FC2ブログ
   
12
1
3
5
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

TF最後の騎士王 ステルスメガトロンレビューもどき。

今回は12月に再販があった、トイザらス限定商品「ステルスメガトロン」のレビューです。

TF最後の騎士王 ステルスメガトロン20




このアイテムは、所謂恒例の「(映画には)出ないけど出すよ!」枠のTFです。

なので、映画本編には出ていません

しかしながら、中々出来が良さそうだったので、再販を狙って購入してみました。

まあ、前のヴォイジャーメガトロンと同じパターンですな。

モノ自体は、ジェネレーション枠で販売されていたメガトロン(日本ではメガトロナス)のリデコとなっております。

TFの世界に入るのが遅かった私は、残念ながらそれを未入手なので、今回のリデコ販売は渡りに船と言った所でした。

では、まずパッケージから。










TF最後の騎士王 ステルスメガトロン2

ほぼほぼ、劇場版準拠のパッケージですね。

サイズはデラックスサイズとなっております。

海外版との違いは、多分日本語版のシールが貼り付けられた程度かと。












TF最後の騎士王 ステルスメガトロン1

裏は説明

…なんですが、恐ろしくシンプルですね。

色々書いてはあるものの、英語なのでサッパリですな;











TF最後の騎士王 ステルスメガトロン7

説明書以外の付属物として、カードが2枚入っていました。

しかしながら、大きな一枚絵を切り取った様な感じなので、全体図は良く分かりません















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン6

ビークルモードのメガトロン本体

見たまんまの、ステルス戦闘機ですね。

何と言うか、もう見事なブーメラン体型

ぶん投げたら、普通に戻って来そうです。















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン5

上部には2つのジョイント穴がありますが、このモードでは使用しません

と言うのも、付けるべき武器が存在しないからですが。

ここの真価はロボットモードで…。













TF最後の騎士王 ステルスメガトロン4

後ろから見ても、非常にシンプル

まあ、ステルス戦闘機という関係上、無駄な突起物があると問題になるのですがw

武装は全て収納式になっていると思われますが、ギミックが無いので付いているのかも不明












TF最後の騎士王 ステルスメガトロン3

裏側はこんな感じ

見た感じ、異様に複雑ですよね…。

機首の部分には、しっかりランディング・ギアが。

後、何かゲイラカイトに似ている。



このモードでは特にギミックはないので、さっさとロボットモードにトランスフォーム!(ギゴガゴゴ)













TF最後の騎士王 ステルスメガトロン15

まず、の先端をパージ

実はこれが、主武装となります。

本体の一部と化していたので、ジョイント穴を使う必要が無かったのですな。

同時に、両腕部分もジョイントを解除し開放
















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン14

前腕部の方向を変え、を出せば腕は完成

ここは恐らく、一番シンプルな変形でした。













TF最後の騎士王 ステルスメガトロン13

そしてに当たるブロックを、下に移動させます。

上の画像とは。つま先部分が天地逆転しているのがお分かりになるでしょうか。












TF最後の騎士王 ステルスメガトロン12

折り畳まれていた足を展開し、つま先を広げればロボ足完成

ここも、多分詰まる事は無いと思います。













TF最後の騎士王 ステルスメガトロン11

最後に、ボディ部分を下ろして、腰とジョイントで接続

後は、各部を調整してロボットモードの完成です。

カラーリングは劇場版のモノに準じているので、非常に渋い色合いに。

見たまんまの見事な逆三角形のボディが、中々の異形感を醸し出しています。















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン10

シンプルなステルス戦闘機ながら、厚みも結構あります

なので、貧弱なイメージも無し

まあ、多分に漏れず、胴体には結構目立つ空間があるんですが。












TF最後の騎士王 ステルスメガトロン9

後ろは、一見シンプルに見えて、かなり情報量が多い感じに。

装甲と中身が、綺麗に色分けされている様な印象を受けます。

足は豪快にスカスカですが、このお陰で膝の可動域が凄い事になっているので、悪い事ばかりじゃありません













TF最後の騎士王 ステルスメガトロン8

顔は完全新規造形で、ちゃんと映画版に似せてあります。

この顔とカラーリングのお陰で、充分映画版のメガトロンのバリエーションに見えるのが凄い

集光ギミックとかも特に無く、普通の頭部でした。

















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン19

可動に関しては、まず首がボールジョイントにより、回転上下左右への振りが自由自在

肩は少し特殊な構造のボールジョイントで、回転と若干の上下スイングが可能。

二の腕にはロール軸があり、腕の回転を担当。














TF最後の騎士王 ステルスメガトロン18

は何の変哲もない普通の関節で、いつもの90度程度の可動域。

は残念ながら回転せず

まあ、手持ち武器はないので、特に問題は感じないかと。



















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン17

胴体は、変形ギミックの関係上可動部は無し

股関節もオーソドックスなボールジョイント接続で、遮るものが皆無なので前後には水平以上に。

横方向にも水平まで上がるなど、相当自由度が高いです。

調整も渋めになっているので、ストレスレスで弄れました。

膝の真上にロール軸があり、足の回転を賄います。


















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン16

膝は前述した空間を流用する事により、正座出来るレベルまで曲がります

深く曲げられれば、それだけポージングの幅も広がるのでありがたい限り

膝立ちも、当然の如く余裕でこなします。

足首は前後にしか可動しませんが、踵が動かせるので、接地性は良好
















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン21

メガトロンが新たな姿を得て、今出陣

トランスフォーマーは、物体をスキャンして変形対象を選べるので、姿が変化しても違和感が無いのが強みです。













TF最後の騎士王 ステルスメガトロン22

先制のパンチ

メガトロンの場合、適度に格闘もこなすので結構似合ってるかも。

まあ、今回のボディは結構華奢なので、格闘向きとは言い難いですが…。













TF最後の騎士王 ステルスメガトロン23

股関節の自由度が高いので、ハイキックも楽々。

それどころか、ヒールクロウまで出来そうな位です。














TF最後の騎士王 ステルスメガトロン24

少し浮かして回し蹴りっぽく。

今回のアイテムはかなり前のモノのリデコな為、スタンド穴がありません。

しかも、ボディの形がかなり特異な為、浮かすのは大変でした。

尚、この画像でも実はただ引っ掛けてあるだけな模様。















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン25

そして直線的な飛び蹴り

可動域が広いので、アクションはお手の物

















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン27

で、これがメインウェポンであるフュージョンカノン砲

メガトロンと言えば、やはりこの武器

普段は2パーツに分割され、翼の一部になっています。

尚、表面の文字はズバリ「メガトロン」と書かれている模様。















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン26

そして、砲身を伸ばす事で全体が連動して発射モードに。

このギミックが、中々凝っていて面白いんですよね。



















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン28

フュージョンカノン砲を装備。

一気にメガトロンらしくなって来ました。

と言うか、無くしたら変形不能になるので、装着状態がデフォルトでしょうね。













TF最後の騎士王 ステルスメガトロン29

内部は鮮やかなクリアオレンジのパーツで構成されており、外装と違って派手です。

連動ギミックがあるせいか、かなり複雑な構造に。













TF最後の騎士王 ステルスメガトロン31

未使用時は、砲身を縮めて収納形態に。

こういう「オンオフ」の切り替えが出来るのも、遊びの幅が広がって良い感じ















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン30

フュージョンカノン砲を構えて…。


















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン33

光線エフェクトで、発射を再現

今回は色合いも近いお陰で、そこそこ見れる様にはなったかなと。



















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン32

別角度から。

やはり、これ位の威力があった方がメガトロンらしいですね。















TF最後の騎士王 ステルスメガトロン34

最後は敵を倒して決め

トランスフォーマーにも、爆発が良く似合います。






以上、色々弄って来たTF最後の騎士王「ステルスメガトロン

リデコ元が同じメガトロンなのに加え、優秀なアイテムなので安心して遊ぶ事が出来ました

今のアイテムと比べても遜色ない出来の上、変形も非常に面白いのでオススメ

これがトイザらス限定ってのは、ちょいと勿体無いです。

幸い、一般のトイザらス店舗にも出荷されている様なので、気になった方は是非手に取って遊んで頂きたい所。













(`・ω・´)














欠点に関しては、少しだけ


TF最後の騎士王 ステルスメガトロン36

まず、肩周りが独特の構造なので、弄るのに少し気を使うかも。

ボールジョイント部分の基部が長いので、そこが折れそうで怖いんですよね…。

なので、自分は念の為、基部を押さえて腕を動かしています。












TF最後の騎士王 ステルスメガトロン35

そして、これはヴォイジャーのメガトロンでも指摘しましたが、兎に角説明書が分かり辛い!

絵だけで淡々と説明されるのがこんなにキツイとは、夢にも思いませんでした。

ここは、ちょっと日本語版ローカライズをお願いしたかった所。

後、フュージョンカノン砲のパーツが破損しているなどの不具合も上がっている様ですが、ウチのは無事でした。

症状としては、完全に破損状態でカノン砲にする事すら無理との事。











(;´Д`)








とは言え、初期不良以外は大した問題も無いので、安心して購入して損はないかと。

若干変形が複雑ではありますが、遊びやすいアイテムだと思いますので。







TF最後の騎士王 ステルスメガトロン37

最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

背後がスッキリしているので、撮影しやすかったです。







次々回の火曜日は、適当にブラウザゲーのレビューでもやろうかと。





( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、6匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード