10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

「劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦」を見てきた。

ようやく見に行けました。

尚、ネタバレ満載なので要注意です;






実は今回、久しぶりにパンフレットが売り切れで買えませんでした。

(´・ω・`)ショボーン


こんなのは、過去一回しか経験したことがありません。

仕方ないので、過去同様ネット通販で買うことにしました。

…いらん送料かかるけど…(;´д`)トホホ


見に行ったのは平日午前中なので、客は私の他に親子連れ2組のみ。

お陰で、ゆっくりと鑑賞出来ました。



まあ、それはさておいて本編。


冒頭でいきなり殺害される釣り人達ですが、何でこいつら良くある死亡フラグをわざわざ立てちゃうんでしょうかw

誰も近寄らないのには、それなりの理由があるって事すら理解できない低脳って最近何処にでも居るのが困ったものです。


しかし、鬼ヶ島とは…昔の仮面ライダーBLACKの映画を思い出しました。

タイトルがずばり、「鬼ヶ島へ急行せよ!」だったと思いますが…

まさか、同じ場所じゃないでしょうね…?


舞台は変わって、とんでもない程のド田舎

一体何処なのか、少し気になる所。

一応の主役は、東京からの転校生(?)の少年ユウ。

何か何処かで見た感じの、少々生意気な性格と自然嫌い(虫やヘビを見て叫び声を上げてしまうレベル)のせいでイジメにも遭う日々を過ごしている模様。

更に運の悪い事に、に追い回される羽目になってしまいます。

そこを、NEW電王に助けられるのですが…

何か、弱くなってません?

ザコ相手では無敵なんですが、シルバラ相手では全く相手になってない気が。

…もうかませ犬化でしょうか?


後で知ったのですが、ユウ役の子って女の子だったみたいですね。

見ていて、「くそぅっ!ガキの癖にすでにイケメンかよ!勝ち組乙!」とか微妙に嫉妬仮面していたんですが…(おい)

イケメンじゃなく、宝塚的美少女だったのですね…(;゚Д゚)


ヾ(゚Д゚ )ォィォィ


というか、今回子供だらけです。

良太郎まで、ハナ化現象で子供に…orz

ちとやりすぎでは?

このまま、段々昔の子供向け番組のノリになって行くんでしょうかねぇ?

微妙です。


何はともあれ、ユウを加えた一行は昭和初期へ。

そこには飛ばされたウラ・キン・リュウが!



…って、何でガルル達に憑依してるんですか?

しかも、憑依している相手がまたそれっぽいしw

クラ刑事でキバが出てましたし、コイツらが普通に居ても特に違和感無いのが技ですね。

それよりは、ジークを返品に来たディケイド一行が謎だらけ

どーやって昭和初期の世界に来たんだよアンタら…(;´Д`)


これも、時空の歪みが原因と言う事でいいんでしょうか?

敵のシルバラ&ゴルドラも、そのお陰で変身出来る様になったみたいですし…



昭和で三人を回収した一行は、目的地である室町時代に。

そこでは、モモタロスが案の定鬼と勘違いされていました(;^ω^)

ま、ゲルニュートに比べたらよっぽど鬼に見えますしね。

鬼と戦う村人達を助けに入る電王チーム。

子供の体でも、イマジンが入ればかなり強いみたいです。

この村人のリーダー格の女トキを、南明奈がやってた様なんですが…

ぶっちゃけコイツ、良く知りません

お陰で、帰ってきて公式サイト確認するまで気付かなかったのは内緒です。

トキを見て、( ゚д゚)ポカーンとするユウはまあベタですね。

多分母親に似てるんだろうなぁと思ったら、その通りでしたし。

回想シーンの母親の顔がぼやけていたのは、それを隠す意味だったんでしょうねぇ。

でも、ユウが母親のいる時間に戻りたくてデンライナーに乗った事を告白するシーンは良かったです。

デネブじゃなくても、普通に泣ける場面かなと。



そして鬼との戦い。

相変わらずの、ハナの無敵っぷりが地味に表現されています。

ゲルニュートですら勝てないって…本当にアンタ人間ですかw

一度はかませ犬幸太郎を人質にされながらも、作戦勝ちで取り返す電王チーム。

そこに、無意味に現れるディエンド

…もう一度言う、一体どーやって過去に飛んでるんだおまいは?

しかも、無責任にライダーを三体も召喚してトンズラですし;

もしかして、お宝を入手出来なかった腹いせですか?

ちっちゃい男です。


その召喚されたライダーのラインナップにも、謎が残ります。

コーカサス、王蛇までは解るんですが…


何故にG3?(Xですらない)

コイツだけ、明らかに弱いです。

そこは素直にG4でも召喚しとけよ…(;・∀・)

(´ε`;)ウーン…


しかもあっさりタロスズに乗っ取られてましたしw

もう何にでも憑依可能なんですね、こいつら…

でも、色で選んだせいなのかウラとリュウがしっくり来てなかったのは笑いました。

選り好みしないで、銃メインG3に入れよリュウタ…(;´∀`)

ウラも銃メインライダーに入って、動きにキレが無くなってる様に見えましたし。

1人だけぴったりだったキンタロス>コーカサスは、神チョイスだったと思います。

元の中身は格闘家ですしねぇ。


戦闘中、デネブが暴走(?)したのも笑えました。

NEW電王と合体して、NEW電王ベガフォームになるとは…

異様に融通の効く設計です、電王システム。

胸の顔は、やはり飾りなんですね…(´・ω:;.:...



お陰で、テディがめがっさ空気だったのは何とも哀れですが。


そして、ディエンドに続き謎の原理で士&ジークも登場。

何度も言うが、どーやって来た?w

返品されたジークを交えて、初の五体てんこもり変身へ。

…と言っても、羽が生えた程度の変化しかないんですが。

ディケイドも加えて、ライダー勢の逆襲が始まります。

2対1に持ち込めばこちらのもの。

ディケイドのファイナルアタックライド&NEWクライマックスフォーム?の蹴りで、あっさりシルバラ撃沈

ここで、シルバラの中身を演じていた方の名セリフが飛び出したんですが…

これも、帰ってきて公式確認するまでは気付きませんでしたorz

まさかの柳沢慎吾だったんですねぇ。



しかし、巨大戦艦復活後あっさり帰ってしまったディケイドに少し疑問。

キバ&電王みたいに、最後まで一緒に戦って欲しかったです。

結局、ジーク配達と少し戦っただけとディケイドファンには微妙な感じでした。

ディエンドなんて、嫌がらせに出てきただけですし。

扱い悪いなぁ…;


ラストの巨大戦艦VSデンライナーは、なかなか迫力あって良かったです。

いつもの事ながら、デンライナーの突進は強烈でした。

やはり戦艦は、取り付かれたらおしまいですねぇ;

乗り込んだ敵戦艦内での、電王対ゴルドラの最終決戦。

電王の放ったキック、まんまカブト(ガタック?)のライダーキックだった様な?

それでも、非常に珍しいソードフォームによるライダーキックでケリが付いたのは良かったかなと。



戦いが終わり、元の時間に帰るユウ。

オーナーの寄り道許可を断った辺り、明らかな成長が見られます。

デンライナーから降りた彼は、もういじめっ子どもに負ける弱い存在ではありませんでした。

泥だらけになりつつの自爆攻撃は、個人的にGJでしたねぇ。


で、いじめっ子どもに名乗った名前が何と桜井侑斗!




Σ(゚Д゚;エーッ!


マジですか…( ゚д゚)ポカーン


前情報一切ゼロで見ただけに、本気で驚きました^^;


ああ、なるほど…

オーナーが引っかかってたのはこれか…と、妙に納得してしまいました。

良太郎も最初の映画で、子供時代デンライナーに乗ってましたし…

何かそういう法則があるんですかねぇ?

とすると、次は幸太郎?

まあ、流石に3回目まではやらなさそうではありますが。


で、次の時間は2009年。

最初の時間が表示されなかったので、そこが現代だと完全に思い込んでいたのも気付かなかった原因のひとつではないかと。

本当は、20年前後だったのですね…(;><)

現代では、あの村限界集落になってたら怖いです。


デンライナーを1人降りたデネブ。

そこに待っていたのは、消滅したはずの侑斗。

時間の歪みが治ったので、戻って来たというよりは…

恐らくは、放っておいたらあそこで鬼どもにユウが殺される為消滅してしまった感じですね。

で、ユウを助けて鬼を粉砕した為に時間の流れが正常化し復活したと。

なるほど、良く出来てます。


2人のいつものじゃれあいで、物語は幕を閉じます。


つーか、良太郎は最後まで戻りませんでしたが




総評としては、あんまり期待していなかったのですが結構楽しめました。

不満と言えば、ディケイド勢があんまり活躍しなかった事くらいでしょうか。


後、結局鬼って何だったのかも不明のまま

ゲルニュートに至っては、ミラーモンスターですし。


相変わらず、敵の掘り下げが甘いのは変わってませんでした

そういう決まりでもあるんですかねぇ?


とにかくカイ・ガオウ・ネガタロス・死郎に続いて正体不明の敵となってしまったのは非常に残念


カイは正体どころか、任務達成したら何の得があるのかもさっぱり不明なまま終わり…

ガオウも非常にイヤな事があり全て破壊してしまいたいな目的で動いてたっぽいですが、結局出自が明かされないまま。

ネガタロスは目的がはっきりしていたけど、どうやって誕生したか不明なまま。

死郎も目的は解ってるけど、出自がほぼのまま終わりました。

ゴルバラ&シルドラも、全く同じ道を辿るとは…;


(´Д`)ハァ…


キバの映画で出たレジェンドルガなんかは、最初から出自が明らかになってたのですが…

いい加減、謎のまま終わるのは勘弁して貰いたいモノです。



それさえ無ければ、電王系の映画はかなり良かったと評価出来たのに…(ノ_<。)


まあ、夏の映画に大期待しましょう。


つーか、ディケイドとの絡みってTV版と映画共にいらなかったのでは?


( ´ー`)フゥー...

theme : 特撮・戦隊・ヒーロー
genre : 映画

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード