04
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

艦これ彷徨にっき外伝 2017秋イベの残照。

今回は艦これの2017秋イベ「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」の結果報告でもやろうかと。




毎回の事ですが、今回も本当にキツイイベントでした。

比較的中規模らしいと聞いてはいましたが、そこに一切の油断ありません

運営が考える難易度と、ユーザーが想定する難易度が違う事など、それこそ当たり前の様に起こりますし。

しかしながら、今イベントは悪い意味右斜め上を行く様な内容だったのです。

まず、全4海域という、一見少なく見えるSTAGE数にホッとした人もいるかも知れません

まさに、それこそが第一の罠

と言うのも、全てのSTAGEが尽く多段ゲージを持っており、複雑なギミックを一つ一つ解除しないと、ボスすら拝めないというトンデモ仕様でした。

特にE3は史上初トリプルゲージを有しており、これを1海域とカウントするには無理があると思います。

最終海域に至っては、壮絶極まりなく、最早マップがマスだらけでゴッチャゴチャ

素人が見たら、多分何が何だか分からないままそっ閉じでしょう。

マスを識別するアルファベットも全て使い切った挙句、Zは1からZZ3まであるのですから、その前代未聞さ推して知るべし。

しかもその殆どが空襲・潜水・PT・夜戦という嫌がらせ豪華フルコースと来たもんだ。

更に。後述する空母の制限のせいで制空補助が重要になり、道中に基地航空隊を送る余力は無し

従って、凄まじい回数の道中事故が発生する始末

トドメに、史実を優先するあまり、艦娘縛りが物凄く厳しく、何回も同じ艦娘を使いまわさなければならない有様

は確かに少なくて済みますが、特に正規空母の出番が殆ど与えられず、始終制空に苦しみ続けるというのは、流石にやりすぎです。

確かにこの段階で日本海軍は、正規空母を全滅に近い位に撃ち減らされており、西村艦隊のレイテ突入の際の残存兵力は僅か7隻だったそうで。

尚、米軍の空襲により、どの艦も大なり小なりダメージを負った状態だった模様。

対する米軍はその数十倍以上の数を揃えており、それを踏まえるなら、非常にリアルだったと言えましょう。

ですが、史実をなぞるのを優先し、持ちうる戦力を全く出せなくするのはちょいと問題かと。

重要とされた西村艦隊にせよ、入手が難しい艦娘が2人も混じっており、この時点で初心者どころか中級クラスの提督まで、かなり苦労したと思われ。

戦艦にせよ、出番のあったのはほんの一部で、大部分の戦艦は支援艦隊送りでした。

一説には、後編に札が持ち越される可能性があり、その為の措置ではないかというもあります。

確かに後編には、温存する形になっていた大火力艦隊を投入可能となれば、溜飲も下がるというものですが…。

後述する新陣形「警戒陣」を、後編でも使える様にするとの事なので、後編も縛りの嵐である可能性の方が高い気が。

結局、全4海域なのに、そのをプレイするのと変わらない労力を使ったがありました。










( ´Д`)=3










問題点と言えばまだまだあります。

今回は「遊撃艦隊」という、7隻編成の特別艦隊を編成可能になっているのですが、何故かそれが第3艦隊なんですよね。

結果、誤出撃が多発するわ、第1艦隊は遠征に出せないから完全に死んでるわ、編成記録に7隻目が登録されないわと、使い勝手の悪さばかりが印象に残っています。

この艦隊を運用する為に、護衛無しで大破艦を退避可能な「遊撃部隊 艦隊司令部

更にはイベント限定の新陣形「警戒陣」を導入したりと、7隻編成だった史実の「西村艦隊」を再現する為、ありとあらゆる手段を執った模様。

しかしながら、その運営の熱意は正直空回りしていたのではないかと。

大部分の人は、史実再現より、自分が好きな艦娘を起用し、自由な艦隊で攻略したかったと思うのです。

なのに、あんまり馴染みのない艦娘ばかりの艦隊が攻略に必須とか、萎える原因になるだけでしょう。

当然、馴染みが無いという事は、育成段階もお察し下さい状態。

実際、私も扶桑型姉妹時雨以外は、こんな子居たっけ?レベルで認識の薄い艦娘ばかりでしたし。

最上に至っては、潜水デコイという攻略方法を執らざるを得ない関係、出番が無いというね…。

ウチではレア艦娘である「朝雲」及び「山雲」は所属していたものの、全然練度が足りず、必死で育成を始めたものの、山雲をレベル30代で出撃させる羽目に。

朝雲もレベル40代と大して変わらず、当然の結果として狙い撃ちに遭い、大破撤退が続出。

尚、作戦終了後にはレベル50代になっていた模様。

退避させれば火力が足りなくなるので、折角の新アイテムも出番ゼロ

更には、安定しない道中を切り開く為に、「潜水デコイ」という戦法を多用せざるを得ない状況でした。

潜水デコイとは、その名の通り、危険な攻撃の殆どを潜水艦に集中させ、水上艦の被害を最小限に抑えるモノ。

同時に制空補助索敵補助も任せる関係上、伊13などの3スロ潜水艦ですら武器を積む余裕がありません

やわらか戦車かな?

トドメに大破轟沈の可能性も上がるので、補強増設で穴を開けた上で、ダメコンを積むなどの対策も必要になります。

私はこれまでダメコンを一度も使用せずに攻略を続けて来ましたが。あまりの到達率の悪さに辟易し、泣く泣く採用する羽目になりました。

と言うのも、兎に角1海域に異様な時間がかかるので、全海域攻略への時間が全然足りなくなったからです…。

地獄の様な戦闘の果てに、海域を突破したのは10日の夜というギリギリさからも、今回の危うさが分かって頂けるかと。

ちなみに、ダメコンの消費は3つに収まりましたが、その度にヒトミを死ぬ様な目に遭わせてしまったのも結構辛い…。

ギリギリだったせいもあり、堀りもまともに出来なかった結果、取得した新規艦娘も恐らくこれまでで最低数を割ったと思われ。

本当に、今回は心底疲れました

まあ、多分ここにある二つ目の甲勲章のせいなんでしょうがw










(;´∀`)










四苦八苦したのは、難易度を下げなかった自分の責任という虚しいオチも付いた所で、良かった点も挙げましょう。

まず、前述した通り、狂的なまでに史実に対するコダワリがあり、それが様々な所で活かされていました。

変則的な遊撃艦隊もそうですが、細かい所ではE4ラストダンスの面々が史実の敵の数と同じなんだそうで、もう細かい所まで手が及んでいます。

そして、頭のおかしいレベルの道中を潜り抜ける為の新陣形「警戒陣」も、その力を存分に発揮

専用に生み出された様なモノですし当然と言えますが、兎に角回避率が上がるので致命的一撃を貰い辛いです。

その分攻撃力が下がるので、敗北が続く可能性が増えるのが欠点ですが。

難関海域を突破するのに便利過ぎるからか、イベ限になったのは残念

そして、何より西村艦隊旗艦だった山城新規録り下ろしヴォイスが多数追加されているのもナイスポイント

戦闘時の鬼気迫る雄叫びは、まさに実際のレイテでの獅子奮迅の戦いっぷりを思わせました。

まあ、ウチの場合、不思議な事にボロボロだったのはデコイのヒトミ(突入時点で大破)と、レベルが足りないコンビだけで、他はほぼ無傷だったり…(尚、ヒトミは根性で全攻撃を回避し、ダメコン発動は無かった模様)。

突破後も、山城・扶桑・時雨による長めのボイスが入るなど、兎に角気合が入った内容だったと思います。

尚、帰投ボイスは、何故か1隻で第1艦隊の旗艦をしていた速吸のお帰りなさいボイスに邪魔された模様。

色々と思い残す点反省点はありますが、取り敢えずクリア出来て良かったです。

幸い、資源は今までで一番消費が少なかったので、E0割りを進めつつ、艦娘達の練度を高めておくとしましょう。

の水平線に、勝利を刻む為に。











(`・ω・´)ゞ










最後に、少ないですが今回の新規着任艦娘紹介でもしましょうか。








艦これ彷徨にっき外伝 2017秋イベの残照1

まずはこの人、択捉型海防艦の七番目「対馬

ドロップでしか出ない方でしたが、確率は高めだった様で、ウチでは攻略中に二隻がドロップ。

見た目は今までのに漏れず幼女なんですが、セリフが妙に大人っぽいですな。

現段階では声優も未発表との事で、その辺りが気になる所。

性能的には全体的に高めで、より潜水艦キラーとして使いやすくなっています。

運もかなり高いのですが、カットインが出せない現段階ではあんまり意味が無いかも。
















艦これ彷徨にっき外伝 2017秋イベの残照2

続いても海防艦で、択捉型の3番艦「佐渡

E2の突破報酬なので、現段階では一隻しか鎮守府に存在しないはず。

外見はやっぱり幼女ですが、こちらは何となく悪戯っ子めいた喋り方をします。

この人が揃った事で、全6隻の海防艦艦隊が組める様になりました。

彼女達6隻の前では、敵潜水艦隊などあっという間に蹴散らされる事でしょう。

尚、メイン戦場の1-5では無意味な模様。

性能としてはほぼほぼ対馬と同程度ですが、運だけはかなり低くなっています。















艦これ彷徨にっき外伝 2017秋イベの残照3

で、恐らく今回一番の当たりだったのが、攻略途中でドロップしたこの人

そう、対空の鬼こと秋月型駆逐艦のネームシップ「秋月

長らく秋月型駆逐艦不在に悩まされて来た、我が鎮守府の救世主とも言える存在です。

同海峡でドロップ設定されていた照月には出会えませんでしたが、それでもこの子が来てくれたのはホントありがたい

駆逐艦による防空がより強化出来るのは勿論、所謂「秋月砲」を改修出来るのが非常に大きなメリットでしょう。

自慢の対空戦能力は低レベルの段階でも健在な為、即座に実戦投入させて頂きました。

現在は演習艦隊に組み込んで、更なる強化を図っています。

レイテ後編に間に合う様、しっかり調整したい所。



















艦これ彷徨にっき外伝 2017秋イベの残照4

そして、ドロップした当初、居たかどうかかなり悩んだのがこの人

白露型7番艦(また7!)「海風」さん。

戻って調べたらやっぱり初着任だったので、勘を信じてスクリーンショットを撮っておいて良かったです。

ただ、性能的には平凡な上、持って来る装備も普通なのでそのまま倉庫行きかなと。

























艦これ彷徨にっき外伝 2017秋イベの残照5

E4の激戦の合間をぬって、E1へ派遣した潜水艦隊が連れて帰って来たのがこの人

雲龍型航空母艦、3番艦「葛城」です。

今回唯一の堀りによる戦果でした。

これで、長女以外は何とか揃った事になります。

搭載数がピーキーなので運用する場所を選びますが、概ね優秀と言っていいかと。

何より、改装設計図が必要なものの、有用な戦闘機を持参してくれるのは大いに助かります

ただ、天城もそうでしたが、空母なのに初期装備が砲ばかりなのはちょいと困惑しました。

本人もそれを気にしている様で、画像でも必死に砲台みたいなのを否定していますw

尚、他の姉妹より一部の装甲が薄いのは、オリジナルの葛城自体がそうだった事にちなむ模様。













艦これ彷徨にっき外伝 2017秋イベの残照6

最後に、E4を無事突破した報酬が、この秋月型の3番艦「涼月

この人を手に入れる為に、他の掘りを諦めたと言っても過言ではありません

しおんは犠牲になったのだ…。

秋月が来てくれたとは言え、やはり防空担当幾ら居ても良い位ですし。

しかも、この秋月型駆逐艦は大抵入手困難になる事が殆どなので、是が非でも入手しておきたかったのです。

苦闘を乗り越えて手にしただけあって、対空戦能力は秋月と互角

他の性能も概ね高めなので、運用しない選択肢はありません

改装レベルが55と高めなのが欠点と言えば欠点ですが、これは頑張れば補えます。

秋月と共に、我が鎮守府の守護神となって頂きましょう。












( ̄ー ̄)bグッ!











後は、海域突破画面締めとしたいと思います。


艦これ彷徨にっき外伝 2017秋イベの残照8







艦これ彷徨にっき外伝 2017秋イベの残照9





艦これ彷徨にっき外伝 2017秋イベの残照7



改めて、作戦に参加した提督の皆様方、お疲れ様でした!

後編でも、共に暁の水平線勝利を刻みましょう。

















おまけ。



艦これ彷徨にっき外伝 2017秋イベの残照10

これはクリスマスバージョンの長月さんですが、最初「誰てめぇ!?」となったのは、多分私だけではないはず。

普段と変わりすぎなんですが、絵師のタッチが変わったのしょうか。

普段が渋い顔をしているだけに、この姿はかなりギャップを感じましたw









次回の木曜日は、TFレジェンズ界に遂に登場したあの大物アイテムの予定。





( ´ー`)フゥー...

theme : 艦隊これくしょん~艦これ~
genre : オンラインゲーム

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード