FC2ブログ
   
12
1
3
5
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダービルド&快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー。

恒例の仮面ライダービルド 第31話「ほとばしれマグマ!

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第10話「まだ終わってない

感想です。




まずルパパト

結構しっかりまとまった回でした。

ルパンコレクションを全部集めるという目的が達成不可能となった事で、荒れる3人

ですが、それぞれ別の希望を見つけ、それに向かって動き出します。

魁利は、圭一郎の言葉からヒントを得て、仇である氷野郎の行方を追跡。

こいつこそが元凶であり、もしかしたらこいつを仕留めれば、どうにかなるかも知れない。

僅かな希望に賭け、捜索を続ける魁利。

一方、初美花達は、ブレッツが巨大化しなかった事から、まだ死んでいないのではと推測

上手くパトレン達を焚き付け、再捜査を行わせる事に成功します。

結果、やはり死んでおらず、自身の特殊能力を駆使して逃亡した事が判明

公式にデータが無かったのでそうだろうとは思っていましたが、やはり生きていました。

ブレッツが再び顔を変える前に捉えたパトレン側は、早々に戦闘を開始

初美花達も到着し、いつでも乱入出来る様にスタンバイ

その頃魁利も、ようやく仇の居場所を突き止め、潜入します。

氷野郎と対峙した魁利は、こいつがである事を改めて確認

いざ開戦か?と思われたその時、ブレッツとの戦闘中のパトレンが現場に出現

それを追って、初美花達も現れました。

どうやらブレッツは顔を変える為に氷野郎に会う所だった様で、その直前に押さえた為、近くに居たのです。

お互いが希望を捨てず、出来る事をやっていた事を知った魁利達は、そのまま自分達が追い求めた希望を掴み取る為、行動を開始

パトレン対ブレッツ戦に乱入したルパンイエローブルーは、そこでブレッツの特殊能力を目の当たりにする事に。

こいつは、自身の分身を幾らでも作り出す事が可能で、攻撃を受けた際もそれをにして回避する事が出来るのです。

ファーストアタックこそ避けられるものの、上手くアイテムを利用して、今回は撃破前に何とかコレクションを回収

一方ルパンレッドは、いきなりオワタ式の戦いを強いられて大苦戦

こちらの攻撃は微妙な効き目なのに、敵の攻撃は一撃必殺なのが困りモノ。

次第に追い詰められて行き、遂に回避出来ない攻撃がマントを捉えます。

が、ルパンレッドは回転しながら銃でマントを焼き切って、全身を凍らせられるのを回避

更に新アイテムがヤツの攻撃を防ぎ切る事が判明し、やっと一矢を報いました。

その行動に、氷野郎も感服した様で「ザミーゴ」という名を名乗り、再戦を予告して逃亡します。

残るは巨大化したブレッツだけですが、100体に増えたこいつに対し、またも新アイテムで無双の如く斬り倒して勝利しました。

何とか希望を繋いだ魁利達ですが、ザミーゴの事は「切り札」としてコグレには知らせない事に。

やはり、胡散臭さもあって、信用しきれていないのかもですね。

何にせよ、幹部以上に厄介なザミーゴをどう攻略するのか。

非常に楽しみです。





次回、パトレンサイドがメインの様ですが、かなりカオスなギャグ回の様で。

息抜きがてら、楽しみに待ちましょう。












次は仮面ライダービルド

色々と物凄い超展開だったでござるの巻。


何か話が全体的に龍我寄りだった事もあり、今回戦兎はいつも以上にパッとしない印象が。

そこそこ活躍はしているものの、折角の新フォームも非常に印象が薄いです。

一応ローグから色々聞き出したりしていますが、あれはローグ自身の都合でベラベラ喋っただけですし。

おまけに龍我を庇って変身解除した挙げ句、覚醒させる為のとして使われる有様。

もう、主人公じゃなくてヒロインじゃないですかねこれ?














(´ε`;)ウーン…











で、ほぼ今回の主役だった龍我。

冬映画でもそうでしたし、結構優遇されているがあります。

女記者さんの凄まじい情報収集能力によって、概ね彼の正体が判明しました。

23年前に火星に送られた無人機に付着した何かが地球まで運ばれ、それが妊娠中だった龍我の母に寄生

それが胎児の龍我と融合した為、恐ろしい程の速度で成長を遂げ、わずか妊娠二ヶ月で出産という異常事態に。

その後は難波の研究所で定期的に検査を受けていた様ですが、龍我自身は覚えていない様で。

なお、その研究員の中に戦兎の父の名もあった模様。

当然の如く体内には、地球外生命体としか思えない様な細胞が確認されており、それが「人間ではないかも」という言葉の根拠となっております。

つまり、スタークが龍我を狙ったのは完全に必然であり、これまでの行動も全て龍我を成長させる為の布石でした。

龍我はパンドラボックスからの光を浴びて覚醒し、クローズマグマへと強化変身。

強化された敵とスターク自身もボコボコにし、パンドラボックスのすらも操って脱出まで果たしてしまいます。

正直これ、主人公が抱えるタイプの属性だと思うのですが、一体この先どうするのやら。

まあ、スタークの言う事が本当なら、同時にラスボス属性も備えている事にもなるのですが。












(;´Д`)












こんな展開だったのですから、一海などは戦兎以上に地味でした。

戦闘でもあまりパッとせず、スタークとの戦闘では真っ先に変身解除して脱落しています。

そろそろ何か強化アイテムなり武器なりを用意してやらないと、この先のインフレに付いて行けなくなりそう。

某光の闇医者「せやろか?」










(´・ω・`)










女記者さんは、前述した通りにとんでもなく濃い情報を集めて来ました。

その方法はぼやかしていましたが、一体どんな恐ろしい手段を使った事やら。

やはりこの人、多分敵に回しちゃいけない存在です。












幻徳は、意外と常識的な行動に出たので、正直びっくりしています。

何か妙な行動でも起こす気でいるのかと思ったら、素直に全部ネタを戦兎にぶちまけてしまいました。

この人曰く、自分は日本を統一したかっただけだが、首相に化けた難波は世界征服を企んでいる。

自分自身は、埋め込まれたチップで生殺与奪権を握られているので何も出来ないが、邪魔もしないのでパンドラボックスは持ってけとの事で。

どうやら難波にドン引きした様ですが、パンドラボックスに当てられておかしくなった人にドン引きされるとか、どんだけおかしいのかと。

何かこの人、最後は良い人になって死にそうです。











(;´∀`)













あ、例の兄弟は概ね雑魚安定でした。

そろそろ退場しても、誰も困らなさそうです。













そして、完全に諸悪の根源である事が確定したスターク

…の中のエボルトとやらがそうさせてるんでしょうが。

どうもこいつ、地球に来るよりもっとから虎視眈々と機会を伺って居た様です。

一体そこまでして、何で滅ぼしたいのかさっぱりですが。

火星を滅ぼしただけでは飽き足らず、地球すら滅ぼそうと思い立ったのは、多分無人機が到着したせいなんでしょう。

これで、他の星に知的生命体が居る事がバレちゃいましたし。

先に自身の分身の様なモノを無人機に引っ付けて送り出し、自分はノコノコとやって来た石動に取り憑いてまんまと地球入りした模様。

その後は、地球ライフを楽しみながら、龍我がある程度まで育つのを待って、育成計画に入った様で。

となると、龍我はともかく、何故戦兎までが育成の対象になったのでしょうか?

幾ら龍我を育てる為とは言え、あそこまで入れ込むのもです。

となると、そこに石動の本来の意思などが微妙に介入している可能性もありそう。

未だ、こいつに関しては分からない事が多いですね。

こいつの言う「究極のドライバー」とやらも気になりますし、今後も要注意かなと。












(;・∀・)












戦闘に関しては、相変わらずトドメを刺さないヌル戦闘だったので、あんまり盛り上がりは無し

クローズマグマは確かに強いしカッコイイのですが、結局スタークを放置ですし。

ウィザードでは舐めプが問題になりましたが、こちらは不殺が大問題

何しろ全然トドメを刺さないので、物語がどんどん回りくどくなって行くというね。

まあ、新しいサンドバッグ役である新型スマッシュ「クローンスマッシュ」の登場は評価しても良いと思いますが。

そもそも人間ではないので、爆散させても心が痛まないでしょうし。

ビルドやグリスが苦戦するクローンスマッシュを、あっさり撃破する事で、クローズマグマの強さも魅せられて良い感じです。

演出にも恐ろしくが入っており、迫力満点でした。

その影で、ビルドの新フォームがほぼ噛ませになってしまったのですが、もしかしたら最終フォームの登場が早いのかも知れません






次回、思った通りにまたスタークが暗躍。

またかと思いつつも、のんびり待つとしましょう。


( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダービルド
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、6匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード