10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

仮面ライダーを語ってみよう!アギト編その2。

さて、アギト編その2は…

主役である「アギト」を扱いたいと思います。




何故主役なのに2番手なのか?

それはただ単に、本編への登場順なんですねぇw



アンノウン・ジャガーロードに、なすすべも無くボコられるG3

その時、救世主が現れた!

光り輝くベルト、真っ赤な目。

ジャガーロードは、その存在をこう呼んだ。

アギト」と。



光の力」を受け継いだ戦士「アギト」。

フォルムは何処となくクウガの意匠を思わせながらも、オリジナリティを感じさせる姿になってます。

変身もクウガに近いモノで、ベルトをまず浮き出させてからポーズを取り変身。

更にフォームチェンジもしっかりと受け継いでいますが、流石にクウガは多すぎたと感じたようですっきり三つになってるのがミソ。

まず基本のグランドフォーム

クウガのマイティフォームと同じく、基本形態です。

黒と金のカラーリングが非常に秀逸でした。

必殺技は勿論ライダーキック

クウガより演出が派手になっており、独特のポーズと頭部ホーン展開…そして地面に浮かび上がるアギトの紋章が格好良すぎる好演出でした。

ただ、クウガであった伝統の「空中1回転」が無くなったのは少し残念;

まあ、これから後の平成ライダーも回転抜きがほとんどになってしまうのですが。


続いて、剣を扱うフレイムフォーム

クウガのタイタンフォームペガサスフォームを、足して2で割った感じでしょうか。

カラーリングは赤で、炎の力を宿しています。

足が遅くジャンプ力も低いのですが、知覚能力とパワーに長けたフォームです。

劇場版を見る限りでは、必殺武器フレイムセイバーを使った戦い方は1対多数に向いている感じでした。

アントロードを、サクサク切り裂いていくアギトの雄姿は必見です。


基本フォーム最後はストームフォーム

カラーリングは青で、風の力を宿している模様。

クウガで言えば、ドラゴンフォームですかね(色も同じですし)

ストームハルバードの長いリーチと、高い敏捷力を武器に戦います。

ただ、何というか私の中ではこのフォーム…あまり目立ってない印象が(;´Д`)

劇場版でも出なかったし、ある意味不遇なのではないかと思います。

後、全部合わせた「トリニティフォーム」もありますが…

ほとんど出番がなかったので割愛します(ひでぇ)


そして、中盤から出現したバーニングフォーム

溢れ返る炎の力を宿した、パワフル&マッシヴなフォームですが…

完全に力のみステータス値極振りの、極端な能力を持つフォームでもあったりして…(;´∀`)

更に暴走の危険性があり、あまりお世話になりたくないフォームです。

そういえば、某おまけビデオではミラクルワールドのラスボスでしたね。

武装は、強力極まりないパンチ火球も放てるようです。

そして、新武器「シャイニングカリバー」のシングルモードを扱えるのも強みですね。


最後は、バーニングフォームから太陽の光を浴びて進化したRXシャイニングフォーム

まるで脱皮する様に、バーニングフォームの外皮を脱ぎ捨てて出現します。

文字通り光輝の力を全身に宿した、この時点でのアギト最強形態!

…というのも、アギトとは進化の力であり限りなく進化していく存在

この力で太刀打ち出来ない存在が現れた時には、更なる進化があるかも知れません。

必殺技が二つあるのもポイント。

ツインモードにしたシャイニングカリバーで敵を切り裂く「シャイニングクラッシュ

最強キックである「シャイニングライダーキック

ただ、シャイニングクラッシュは非常に地味です。

光り輝く剣で、サクサク敵を切り刻むだけなのでw

本命はやはりライダーキックでしょう。

まず、敵に向かって沢山の緑色をしたアギトの紋章が浮かび…
そこをキック状態でくぐりながらパワーを溜めて行き、必殺の一撃を喰らわす。

これ、この後の平成ライダーのキックの「ある意味」基本となった姿なんですよねぇ。

ブレイドキングフォームや、ディケイドなどがこれを受け継いでいると言えます。

劇場版のシャイニングライダーキックは、疾走感も抜群でまさに必見。

ラスト近くに、シャイニングカリバーを折られて敗北した事はあったものの…

基本的に、苦戦する姿があまり想像出来ない所からも最強フォームの貫禄が伺えます。

ちなみにその逆が、キバエンペラーフォーム

何というか、やられている印象しかないという…orz

活躍はしているはずなんですが…やはりダークキバや復活キング、果てはサガにも苦戦続きだったのがまずかったんでしょうか。


(;´д`)トホホ



このアギトという作品での大きなポイントは、やはり人類全てがアギトに覚醒する可能性がある事でしょうか。

真なるアギト」と呼ばれる、主人公津上翔一や姉の雪菜などに発現したモノが基本と思われるのですが…

アギトの力が不完全に発現した「ギルス」(レアケースらしい)

異なる進化を遂げた「アナザーアギト」「ミラージュアギト」(HEROSAGAのみ登場)などが存在します。

つーか、アナザーアギトってモチーフがはっきりしていないらしいですね。

アギトと同じく「」である説、あの姿から「バッタ」ではないか説など…

確かに、どっちにも見えない事は無いかなと。

しかしながら、バイクがまんま「ダークホッパー」というバッタモチーフのモノなので…

バッタメインで、龍の要素を加えたと考えた方がいいのかも知れませんね。

このアナザーアギト、デザイン・キャラクター性ともに非常に優れたライダーだと思います。

スーツが破損で残っていない為、ディケイドなどに出演出来ないのが非常に惜しまれますね。



アギトに変身するのは津上翔一

位置付けは「既に仮面ライダーである男

この翔一というキャラも、色々斬新でした。

愛嬌があり、天然ボケというライダーらしからぬ属性を持ち…

更に、記憶喪失のせいもあり本名でない名前が定着したというトンデモ要素まで持っていますw


イロンナイミデΣ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!


彼の本名は「沢木哲也

…だったんですが、姉の恋人である「津上翔一」(オリジナル翔一、凄く良い人)宛ての手紙を持っていた事からそう呼ばれるようになりました。

ここにひとつ疑問が。

警察は何をやってたのでしょうか?

津上翔一で捜査すれば、何か解ったと思うんですが…

少なくとも、劇中で警察が身元捜査をしている様子はほとんど無かった気がします。

もしかして、捜査願いを出してない?

まあ、記憶が戻るまでのんびり生活させておこうと考えたのかも知れませんが。


本人は記憶が戻った後、本名を定着させようと頑張ったみたいですが…

残念ながら、全く定着しなかった様です。

イジメか?イジメなのか?

気持ち的に複雑でしょうねぇ、色々と…


とにかく、その温和な性格から非常に信用度も高かったようです。

何しろ「恋人?の仇」と勘違いしてアギトを憎んでいたギルス=葦原涼が、アギトの正体が翔一である事を知った途端あっさり勘違いだと認めるくらいですからv

他にも、菜園を造ったり家事全般の達人だったりとかなりのスキル持ちです。

不器用」スキル持ちの氷川誠には、かなり羨ましい存在だったのではないでしょうかw

最後は、レストラン「アギト」を開店させてた辺りから生活力もコミュ力も相当なモノだと思われます。

恐らくは、同じアギトに覚醒した彼女?も一緒に働いている事でしょう。



…「コミュ力不全」「孤独」「不幸」の三大スキル持ちである葦原涼にも、少し分けてあげてほしいと思うのは私だけでしょうか?


……ま、私もそれ以上のマイナススキル満載人間なんですが。


(´・ω・`)



ちなみに、前も言いましたが私はこの「仮面ライダーアギト」が今でも平成ライダーで1番好きです。

終盤少しgdgdがあったものの、先が読めない上に続きが見たくなるシナリオの完成度は今でも最高レベルではないかと思っています。

絶妙なキャラのバランス、そして初めての劇中内オリジナルの2人以上の複数ライダー出現などなど。

基本を忠実に抑えたクウガに続いて、この後の平成ライダーの基礎を作り上げた重要な作品である事は間違いないでしょう。

そして、唯一本編のDVDを全部欲しいライダーでもありますw←持ってないんかい




本編ラストで、進化を否定する闇の力を撃退したアギト。

人間の進化の可能性を守り通したその尊い行為は、必ずや後の未来で報われる事でしょう。


( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダー
genre : テレビ・ラジオ

comment

『W』はG2らしい!

『アギト』は私の中では若干ランキングは下がります。
『クウガ』が、どストライクだった事もあるんですが、主人公の印象が薄かった事が1番の原因でしょうか。

でも、kivaさんが言われるように、確かに「ドラマ」として観た場合、次に引っ張る展開と盛り上げ方は10作の内でもトップクラスだと思います。

フォームではバーニングフォームが1番好きです。
あ、アナザーがその上です(笑)
どちらも生物的な感じが好きなのでしょうね。

グランドフォームとかはクウガの二番煎じな様で、特徴も無く(あくまで私の中で)、つるんとした印象を受けます。

G3はⅩは好きですね。
ただ最後まで弱くても良かったように思います。
そして、最後の最後で『ウルトラマン』の様に最新兵器(G5!)でアギトも倒せない強敵を人間の力で倒すとかだったら最高だったかもしれません。
最終回覚えてないのでそんな展開だったらすみません。
なんかサラッと終わった感じがするんですよね。
翔一君と一緒で。

ギルスはいつも水溜りに浸かってる印象で勿体無かった様に思います(笑)
生物的でどちらかと言うと(と言うよりバーニング、アナザー出るまではダントツ1位でした)好きだったのでもっと活躍してほしかった。

主役3人は良かったんですが、脇(警察系)がいまいち好きでなかったのもランクを下げた要因です。
ま、彼女らが話を盛り上げたのも確かですが。
おかげで2人の最後の台詞は好きなんですけどね。

でも、今観てみるとまた違った印象になるかもしれません。
これを機に観直してみようかな。

>きよプー様

コメントありがとうございますv

>主人公の印象が薄かった

そうですかねぇ?
私にとっては、かなり濃い人だったんですが…

>グランドフォームとかはクウガの二番煎じな様で

というか、平成の2号ライダーというコンセプトでデザインされたのではないかと思いますよ?
とすれば、似てるのも当然ですし。
その後の3号ライダーである龍騎ががらりと違うのも、V3と1号2号がかなり違うのと一致しますしね。

>アギトも倒せない強敵を人間の力で倒す

G3-Xは、エクシードギルスを物ともしなかった風のエルを追い込んで、狼狽した風のエルに「お前は一体何者なんだ!」とか問われる程の大活躍だったんですが…

(´・ω・`)

>ギルスはいつも水溜りに浸かってる印象

いやいや!
咆哮上げて戦ったりする印象も十分強かったですってw
必殺のヒールクロウも格好良かったですしね。
むしろ変身前のひとの印象がごっちゃになってません?
ギルスこと葦原涼は、確かに水落ちとか多かったですし(ギルスの時に落ちて、変身解除してそのまま浮いてるとかですね)

>脇(警察系)がいまいち好きでなかった

うーん、クウガの時の警察は確かに良かったんですが…
アギトの方は、よりリアルに書いていた気がします。
リアルに描くと、やはりイヤな部分が目に付くのは当然かなと。
ただ、何でもリアルに描けばいいというものでもないですし…そこは好き好きなのかなと思いますね。

バーニングフォームは、確かにカッコイイのですがどうしても不完全体っぽいイメージが;
確かにもっと活躍しても良かったかも。

>これを機に観直してみようかな

いいですね!
私ももう一度最初から視たいですv
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード