08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

真マジンガー 衝撃!Z編第12話「脱出!海底要塞サルード!」感想です。

恒例のマジンガー愚痴感想です。



今回、恐らくは最もくろがね屋改変影響が出た回と言えるかも知れません。


まず、くろがね屋周辺ばかりを描いてさやかやボスと甲児のを全く描写してなかったのが痛い


そのツケが、ほぼ全編に来ています。

そもそもつばさがまたメアリー・スーぶりを発揮して、今回の事件全てお見通しという事自体がすでにダメダメ

甲児との友情の為でもさやかを助ける為でも無く、作者自己投影型オリ主のつばさに命じられて宿代を払う為に活動するボスって…(;´Д`)

おまけにヌケとムチャまで、超人的攻撃力を持ったキャラにされるとは…信じられん;

何というか、出来の悪い現実来訪系オリ主最強物二次創作を見せられている気分です。

しかも、光子力研究所組&甲児&マジンガーZアンチが書いたモノを。


(´Д`)ハァ…


ありえん…orz


更に甲児もアンチが書いたのなら納得出来るダメっ子ぶり。

既に原作甲児の面影は殆どありません

特にドモンみたいに「うるさい!」を連発する甲児は、見ていて哀れに思います。

一応活躍はしますが、今までのダメっ子ぶりが響き違和感爆発になってるのもどうかなと。

なんつーか、今までロクに甲児をまともに描写してないのにここだけ原作準拠にされても…という感じ。

やるなら、最初から原作準拠のカッコイイ甲児にしとけよ…;

説明不足描写不足にも程があります。

このままでは、頑張ってる声優さんの名誉すら毀損しそうで怖い…;

本当にマジンガーと甲児が嫌いなんですね、今川監督。

特に今回は、甲児の作画がおかしかったのもあって余計に酷い印象が…(;><)

これで声優が文句言って、完全に甲児が主役から転落しテロップでも三番目くらいになったら…

まさにガンダム種死現象なんですがw


それはさておき。


ヘル側もメチャクチャ。


何故かギャグに走るあしゅら、そしてきっちり原作準拠のシャワーシーン。

最早失笑しか浮かびません。

今川監督が描きたいのは、くろがね屋VSヘル軍団なのが良く解ります。

甲児&マジンガーと比べて、描写の力の入れ様が全く違いますし。

(´ε`;)ウーン…


つーか、何故ブロッケンが来るのでしょう?

そもそもここは、マジンガー奪取阻止の為に自衛隊がやってくるはずなのです。

この時点で、弓教授が甲児達救出をほとんど諦めちゃってるのがちと問題ではありますがw

そもそも真マジンガーでは、弓教授はさやかを心配すらしていないのはどうなんでしょうね?

原作弓教授は、物凄い苦悩を見せていたんですが。


で、実際に来たのはあしゅら処刑&マジンガー処分の使命を帯びたブロッケン


Σ(゚Д゚;エーッ!



…えーと、Drヘルはそもそも光子力超合金Zをそれこそ喉から手が出る程欲しがっていたはずなんですが…?

なんでそーなっちゃうの???

マジンガーが危険だから沈めるって、その考え自体マッドサイエンティストであるヘルの発想ではありえない気がするんですが。

これがブロッケンの独断としても、後に遺恨を残すわ折檻されるわでメリットが少ないですし。

正直、意味が解りません


サルードの人工島部分切り離し攻撃とか原作準拠なのに、相手がブロッケンだなんて…

グールに搭載されている爆弾?が、全部グロイザーXだったなんて…

一体これ、誰が予想できます?

そもそも、誰得?


グロイザー、何か爆発ショボくなってません?


(;´д`)トホホ


最後も酷い。


サルードから、深海なのに生身脱出するあしゅらのムチャっぷりもそうなんですが…

何度も言いますが、本来1人乗りのパイルダーに5人も乗れるって一体…(;^ω^)

原作通り、甲児以外は別ルート脱出ではダメだったんでしょうか?

そもそも甲児がマジンガーに再び乗った時のセリフも、甲児が1人だったからこそ言えたセリフだと思うんです。

興奮のあまり言ってしまった、壮大?な独り言なんですよ…あれは。

それを、さやか達が一緒にいるのにやってしまったら…

甲児がただのイタい子でしょうに(;´∀`)

ここまできて、まだ甲児を苛めるか?今川監督。

その後のマジンガー大暴れも、あしゅらが先に甲児の所に来てしまった為に無し!

実際は、甲児があしゅらを探してサルード内で暴れまくるんですけどねぇ。

キングダンの剣を使って。


(´・ω・`)ショボーン


更にマジンガーの足のジェットも、全く意味の無い装備にされてしまいました。

幾らジェットスクランダーをムリヤリ登場させるからって、これはどうなんでしょう?

従来なら、あれで普通に脱出できるはずなんですよ?

そもそもスクランダーが原作に登場したのは、マジンガー軍団誕生と同時です。

なんでそこで出さなかったのか?と心底疑問に思います。

これも間違い無く、くろがね屋改変のツケでしょう。

…まあ多分、そこで出てくるのはゴッドスクランダーなんでしょうが。



(ノ∀`)アチャー



…どーでもいいですけど、最後に甲児に瞬殺されてたボス


もしかして、本編で甲児が言ってた様に…



子分より弱い…?


( ´ー`)フゥー...

theme : 真マジンガー 衝撃!Z編 on television
genre : アニメ・コミック

comment

今回、ホントにちょっとだけですが、
良いな、と思ったアレンジがありました。
原作では曖昧だったガミアの設計者が
シュトロハイムだとした設定です。

以下ネタバレです。

(37年前のベストセラーに
ネタバレも無いとは思いますが…)
原作漫画ではマジンガーとの勝負に敗れた
シュトロハイムですが、ヒューマノイド分野では
兜十蔵博士を凌駕していたのは異論無いでしょう。
長い金属髪を武器とする戦い方等、
ガミアのデータを元にドナウα1が建造された、
とも考えられます。

コメントありがとうございますv
ああ、確かにそう言われてみれば似てますね。
というか、多分十蔵博士はヒューマノイド自体にあまり興味が無かっただけでは…?
実験で重症を負った剣蔵博士を、サイボーグ化して助けたのも十蔵博士だったので。
従って、作ろうと思えば作れると思われます。
ただ、シュトロハイムの発想は十蔵も思いつかない斬新な技術だったのもまた確かですね(そこ!アスト○ガンガーは?なんて言わないっ!)

8話からでしたっけ?
結局4話ぐらいかけたエピソードだったわけですが
テーマが滅茶苦茶w
甲児の成長。仲間たちとの和解。初めての水中戦。
ジェットスクランダーの登場などいろいろあったと思うんですが、すべてがもう支離滅裂。
菊千代姉さんの特訓なども、最初は単独行動に走ろうとする甲児に対する錦織の戒めの意味が込められていたかのように思えたんですが、実際には錦織にそのような思惑は一切無く、婆さんと追いかけっこをしている内になぜか操縦が上達するという意味不明な落ち。
ジェットスクランダーも最後は格好良く空飛んでましたけど、海中でのピンチに駆けつけるというなんだかなって感じの登場でした。
あとマジンガー軍団も甲児と和解したのはいいけれど
「機械獣にはとても適わないからこれからはサポートに徹するよ」ってそれで本当に解決になってるのかなって感じはしましたね。
いくら役立たずなキャラだろうと4話もかけて最後にそんな台詞はないだろうと。
今川って人は道理というものをちゃんと理解しているのかなって凄い疑問です。

アラドン様>
コメントありがとうございますv
そういえばそんなに話数かけてたんですねぇ;
テーマどころか、シナリオの根底が既に破綻している気がw
甲児に対する錦織の戒め>
これも、本来原作通りの甲児だったら全く必要無いんですよねぇ…甲児をダメっ子に設定した事に付随する事象ですし。
マジンガー軍団も、ヘタに出すからあーなってしまったワケで…(;´Д`)
スクランダー同様、原作と同じタイミングで出していれば尺を節約出来た&あんなセリフ言わせなくて済んだと思うのです。
結局、今川監督の改悪が生んだ悲劇という事なんでしょうねぇ…orz

追加コメントありがとうございます。
Kivagamiさんのこれまでの感想(愚痴?w)はずごい的を得ていますよねぇ。
感心すると共にKivagamiさんのマジンガーへの愛がひしひしと伝わってきます。

甲児ダメな子ですよねぇ。ダメな子と言うかバカな子になっちゃってますよねぇw
流されまくりというか翻弄されまくりというか「兜甲児サマ」だった頃の頼もしさがまったく感じられません。
私はたぶん女将が甲児の母親じゃないかと睨んでいるんですが、この監督はきっと甲児を半人前のガキということにして親子劇場とかがやりたいんでしょうね。

アラドン様>
再度のコメントありがとうございますv
そうですね…マジンガーは原作、東映版及びマジンカイザーまで視聴してますし愛は深いんだろうなぁとw
それだけに、某ロボットシミュレーションにおける扱いにかなりの不満があったりするんですが;
それ故に、カイザーの登場は喝采を持って迎えましたねぇv
今川氏のGガンとかは確かに好きですが、やはりマジンガー(というか甲児)をあそこまで貶めるやり方はどうしても許容出来なかったんですよねorz
でも、マジンガーが好きだから見てしまう…という悪循環(;´Д`)
ある意味、今川氏の思惑通りに進んでるんだろうなぁと思うと鬱ですね…
つばさが甲児の母親の可能性はそれなりに高いと思うんですが、ホント最後の望みとして「そうであって欲しくない」と思ってしまいます。
この監督が主人公作ると、空気かヘタレるかのどっちかになるのもまた困り物なんですよねぇ。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード