10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

真マジンガー 衝撃!Z編 第15話「対決!悲しみの青きドナウ!」感想です。

恒例のマジンガー愚痴感想です。



正直、予想の斜め上を行く酷い内容で今回もある意味一安心でしたw


まず、突然出現した兜剣造

どうやらあしゅらの用意したシステムの一部らしいですが…

つばさがシュトロハイムの所に行くと予想して、予め仕込んだシステムだとか。

えーと、どんだけ予知能力高いんですか。


更に、シローの扱いが最高に酷い

何と、ドナウの頭脳であるローレライに悲しみの感情を教える為のエサだったそうです。


(゚Д゚ )ハァ?


つまり、つばさとハインリッヒの計画はシローをぶっ殺して完成すると言う事みたいです。

シローの所にダイレクトで送り込んで仲良くさせ、事故か何かに見せかけて殺す。

そんな感じの計画だった模様(死んだと思わせる気だったかもですが、説明が無いので殺す気満々と解釈しています)。

…正気ですか?この糞ババァ…


原作ではローレライは偶然兜シローと友達になり、シローが強引に?家まで遊びに来ただけで…(ローレライ自身はパパに驚くからと乗り気ではなかった)

最初から利用する気だった本作とは全く違います

おまけに、原作版ローレライはすでに完成していました。

シュトロハイムがDrヘルに渡さなかった理由も、娘として育てたローレライに情が移ったせいでした。

まあ、あしゅらには「完成してない」と嘘を吐いてましたがw

最も、完成度を高めるという意味では嘘ではないのかもですけどね…


そして原作通りブロッケンから借りた機械獣リバーF9登場!


…しかし、その出番は大幅に減少

サクっとやられてしまいます。

その上、あしゅら死亡


( ゚д゚)ポカーン

まあ生き返るんでしょうが。

ちなみに原作ではドナウの一撃を喰らった後も、新たな頭を生やし空を飛んでドナウと戦いました。

勿論あしゅらも小型飛行機で脱出

…結局、いらんドラマ部分を増やしたお陰でこの有様です。


さて、次はようやくマジンガーの出番!

…なんですが、ここにあの今川監督がを仕掛けていないワケがありません


戦闘シーン、大幅にカットというがorz

正直、マジンガーがやられている印象しか残らないこの戦闘構成は凄すぎると言っても過言では無いです。

というのも、ドナウの頭を引っこ抜いた後のマジンガー逆襲シーンがばっさり削られ

新たに、ブレストファイヤーが撃ち負けるというトンデモ場面が挿入されているからです。


( ̄д ̄)エー


確かにこうする事で、ドナウα1の強敵ぶりがアピール出来ます。

しかし、それはこれまでマジンガーをきちんと「強い主役ロボ」として描いて来て初めて成功するモノではないでしょうか。

そもそも、時々出てきて適当に活躍するロボとしてしか描かれてないマジンガーZ

ただでさえそうなのに、ここで更に弱い印象植えつけてどうするんですか(;´Д`)

ミサイルの掃射をただ喰らい続け

ロケットパンチを破られ

ルストハリケーンを跳ね返され

その副産物で腕を溶かされ

挙句の果てにブレストファイヤーすら無効化原作には無し)され…

ドナウの謎の凍気攻撃(原作には無し)で凍りつく寸前にされ…


で、やっとドナウの頭を引き抜いたかと思うとほぼ一撃戦闘終了


(´Д`)ハァ…


既に無敵のスーパーロボットの面影は欠片もありません


どーしてやられる場面だけ増やすかなぁ;

それでラストの哀しい部分だけ、原作そのままにされても困るとしか…

ロボットもあんまり動いてませんでしたしねぇ。

ドナウは頭部ムチ腹部の顔がメインで、マジンガーは腕&飛び道具メインですし。

ホント?????????????????に、今川監督はマジンガーZが嫌いな様です。


しかし、やはり一番許せないのは錦織つばさ

コイツ、何様?

なんでもかんでもの黒幕で、シュトロハイム剣造殺害したとかいうイカレた設定はどうなの?

しかも人殺しの理由が、十蔵の研究が必要だったから。


とんだ腐れ外道ですな。

これには多分元祖外道衆びっくりでしょう。


…アンタ、一体何がしたいワケ?

何故にこんな作者投影型オリキャラに、ここまで原作レイプさせるのでしょう?

今川監督は、本当にこれで面白いと思っているのでしょうか?

だとしたら、相当病んだ感覚をお持ちになっていると言わざるを得ません。


何処まで続くのか?この原作世界破壊行為

某世界の破壊者も、今川監督には全く叶わないでしょうねぇw



くっ…マジンガーの世界も破壊されてしまった!今川め!!
とか言ってるおじさんが何処かにいそうです(オイ)


次回は、完全にオリジナル路線っぽいですね。

戦闘頭脳ケドラは、元々石川賢の書いた短編マジンガーに出た存在なので原作には存在しないモノですし。

その後の展開も、完全に原作無視のオリ展開だそうです。

Drヘルと共闘とか、過去に戻るとかどんだけ荒唐無稽なんですかw

そんな事やるなら、最初からオリジナルでやってくれと言いたいです。


(´・ω・`)ショボーン



まあ、兎に角次を待つことにしましょうか。


( ´ー`)フゥー...

theme : 真マジンガー 衝撃!Z編 on television
genre : アニメ・コミック

comment

お疲れ様です。

今回はあと一話で収まるのかどうなのか少しハラハラしながら観てました。(特にBパート)
結果的にはなんとかうまく収まっていた様ですが、原作を知る者としてはやっぱり無理だったかという印象が強く残る結果でしたね。

前回も今回も「これならマジンガーに勝てる!!」とかあしゅらはいったい何を根拠にそんなことを言ってるのか (゚Д゚ )ハァ?って感じでした。
もともとはシュトロハイムの台詞なのに「お前が勝手に言うんかい!」と。

あとローレライはあれ結局「哀しみ」じゃなくて「怒り」で合体したように見えたんだけどw
シュトロハイムの最後を見届けたわけでもないし、養父が息絶えたことさえ気付いてないみたいだったし、最悪シローを殺すとか考える以前に自分がぜんぜん相手にされてなかったようなw

それからドナウになったローレライの脳裏にシローとの思い出が一瞬過ぎるんですけど、ああいうのって本来は傍観者であるシローの方にフラッシュバックさせるシーンではないでしょうか。
ローレライだと原作の最後の意味合いが変わってしまう。

もう残すところあと10話なので、ここまで来てしまった以上もう今さら錦織イラネーとか言ってもどうにもなりません。
鬱陶しい以外の何者でもない連中が最後にどれだけ華々しく散ってくれるのか。後始末という意味においてもうその辺にに期待するしかなさそうですね。

とりあえず、もう原作とかどうでもよい
(もちろん本当はよくない(^^;)のですが…。

結局この時点でのシュトロハイムの行動原理って、
つばさへの未練?
科学者としてのプライド?
ローレライへの愛情?

原作での、どこまでもマッド&孤高なシュトロハイムと、
それでも父と慕うローレライの美しい物語が、
無理な改変で、さっぱり訳の判らない事になってます。



さらにここに来て、
これまで「主役」だった、つばさまでもが、何故傍観?
あんた、ドナウの完成を阻止するために、
シュトロハイムを殺したんじゃね~の?
「これだから科学者は…」とか、ほざいてないで、
ローレライの合体を止めなさいよ!(爆笑
わざわざドイツまで何しに来たの?

もう訳が判らないにも程があります。



そんな中、今回一番笑ったのが、ローレライの、
「兜家の者は口を挟むなぁ~ツ!!」
…いやはや、何度思い出しても爆笑の迷言です。
どう考えてもローレライの台詞じゃありません。
今川監督、ホンネが出ちゃってますよ。



最後に些細な点ですが、
マジンガーがドナウの首を、ぶっこ抜く場面。

原作では、マジンガーがドナウのムチを引っ張りながら、
首に渾身の蹴りを入れて、ドナウの頭が外れるのですが、
今回、引っ張っただけで頭が抜けちゃってます。
いくら強く引っ張ったって、
頭が抜けるより先に、まずコケるんじゃないでしょうか?
今川版ドナウは首も未完成だったようです。

ここで誤解が無いように、
俺は何も力学的に正しくやれと言ってるんじゃありません。
演出上カッコ良くなるなら、物理法則を無視するのも
「あり」でしょう。
でもこの場面、物理法則に適った原作コミックのほうが、
格闘アクションとしても格好良いと感じるのは
俺だけでしょうか?

長文失礼致しました。m(_ _)m

>アラドン様
毎度のコメントありがとうございますv
確かに結局ローレライは悲しみの感情を知らないまま、合体した風に見えますね。
父が倒された怒りしかないんじゃ、負けて当然なのかも(;´Д`)
つーか、くろがね屋の連中はラストで甲児が重傷を負ってマジンガーが半壊しても死なない気がするのは私だけでしょうか…?
全員華々しく散ってこそ、やはり出てきた意味があると思うので是非おくたばりになっていただきたいものですがw

>峰上鷹太様
毎度のコメント感謝です^^
原作シュトロハイムは格好良かったですよねぇ、孤高の科学者で実は情も深かったという…
何処で間違ったら、おばはんに目が眩んだ妙な人になってしまうのでしょうか;

つばさの行動は、二次創作に良くあるパターンだと思います。
つまり原作に万能オリキャラをかましたものの、動かしようが無くなって傍観者になってしまうダメパターン。
原作の流れから完全に外れた展開を創作出来ないが為、しばしば起こりうる事象ですね。
流石の今川氏も、話のオチをつけにくくなってしまうのでそうしたのか…あるいはラスト改変まではめんどくさいので傍観させたと思われます。
ただ、もしかしたら他のスタッフがこれ以上のレイプを必死に止めたのかもですがw

ドナウα1の頭については、私もツッコミ忘れてましたorz
私の見解としては、今川氏はマジンガーを少しでも動かしたくない(お金もないですし)ので結果ああなってしまったのではないでしょうか?
で…貧乏くじを引かされたドナウα1は欠陥品にされ、マジンガーは原作のカッコイイアクションをまともに描写して貰えないというお粗末な結果に終わってしまった…という感じではないかと。

なんとも切ない気分です(´・ω・`)

こちらに投稿するのが妥当でないかも知れませんが、
ドナウα1の機体名について。

旧アニメ版ではローレライ伝説との関連性を重視して、
「ラインX1」に変更された事をご存知の方も多いと思います。
この変更自体は妥当ですが、「ドナウ」を永井先生の
単なる勘違いと決め付けるのはどうでしょうか。
今回「真」のサブタイトルのように、
クラシックの名曲「美しき青きドナウ」
との関連性も無視出来ません。

だからドナウ!と言いたい訳でもなく、
個人的には「どちらでもよい」派です。
例えば先頃、大きな成果を上げた
日本の月探査無人機は「かぐや」です。
だからって開発者や命名者が
京都の人とは限りませんよね。

ドナウもラインもドイツを代表する川ですから、
別にドナウ川周辺の人が娘にローレライ伝説
に因んだ名前を付けても構わないし、
逆にライン川近辺の人がロボに「美しき青きドナウ」
に因んだ命名しても構わないと思います。

…とまぁ場違いな考察はこれくらいにして、
折角のサブタイトルなのに、BGMが
「美しき青きドナウ」じゃなかったのが残念です。
それ以前に色々残念なわけですが(^^;

>峰上鷹太様
ああ、そっちと繋げるなら無理は無い気がします。
どうもWikiの記事を信用しすぎましたかねぇ;

まあ、私もどっちでもいい派なんですが…正直本当の所を永井豪氏にお聞きしてみたいですね。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード