08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダーエグゼイド&宇宙戦隊キュウレンジャー。

恒例の仮面ライダーエグゼイド 第43話「白衣のlicense

宇宙戦隊キュウレンジャー 第25話「惑星トキ、少年の決意!

感想です。




まずキュウレンジャー

12人はやっぱ多過ぎじゃないかな?な巻。

エピソード自体は普通だったのですが、数が多過ぎる故の弊害がモロに出た様な回でした。

大体、5人分ですら最近はまともに描写し切れてないのに、やはり12人は荷が重い様で。

そういやジュウオウジャーも、3人位しかちゃんと描写出来てなかったですよね…。

折角12人を活かせる時計というギミックが登場したのに、試練の質がキャラによってえらい差があったのはホント残念

時計と言えば、次の番組のラスボス…。

まともな敵が登場したのは、半分の6人しかおらず、しかも深く掘り下げられたのは僅か2名という有様

しかもエピソードをギッチリ詰め込んだせいか、そのキャラの掘り下げも充分とは言えませんでした。

お陰でナーガの闇堕ちへ至る流れもイマイチしっくり来ず、全体が中途半端に終わってしまった感が。

これ、ちゃんとまとまるんでしょうか。

主役っぽいラッキーもあんまりしっかり描写されないので、言う事に説得力が感じられませんし。

キャラ格差を放置して、そのままラストまで行ってしまうのか?

それとも、何らかの手段を講じるのか?

今後の流れに期待しましょう。






そう言えば、またもマーダッコが出てましたな。

最近は、しぶとい敵ってのが流行りなんでしょうか。

そろそろ見飽きたので、完全焼却するなりして頂きたいモノです。

そして、フクショーグンも遂に一人討ち取られてしまいました。

まあ、幹部というよりは怪人そのものでしたし、こんなモノなんでしょう。

ただ、フクショーグンがこの程度でしかないとしたら、ジャークマターの戦力も、個々で見るならそれ程凄い訳では無いのかも知れません。

数の暴力で押し潰しているだけで、本当に強いのは極一部な印象が。

これはもう、後ろで糸を引いている黒幕を期待してしまいますね。







次回、まさかのナーガ闇堕ち。

それなりに楽しみに待ちましょうか。










次は仮面ライダーエグゼイド

やはり最後までまともにゲームする気は無さそうでござるの巻。





前回同様、今回も何故か話はCRから始まります。

話が完全にぶつ切りみたいになっているのですが、誰も気にしない模様。

結局、合体した正宗はそのままトンズラこいたのでしょうか。

その辺りがハッキリしないまま、再びクロノス改めゲムデウスクロノスが出現。

どうしてあの時にやらなかったのかは不明ですが、ニコを最後のプレイヤーとして指名しに来た様です。

ゲムデウスクロノスは異様な強さを持っており、応戦したエグゼイド達を一蹴

リプロすら弾くとか、どんだけチートなんですかと言いたい

そのままゲーム空間へニコを引きずり込んでしまいます。

ゲムデウスクロノス曰く、ラスボスに挑む権利があるのは彼女だけなんだそうで。

閉鎖空間で、ニコにクロノスへの変身を迫り、ラストバトルに誘うゲムデウスクロノス

流石に最後はライドプレイヤーではなく、伝説の戦士という設定のクロノスになれる様で。

まあ、あんだけボコボコにされた後では、伝説()と言う感じですが。

永夢達はどうする事も出来ず、CRで歯噛みするのみ。

ですが、必死になった大我がクロノクルガシャットで、ゲーム空間へ突入してしまいました。

飛彩曰く、5年間の永きに渡るバグスターウイルス感染により、高い抗体を身に付けた事で、クロノスへの変身資格を満たしたとの事ですが…。

その理屈なら、もっと昔にパラドと融合し、これまた異常な体験をしてきた永夢にもやれそうなモノですが。

それに、変身資格を満たしても、結局ラスボスへの挑戦権は無いのは変わりません。

なのに、大我は辿り着いてしまいました。

これは幾ら何でも力技過ぎやしませんかね?

その後で、いつもの元社長のチートコードという神業を駆使して突入して来た永夢達の方が、まだ説得力があります。

元々仮面ライダークロノクルは元社長の作ったゲームですし、どうにでもやりようはあるでしょう。

むしろ、開発者を敵に回して何とかしようとしていた正宗がアホなのです。

チートで合流を果たした永夢は、大我に白衣を手渡すとチーム医療に誘いました。

ようやく心が一つになった永夢達は変身し、ゲムデウスクロノスを追い詰めます

初戦と全然変わらない戦力比なんですが、ゲムデウスクロノスは劣勢へ。

どうも、初戦で攻撃パターンを読まれてしまった様で、ポーズを駆使した攻撃すら対策済みでした。

ここでもゲムデウスクロノスの詰めの甘さが露呈した感が。

余裕こいてトドメを刺さなかった結果がこれです。

エグゼイド達の必殺技一斉攻撃によってゲムデウスクロノスはぶっ飛び、空間も元に戻りました

しかし、詰めが甘いのはエグゼイド達も同じ

そのままとっととバグヴァイザーⅡを破壊してしまえば良いものを、倒れたゲムデウスクロノスに余裕を与えたせいで、事態は最悪の方向へ。

何と、ゲームでは良くある、ラスボスの最終形態へと進化してしまったのです。

しかも、副産物としてゲムデウスウイルスに感染した人間たちのバグスターウイルス化という、壮絶なパンデミックを引き起こして。

CG丸出しの怪物と化した超ゲムデウスに、果たしてエグゼイド達はどうするのか?












(゚A゚;)ゴクリ








飛彩は、今回終始解説役だった感が。

大我メイン回という事もあり、出番は控え目

次が最終回と思われるので、ゲムデウスクロノスとの激戦が最後の見せ場かも。

ただ、次のビルドの放送日は9月なので、全44話では一日余る事に。

実は全45話なのか、それともコラボ回を挟むのか。

非常に気になる所です。








大我は今回、ほぼメインの扱いでした。

ニコの主治医としての意地か、良く分からない原理でゲーム空間へ突入を果たした大我。

そこでニコの代わりにクロノスに変身し、ゲムデウスクロノスとの決戦に臨みます。

巧みに他のライダー達の武器なども使い、ゲムデウスクロノスに喰らい付く大我クロノス。

が、自力の差を覆す事は叶わず、競り負けて変身解除してしまいました。

と言うか、クロノスの力でも勝てないんじゃ、クリアとか無理じゃね?というのはもう意味の無い指摘でしょう。

なんせ、正宗が目指していたのは、クリア出来ない事によって続く永遠のゲームですし。

そんなモノの存続に何の意味があるのかは分かりませんが、正宗がそうしたいのだから仕方ありません

ボロボロになって尚、闘志を失わない大我。

主治医として患者を守る、そのドクターとしての一心が大我を突き動かしているのです。

勝ち誇るゲムデウスクロノスでしたが、前述したチートコードにより永夢達が乱入した事で事態が急変

命を投げ出そうとした事を、永夢や飛彩に窘められつつ、永夢から差し出された白衣を身に纏い、今こそ真のチーム医療を行う大我。

やはり、大我にはスナイプの姿が良く似合います。

ボコボコにされた前半戦とは打って変わって、見事なコンビネーションでゲムデウスクロノスを追い詰めるスナイプ達。

最後はスナイプがトドメを決め、ゲムデウスクロノスに勝利します。

結局クロノスは超ゲムデウスになるという結末になったものの、ニコを救うというミッションはクリアした大我。

このまま最後まで戦い抜いて頂きたい所。











(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン








貴利矢は、ゲムデウスウイルスの再発が起こって戦闘不能状態。

しかも、超ゲムデウスが起こしたパンデミックによって、バグスターウイルスへ変貌する羽目に。

もう活躍のチャンスは無さそうですが、貴利矢の運命や如何に?










(;´Д`)










ポッピー達バグスター組は、今回お留守番

しかし、パラドは相当思い詰めており、次回で何かをやらかす模様。

自己を犠牲にする類の事じゃないのを祈るばかりです。








ニコは最後のプレイヤーとしてゲーム空間へ拉致され、勝ち目の薄い最終決戦を突き付けられます。

が、覚悟完了した所で大我の乱入があり、クロノスに変身する事はありませんでした。

実際変身しても勝てない仕様だったでしょうし、これで良かったのではないかと。










で、今回も色々大活躍だった元社長。

冒頭で嘘八百を並べ立てて、拘禁状態を何とかしようとする様は、まさに元社長(神)

結局、彼のチートコードが無ければ詰んでいただけに、やはり開発者が味方にいるというのは心強いです。

正宗がどんな頭の悪いチートを繰り出して来ても、チートでやり返せるのは大きなアドバンテージ

クロノスのやり方を聞いた時点で、既に彼の頭にはそれを上回るプログラムが浮かんでいたのでしょう。

最早ゲームという大前提がどっかに行ってますが、今更というモノ。

この人は、最後までこんな感じだと思われw










'`,、('∀`) '`,、









正宗は、前述した通りにニコを拉致ってゲーム空間へ。

その狙いは、唯一のラスボス挑戦権を持つニコの抹殺

彼女さえ潰してしまえば、最早誰も自分に戦いを挑む事は出来ず、終わらないゲームを神の視点で眺める事が可能な訳で。

実際そうはならないのですが、正宗は本気でそう思っていた様です。

ライダー達を軽く片付け、上手くニコを引きずり込み、勝利を確信しながら選択を迫るゲムデウスクロノス。

が、大我やチートを駆使した永夢の乱入によって、目論見は脆くも破綻してしまいました。

前述した通り、詰めの甘い男です。

まあ、倒されても次があると知っていたからこその余裕なんでしょうが。

実際、格好悪くボコボコされた後で、完全に人を捨てた超ゲムデウスとなって復活します。

もう何度復活すりゃ気が済むのかと言いたくなりますが、ホントもう勘弁して下さい

最早一体何がしたかったのかも分からない正宗ですが、最後にラスボスになれて本望でしょう。

運営がラスボス化してどうするんだと言いたくもなりますが、ここはもう生暖かく正宗の行く末を見守る事にしましょう。










(;´д`)トホホ…











戦闘シーンは中々の迫力でしたが、相手が何度も倒したクロノスの延長線上のキャラなので既視感が凄いです。

折角の燃えるバトルも、相手が正宗ではやっぱり盛り上がりません

ただ、大我クロノス対ゲムデウスクロノスは結構面白かったですが。

これに関しては完全に予想外だったので、素直に楽しめました







次回、前代未聞のパンデミックに、永夢達は一体どう立ち向かうのか?

楽しみに待つとしましょう。





( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーエグゼイド
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード