08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

真マジンガー 衝撃!Z編 第17話「共闘!危険な過去への旅!」感想です。

恒例のマジンガー愚痴感想です。




引き続き、オリジナル要素爆発的満載の話でした。

そして、またマジンガーZの扱いが最悪という…

この話、そもそも原作準拠&くそがね屋(誤字にあらず)連中無しだったらかなり面白かったのでは?と思います。

本来なら、つばさや5人衆とやらではなく…

さやか&ボス達+ボスボロットが一緒に行くのが筋じゃないかと思うのは、私だけでしょうかね。

ちなみにアフロダイAは原作準拠なら、サルードと共に海中に消えているので(こんなとこだけ珍マも原作通り)数に入れてません。


つーか、ブロッケンの体がいっぱいあるって一体(;´∀`)

それを自爆させてゴーゴン大公倒すって、どんだけムチャなんですかw

あしゅらも(予想通り)何事も無かったかの様に蘇ってましたし

そもそもヘルに二度も蘇らせて貰ったって、1度目はつばさがやった忘れてる?

ヘルの要請とは言え、つばさが執刀しおまけに逆らえない機能まで組み込まれてたのに…

なんだかなぁ…;

ゴーゴン大公の立ち位置も、原作とは完全にかけ離れていました。

所属は原作通りなんですけどねぇ。


更に今回あまりにも予想通りブチ切れそうになったのが…

つばさの「ほらみたことか」という感じのセリフ。

…やっぱり言いやがりましたか、この作者投影型オナニーキャラめ!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

もう呆れる通り越してむしろ感心します

ここまで予想通りに原作キャラを貶めてくれるんですから。

光子力研究所も、応戦せずバリアすら張らず蹂躙されるばかり。


ヾ(゚Д゚ )ォィォィ


余談ですが、こうしりょくをそのまま変換すると「甲死力」に…

何だかイヤ━━━━(*´∀`)━━━━ン!!!!な感じです。


それはさておき。


今川氏の頭の中では、つばさ&くそがね屋5人衆こそが主役であり物語の鍵を握るみたいですね。

それを偉大に見せる為には、原作キャラは全て踏み台にしてもいいとお考えの様です。


( ゚д゚)、ペッ


冒頭にも書きましたが、マジンガーZの扱いも酷すぎ

ケドラは逃がすし、放つ光子力ビームは全弾外れ

これだけなら「いつものこと」で済まされそうなモノですが…(いや、それもどうかとは思うんですけど)

今回全体的に作画クオリティが低下傾向にあったのですが、マジンガーZは1番酷かった。

あのやる気覇気威厳もすぽーんと抜け落ち、ただぼ?っと突っ立ったマジンガーZの姿にはが出そうになりましたorz

誰だあのヘボ作画マジンガーZOK出したヤツは?


(;´д`)トホホ…


更に柱の中とやらに入ったはいいが、マジンガーZは地面と激突した挙句海の中へどぼ?んって…(;・∀・)

砂浜に放り出されたパイルダーが、ただただ哀しかったです。

つばさと甲児も放り出されてましたが、キャノピーくらい閉めろと。

間抜け過ぎですね。

本当に、今川氏はマジンガーZが大嫌いの様です。

マジンガーを動かさない為に、つばさですら間抜けにするとは…w

ふつふつと、言いようの無い怒りが込み上げて来ます。

Z神は活躍してるんですけどね。

そんなにマジンガーZを動かしたくないなら、最初からこの題材に手をつけなければいいのでは?とも思うんですが。



つーか、ミケーネの神々の中身が全部ケドラって…こんな設定何処にありましたっけ?

元としているのであろう「Zマジンガー」にも無かった設定ですよねぇ?

もう荒唐無稽を通り越してしまった感が…


何度も言いますが、これなら最初から完全オリジナルでやれと。

あしゅらの元とゴーゴン大公が仲が良いのは出身が同じだけに、ありえたであろう光景なので納得出来るんですが。

しかしあしゅらの本名がトリスタンとイゾルデって…確かにドイツの作曲家による作品なんですが…

内容を見る限り、あまりマジンガーに結びつく様な感じでは無い様でした。
何を思って今川氏はこの名前を付けたんでしょうか。


つーか、ケドラの記憶の中なのに死ぬって設定も凄すぎ

それ、普通に過去に戻ってるのと殆ど同じでは?

違うのは歴史を変えられない点だけだとしたら、全くメリットだけ無い世界です。


(´ε`;)ウーン…


そうそう、超合金魂のデザイナーズコラムとやらでとんでもない記述を見付けました。

いづれどこかでお披露目できるかもしれませんが、最初はもう全然違う企画でした。
それこそ「Z」ご本人をどこまでアレンジするか?兜甲児はいるのかいないのか?
グレートやゲッターとの絡みをどうするかといった妄想が果てしなく広がっていた時期もありました。

今川監督のもとアニメ化が具体的に動き出してから、わりと原作どおりの展開が見えて、じゃあ一見普通のマジンガーZに見えるんだけど、見たこと無い必殺技を 持ってる感じ、という方向性が見えてきたわけです


どうも最初の企画から、原作準拠マジンガーZを作る気が無かったようで。


Σ(゚Д゚;サギー!



…そういえば何処かのブログのコメントで、こんな記述を見ました。

マジンガーが動かないとかで叩かれてるけど、面白いのに残念…

これ、典型的な今川信者の発言ですよねぇ。

もう突っ込む気にもなれません。



19話以降、更に更にくそがね屋中心進行の模様。


どんなトンデモ展開になるのか、注目しましょうか。


( ´ー`)フゥー...

theme : 真マジンガー 衝撃!Z編 on television
genre : アニメ・コミック

comment

どうもお疲れ様です。
ほんと脱力しっぱなしの回でしたが
今回も張り切って拾いまくるでー!!ヽ(`Д´)

>本来なら、つばさや5人衆とやらではなく…
>さやか&ボス達+ボスボロットが一緒に行くのが
>筋じゃないかと思うのは、私だけでしょうかね。

筋もそうですけど、さやか役の声優さんがインタビューに対して「私はあまり出番がないのでw」って答えてるような状況ってどうなんでしょうね。

>つーか、ブロッケンの体がいっぱいあるって
>一体(;´∀`)
>それを自爆させてゴーゴン大公倒すって、
>どんだけムチャなんですかw

甲児と絡まない時に限って変な能力を披露しますよね。

>そもそもヘルに二度も蘇らせて貰ったって、
>1度目はつばさがやったの忘れてる?

いまさら錦織にいちいち敬意をはらわせるのが面倒くさくなったんじゃないでしょうか。

>ゴーゴン大公の立ち位置も、原作とは完全に
>かけ離れていました。
>所属は原作通りなんですけどねぇ。

なんでこいつ下半身トラなの?って突っ込まなくてもいいような所を突っ込みたくなりますよね。

>更に今回あまりにも予想通りで
>ブチ切れそうになったのが…
>つばさの「ほらみたことか」という感じのセリフ。

ほんとヽ(`Д´#)ノ ムキー!! でしたよねw
パイルダーに沖田艦長が乗ってるのかとおもいました。

>ここまで予想通りに原作キャラを
>貶めてくれるんですから。

なんか甲児がもうすっかりヤンクミのクラスの生徒みたいになってますね。

>光子力研究所も、応戦せずバリアすら張らず
>蹂躙されるばかり。

もうそろそろ終盤に差しかかってきたので余計なことしてる余裕がないんでしょうね。

>今川氏の頭の中では、
>つばさ&くそがね屋5人衆こそが主役であり
>物語の鍵を握る神みたいですね。
>それを偉大に見せる為には、原作キャラは全て踏み台>にしてもいいとお考えの様です。
>( ゚д゚)、ペッ

Kivagamiさんのその神に対する( ゚д゚)、ペッ こそが
真マジンガーのテーマだったりして。

>あのやる気も覇気も威厳もすぽーんと抜け落ち、
>ただぼ~っと突っ立ったマジンガーZの姿には
>涙が出そうになりましたorz

多分あのシーンですよね。
地獄と錦織が交渉してる間魂の抜けたようにポカーンって突っ立ってるZ。
私もあれ見た時もうZ(;´д`)ダメポ…って思いました。

>誰だあのヘボ作画マジンガーZに
>OK出したヤツは?

ゴーゴンとあしゅら夫婦に説教垂れてる時のゼウスの顔はあれどう見てもただのオッサンの顔ですね。

>更に柱の中とやらに入ったはいいが、
>マジンガーZは地面と激突した挙句海の中へ
>どぼ~んって…(;・∀・)

海からでっかいオッサンが現れて「君が落したのはこの黒いマジンガーかい?それともゴッドスクランダー付きのこの金色のマジンガーかい?」みたいなことになりそうで怖い…

>そんなにマジンガーZを動かしたくないなら、
>最初からこの題材に手をつけなければいいのでは?
>とも思うんですが。

そのくせビッグバンパンチの変形ギミックだけはやたらと細かいんですよね。

>つーか、ミケーネの神々の中身が全部ケドラって…
>こんな設定何処にありましたっけ?

石川さんの原作では異文明を滅ぼす為の教育を受けた戦闘頭脳ってことになってますね。
今川氏はゼウスやケドラにちょっと浮かれ過ぎというか、これにばっかりプライドかけちゃってるようなところがあるんだと思います。

>内容を見る限り、あまりマジンガーに結びつく様な
>感じでは無い様でした。
>何を思って今川氏はこの名前を付けたんでしょうか。

悲恋といえばトリスタンとイゾルデってパッと浮かんだんでしょうかね。

>違うのは歴史を変えられない点だけだとしたら、
>全くメリットだけ無い世界です。

考えてみりゃほんとそうですね。
過去に手を触れられるなら歴史だってかえられそうなもんでしょうけど…。

>どうも最初の企画から、原作準拠マジンガーZを
>作る気が無かったようで。

>Σ(゚Д゚;サギー!

最初にゲッターと絡ませるとか話してた段階で「ダイナミックヒーローズみたいにしよう」って言ってくれる人いなかったんでしょうかね。
せっかく永井豪さんがなんでも使ってOKですよって言ってくれてるのに…。

Σ(゚Д゚;サギー!使ってくれたんですねw

>「マジンガーが動かないとかで叩かれてるけど、
>面白いのに残念…」

アマのレビューなんかにもありますよねw
「見ててスカッとします」Σ(゚Д゚;スルカー!!

>アラドン様
コメントありがとうございますv

>さやか役の声優さん
もうお気の毒に…としか(ノД`)シクシク

>なんでこいつ下半身トラなの?
ゴーゴンだけ明らかに変態なのに、誰もコイツが何なのかを説明してくれないのが痛い…w

>パイルダーに沖田艦長
そ、それはあまりにも沖田艦長に失礼ですよ(;´∀`)
どちらかと言えば、空気読まずに別作品に乱入した東方不敗という感じがw

>真マジンガーのテーマ
天に唾すれば己に跳ね返る(by某海の神)のですが、今川氏は理解してるんでしょうかねぇ。

>地獄と錦織が交渉してる間
その通りでございますv
ブレストファイヤーの放射板の大きさが明らかにおかしかったのが、悲しみにトドメを刺す感じですねorz

>海からでっかいオッサン
ゲッターの3号機のコスプレをしたベンケイだったりして…
ビッグバンパンチ装備のマジンガーくれるくらいなら、カイザーくれよと言いたい所ですね。

>悲恋といえば
えーと、その理論からするとロミオとジュリエットでも良さそうですねw
まあ、爆笑するしかないんですが。

>なんでも使ってOK
ここまでのお膳立てして貰って、出来たのがアレとは…恥ずかしいの一言に尽きますね。
ちなみにΣ(゚Д゚;サギー!は上手く使えてほっとしておりますv

>「見ててスカッとします」
これを真顔で言える男の人って…

沖田艦長ゴメンナサイm(_ _)m

実は前々から私この脱糞アニメを一度ヤマトに例えてみたいなーって思ってたんですけど、古代守っているじゃないですか。
あの人、松本零士先生の漫画版の方では途中からハーッロックとして登場するんですけど、もしこれ今川氏が当時の監督だったら、途中でアニメが打ち切りになったとしても絶対に変更したがらないような設定だと思うんですよね。

今川氏ならハーロックどころかエメラルダスまで登場して「古代守の弟が聞いて呆れるねぇ」とか「守を殺したのは私なのさ」とか古代進を手玉に取るようなことを言う。

その内ゾロゾロと手下共を従えながら艦内に乗り込んできて「慌てるんじゃないよー」とか「あそこに波動砲をお見舞いしてやるのさ」とか言って仕切り始める。

敵との艦隊戦が極端に少なくて、惑星調査とか敵要塞侵入とかの話で延々と引き延ばす。

終いにはどういう訳か古代守がまほろばに乗って表れてヤマトの前に立ち塞がる。

とまぁこんなヤマトがあったとして、実際に面白いかどうかってのはまったくわかりませんけど、真マジンガーを他に例えるならおそらくこんな感じでしょうかね。

しかしアニメのヤマトの場合、守=ハーロックじゃなくて正解だったと思うし、そういうのをを採用しないのがやはり大人の判断のような気がしますね。

監督の「やりたい事」は、びしびし伝わって来るのですが、
既に何度も御指摘の通り、
マジンガーでやる事じゃありません。

蛇足ながら補足しますと、今回のサブタイトルは、
海外SFドラマの古典的名作「STARTREK」
のTOS(第1期)28話のサブタイに「共闘!」
を付け足したもの。
ストーリーの骨子はTNG(第2期)73~74話です。

どちらも、シリーズの中でも特に人気の高いエピソード
ですので、オマージュのつもりなのは明白ですが、
それは別の所でやって下さい。



精神世界のダメージが現実に及ぶ、って部分は、
もうおなじみの「あばしり一家・精神破壊銃編」から。

ちなみに「あばしり一家」には、
「デビルマン」のセルフパロディ「ゴーモン族編」
ってのがあります。
これのノリが「真マジンガー」全体の基本的なノリと
似てるんですよ。

もちろん、そちらは「あばしり一家」内のエピソードですから、
「あばしり一家」が活躍しても詐欺とは言えません。
しかも「デーモン族→ゴーモン族」
「不動明→不遇明」「デビルマン→ビビルマン」
と、ちゃんと「デビルマン」ファンにも配慮されてます。
あ、でもそちらは「あばしり一家」も活躍しないまま
腰砕けのオチで終わるのですが(^^;



デザイナーコラムの記述で、俺も気になった部分があります。

(ガラダブラの)>モトのデザインは
>90年代らしいスーパーハードディテールなのですが、
>「真マジンガー」の世界感に合わせるために
>省略して描いたところ、監督から
>「もっとダメっぽい、他の機械獣と合わせた感じ」
>とオーダーされ、(以下略)

ナニソレ!?
自分で勝手に「ミケーネの勇者」とか設定くっつけといて、
「もっとダメっぽい、他の機械獣と合わせた感じ」
って、ナニソレ!?
バカにするにも程があります。
永井先生も、いい加減怒ればいいのに。
でも怒らないんだよね、あのヒト(^^;



>「見ててスカッとします」

推測ですが、この人もマジンガーが嫌いなんじゃないかと。
スパロボ世代で、たまに居るんですよ。
「ガンダム(の良さ)は判るけどマジンガーは要らない」
って人が。
そうゆうアンチマジンガー層が喜んでるんじゃないかと。

つばさ&くろがね屋大活躍の件にしても矛盾だらけで、
甲児やマジンガーを踏み台にして、とゆうより、
甲児やマジンガーの活躍の邪魔する事そのものが
目的と考えたほうがツジツマ合います。

…またも長文失礼致しました。m(_ _)m

>アラドン様
なるほど、確かにそれやられてたらヤマトって名作として記憶されてないかもですね。
そんなヤマト絶対に見たくない…ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

つーかハーロック信者たるこの私としては、断じて受け入れられない内容なんですが…(;´Д`)
そんなクソ原作を放置した、当時のアニメスタッフに敬意を表したいですね。

>峰上鷹太様
コメントありがとうございますv

>海外SFドラマの古典的名作「STARTREK」

何と!スタートレックからのパクリとな?(by麻呂)
何故にマジンガーでやるんでしょうねぇ;

>「あばしり一家・精神破壊銃編」
なるほど、これは知りませんでした。
しかし、ゴーモン族に不遇明って…酷すぎですw
まあ確かあばしり一家はギャグ漫画だったはずなので、この程度のセルフパロは問題ないでしょうねぇ。

つーかガラダブラって、確か普通に二体をくっつけた設定でしたよねぇ?
珍マジでは、何故か全く逆の設定になってましたが。
なんだかなぁ(;・∀・)

>「ガンダム(の良さ)は判るけどマジンガーは要らない」

ああ、なるほど…それは確かにかなりいそうですね。
でもそういう了見の狭い人間は、ガンダムファンとしても最低だと思うんですが…orz
これもスパロボの功罪のひとつかなと。
こういう連中がマンセーするから、今川氏も調子に乗ってやってしまうとしたら…
正直、消えてなくなってくれてもいいと思いますね。

峰上鷹太さんお疲れ様です。

>海外SFドラマの古典的名作「STARTREK」

私もぜんぜん知りませんでした。
今川氏が大のトレッキーとかそんなことハッキリ言ってどうでもいいことですよねぇ。
ただでさえトレッキー今川=メアリー・スー大尉なんて囁かれてるのに少しは控えようとかって思わないんでしょうかね。

>「あばしり一家」
マジンカイザーの対暗黒大将軍に直次郎がチョイ役で出てきますけど、スターシステムなんてあれぐらいのものがちょうどいいですね。
既存のキャラの性格にまで波状をきたすようならそれはもう夢の共演とは言えないですもんね。

>これのノリが「真マジンガー」全体の基本的な
>ノリと 似てるんですよ。

つい先日、真マジンガーZEROってのを読んでみたんですけど、そのノリを継承した歴史の末路が描かれてました。

>スタートレックのパクリ

パクリとオマージュの違いは元ネタへの敬意、
とゆう説があります。
今川監督の場合、スタートレックへの敬意
(とゆうかコンプレックスに近い崇拝)は感じられるのですが、
肝心のマジンガーへの愛が感じられないんですよね。

こうゆう他を見下したリスペクトは
トレッキーとしても困惑してしまいます。
(そもそもスタートレックの基本理念にも反します)
トレッキーが皆こんなだと思わないで~(^^;

>あばしり一家はギャグ漫画だったはずなので、

他所の真マジンガーに肯定的な方の意見でも
「あしゅらの言動が笑えるから」
のような感想が多いですよね。
かく言う俺も、さほど本気で憤ってるわけじゃないのですが、
「真のマジンガー」どころか、
ギャグ(しかもかなりの悪乗り)としか評価できません。
先に述べたとおり、原作者の永井豪ですら、
不動明と不遇明は、はっきり別人として扱っているのです。

ホント「珍マジンガー・爆笑!Z、変」と改題すればいいのに。

峰上鷹太様>

>肝心のマジンガーへの愛
そう、これが一番の問題なんですよねぇ。
これが逆だったら、今度はトレッキーの方から怒りが噴出するだろうし…救えないです。

上記のコメントでアラドンさんの指摘があるように、トレッキー今川=メアリー・スー大尉という事でまずい所連発してるのに全く気付いてない今川氏が哀れでなりません。

他の善良なトレッキーの方々にも失礼な存在なんでしょうねぇ(;´∀`)

>真マジンガーに肯定的な意見~
うーん、何か誤解された感じですね。
私としては、作者が自分の作品の中で責任を持ってやってる事なら仕方ないかなという意味だったんですが。
これなら、クソだった場合そのまま作者に返りますし自己責任ですよね?
ところが今川氏の場合、明らかに原作を汚している上に原作者ですら無いワケで…
そこが珍マとあばしりの大きな違いなのではと思ったのです。

もう次回から「珍マジンガー 衝撃!つばさ編」でいいかとw

>真マジンガーに肯定的な意見

これは俺の書き方がまずかったので先の文も訂正しました。
正確には
「他所の真マジンガーに肯定的な方の意見でも」です。
まぎらわしくてごめんなさい。m(_ _)m

>作者が自分の作品の中で責任を持ってやってる事なら

別の所で少し触れましたが、
永井先生も「他人の作品だから」と投げ出さないで、
監修ぐらいして欲しいですよね。

俺が今いちばん危惧してるのは、
これが原作者公認って事で「正史」扱いされる事です。
「そんなバカな!」と思いますが、
どうゆう裏事情か判りませんが、
「くろがね屋」はダイナミックプロの公式サイトにまで
侵蝕してますから安心出来ません。

昔からダイナミックは作家より営業社員がいばってる
って噂がありますが、
この辺は豪先生にも責任持って頂きたい所です。
あぁでも「そんな事まで面倒見切れね~よ」って言いそう(^^;

峰上鷹太様>
いえいえ、こちらも淡々と書きすぎました(;´∀`)

>原作者公認って事で「正史」扱い

流石にこれやられたら、その時は原作者ごとばっさり斬るしかないかなと。

>ダイナミックは作家より営業社員がいばってる

これ、事実みたいですね。
原作マジンガーZがジャンプで連載終了したのも、コイツらが原稿料釣り上げてたのが原因で、原作者は事情を知らなかったというトンデモ事実があるみたいですし。

>そんな事まで面倒見切れね~よ

これ言われたら、余程のディープなファンか信者以外はごっそり離れそうな気も。
好きな作品がメタメタにされた挙句、放りっ放しにされたらやってらんないですしね;

永井豪さんって以前はデビルマンのハリウッドの実写オファーなんかも断ってたんですよね。
なんでも原作と方向性の違いや契約上の問題等が理由だったらしいですけど

それで東映の方で映画化される時に監督に選ばれたのが那須博之(故)って人なんですけれど、
このひと同じ漫画作品でも「湘南爆走族」とか「ビー・バップ・ハイスクール」とかこんな映画ばっかり撮ってるような人で、
なんでも噂によると東映の社長のゴルフ友達だったらしいんです。

それで最初20人の若いシナリオライターに脚本書かせたらしいんですけど、全部ボツにして結局最後は自分の奥さんに脚本を頼んだんですね。

それでこの那須監督の奥さんって人がまた
「ワイセツ家族 母と娘」
「若妻官能クラブ 絶頂遊戯」
「高校エマニエル 濡れた土曜日」

とか、こんな脚本ばっかり書いてきた人で、なんでも別荘に3ヶ月間こもってデビルマンの脚本書き上げたそうなんですが、永井先生に三回ダメ出し食らってるんですね。

それでも結局出来あがってきたものはご存じのとおりウンコみたいなもんだったんですけど、
当の監督と脚本化の夫婦は自分らの仕事に満足してたらしくて、
特に双子兄弟(FLAME)を主演に選んだ那須監督はこの二人にかなり自信を持ってたらしいです。演技ド素人なのにね。

私が思うに永井先生きっとこの時に壊れてしまったんじゃないでしょうか(^^;

>アラドン様

>デビルマンのハリウッドの実写

そもそも珍マジの出来が、ハリウッドレベルなんですがねぇ…orz

>「湘南爆走族」とか「ビー・バップ・ハイスクール」

あー…明らかに方向性の違う監督にやらしちゃったんですね…(;´д`)トホホ…

>当の監督と脚本化の夫婦

ガンダム史上最悪と言われた種死、その諸悪の根源と全く同じパターンですねぇ;
これは映画のデビルマンがクズだったのも頷けます。
監督も専門外なら、脚本も専門外って…バカ?バカなんだな?と言いたくもなりますねw
ロボット漫画専門の漫画家に、エロ漫画を発注する様なモノでしょうに(;´∀`)

もう永井豪もダメなんですかね…

永井先生にまでダメ出しされると個人的には辛いですが、
永井豪といえども1人の人間、
むしろデビルマン~ハニー辺りの仕事が
奇跡だったんでしょうね。

ダイナミック内で営業がいばり出したのは、
東映動画と裏で色々あった結果、との説もあります。



那須版デビルマンとガンダム種Dの共通項は、
あちこちで語られますね。

種Dといえば唐突に現れるザクもどきですが、
あれですら名前を変える配慮がありました。

もちろん名前を変えればよいってもんでもありませんが、
真マジンガーの図々しさにはかないません。

>峰上鷹太様

>永井先生にまでダメ出しされると個人的には辛い

私的にもあまりやりたくないのですが、やはりまずい部分はまずい、良い部分は良いとの切り分けが必要ではないかと思いますね。
流石に全否定及び全肯定は極論でしょうけど。

>東映動画と裏で色々あった結果

これ、結構良くある話みたいですね…
中々仲良く一枚板とは行かないようで;

>種Dといえば唐突に現れるザクもどき

ええと、ザクウォーリアとかの事ですか?
ジンは種死では旧式でほとんど出てきませんし…(プラモとかでは頭にモビル~と付いてますね)
種死はそれよりむしろガンダムもどき(ムラサメとか)印象が強い気が。

これは大失態(汗汗汗)
ごめんなさい!!!
∀のボルジャーノンと混同してました。

だって元祖富野氏の本物のザクが
気を利かせて呼称変えてるのに、
パチモンが堂々とザク名乗ってるって…。

種デスといい真マジといい、
版権さえ取得すれば何やってもよいとでも
思ってるんでしょうか;OTL

>峰上鷹太様

>∀のボルジャーノン

ああ、なるほど…
つまり、ザクウォリ等のリスペクト?系MS全般と言う事ですね。
多分あれ、監督というよりはバンダイ側の陰謀ではないかとw
…なんつーか、プラモ売れないとヤバいんでしょうねぇ(;´Д`)

確かに種デスのザクもどきや百式もどきは
監督が出したくて出したんじゃないでしょうね。
でもそれ言ったら今川監督も
「マジンガーを出したくて出してるんじゃねぇ」
って言いそうです(^^;
玩具屋も玩具売りたいなら素直にリメイクすればよいのに…。

>峰上鷹太様

>でもそれ言ったら今川監督も
>「マジンガーを出したくて出してるんじゃねぇ」
>って言いそうです

ええと、これはちょっと違うと思います。
種死は一応「ガンダム」であり、ホント~に一応ですが「ガンダム」が活躍してますよね?(主役ガンダムかどうかはさておき)
ですがザクとかはあくまでも「脇役」であって、メインに来る事はありません。
逆に珍マジは「マジンガーZ」なのに活躍させない…という珍作品なんですから、一緒にしちゃうのは聊か無理があるかと(;´∀`)

つまり、珍マジは視聴者にもスポンサーにも喧嘩売ってる変態アニメという事でOKかと思われますv

…これで何で監督降ろされないんでしょうねぇ。

おっしゃる通り、ちょっとどころか大違いです。
だから種デスの福田監督と比べても、
真マジの今川監督が段違いに図々しいと
言いたかったんです(^^b

>峰上鷹太様

(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
まあ、これからどんなアホなモノを作っていくのかまったり見させて頂く事にしましょうw
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード