09
1
2
4
6
8
9
11
13
15
16
18
20
22
23
25
26
27
28
29
30
   

S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジンレビューもどき。

今回はS.H.Figuartsウルトラマンオーブ オーブオリジン」のレビューです。

S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン10




にしても、まさか最初にこれが発売されるとは思いませんでした。

てっきりスペシウムゼペリオン辺りから出すのかと思っていたのですが、実際はオーブの変遷史をなぞる様な形で発売される様ですね。

となると、最後に出るのはサンダーブレスターか、はたまたエメリウムスラッガーか…。

原初のオーブもAmazon限定で発売されていますし、非常に商品化に恵まれたウルトラマンと言えましょう。

オーブサーガは元々アマゾンプライム限定配信でしたしね。

閑話休題。

まずはパッケージから。











S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン2

大体いつも通りのフォーマットですね。

しかし、そろそろ箱の規格を統一して欲しいかも。

個人的には、小さい方が助かるのです。
















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン1

後ろは説明

ここもいつも通り

しかし地味ですな…。














S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン3

ブリスターの中身はこんな感じに。

何かこのお値段にしては、付属品が少ない気が…。

と言うか、まさか必殺技エフェクトが付属していないとは思わずびっくりです。

それに比べてウルトラセブンは豪華だった…。
















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン9

オーブオリジン本体

流石に技術の蓄積もあるのか、プロポーションはバッチリ

ボディのカラーリングも正確で、いう事無しです。

















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン8

関節などの調整も丁度良いので、自立性が高いです。

この調整一つでアクションフィギュアの価値が大きく変わるので、なにげに重要ポイント


















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン7

から見ると、結構シンプルですね。

胸部の厚さが、如何にもウルトラマンらしい感が。















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン6

後ろから見ても、隙のない格好良さ。

あまり後ろ姿をまじまじと見る事が無かったので、じっくり観察させて貰いました。














S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン5

真後ろから見ると、若干首が長く感じられます。

正面からはあまり違和感が無いので、これは塗装が見せた一種の錯覚かも知れません。

ちなみに首のヒレ部分は面白い構造をしており、可動域を損なわない様にしつつ、尚且つ自然に魅せる工夫がされていました。












S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン4

もほぼ原作準拠のイケメン

しかし、どことなくティガに似ている…スペシウムゼペリオンに違和感が無いのはそのせい?

目はいつも通りのクリアパーツ成形ですが、光の加減で見え方が変わる様に見えて面白いです。

可動に関しては、これまでのウルトラ系アーツと同じなので割愛。

素体が変わらない限りは、このままなんでしょうね。



















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン11

永きに渡る封印の時を経て、今ここに真のオーブが降臨。

いや、ホント永かった…。

















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン12

にするのは、力の源とも言える聖剣オーブカリバー

高い攻撃力を誇り、基本オーブオリジンはこの武器で戦います。

何気に、デフォルト形態で手持ち武器をメインに戦う主役ウルトラマンって、現時点ではオーブオリジンが初めてではないかと。

他の武器持ちウルトラマンは、あくまで「その武器を使う事もある」だけで、デフォルト装備にして必殺の武器というのは、他に例が無いと思われ。













S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン13

銀河の光が我を呼ぶ!

見栄を切るウルトラマンも結構珍しいですよね。

他にはお喋りで有名(?)なゼロ位?
















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン14

はさておいて、まずはパンチ

オーブカリバー一辺倒ではなく、巧みに格闘も織り混ぜて攻撃していた印象が。

だかこのエフェクトはどう見てもハリケーンスラッシュ向きですどうもありがとうございました。


















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン15

そしてジャンプキック

プロポーションが良いので、綺麗に決まります














S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン16

オーブカリバーを構えて。

基本セットなので、無い方が違和感を感じるレベルですね。















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン18

聖剣から繰り出される重い斬撃

劇中を見る限り、マジで重そうでした。
















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン17

更に斬撃

今回もWIND EFFECT大活躍しています。




















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン19

リングを回して、必殺技の発動準備

専用の交換手首が付属しているので、しっかりとリングを保持する事が可能

ただし、リング自体残念ながら無可動
















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン20

炎エフェクトを用いて、オーブフレイムカリバー

こういう時、ホントエフェクトは便利です。

















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン21

続いてまたもWIND EFFECTで、オーブウインドカリバーっぽく。

ハリケーンスラッシュの必殺技に比べると、あんまり印象が無いですね。


















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン22

他2つの技はエフェクト不足で再現不能と判断し、泣く泣く割愛

代わりに、風をまとって回転しながら攻撃している様な感じで撮影してみました。

これもハリケーンスラッシュだと、もっとしっくり来るのでしょう。















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン23

最早恒例となりつつある、光速斬撃

…なんですが、これもやっぱりハリケーンスラッシュ向きですなぁ。

早期の発売が求められます。















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン29

そして、からの猛攻に大ピンチのシーンも。

カラータイマー部分は、今まで通り差し替えで赤の状態を再現。

ただ、ここに一つ、後述する問題点があったり。















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン30

に包まれながらも、諦めないオーブオリジン。

紅に燃えるぜ!

ウルトラマンって、こういうシーンも非常に似合いますよね。
















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン27

そして今こそ反撃の時

オーブカリバーのプレート部分を差し替えて、オーブスプリームカリバー発動モードに。

から押してやると台座が飛び出すので、後は簡単に差し替えられます

今回光線エフェクトなどが付属しないのは、こういう小物類にコストを持ってかれたのかも知れませんね。














S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン24

エネルギーを集中し、最大必殺技を発動!

一応似た感じにはしてみましたが、イマイチ再現度が低くて泣けて来ます。


















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン26

オーブスプリームカリバー!!

別のウルトラマンの光線エフェクトを使って、最大必殺技を何とか再現














S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン25

別角度から。

あまりにも便利過ぎて、光線系エフェクトが全部これになってるのは困りモノですな。

早急に、違うパターンのモノも入手したい所。


















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン28

そして勝利

最早この辺りはお約束の構図ですw
















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン34

戦い終わった男の背中

背景が夕日だったら、もっと格好良かったかなと。

ウルトラマンは、結構夕日が良く似合う(たまに死ぬけど)。



















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン31




S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン32

を見上げ、飛び去る一連のシーンも。

このシーンも、ウルトラマンには欠かせない要素でしょう。

ただ飛び去るだけなんですが、その世界の人間的には「帰って行く」シーンなんですよね。

神の視点で見ている視聴者には、恐らく分からない感覚ではないかと。

















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン37

最後はオーブカリバーを携えた姿で。

デカいので、少し保持に苦労するかも。





以上、色々弄って来たS.H.Figuarts「ウルトラマンオーブ オーブオリジン

本体は最早ほぼ完成の域に達したと言って良い位、高いクオリティで安心しました。

から発売される別フォームにも、期待出来そうです。

大きな問題点も存在しないので、飾って良し、遊んで良しと隙がありません

ウルトラマンオーブが好きなら、間違いなく買いの逸品かと。












(`・ω・´)











欠点に関しては、少しだけ




S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン35

まず、Amazonのレビューなどでも言及されていた、カラータイマーポロリ問題

きっちりハメた筈なのに、いつの間にか落っこちているニクいヤツです。

気が付いたら落ちていると言う感じなので、くれぐれも紛失にはご注意を。

尚、改修する方法も既にある模様。


















S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン36

そして、オーブカリバーが無可動なのもちょっとがっかり

贅沢を言ってるのは承知の上ですが、それでもハンドル剣の様に回せる様にして欲しかったです。

回った所で画像的には全く変化がないのですが、もうこれは気分の問題ですな。

それと、前述したエフェクトパーツの無さも少し問題かなと。

流石に、オーブスプリームカリバーだけは付けてくれる思っていたのですが。










(´・ω・`)











とは言え、致命的な欠点は存在しないので、安心して購入して問題は無いかと。

何より、こんなに早く発売された事に意義があると言っても過言ではない良アイテム

尚、ジードも既にスタンバイ中の模様。

是非、手に取って遊んで頂きたいです。











S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ オーブオリジン33

最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

数多いウルトラマンの中でも、オーブの後ろ姿の格好良さはトップクラスだと思います。








次々回の火曜日は、予告通り艦これ夏イベの報告予定。





( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

やはり買われましたか
私もサンダーブレスター、バーンマイトが出て欲しいので買いました。
アーツのウルトラマンシリーズは怪獣も出来が良いのでオススメします。
しかし管理人様のレビューがエフェクト等を使って出来がどんどん良くなっていて毎週見てて楽しいです。
やはりエフェクトパーツは買っておくべきですな。

P.S.
ジードを見てるのでしたらまた最終回後に感想見たいです。

No title

>DD様。

コメントありがとうございますv

これが売れないと続きも出ませんし、買い支えるのは必要ですよね。
出来も非常に良いですし、購入して良かったです。
怪獣アーツの方も欲しいのですが、中々予算が回らず…;
ただ、ウルトラマンの場合は怪獣ソフビも良い出来なので、そちらで賄うのもありかも知れません。

エフェクトに関しては、自然な感じで画面に迫力を持たせられるので、ホントあればあるほど楽しいですな。
これからも、出来るだけ揃えて派手に行こうかと。
取り敢えず、光線系はもっと増えて欲しいですね。

ジードに関してはガッツリ視聴しているので、終了後にいつもの如く感想を入れようかと。
また、ちょくちょく覗いて頂けると幸いです。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード