FC2ブログ
   
12
1
3
5
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダービルド&快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー。

恒例の仮面ライダービルド 第23話「西のファントム

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第2話「国際警察、追跡せよ

感想です。




まずルパパト

流石に名前が長すぎるので、今回から上記の略称で行こうかと。


今回も、どちらかと言えばルパンレンジャー寄りの話でした。

3人が如何に大切な人間を失い、ルパンレンジャーとなったかが結構あっさりと明かされます。

きっかけとなったその事件は、人が瞬時に氷漬けとなり、砕けて消えてしまうという奇怪なモノ。

下手人らしき怪人は登場したものの、その詳細は不明

恐らくは、ルパンコレクションを用いて行われたのではないかと。

と言う事は、ルパンコレクションを取り戻す事で、事件が解決する可能性は非常に高いです。

故に、彼らの戦いは確実に願いを成就する方向に向かっていると思われ。

切実な理由で動く3人ですが、一方で圭一郎の事件解決に対する意気込みを見てしまった魁利が、怪人の退治を譲るという粋な計らいをしたりも。

他にもひとりひとりの仕事に対する考え方が全然違ったりと、ルパンレンジャー側はかなり人間臭さが強調された描写がされています。

逆にパトレンジャー側は、今の所事件解決一辺倒という、ほぼ統一した方向性でした。

3人が融合しての必殺技が使えたのも、意思が統一されていたからなんでしょうね。

ただ、彼らが配属に至るまでのストーリーは、まだ明かされぬまま。

今度は、こちらの方も描写して頂きたい所。

どちらにせよ、全ての鍵を握っているのは、未だ謎のルパンの子孫なのは間違い無さそう

パトレンジャーが使用したはずのアイテムが、自分の意思でルパンレンジャーにも力を貸した所を見ると、どっちの背後でも暗躍していると思っていいかと。

ほぼフルCGで描かれたマシン戦も迫力満点で、これからに対する期待も高まります。

ルパンカイザーのコクピット描写も凝っていて、操縦システムが変化しつつ、全員が同じ場所に移動するシーンが丁寧に描写されていました。

トドメのシーンでは、3人が同時にトリガーを引く事で、同じ場所で操縦する事の意味を持たせているのも中々上手い

ただ、ロボの核になるアイテムが一つしかないのは、少し気になりました

これ、ロボでの直接対決は出来ないって事ですよね?

これはちょっと勿体無いので、早期に何とかして欲しいかなと。

加えて、三つ巴になる事で、戦場が相当カオスになるので、この辺りの描写の改良も今後の課題でしょうか。

何しろ見なければいけない場面が多すぎて、結構疲れるのですよ。

で、2大戦隊が争っている間に、元凶は逃亡してしまうというお約束の展開を繰り返すのも微妙ですし。

三つ巴を描きつつ、如何に戦闘を分かりやすく、かつ爽快感を持たせるのかが今後の課題かなと。







次回、遂に生身で対峙した2大戦隊はどうなるのか?

楽しみに待つとしましょう。













次は仮面ライダービルド

西都のライダー、強すぎじゃね?でござるの巻。



代表戦が終わった後、一海に暴走した事を詫びる戦兎。

勝負なんですし、詫びる必要性は無い様に思いますが、そこは彼に取って譲れない所だった模様。

実際、一海も代理戦争である事は理解しており、軽く流しています。

更に殺人スイッチを託した事を女助手さんになじられたりと、結構フルボッコな戦兎。

その後の首相からの電話で、ようやく北都が西都に制圧された事を知る一同

首相官邸に集合した一同の前で、西都の首相は正式に東都に対して宣戦を布告

更には一海達の泣き所である農場の仲間達を人質に取り、仲間になる様に脅迫して来ます。

突如として出現した2人のライダーによって、一足先に戻った黄羽も敗北してしまい、急遽一海達が急行する事に。

ここで腑に落ちないのが、戦兎が参戦しない理由

それは「自分達が乗り込む事が侵略行為とみなされ、西都に侵略の口実を与えてしまう為」というモノだったのですが、それは宣戦布告される前にしか通用しない理由だと思います。

幾ら戦わないと言っても、普通に西都は攻めて来ますし、事実東都にも躊躇い無く侵入して来ました。

以上の事からも、戦兎の配慮は全く無意味どころか、害悪でしか無かった事が分かろうというモノ。

既に戦争状態になっているのに、頭お花畑の戦兎と首相が何もしなかった為、一海達はたった2人で乗り込み、そして最悪の結果を迎えてしまいます。

1人まともだった龍我カワイソス。

結局、一海が変身出来る状態のうちに力を合わせていれば、あそこまで追い込まれる事は無かった訳で。

乗り込んで来た2人のライダーを迎え撃つビルド達ですが、戦況は終始相手が有利

最後は出現した西都のライダーによって、まとめて変身解除に追い込まれる有様

現時点で最弱の上、まともにハザードトリガーも使いこなせず足手まといの感まであるビルド

相変わらず守るばかりの穴熊的発想を変えない為、敵のやりたい放題を防ぐ事すら出来ません

何かどんどん主人公の株が下がり続けて行くのですが、これって意図した作劇なんでしょうか?

制作陣が、一体戦兎をどうしたいのかがイマイチ分からず、毎回困惑する事が多いです。

ただ一つ評価するなら、一海に返還した北都のボトルが地味に役立った事位ですかね…。












(´ε`;)ウーン…











龍我は、西都の宣戦布告と卑劣な人質作戦に激怒し、一海に加勢しようとしますが、戦兎や首相の訳の分からない理論に縛られて行動を起こせず

ここまで来ると、もう戦兎や東都に見切りを付けて、一海と行動した方が良さそうな気もします。

東都を本当に守りたいなら、攻めの1手も必要ですのに。

攻撃が来るのを待ってばかりでは、ただ疲弊するばかりです。

おまけに難波重工が背後におり、最早危険極まりない状況な訳で。

グリスとクローズチャージのタッグなら、例の2人のライダーは何とかなったでしょうし。

そう出来なかった結果が、今回の敗北に繋がった事を考えると、どう考えても戦兎の存在になっています。

ホント、最近龍我が不憫に思えて来ました。












(´・ω・`)











で、今回一番大変だったのが一海

代表戦でダメージを受けたままの状態で、孤立無援で仲間達を救う為の戦いに身を投じる羽目になりました。

これに一切のバックアップをしない東都政府の無能さはもう置いておくとして、残った赤羽と共に2人のライダーに挑みます。

が、その動きは精彩を欠き、強化されたはずの赤羽も不利を覆すには至らず、敗北

辛うじて黄羽と赤羽を回収して東都まで撤退しますが、途中で撃墜されて落下。

結局、黄羽の犠牲と、赤羽の機転のお陰で、何とか東都に転がり込む事には成功しました。

が、そこまでが限界で、後は戦兎達に託すしかない状況に。

ですが、大きな口を叩いたビルドは2人のライダーすら退ける事が出来ず、西都のライダーには完全敗北

これで戦兎に失望して、また物別れに終わりそうな気もします。

事実上、2人の仲間を失ったのは、全部戦兎のせいと言ってもいいでしょうし。











(´・ω:;.:...










そして、お早い再登場だった幻徳

今回は、何を血迷ったか西都のライダーとなっての登場でした。

しかも、折角スクラッシュドライバーを使用しているのに、ボトルを使っての変身と、何だか微妙な感じです。

目的を考えると、西都の首相とは絶対に相容れないはずですが、一体どうするつもりなのやら。

この人、毎回再登場が早いですよね。

退場する意味があるのか?と言いたくなる位のスピード復帰は、そろそろどうにかならんのかと。

後、変身が微妙な癖に、異様な強さなのは何故なんでしょう?

ハザードレベルの高さが、そのまま強さに直結してるのだろうとは思うのですが、だったら何故スタークはこのやり方でライダーにならないのかが気になります

何かとんでもない問題点が見落とされている感がある気がしますが、幻徳の新たなる姿である仮面ライダーローグの強さは本物

こちらも本調子ではないとは言え、スパークリングのビルドとクローズチャージを一蹴するパワーを魅せつけました

こんなのが生まれたのも、戦兎と首相がちゃんと幻徳を処理しなかったのが原因です。

その辺り、深く反省して頂きたい所。










( ´Д`)=3










戦闘においては、西都のライダー達が猛威を振るいました。

なにせ背後に技術を全て抱える難波重工が控えているので、もうやりたい放題

例の2人のライダーは、劇場版で登場したバイカイザーの技術をそのままパクった代物です。

難波重工のバックアップで完成した事が既に明らかになっているので、投入するのも当然と言えましょう。

分離したレフトとライトですら相当強かったのですから、こいつらも同程度のスペックを持っていると見ていいかと。

強化されたスマッシュでも、相手取るのがキツいのは当然でしょうなぁ。

でも変身アイテムは共用…そこは量産してやれよ…。

おまけに未知数のローグまでが控えており、かなり絶望的な状況です。

早い所、ビルドを強化しないと負けは必至なんですが、今の戦兎に期待しても無駄になりそうな気も。







次回、西都との全面戦争勃発。

取り敢えずは、楽しみに待ちましょうか。




( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダービルド
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、6匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード