07
2
4
6
7
9
11
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイングレビューもどき。

今回はTFレジェンズ LG-59「ブリッツウイング」のレビューです。

TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング10





さて、トリプルチェンジャーの中でも古参であろうブリッツウイングが、遂に完全新規で発売されました。

以前にも発売されてはいるものの、結構ヤバイ構造的欠陥があり、自分は手出ししなかったので、素直に嬉しいです。

では、まずパッケージから。









TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング2

大体いつものフォーマットですな。

日本版の常で、ビークルモードでの封入となっております。
















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング1

裏は説明

ここもいつも通り



















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング7

そしてジェット機モード

非常にオーソドックスなスタイルの戦闘機ですね。

付属漫画では、過去の自分と同型のTFを撃墜して、それを改造する事で入手しました。

と言うか、トランステクターが改造で作れたり、お金で買えるレジェンズ世界って凄い。


















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング6

スタイルは正統派と言った感じですが、やはり機体下の隠す気がない砲塔が気になります。

ジェネレーションズ版は見事に隠していたのですが、どうしてこうなったのやら…。


















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング5

後ろは中々カッコイイです。

しっかりとスラスターの造形もありますし、戦闘機らしい良いスタイル



















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング3

ひっくり返すとこんな感じに。

幾らなんでも砲塔がそのまんま過ぎて、しばし唖然としてしまいました。

その他の箇所は申し分ないだけに、ホント惜しい

これ、もしかしてG1玩具の再現とかだったら、それはそれでやっぱり賛否両論になりそう。

真にG1再現なら、砲塔は真後ろを向いていないといけないはずなので、再現度が中途半端なんですよねぇ…。














TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング4

今回ヘッドマスターは、こんな所に乗り込みます。

キャノピーは開閉せず、機首部分をバックリ開いて搭乗させる事に。

ヘッドマスターを固定出来ない上に、ギリギリサイズで押し込んでいる為、イマイチ収まりが悪いです。

気が付いたら、少し開いてしまっている事も…。


















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング9

武装は左右に懸架させられる他、機体下部にも一応ジョイントがあります。

が、着陸させる時に邪魔になる為、横の方が良さそう

ただ、はともかくの方が固定し辛いのですが。

















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング8

砲塔にスタンド用ジョイントがあるので、浮かせるのは楽々

最近のものは、ここが素晴らしいですね。

何しろ、変わった形をした奴が多いので、従来のスタンドでは浮かせ辛いですし。

この形態では特にギミックはないので、ビークルモードへトランスフォーム!(ギゴガゴゴ)














TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング16

と言う訳で、ビークルモードに変形完了。

こちらは文句無く、見事な戦車です。

完全に色合いがジェット機モードと反転しているのは、やはりG1再現なんでしょうね。















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング15

モチーフは無さそうですが、今風のMBTと言った感じでしょうか。

戦車ながら、非常にスマートな体型です。

ジェット機からの変形は中々面白かったので、是非遊んで貰いたい所。
















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング14

後ろには、を懸架する事が可能

こういう場所に取り付けられるって、結構珍しい気も。

てっきりと同じく、車体横に引っ付けるのかと思っていたのですが。

















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング13

裏はこんな感じに。

ジェット機だった面影が何処にも無い辺り、戦車モードが目玉なのか?などと考えてみたり。

クローラーはダミーですが、車輪付きなので転がし走行は問題無し
















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング12

ただし、コクピットは少々懲罰席めいた感じになっております。

これ、どう考えても狙撃される奴ですよね…。

まあ、ジェット機モードとは違い、こちらはヘッドマスターがちゃんと固定出来るので、悪くはないのですが。


















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング19

砲塔部分は回転させる事が可能

結構これが出来ないモノも多いので、素直にありがたい限りです。















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング11

更に変形ギミックを利用して、上に砲を向ける事も出来ます。

なので、ジェット機モードよりこっちの方が遊んでいて楽しいかも。














TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング17

敵との激しい戦闘のイメージで。

こういうジオラマ的な遊び方も、戦車モードの方が向いてますね。

空戦となると、かなり再現が難しいですので。





それでは、最後のロボモードへトランスフォーム!(ギゴガゴゴ)


















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング24

で、サクサク変形させて、後は最後の工程を残すのみ。

















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング23

ヘッドマスターをへっぽんヘッド・オンさせれば、ロボモードの完成…とはならず

実はもう一つ、発動させなきゃならないギミックが。

















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング22

胸のパネルを開くと、物凄く地味な造形のスイッチがあります。

首の真下にある、T字型のパーツがそれですね。

これを下げる事で…。

















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング21

ヘッドガードが後ろから立ち上がり、今度こそロボモードの完成です。

今までは下から飛び出すパターンでしたが、ここに来て新パターンとは中々やりますな。

スタイルもがっしりしており、ブリッツウイングらしい姿に。

色合いも、概ねG1を踏襲











TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング20

から見ても、頼もしい分厚さ。

背負った砲塔の割合が多いとは言え、中々良い感じ

何より、飛行TFでありがちな空間も無いので、見栄えが良いです。














TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング19

真後ろはほぼ砲塔ですが、これがブリッツウイングの大きな特徴なので致し方無し

空間が出来がちな足も、があるのでスカスカ感はありません

不自然さ安っぽさが減るので、は出来るだけ付けて欲しい所です。

何故これが他のTFで出来ない事が多いのか…コレガワカラナイ。

















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング18

は如何にもなゴーグルのTFフェイス。

これも、ほぼほぼG1準拠ですね。

以前のモノにあったフェイスチェンジギミックは無いですが、G1と直結しているレジェンズなので当然と言えましょう。













TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング28

可動に関しては、首がヘッドガードに阻まれているので、横に少し振れるのみ。

肩は普通の軸可動方式で、開くのは全然問題無いのですが、回転はパーツ干渉があり全周は不可能

これに関してはまた後述します。



















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング27

二の腕にはロール軸があり、腕の回転を担当。

肘はいつもの90度可動です。

手首は残念ながら固定

ジェネレーションズ版は回ったので、ここは手痛い残念ポイント















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング26

胴体は構造上の都合により、可動箇所は無し

股関節は軸可動で、遮るモノが無い為前後左右共に水平まで上がります。

腿にはロール軸があり、足の回転を担当。




















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング25

は例によって例の如く90度可動で、それ以上曲げようとすると足のジョイントが外れる要注意

画像では立て膝が出来てますが、実際には位置の関係で綺麗に立て膝は出来ません

足首は可動無しで、つま先が上下可動する程度ですが、足自体のバランスが良いので接地性は良好でした。



















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング23

新たなボディを得て、レジェンズ世界にブリッツウイングが降臨。

過去の自分の同型機を改造したモノなので、当然の如くしっくり来る感じ。
















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング20

あんまり格闘しなさそうですが、先制のパンチ一発

ボディがヘビーなので、殴られたらえらい事になりそうですね。




















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング21

優れた足の可動域により、ハイキックも余裕。

自立は流石に無理ですが、ジョイント穴のお陰で安定したポージングが出来ます。



















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング22

今度は浮かしてキック。

本体が軽いので、普通のスタンドでも何とか耐えます
















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング24

そして武器その1、

名前はG1だとジャイロ爆破ライフルなる名前が付いていますが、今回は無し

ただ、造形は大体G1準拠のモノになっています。















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング25

サイズもヴォイジャークラスにピッタリな大きさで、取り回しも良好

保持も問題無いですが、唯一ジェット機モードの時だけは緩めでした。
















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング26

でかい空間には、当然の如くヘッドマスターを搭乗可能

戦車の時同様、しっかり固定出来ます。

これも最早お馴染みですね。














TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング27

で、武器その2、

これもG1では電子サーベルと呼ばれていましたが、今回はただの剣です。

と同様、造形もG1にかなり近付けたモノに。

それ程長くないので、ブロードソードっぽいですな。














TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング29

剣を振り上げて…。
















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング28

斜め一閃

こういう、遠近両方の武器を持っているTFは遊んでいて面白いですね。

最近は銃しか持ってない奴が続いたので、余計にそう思います。

それだけに、返す返すも手首が固定なのが残念。















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング30

ロボ状態で飛べるかは不明ですが、浮かせてもカッコイイですね。

今やスタンド穴が標準装備なので、無理なポーズもイケるのが素晴らしい

















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング31

武器を使用しない時は、両腕のジョイント穴に懸架可能。

この辺りも最早、当たり前のギミックになって来ましたね。
















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング35

さて、ここで久々のパートナードローンっぽい相棒「ビッグファイト」を紹介。


ぽい」と付けたのは、明確にパートナードローンとは呼ばれていないからですが。

しばらくターゲットマスターが続いたので、結構新鮮です。














TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング34

見ての通り、通常モードは…というかマンモスですかね。

ビッグモスかな?

付属漫画でも突然現れてブリッツウイングに助力するなど、謎の多い存在でした。















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング33

構造的には、これまでのパートナードローンとほぼ同じと言っていいかと。

なので、こいつもトリプルチェンジャーです。



















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング32

可動に関しては、ひとつながりになった両足が前後に動くだけでなく、鼻の部分も動く様になっています。

なので、象っぽいポーズも何とか可能



















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング38

そしてトランスフォームした姿がこちら

そう、ブリッツウイングとお揃いの戦車です。

まあ、砲塔が上下にしか可動しないので、実質自走砲みたいなもんですがw
















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング37

尻尾がそのまま砲塔になり、足はクローラー部分になっています。

流石に車輪はないので、転がし走行は不可

象…戦車…やっぱりビッグモスじゃないか!(もういい)















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング36

後ろにはヘッドマスターを固定するピンがあり、普通に搭乗させられます。

付属漫画では、ここに乗って敵を行動不能にした事も。






















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング47

折角なので、戦車モード同士で並べてみました。

流石にトラックと原付程の大きさのがありますね。



















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング39

最後のフォームは、ガンモード

これも最早お約束

















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング40

2門の銃口の他、ミサイルが出そうなモールドがズラリ。

これは中々極悪な威力がありそう。

付属漫画では飛行形態でしか使用しませんでしたが、かなり広範囲の敵を殲滅出来る様です。


















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング41

元々の銃と合わせて、2丁拳銃も可能。

最近のTFは、大抵が都合2丁付属している気が。

















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング43

光線エフェクトを使用し、ビッグファイト砲(仮)を発射。

良い感じで決まってくれます。

















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング42

最後は撃破で締め。





以上、色々弄って来たTFレジェンズ LG-59「ブリッツウイング

今回も高いクオリティで設計されており、変形ロボットモードで遊ぶのが楽しかったです。

やはり、トリプルチェンジャーは良い…。

各部の調整も完璧で、グラついたり緩い所も無く、ストレスレスで弄れました。

特にジェット機から戦車への変形が中々見事なので、是非手に取って遊んで頂きたい逸品です。












(`・ω・´)











欠点に関しては、少しだけ。


TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング45

まず、前述した腕の問題

腕を回して行くと、拳が真上に来る辺りで、斜めに入ったこの段差に引っかかる為、360度回転が出来ません。

まあ、腕をぐるぐる回すなんてあんまりやらないだろうし、大して気にはならないものの、ちと惜しいかなと。

















TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング44

そして、やはり手首の完全固定痛いです。

ヴォイジャークラスなんですから、なるべくここは動く様にして欲しかった所。

最近、何か動かないのが当たり前になって来たのが怖いです。

他にも、個体差による腕パーツの不良などの報告が上がっているので、そちらもご注意の程を。
















(´・ω・`)









とは言え、気になるのはその程度なので、購入した事を後悔はしていません

品質自体も、ウチのは問題無かったので、ホッとしています。

やはり、トリプルチェンジャーと言うだけでプレイバリューは一気に高まりますし、お得感もマシマシ

これ、結構重要ではないかと。

まあ、今の所こいつが最後のトリプルチェンジャーなんですが。

え?G2メガトロン?こいつのリデコだしノーカンで(酷い)

それに加え、レジェンズの展開が終わるっぽいのはかなり衝撃的ですな。

一体、この先日本版がどうなるのか、非常に気になる所。










TFレジェンズ LG-59 ブリッツウイング46

最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

首の可動がイマイチなので、あんまり振り向けませんでした。









次々回の火曜日は、また何かネタになりそうなブラゲのレビューでもしようかと。




( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード