の時!

感想です。




まずキュウレンジャー

何か妙に駆け足な回でした。


スコルピオ対キュウレンジャーは、もっと長くなるかと思っていたのですが、案外あっさり気味

正直、ギリギリまでやって、アルゴ船復活をラストに持って来た方が良かった気がします。

どうせ新ロボの出番も次なんですし。

戦闘が駆け足過ぎて、スコルピオの心変わりの早さに付いていけなかったので…。

特に負けた後、あっさりスティンガーを解毒した挙句、敵の盾になって死亡とか、こんな濃いイベントの数々を、まとめてやるには無理があったのでないかと。

更にチャンプの復帰から、スティンガーと仲間達の和解まで詰め込まれている有様。

ただ、ドン・アルマゲの底知れぬ力を示すには、良い展開だったと思います。

今までイマイチ露出が少ない為、強いのか弱いのかも分かりませんでしたし。

少なくとも、凄い力でジャークマターを治めているのは確かでしょう。

一方、復活したアルゴ船の中でコールドスリープしていたのは、謎の戦士

当初はと思われて攻撃を受けましたが、ラッキー達が変身した事で味方と分かって戦闘は中断

起きた当時は完全に浮浪者のそれでしたが、一瞬で爽やかイケメンに大変身。

ついでに伝説の救世主「ホウオウソルジャー」にチェンジすると、1人でモライマーズの大軍団を相手に無双を開始

最早「全部アイツ1人でいいんじゃないかな?」レベルの強さで、巨大モライマーズさえも等身大のまま撃破してしまいました。

更には立ちはだかったマーダッコもあっさり一刀両断と、隙の無い強さを発揮しています。

本人曰く、アルゴ船がジャークマターを倒す力というよりは、当人こそがその力であるとの事でしたが、確かに納得出来るレベルですよね。

ただ、そうなると「キュウレンジャー要らないじゃん」って事にもなりかねないので、どこを落とし所とするのかが気になる所。

果たして、ホウオウソルジャーこと鳳ツルギとは一体何者なのか?

伝説というからには、相当昔に居た戦士なんでしょうねぇ。




次回…はどうもお休みみたいなので、次々回に期待しましょう。







次は仮面ライダーエグゼイド

飛彩、還るの巻。

大ダメージを受けたのに、何故か消滅せず済んでしまった大我を搬送する救急車。

その治療は困難を極め、やはり超一流の外科医である飛彩の力が必要に。

大我が無意味にグラファイトに喧嘩を売らなければこんな事態にはならなかったのですが、やってしまったのだから仕方ありません

久しぶりに院長が仕事してましたが、永夢は何故かクロノス対策を放棄して手術室の方へ。

今回の問題はまさにここで、そもそも研修医の永夢が手術に立ち会ってもあんまり意味がないです。

実際、途中で抜けても何の問題も無かったですし。

それよりは、貴利矢元社長と力を合わせてクロノスをボコる方が適任だったではないかと。

特に元社長は残機を70まで減らしており、どう考えても無駄な犠牲だったと思います。

しかも、行ったは良いものの、結局飛彩の恋人を人質に取られて身動きが取れなくなり、変身も出来ないままボコられる有様。

最早、何も考えていないとしか思えない行動に唖然とする他はありません

結局永夢がまともに行動する為には、飛彩の「恋人を諦める」という苦渋の決断を待つしかなかったのは、流石にどうなのかと。

トドメに、またもクロノスを取り逃がすとか、もうどうしていいのやら。

既に2回も逃げられているのですから、そろそろ対策を講じて下さい。

考え無しに敵地に飛び込んだ飛彩も大概ですが、永夢も負けず劣らずのダメっぷりです。

大我も前回で一気に名を落とす事になったし、もう貴利矢と元社長のバグスターコンビ位しか頼れるモノが無い気が。











(´ε`;)ウーン…










飛彩は前回のアレが原因で、父親から強制召喚を命じられる羽目に。

しかし、正宗から人殺しを強制されてしまい、またも苦悩します。

どう考えても警察が介入するレベルの案件なんですが、やっぱり何もしません

泊進ノ介「誠に遺憾である」

この世界の警察組織は、もう当てにすらされない空気って事で良いのでしょうか。

病院に戻った飛彩は、大我を救う為に手術に臨みます。

が、正宗の大我抹殺指令がバレてしまい、ニコが大騒ぎ

結局これは「飛彩の医者としての良心を信じよう」と言う事で、ひとまず沈静化しました。

で、飛彩は無事手術を済ませ、いつもの決めゼリフで成功した事を告げます

俺に…切れないものはない

そう、恋人の願いであった「世界一の医者」を目指す為に、恋人自身を諦めるという厳しい選択をする事になったのでした。

ぶっちゃけ、主人公と言ってもいいレベルの大決断です。

その後は永夢にきっちり謝罪した上で、共に戦ってくれる様に要請。

自身もタドルレガシーに変身し、ムテキと共に憎き敵であるクロノスをフルボッコにしました。

結局トドメは刺せませんでしたが、切り札を失ったに等しいアホ正宗は最早脅威とは言えません

戦闘終了後、先に永夢に戻って貰った飛彩は、1人雨の中で嗚咽の声を漏らします。

自身の決断とは言え、これで永遠に恋人は戻らない

そのショックは、筆舌に尽くしがたいモノだったと思います。

CRに戻って、意識の回復した大我と顔を合わせた飛彩は、こちらにも丁寧に謝罪

これでようやく、2人が本当に和解したと言えましょう。

悲しみを背負って、また一つ強くなった飛彩。

これからの活躍にも期待したい所です。













(´;ω;`)











大我は、飛彩の神業的手術で何とか一命を取り留める事に。

あんな無意味な無茶をしなければこんな事にならなかったのですが、あの我武者羅さが飛彩を動かした原動力になったかもなので、一概に問題行動とも言い切れないのがもどかしいです。

意識が戻った後は、飛彩と和解した大我。

しかし、この人の戦闘能力の低さは未だ解決していません。

今の段階では1番弱いので、何とかしてあげて頂きたい所です。











(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン












貴利矢と元社長は、正宗の狙いに気が付いて出動

自らパラド達を狩り、エグゼイドを消去しようとするクロノスに全力で抗います。

今や、1番お役立ちとも言えるバグスター組ですが、バグスターならともかくクロノスの相手は大変。

コンティニューの無い貴利矢は早々にダウンしてしまい、元社長も前述した通り残機が70になるまで粘る羽目に。

しかし、パラド達を逃がす事には成功し、しっかり仕事をこなしました

今回の殊勲賞モノではないかと。

しかも、この方々はゲームが元になっていないので、クロノスの力では絶版に出来ないと思われ。

となれば、これからも色々と役に立ちそうです。










(`・ω・´)










そう言えば、本当に久しぶりに院長が仕事してましたな。

あの強権発動は、普段の頼り無さを一気に払拭する勢いがありました。

院長が動かなければ、大我は助からなかったと思います。

飛彩の父親であり、院長でもある。

その狭間で悩む様は、これまでのダメイメージを少しですが変えてくれた気がします。

ポッピーさんは…ま、まあニコの抑え役としては頑張ったかなと。

下手にクロノスと戦うと絶版にされかねないし、こんなもんでしょう。

そのニコは、終始取り乱しっ放しでした。

まあ、状況が状況だけに仕方ないのですが。

すっかり大我に懐きつつも、必要なら噛み付いてもみせる所が、大我のパートナーとしては相応しいですよね。

ともかく、大我が助かって良かったです。

あの人、死亡フラグを盛大に立ててましたし。












(;´∀`)











そして、いよいよアホが深刻化してきた正宗。

データを人質に取るのは分かるのですが、何故本当に消したのかがマジで理解不能です。

切り札というモノは、切ってしまったら終わりなのは当然の事。

伝家の宝刀も、抜いてしまえばそこで終了になります。

それ程に重要な存在だったのに、わざわざ目の前で消去してやるとか、最早アホの大統領としか思えません

かくして、何も無くなった正宗は、容赦無くムテキとタドルレガシーにボコられてしまいました。

素で戦えばムテキに勝てないからこそ、飛彩の恋人のデータを盾に変身出来ない永夢をいたぶれた訳で。

それを削除してしまったらどうなるか位、子供でも分かるでしょうに。

なのに、何の躊躇いも無くやってしまう辺り、心底無能としか言い様がありません

ドヤ顔で出したエナジーアイテムの自在化も、既にパズルゲーマーがやっていた事の劣化でしか無いですし、頼みの綱のポーズもムテキには通じず

何というか、酷い落ちぶれ方です。

これで本当にパラドを消すしか勝つ方法が無くなった訳ですが、それこそ敵に読まれている手な訳で。

おまけに飛彩に仇として狙われるという、救いの無い永続バッドステータスまで付いてしまうという有様では、もう擁護出来ないレベルのド無能としか。

後は最早、どう無様かつ派手散華するかしか、こいつに求める事はないです。

こんな小物かつ無能がラスボスとか、もう恐らくありえないと思いますしおすし。

最も、次の話の展開次第では、再評価もあるかもですが。














(´Д`)ハァ…










バグスター側はクロノスに狙われるものの、グラファイトのゲムデウスウイルスでポーズを阻止します。

が、クロノスのアイテムチートで戦闘力を逆転されてしまい、大ピンチに。

やってる事は前述した通り、パラドクスのパズルゲーマーの劣化なんですが、どうもパーフェクトノックアウトになった際に、その能力が失われた模様。

そこをレーザーターボとゲンムに助けられ、撤退するしかありませんでした。

すっかり雑魚と化してしまったバグスター勢ですが、次回はもっと過酷な試練が待ち構えている様で。

一体どうなってしまうのやら。










(;´д`)トホホ…









戦闘では、やはりのムテキとタドルレガシーのタッグバトルが良かったですね。

クロノスに対しては、ほぼ終始優勢でした。

と言うか、クロノス自身が自ら勝てるはずの戦いを捨ててしまいましたし、ねぇ。

やらかしてしまった罪は、己の体で償う羽目になった様です。

しかし、そろそろクロノスの逃げ芸にも飽きて来ました。

いい加減、クロノスのデスルーラ(?)を阻止する手立てが欲しい所。







次回、(また)死に怯えるパラドに、最大の危機が。

戦々恐々としつつも、楽しみに待つとしましょう。





( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーエグゼイド
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード