04
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

今週の仮面ライダービルド&宇宙戦隊キュウレンジャー。

恒例の仮面ライダービルド 第15話「桐生戦兎をジャッジしろ!

宇宙戦隊キュウレンジャー 第42話「父か?宇宙か?ラッキーの覚悟

感想です。




まずキュウレンジャー。

色々と目まぐるしい回でした。

前回指摘されたからではないでしょうが、敵本星内部の守りが堅固だったのは評価出来ます。

そりゃ、そこまで手薄だったらもうフォローしようもないですし。

無数の戦闘機にロボ、そしてフクショーグンが全部混ざった巨大戦士まで登場してもう大変

あまりの敵の数に辟易した上、ラッキーがアスランに抑え込まれてしまった事で、キュウレンジャー達は一時撤退

迷いが晴れないラッキーに対して、ツルギは「父か宇宙か」の二者択一を迫ります。

それにハミィが真っ先に反発

ツルギに抗議しつつ、らしくないラッキーにを入れました。

更には追撃のスティンガーによる説得も受け、ようやくラッキーの腹が決まった様です。

と言うか、ラッキーのキャラって本当にブレブレですよねぇ。

ハミィが語るラッキー像が最初のイメージに近い感じでしたが、今やキャラがシリアスネタを行ったり来たり。

特に主人公と定めたキャラじゃないラッキーに、無理矢理主人公属性を植え付けたらこうなったとしか思えない感が。

しかも、星のコアが宇宙すら吹き飛ばす爆弾である事まで判明します。

これまで採掘したエネルギーを、全てこれに注ぎ込んでいた模様。

にしても、劇中でも言及されてましたが、そんなモノ作ってどうするのでしょう?

当然ですが、最終兵器は全てを終わらせます

そんな扱いに困る兵器を、何故宇宙の支配者が持つ必要があるのか。

何度も復活する事を踏まえると、ある仮説が浮かびました。

つまり、宇宙をリセットした後、自分達だけが復活し、新たな神となる。

イデオンかな?

あまりにも荒唐無稽な計画ですが、キュウレンジャーですし無いとは言い切れません

勿論そんなイカれた計画を実行されたら困るので、キュウレンジャー側はブラックホールを形成し、爆弾をそこで始末してしまう作戦を考案

厳密に言えばブラックホールはでもなんでもなく、その構造は未だに包まれています。

これまでのSFみたいに何かを放り込んで始末出来るとも限らないのですが、この世界ではそうなのでしょう。

かくして、ドン・アルマゲ一味を葬り、爆弾をブラックホールで処理するという最終作戦が発動しました。

激闘の果てに合体フクショーグンを粉砕し、突入の準備を整えるキュウレンジャー

が、その矢先にツルギが離脱

彼だけ個人的にドン・アルマゲに呼び出されており、それに応じる覚悟を決め、ショウに全てを託して行ったのです。

そして、彼らの前に立ちはだかるのは、洗脳されたドン・アスラン

果たして、作戦は上手く行くのやら。






次回、遂にドン・アルマゲの正体が判明?

楽しみに待つとしましょう。











次は仮面ライダービルド

やっぱり、戦兎の正体はアレだったでござるの巻。


首相代理こそがナイトローグである事を知った戦兎達。

このままでは何をやってももみ消される事を危惧した戦兎は、彼の野望を白日の下に晒す事を決意します。

パンドラボックスを餌に幻徳を呼び出し、言質を取ろうとするものの、龍我が暴走したせいで作戦は失敗

しかもローグの奥の手とも言える、コウモリの羽根を生やした空中からの攻撃を受け、敗走する羽目に。

何故スターク戦で使わなかったのか…ソレガワカラナイ。

これは空が飛べるベストマッチも最強のスパークリングも使用せずと、不備ばかりが目立ったダメ戦闘でした。

その後、首相から直々の電話を受けて病院まで行くものの、またもそれは幻徳の罠

これに関しては、に幻徳の罠がザルだった為に、戦兎達は食い破って逃走に成功しています。

何か登場人物全員がアホばかりに見えて来るから困る…。

ザル作戦の失敗にキレた幻徳は、どうやってか戦兎達の隠れ家を突き止めて襲撃して来ます。

応戦する戦兎達はガーディアン達をサクッと排除しますが、ナイトローグに変身した幻徳は、驚く隊員2人を無理矢理スマッシュに変身させ、2対3の状況を作り出しました。

これは流石に洒落にならないので、まず2人でスマッシュを1人片付けて不利な状態を脱し、一対一の対決に。

しかし、襲いかかって来るローグは、戦兎に対して意味不明の呼びかけをして来ます。

甦れ!お前の本当の姿を!お前の狂気を!野心を!全てを思い出すんだ!

何か他の人物を戦兎に見ている様ですが、ビルドは構わずようやくスパークリングにビルドアップ。

ローグの奥の手を正面から撃破し、勝負を決めました

と言うか、最初からそうしろと言いたい。

幻徳の野望は首相サイドにもバレ、一気に全てを失った幻徳。

犯罪者として連行される幻徳に、戦兎は呼びかけの意味を問います。

それに対し、幻徳はドヤ顔でこう答えます。

石動が俺にこう言った。「葛城巧は生きている。姿を変えて」…お前だよ桐生戦兎。お前が悪魔の科学者「葛城巧」だ…

衝撃の告白に呆然とする戦兎、そして狂気の笑い声を上げる幻徳。

まあ、視聴者は薄々勘付いていた程度の事なんですが、まあ直接聞いたらショックでしょう。

何の捻りも無いオチにこちらまで呆然としてしまいそうですが、この事実に戦兎達はどうするのか。

てか、今の所全部石動の掌の上なんですが、いつまでこの状況が続くのか。

それは次回のお楽しみ?










(;´Д`)









龍我は、今回もちょっとパッとしない感じでした。

彼は作戦を全く理解していなかった様で、幻徳の言質を取る為の会話に割って入った挙句、あっという間に負けて変身解除という無様な姿を晒してしまいます。

その後も2体のスマッシュを引き受けるといいつつも苦戦を重ね、結局女助手さんをボコられる羽目に。

ローグとの戦いの合間を縫ってビルドが援護しなければ、また変身解除だったと思われ。

まともに活躍したのは初登場時だけで、後は只管噛ませ犬状態の龍我。

しかも次回では、戦兎が葛城だったという事で、大荒れしそうな予感が。

実際、石動がメインで動いているだけで、葛城はあんまり関与してなさそうなんですが、この脳筋に理解出来るかどうか。









(´ε`;)ウーン…









女助手さんは、のこのこと戻ってきた石動と対面。

いつもの様に送り出しますが、石動が去った後に泣き崩れてしまいました。

これはもしや、戦兎達が隠していた事実に気付いているのでしょうか。

まあ、勘は良さそうなのでその可能性が大ですよね。

しかも、次は戦兎が葛城だったという事実まで知る事になる訳で。

彼女の精神が保つ事を祈るばかりです。











(;´∀`)










一方、今回で一気に破滅してしまった幻徳。

大体、全て石動の掌の上で踊っているに過ぎない事を気付こうともしなかったのが、彼の敗因でしょう。

そもそも、この人って自分が思っている程有能じゃないですよね。

戦兎が最初に仕掛けた作戦も、龍我の暴走が無ければ上手く行っていた可能性がですし。

その次に仕掛けた罠も、首相の護衛を置かないという致命的ミスを犯し、戦兎に見破られる有様。

おまけに未だ、散々コケにされた相手である石動に頼っているとか、もうホントダメダメです。

結局、本気を出したビルドに戦闘で無様な敗北を晒し、自身の野望が首相にバレた挙句、犯罪者に転落してしまいました。

ここで一時退場と言った感じですが、どっちにせよ今のままではビルドに勝てないでしょうし、強化されて再登場するのでしょうか。

この野心家が、ここで終わるとも思えませんしね。











(;・∀・)











で、石動は相変わらず暗躍中

あそこでトドメを刺しておけば、こんな事にならなかったのですが。

幻徳を唆しつつ、自分はしっかり戦兎の開発戦果をハネるなど、もうやりたい放題です。

パンドラボックスは首相側の元に戻りましたが、恐らくスタークなら奪うのは簡単でしょう。

まあ、ボトルが無いと会長が望むモノが手に入らないっぽいので、即終了とは行かないと思いますが。

ただ、ホント未だにこの人が何をしたいのかが不明なのが困りモノ

戦兎が何を完成させたのか、それを盗んで一体何をしようとしているのか。

もしかしたら、それこそが物語の根底を成すモノなのかも知れませんね。











(゚A゚;)ゴクリ










そう言えば、スマッシュもやっと登場しました。

まあ、以前出て来たヤツのバリエーションですが。

しかも、今回も被害者枠という事で、少し気の毒。

戦闘力に関しては向上しているものの、一対一ではクローズに勝てないレベルとまだまだ

この分だと、スマッシュ自体が巨大な脅威になる事は無さそう

実際、今回のヤツも生身貧弱な女助手さんをボコっても、まるで殺せない始末でしたし。

何にせよ、そろそろテコ入れが必要かもですな。











(´・ω・`)









戦闘は、全体的にイマイチ締まらない印象が。

なんせ、不自然な所が多すぎてのめり込めませんでしたので。

ローグの場合、まだあれが切り札っぽいので出し惜しむのも無理はないのですが、負け戦だったスターク戦では出しとけよと言いたい。

問題はビルドの方で、何故ナイトローグに対しても舐めプするのか良く分かりません

強敵なのは分かっているのですから、最初からスパークリングで行くべきでしょう。

初見だった初戦はともかく、二度目もギリギリまでスパークリングにならないとかマジで意味不明です。

そのお陰で女助手さんはボコられ、自身もピンチになった訳ですし。

最早天才物理学者(笑)とか言われても仕方ないと思います。

おまけに、パソコンのセキュリティもザルだったせいで、石動にデータをコピーされるという大ポカまでやらかす有様

正直、戦兎のキャラがあらゆる意味ダメ過ぎて、感情移入出来ないです。






次回、展開は色々とまた波乱含みな様で。

戦々恐々としつつ、待つとしましょうか。


( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダービルド
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード