04
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

今週の仮面ライダービルド&快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー。

恒例の仮面ライダービルド 第25話「アイドル覚醒

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第4話「許されない関係

感想です。




まずルパパト

【悲報】意外な3号の趣味、バレバレだった。

今回の事件は、密室から人が消えるというもの。

推理モノでは、最早定番とも言えるモチーフです。

一応現場には、妙なサメのぬいぐるみが漏れなく置いてあるという共通点はあるものの、それが何を意味するかが当初分からず、解決は困難かと思われました。

快盗側も早々に調査を諦め、警察に丸投げする有様。

まあ、捜査は警察の方がやりやすいので、これは適材適所というモノでしょう。

ただし、イエローが残した情報が手がかりにはなっているので、全く何もしていない訳ではないですが。

ぬいぐるみの怪しさに気付いた警察側は、それを持ち帰って分析するものの、成果はゼロ

どうも、科学的な分析では引っかからない様子。

しかし、意外な事がトリガーになり、3号が消えてしまいます。

行方不明者が拉致されている場所に飛ばされた3号は、トリガーがぬいぐるみに顔をスリスリする事だった事を知る事に。

そりゃ、普通の手段では分からない訳です。

たまたま3号が、可愛いぬいぐるみに目が無いという意外過ぎる秘密持ちだったのが、敵の不幸でした。

その後ピンチに陥るものの、同じ方法で転送されて来た残りのメンバーと合流。

なお、3号の行動は全部記録されていた模様。

更には、行方不明者の発見の報を聞き付けた快盗達まで出現し、いつもの三つ巴バトルに突入します。

なお、今回は快盗側の男2人がまるで役に立たなかった模様。

それを制したのは、パトレンジャーの方でした。

宝こそ譲った(情報提供に対する借りを返す形で)ものの、敵はきっちり倒しています。

ただ、巨大戦はイマイチで、最後はルパンレンジャーにトドメを奪われてしまいますが。

ルパンレンジャーの手柄も無いとまずいとの判断なんでしょうが、ちょっとモヤるオチでした。

戦闘後、隠し通していたと思っていた、3号のぬいぐるみフェチ(?)の趣味が、圭一郎にバレていた事が発覚

弱みなど見せない!と息巻いていた3号ですが、見事にフラグを回収しました。

圭一郎自身は特に何も思わなかった様で、バラしたのも他意は無かったのが救いでしょうか。

この事で、ウザいと思っていた圭一郎への印象が、ちょっとだけ変わりました

無骨でクソ真面目に加え、頑固で融通が利かない方ですが、それ故に悪意からは非常に程遠い存在の様です。

そんなにとって、国際警察は天職と言っていいのかも。






前述した様に、今回はルパンレンジャーの男2人がまるで役立たずでした。

と言うか、もっとも早く情報を得たのが、アジトでだらけていたイエローという辺り、一体何をしていたのかと言いたい。

その原因は、やはりパトレンジャーを侮っていた事にある気が。

最初こそ真面目に監視していたものの、手がかりが掴めなかったと見るやあっさり目を離してしまった様です。

イエローが電話連絡しなかったら、コレクション回収は出来なかっただろう事からも、今後は油断をしない様にお願いしたい所。






そして、今回の怪人はラブルム・ジョウズ

略取誘拐を得意とする怪人で、それを利用し人身売買で生計を立てていたと思われ。

コレクションの力で、転移能力を持つ自分の体の一部をぬいぐるみにデコレーションし、不特定多数に売り付ける事で母数を増やし、引っかかった人間を直接牢獄送りにする事で、完全密室犯罪を達成していました。

しかし、ルパンレンジャーによって正体を暴かれた上、牢獄に3号を引き込んでしまった事が、計画の崩壊に繋がる事に。

戦闘でも高い防御力と、強力な槍を武器に暴れ回り、更には前述した自身の一部…口の様なモノを介して転移を繰り返し、パトカイザーをKOするなど、中々の強さを見せています。

が、乱入したルパンレンジャーに口を全部捕らえられ、得意の転移が出来なくなった所を、ルパンカイザーによって粉砕されてしまいました。

相当なやり手だったとは思いますが、計画とはどこから綻びが生じる分からんもんですね。





次回、遂に2大戦隊真っ向衝突!?

楽しみに待ちましょうか。










次は仮面ライダービルド

相変わらず、戦兎の作戦はザルだったでござるの巻。


女助手さんが起こした奇跡(?)によって、窮地を脱する事に成功した戦兎。

戻って調査した所、バングルに秘密がある事が判明します。

と言うか、今の今まで一番怪しいアイテムであるバングルを解析しないとか、一体何をやっていたのかと言いたくも。

にはこれまた、火星滅亡の瞬間という、衝撃的な映像が仕込まれており、あまつさえ意思すら持つのではないかとの事。

ますますこれの解析を後回しにした戦兎の先見性の無さが悲しいですが、もう諦めるしかないのでしょうね。

おまけに、この後に及んでである石動を呼び出して事情聴取するとか、最早自称天才戦兎の考えには付いていけません

わりと危機的状況なのに、緊迫感に欠けるのはこういう展開だからなんでしょうね。

そして、次に問題だったスパイの炙り出し作戦

別々の指令を各部に伝達して、その全てがフェイクという、一見したら中々エグい手を使ってスパイを特定したのは良いのです。

実は首相の側近がモロにスパイだったという、ベタベタの展開もまあ許しましょう

が、何故肝心の本丸無防備同然にするのかと言いたい。

そのお陰で、三羽烏最後の1人である赤羽が戦死してしまいました。

これで全員、直接及び間接的に、戦兎が殺したも同然ですよね…。

誰かもう1人でも帰しておけば、少なくとも他の連中が駆け付けるまでは時間稼ぎ出来たと思うのですが。

後はスパイだけなんですし、3人も雁首揃えてかかる必要性は無かったと思います。

OPナレーションでしつこく「天才物理学者」を強調しているがあったら、少しは学習して下さい。

結局、ローグとの戦いには敗れ、パンドラボックスは奪われるわ、自分自身は暴走して女助手さんを殺しにかかるわと、全く良い所がありません

どうもこの行動がパワーアップに繋がる様ですが、それは結果論に過ぎない訳で。

まともに機能したのはスパイの炙り出しだけで、他は全部ダメというどうしようもない有様。

追い詰めたブロスも逃しちゃいましたしね。

正直、制作側が戦兎というキャラを一体どうしたいのか、もうさっぱりです。















(;´д`)トホホ…









龍我は今回戦っていただけですが、それでも戦兎よりはマシでしょう。

自身でハザードレベルを上げた上に、久しぶりのビートクローザーも使用してブロスを追い詰めています。

ビルドがグリスと二人がかりで戦っているだけに、余計頼もしく見えました。









一海は、何故か赤羽を置いて戦場に来てしまい、それが最悪の結果を招いてしまいます。

正直、今回この人いなくても、ブロスはどーにかなるレベルでしたし。

敢えて一海を帰さなかった戦兎と合わせて、今回の戦犯の一端を担ってしまったのは擁護出来ません

結局、この人も誰一人として守れなかった訳で。

ここまで味方側がダメ過ぎると、見ていて絶望感しか湧かないのがホント辛い











(´・ω・`)








ダメ過ぎると言えば、女助手さんも大概でした。

当初は凄いパワーでローグ達を放り出して大勝利したものの、二回目は見事に不発で足手まといにしかならない始末。

オマケに暴走したビルドに、現在絶賛殺されかけ中とか笑えません

後、浄化の時にそんな重要なイメージを見ていたのなら、もっと早く相談しましょうよ。

どうして今まで、無意味に黙っていたのかと言いたい。

次はどうもチートパワーで、ビルドを強化する様ですが…。

果たして今回の失態を取り戻すレベルなのか、期待したい所です。













ブロスの二人は、まんまと騙されて待ち伏せに遭います。

が、この展開、以前も見た気がするんですが。

と言うか、まんま一海達に使った手と同じ…。

引っ掛けられた挙句、素のビルドに圧倒され、クローズチャージには負けとこちらも散々

ただ、なので負けてナンボ

こいつらは、この位で良いと思います。

ただでさえローグ無双なのに、こいつらまで強すぎたら収拾付かなくなりますし。








で、ローグは内海から謎のソースを得て、パンドラボックスの在り処に直接出現

どうも、戦兎達の作戦にはまだ穴があった様です。

と言うか、最早穴だらけ…。

今回も圧倒的強さで赤羽を殺害

続く女助手さんの覚醒も阻止した上で、暴走ビルドも軽くあしらうなど、今までの無能っぷりが嘘の様な大活躍

挙句の果てに、まんまとパンドラボックスを奪って逃走に成功します。

ここまで何もかも上手く行くと、いっそ怖くなる位ですな。

伊達に一ヶ月、地獄を見ていないという事なんでしょう。

なお、その模様はブルーレイ特典で!











(;´∀`)











戦闘では、クローズチャージの頑張りがかなり印象深かったです。

前述した通り、自力でハザードレベルを上げ、工夫を凝らしてブロスを撃退しました。

フィギュアーツの一般販売も決まりましたし、活躍してくれないと財団Bもブチ切れるというモノ。

ビルドも上手くビルドアップを使ってブロスを追い込むものの、グリスの乱入で台無しになった感が。

その後はハザードトリガーを出して尚、またローグに敗北とイマイチパッとしません

そろそろこの、モヤモヤ感が抜けない戦闘を何とかして貰いたいモノです。







次回、何とまたもや代表戦。

ネタがもうないのか?と心配しつつ、適当に待つとしましょう。



( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダービルド
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード