04
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガーレビューもどき。

今回はTFレジェンズ LG-55「スラッグスリンガー」のレビューです。

TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー18




さて、遂にこのスラッグスリンガーを以って、デストロンターゲットマスター勢揃いした事になります。

今まで様々なアクシデントがあり、所謂バラ売りでの「チーム」を揃え損なっていた自分的には、結構嬉しい所。

今でもハードヘッドとスカルの再販をお待ちしております。

今回のデストロンターゲットマスターは、全員パーシャルながら、どれも個性的で面白いメンツでした。

前置きはこの程度にして、まずはパッケージ












TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー2

大体いつも通りのフォーマットですね。

しかし、今年の4月以降は、これが無くなってしまうのでしょうか…。

出来れば、日本版は遅れて出るのですから、ちゃんとローカライズして貰いたいモノですが。














TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー1

裏は説明

これもいつも通りです。















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー8

そしてビークルモード

基本的な構造はミスファイアーと同じなんですが、上半身パーツが全て新規なので、完全にフォルムが変化しています。

リデコリカラーの類は基本購入しない私でも、うっかり買ってしまう程に。

パーシャルの凄さを、改めて思い知らされましたね。













TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー7

他の2人と比べると、少し悪役感が強いスタイルになっている感が。

カラーリングは明るい青と白という、どちらかと言えばヒロイックな配色だと言うのに。

まあ、3人の中では一番ヤバい性格をしている事もあり、より「らしい」とは言えます。

説明書のプロフィール文からも滲み出る、徹底した悪っぽさは必見。















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー6

後部は、ほぼ見慣れた姿ですね。

ここだけは、カラーこそ違えど3人に共通する箇所なので。

翼には大き目のバーニアが造形されており、機動性も高そう。















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー10

裏はこんな感じ

ミスファイアーと同様の構造なので、何となくロボの面影が伺えます。
















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー5

コクピットは開閉し、ヘッドマスターを搭乗可能。

ここも新規なので、ミスファイアーとは違い普通に膝を折って座る形に。

機種部分にもコクピットっぽい部分がありますが、ここは開閉不可

ここ、一体何なのでしょうね?















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー4

コクピットの上には、ターゲットマスターを装備可能。

これはいつも通りですね。

後、スラッグスリンガーは翼の下にも武装を懸架出来るので、他のTFから武装を借りて来る事で、追加武装も出来ます。
















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー3

お尻の部分にスタンド穴があるので、他のメンバーと同じく浮かせるのは楽々

少し不安定ですが、本体が軽いので保持に問題は無し











TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー9

折角なので,ビークルモードで勢揃い。

素体は同じなのに、恐ろしく個性的にパーシャルされていますね。

それでいて、後部が共通な事で、そこはかとない連帯性が生まれているのがまた良し



それでは、ロボットモードにトランスフォーム!(ギゴガゴゴ)

…なんですが、ほぼミスファイアーと同じなので割愛












TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー11

ただし、後部のジョイント部分が、他の連中に比べて深めになっているので、変形の時はご注意を。

私は無造作に外そうとして、危うくジョイント部分を破損しかけました…。

何とか形は元に戻したものの、パーツが白化しているのがお分かりになるかと。

その他、翼と腕を固定するジョイントも存在し、よりかっちりした変形が出来る様になっているのも、このスラッグスリンガーの特徴ですね。












TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー12

そして、ミスファイアーでは撮影し損ねた、変形途中で出来るガウォークっぽい何か

腰が回転させられる事と、腕の構造がトリガーハーピーと違う事で可能になりました。

尚、拳が回転しないので、腕は使えない模様。













TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー17

と言う訳で、準備完了まで持って来ました。














TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー16

そして、ヘッドマスターへっぽんヘッド・オンさせれば、ロボットモードの完成です。

他のメンバーと比べて、かなり胴体が太めに。

一番大きな特徴と言えば、胸部のボルトの様なパーツ

何かは不明ですが、しっかり金色で塗装されており、重要な箇所なのでしょう。
















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー15

から見ると、翼と腕のパーツが独立している事が分かります。

これは、スラッグスリンガーのみの特徴です。

トリガーハーピーは腕に翼が張り付いており、ミスファイアーも肩の基部に接続されておりますので。

このお陰で、腕の可動はより自由度が増しました。














TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー14

背中はほぼガワで構成されていますが、出来るだけ邪魔にならない様に工夫されています。

翼も本体から離す事が出来るので、可動を妨げません













TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー13

顔は、如何にもデストロン!と言った感じの悪そうな面構えに。

ニヤリと不敵に笑う口元が、中々良い感じ

マスクオンのトリガーハーピー、ゴーグル顔のミスファイアー、そして人間に近い顔のスラッグスリンガーと、きっちり差別化されているのは流石です。



可動に関しても、他の連中とほぼ同じなので割愛

ただ、の可動が改善されており、スラッグスリンガーだけ肘が90度より深く曲がる様になっていました。

これは、恐らく腕の角部分が落とされているからだと思われます。

ミスファイアーでは角が引っかかる為、90度可動で終わっていますので。

同じに見えて、実は細かい改修が加わっているのは、非常に好感が持てますね。














TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー20

デストロンでも、特に勝つためには手段を選ばない事で定評のあるスラッグスリンガー

今、新たなボディを得て新生しました。

付属漫画でも一番悪く描かれており、デストロンらしさを色濃く残しています。















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー19

いつもの如く、先制パンチ

しかしながら、格闘はやっぱり似合いませんな…。

優れた可動域でポージングは自由自在なんですが、この人らは銃撃が本分ですし。

尚、撃っても撃っても当たらないヤツがいる模様。
















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー21

そしてハイキック

足回りの可動も最高レベルなので、この程度なら楽々

保持力の方もかなり渋めに調整されており、流石に片足立ちは無理ですが、ストレス無く弄れました。


















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー22

更に浴びせ蹴り

動かしていて面白いので、あれこれ試してしまいます。

















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー23

トドメに飛び蹴り

スタンド穴が標準装備なので、ポージングがホントになりました。



















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー24

肩周りの窮屈な構造だけは変えられませんが、翼が離れている事でかなり可動の自由度が向上。

翼を限界まで後ろに回す事で、本体への干渉を限りなくゼロに近付ける事が出来ます












TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー27

ここらで、相棒のターゲットマスター「キャリバースト」の紹介を。

自分の意思はあんまり無いみたいで、付属漫画でも特にセリフなどはありませんでした。

と言うのも、今回デストロンターゲットマスターが使用しているモノは、「ミュータントターゲットマスター」と呼ばれる存在だからなんでしょう。

凄い力を持っているものの、意思が殆ど存在しないのでほぼただの兵器となっています。












TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー26

後で比較しますが、少なくとも他のデストロンターゲットマスターからの使い回しパーツは無し。

砲塔部分も、初の一本だけという、稀有なデザインになっています。


















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー25

後ろはいつも通り、ほぼ砲塔ですね。

変形自体も今までのターゲットマスターと同じなので、迷う事無く変形させられました。

















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー28

ターゲットマスターを3体並べて

見ての通り、腰部分以外は、全部別物になっています。

これも地味ですが、パーシャルと言っていいかと。















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー29

スラッグスリンガー、ターゲットマスターを装備

付属漫画では、TFの機能を停止させる、極めて凶悪な威力を持っていました。













TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー30

セットになっているだけあって、非常にしっくり来ます。

肩周りの可動が改善されているので、自然な構えのポーズを取る事も可能に。
















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー31

キャリバーストを構えて…。













TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー33

アンチエレクトロン砲を斉射。

これを喰らうと、あらゆるTFが行動不能になってしまいます。

まさに必殺兵器














TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー32

別角度から。

相変わらず、光線エフェクトの使い勝手の良さは異常ですな。

















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー34

何となく、爆発をバックに決め

最早お約束の構図ですねw


















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー36

で、今回は3つのターゲットマスターが揃った事で、全てを合体させて「プラズマエネルギーチェンバー」なる巨大砲にする事が可能に。

説明書には記述が無いので、付属漫画で登場した形の通りに組んでみました。

でかい砲ですが、スラッグスリンガーの肘の保持力が高いので問題無く持てます






















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー37

この形態になると、TFの機能停止どころか消滅にまで追い込む事が出来る様になります。

お陰でレジェンズ世界が最大の危機に瀕する事になりますが、その野望は人間によって阻止されました。

この事態を引き起こしたのも、実は人間なのですが、果たして本物なのやら…。


















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー35

稲妻エフェクトも加えて、プラズマエネルギーチェンバーを発射。

喰らったが最後、TFのボディはボロボロに崩れてしまいます。

尚、人間には何の効果も無い模様。

















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー39

全員揃ったので、3人一緒に。

仲が良く無いどころか、主義主張までバラバラですが、揃うとそれなりに一体感があります。

















TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー38

最後は集合写真っぽく。

しかし、一体レジェンズ世界はどうなるんでしょうねぇ…。










以上、色々弄って来たTFレジェンズ LG-55「スラッグスリンガー

発売前、自分は名前を「クラックスリンガー」、知り合いが「クイックスリンガー」と、2人揃って間違えていたのは内緒…。

これまでの反省が生きた、誠に完成度の高いアイテムになっていたと感じました

ミスファイアーと同じ構造で、変形にもそれ程新鮮味は無かったものの、マイナーチェンジなどは逐次行われており、手抜き感も無し

全体的なまとまりは、流石後発だけあって最高クラス

これからも、この調子で頑張って頂きたい所です。














(`・ω・´)














欠点に関しては、少しだけ。




TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー41

まず、ミスファイアー同様にランディング・ギアが無いのは少し寂しいです。

これはホント、どうにかならんかったのかと。



後、の武器保持力がイマイチでした。

何故かユルユルなので、さっきの巨大砲を持たせると、くるりと回ってしまうのが困りモノ

おまけにの基部のヒンジも緩いので、気が付いたら拳が収納されている事もしばしば

トリガーハーピーは問題無く、ミスファイアーは緩いので、金型が傷んで来ているのかも知れませんね。















(´・ω・`)









とは言え、欠点はその程度なので、安心して購入して損はないかと。

このタイプは肩可動があるものの、全体的なクオリティは高いので、オススメです。

変形難易度が丁度良いので、軽く遊ぶのにも丁度良い感じでした。











TFレジェンズ LG-55 スラッグスリンガー40

最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

やはり、機首の2本出しが凄い存在感を出しています。







次々回の火曜日は、恐らく多分きっと最後のグラブル。





( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード