08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

聖戦士ダンバイン回想録。

さて、久しぶりにサンライズリアルロボ路線に戻って今回は…

聖戦士ダンバイン」を取り上げます。






私とこの作品との出会いは、確か特番か何かで放送されなかった分が朝に放送されてたのを偶然見た時でした。


時期は恐らく、朝に居た事から夏休み冬休みであったと思われます。

ファンタジーを基盤とした、特殊な世界観

その昆虫を思わせ、「オーラ力」という人間が生み出すパワーで動くメカ「オーラバトラー

オーラ力は地上の人間ほど強く、また憎しみなどの負の感情で歪に高まった場合ハイパー化からの自滅を招くというのも良かったです。

凄い力にはやはりリスクが付き物でしょ!

何と言うか、あまりの斬新さ一発で引き込まれましたね。



思えばガンダム以降、ダンバインの中盤に至るまでの作品は全て「空白期」になっており視聴してませんでした。

この原因はイマイチ良く覚えてないのですが、多分偶然見たザンボット3人間爆弾の回のトラウマのせいではないかと踏んでいるのですけど…


従って……

無敵超人ザンボット3」「無敵鋼人ダイターン3」「最強ロボダイオージャ」「無敵ロボトライダーG7」「戦闘メカザブングル

後、ついでに「伝説巨人イデオン」もすっぽり抜け落ちております;

その時間、一体何をしていたのかが非常に気になる所ですね。

多分、外で遊びまくっていたのだとは思いますが。

平行して存在した「ガンダムブーム」のせいもありそうな気も。



だから、ダンバインとの出会いは奇跡の偶然だったのです

ここからサンライズロボに復帰するのだから、運命と言うものは解りませんね。


放映していた回は第28話「ゴラオンの発進」でした。

そして、その回が主人公「ショウ・ザマ」が駆る主役メカ「ダンバイン」の最後の姿になろうとは…

夢中になって見ていた私が知る由も無かったのです。


'`,、('∀`) '`,、



いや?…まさか、その次の第29話「ビルバイン出現」でまさか主役機がサクっと負けるなんて予想出来ませんてばw

まあ、前番組のザブングルに主役メカ交代があったのは噂に聞いていたので「まあこれもありか」とあっさり納得したのですがw

それと、やはりビルバインの圧倒的強さヒーロー然としたカラーリング&デザインが気に入ったのが1番大きいでしょうねぇ。



ちなみに以前、戦隊モノの「科学戦隊ダイナマン」でライバルキャラ「ダークナイト」の正体を知らずに見ていたという話をした事があるのですが…

ミスターバレバレ仮面こと、黒騎士の正体も勿論知らなかったというのが何か面白いですね。

というのも、ダイナマンもダンバインもシリーズに復帰する切欠&途中からの視聴でした。

そして製作に「出渕裕」が関わってる(ダンバインはゲストメカデザイン、ダイナマンはキャラデザインで)事も共通項として挙げられるのだから怖い…(;´∀`)

黒騎士にせよダークナイトにせよ、正体ばらされた所で「誰それ?」だったんだから悲しいものがあります。

上記の2人は共に「復讐」の為に黒い鎧を身に纏い、主人公の最後の敵として立ちふさがったのまで同じなんですよねぇw

全く、奇妙なシンクロニシティです。



プラモも勿論作りましたね。

最初に買ったのが「トッド・ギネス専用ダンバイン」だったと記憶しています。

特に何も考えず「黒い主役メカ?カッコイイんじゃない?」とか軽い感じで買ったのではなかったかなと。

その後、肘の関節がぶっ壊れて悲惨な事になったのでようやく普通のダンバインを購入したのですが…

いや、これもまた肘関節がぶっ壊れたんですよねぇ;

何と言うか、肘壊れ易過ぎじゃね?

お陰でウチのダンバインは、全部腕がテープなりパテなりで固定されて骨折患者の様相を呈していたのです…orz

プラモ狂四郎でも負けてましたねぇ。

あ、そういえばボゾンは壊れませんでした…何故だろう?

ビルバインは、やはり変形しなかったのが悲しかったかな。

キット自体の出来は良く、壊れる事も無かったと思いますが。



ストーリーは、大雑把なモノしか覚えてないのが残念です;

多分、まだガキだったので純粋にバトルを楽しんでいたのでしょうね。

何だか良く解らない力を発揮して、激突するオーラバトラーは非常に格好良かったので…



後コミックボンボンに当時掲載されたコミカライズが、見れなかったストーリー補完にかなり役立った事も忘れてはいけないでしょう。

個人的にかなり好きでしたね…話も解り易かったので。


好きなオーラバトラーは当時は断然ビルバインだったのですが、今はズワァース派なのは何故なんだろう…?

黒くて格好良くて、性能もそれなりに良いからでしょうかねぇ(;´Д`)

剣と剣で空を渡って斬り合いをするというコンセプトが、凄くツボにはまったのを覚えています。



その後、スーパーロボット大戦シリーズで再会する機会に恵まれましたが…

何と言うか、妙に強くなっててびっくり

そっか?強かったのか?と、何となく再確認してしまったのでした。

勿論、どの作品でも最後までエースとして使い続けましたが。




この作品のラストは、いかにも富野監督らしい感じで終わっています。

ぶっちゃけて言うと、たった一人(一匹?)を残して全滅

いや、皆殺しの大家である某小説家並び称される事はあります。


しかし何故かこの全滅、トラウマにはならなかったのです。


子供なりに戦火が広がるのは良く思ってなかったし、最後に浄化されたのに納得したんだとは思いますが…

不思議です。




この作品、監督のライフワークにもなってるらしくちょこちょこ関連作品が発表されています。

残念ながら、ガンダムエースに連載された「リーンの翼」しか見た事はないのですが…

こういうのは、悪くない試みだと思いますね。



サンライズロボシリーズへの復帰の第一歩となった作品「聖戦士ダンバイン」

バイストンウェルの物語は、これからも語り継がれていく事でしょう。



( ´ー`)フゥー...

theme : アニメ・感想
genre : アニメ・コミック

comment

お疲れさまです。

>「無敵超人ザンボット3」「無敵鋼人ダイターン3」「最強ロボダイオージャ」「無敵ロボトライダーG7」「戦闘メカザブングル」
後、ついでに「伝説巨人イデオン」もすっぽり抜け落ちております;

私の場合は逆にこの頃が一番サンライズアニメに夢中になってた時期だったんじゃないかな。
まだまだガンダムブームの余韻が残ってましたし、部活の先生も「ガンダムが始まる時間なので」と言えば帰してくれましたしねw

>ダンバインとの出会いは奇跡の偶然だったのです

そういうのってけっこうありますよねw
私の場合もこれは奇跡と呼んで良いのかどうかわかりませんが、初めて見たエヴァの回がたまたま「ヤシマ作戦」の前回の放送が終わる直前で、初号機が出撃した直後にラミエルの加粒子砲の直撃を食らってミサトが「シンジ君ッ!!」って叫んで終わるシーンだったんですよw
まぁエヴァって割とそんなシーンばっかりなんですけど、自分としては凄い印象に残る運命的な回でしたね。

>まあ、前番組のザブングルに主役メカ交代があったのは噂に聞いていたので「まあこれもありか」とあっさり納得したのですがw

私の場合はザブングルの時とは逆の衝撃を受けましたね。
格好いいけど世界観に相応しくないだろうという。
今ではどっちも受け入れてますけどね。

>最初に買ったのが「トッド・ギネス専用ダンバイン」だったと記憶しています

私の友達がトッド専用ダンバインを持っていて、私がショウ専用ダンバインを持っていたんですけれど、二人で競い合って作りましたねぇ。
ボンボンのジオラマを参考にして、鳥足の部分をより生物的に改造してみたりね。
最後は調子に乗って汚し処理をし過ぎた私が母親に「小汚い物を茶ダンスなんかに飾っとくんじゃないよ!」と一喝されて終わりましたが…。

>そういえばボゾンは壊れませんでした…何故だろう?

あーそういえばボゾンってなんとなく丈夫そうでしたよねぇw
というか後期のキットって割とみんなそうじゃなかったでしたか?

>後コミックボンボンに当時掲載されたコミカライズが、見れなかったストーリー補完にかなり役立った事も忘れてはいけないでしょう。

よくよく考えると一か月先のオリジナルアニメのストーリーを予め漫画に掲載するってちょっと凄いですよね。

>好きなオーラバトラーは当時は断然ビルバインだったのですが、今はズワァース派なのは何故なんだろう…?

私は昔はズワァースが一番好きでしたけど、今はダーナオシーだとかドラムロが好きです。
出渕裕のビランビー系のデザインは確かにどれも強そうでで格好いいんだけど可愛くないですね。

>しかし何故かこの全滅、トラウマにはならなかったのです

ダンバインはやっぱりチャムに尽きますですね。
最後は優しい少年にでも拾われて幸せに暮らしてくれてるといいですね。
チャムの「やらせないよ!」のシーンを見ると私は今でもつい涙が出そうになります。

>アラドン様

コメントありがとうございますv

>部活の先生も「ガンダムが始まる時間なので」

何というか、おおらかな時代だったんですねぇw
私の場合は小学校低学年だったので、普通に友達と外で遊びほうけてたんだと思います。

>初号機が出撃した直後にラミエルの加粒子砲の直撃を食らって

それは流石に衝撃ですよね。
でも、ゼルエルがエヴァに(゚д゚)ウマーされてるシーンだったらどうなってたのか…w

>格好いいけど世界観に相応しくないだろう

それは言えてますね(;´∀`)
何か色々時間が足りないまま出したデザインだったみたいで、デザイナーの宮武氏も満足していなかったみたいでしたしねぇ。

>茶ダンスなんかに飾っとく

ああ、何か懐かしい響きですよね。
ちなみに私は飾る派ではなく、箱に入れていて遊ぶときに出してました。
おかげで箱が溜まる溜まるw

>ボゾンってなんとなく丈夫そう

ガンキャノンの位置付けですね、わかります。

>一か月先のオリジナルアニメのストーリーを予め漫画に掲載

確かにこれ、凄かったです。
今では放送に遅れまくるのが普通ですからねぇ…;
放送とっくに終わってるのに、まだやってる漫画もありますし。

>ダーナオシーだとかドラムロ

ダーナ・オシーは全く記憶に無く、スパロボにも出番なかったので姿しか知りませんw
華奢で良いデザインだとは思いますね。
ドラムロは、スパロボでイヤになるほど相手した記憶しか…w

>ダンバインはやっぱりチャムに尽きます

そもそもダンバインの物語自体、チャムが語り継いだ物語だったと記憶していますが……
彼女が、物語上最重要キャラなのは間違いないところだと思います。
精神コマンドも優秀だしなっ!(おい)

>何というか、おおらかな時代だったんですねぇw

そもそもあの当時は学校の先生たちがけっこうガンダム見てましたからねぇ。
中には「あれは実際に未来に起こりうる話だ」なんて授業中に熱く語り出す熱心な先生もいましたよw
ちなみに私の中一の時の担任の先生が世界地理の先生だったんですけど、大のヤマト好きだったらしくて、国土の面積を説明するのにいちいちヤマトの11万8千光年の話を持ちだしてくる人だったんですよね。
そりゃいくらなんでも桁が違うだろって気もしましたけど生徒たちにはかなり好かれてましたね。

>ゼルエルがエヴァに(゚д゚)ウマーされてるシーンだったらどうなってたのか…w

さすがにそこまで行くと物語ももう終盤に近いですからねぇ。
確かにかなりの衝撃だったでしょうけど、それこそ「気持ち悪い!!」で終わってたかもしれませんw
私はヤシマ作戦の話っていろんな意味で凄く重要な回だったと思ってるので、その前の回から見始めたのはとても幸運だったと思ってます。

>何か色々時間が足りないまま出したデザイン

宮武氏は満足してなかったらしいですけどバンダイ側としては多分あれでOKなんでしょうね。

>おかげで箱が溜まる溜まるw

私も作りかけのプラモの箱が溜まって溜まってしょうがなかったですねw
今にして思えば塗装や改造になんて拘らずにサッサと組み立てて飾っときゃよかったなって後悔してますよw
ほんとホビージャパンやモデルグラフィックスなんてのは罪な雑誌ですよ。

>ガンキャノンの位置付けですね、わかります。

ZZのキットとか全部丈夫そうでしたよねw

>放送とっくに終わってるのに、まだやってる漫画もありますし。

エヴァなんてもうサッサと終われよって感じですよね。
もうわかってんだからいいじゃんってw
でも意外と結末違ってたりして…。
ちなみに私は「まごころを君に」の結末じゃなければ認めない派ですけれどもね。
ガイバーなんかも幾度となくOVAやテレビアニメ化がされてきましたけど、四半世紀経ってももだまだ終わりそうもありませんよね。
さすがに描いてる方も飽きると思うんですけど、よく気持ちを維持出来るもんだなって感心します。

>ダーナ・オシーは全く記憶に無く、

私の場合は初登場時の「ダーナオシーのマーベル・フローズンだ」のマーベルの自己紹介がなぜか印象的だったので余計に親しみを感じるのかもしれませんね。

>ドラムロは、スパロボでイヤになるほど相手した記憶しか…w

ドラムロはとにかく可愛いから好きです。
もしドラムロが小学生だったら、朝、学校で先生に「おはようございます」って挨拶する度にランドセルの中の教科書を全部床にバラバラバラって落としちゃうんでしょうね。

>アラドン様

>学校の先生たちがけっこうガンダム見てました

これはおおらかすぎというか(´・ω・)ウラヤマシス
先生なんて、どいつもこいつも面白みゼロの連中ばっかりでしたからねぇ……
教師に恵まれないと、勉強も全く面白くなかったです;

>「気持ち悪い!!」で終わってたかもしれません

私のザンボットトラウマと同じになりますねw

>私は「まごころを君に」の結末じゃなければ認めない派

これも「気持ち悪い」でしたっけ?
私は基本ハッピーエンド派なので、ちょっと理解しかねますがそういうのもありでしょうね。

>ランドセルの中の教科書を全部床に~

ドジッ子設定ですねわかります。
丸々太ってますしねぇw

>先生なんて、どいつもこいつも面白みゼロ

私の通ってた中学はなんだか知らないけど変わった先生方が多かったですね。
そもそも校長先生がかなり変わり者のジイさんでしたから。
なにせ入学式の校長の挨拶の途中にお喋りをしていた新入生の一人をいきなり指さして「人が真剣に話してるのになんだお前のその卑怯な態度はー!!」と言って父母大勢見てる前で延々と説教したり、
はたまた英語の先生が飲酒運転で警察にとっ捕まった翌朝の全校集会の校長の挨拶でいきなり生徒全員に深々と頭を下げて「すべて私の責任ですー!!」と号泣したまま倒れてステージの下に落ちたりw
はたまた「卒業生を送る会」の最後の演目で、突然何を思ったかバレリーナの格好してステージに現れて一人で10分以上踊りまくったり(実話)
しかもそれ夕方のテレビで放送されたんですよねw
さすがにあの時は「この学校なに?」って思いましたけど、あの校長先生が学校にもたらした影響ってかなり大きかったんじゃないかな(^^;

あと前述にあったヤマトファンの私の担任の先生にも一つ面白いエピソードがありまして(ていうかこの人エピソードだらけなんだけど)
実はこの先生、毎年行われる合唱コンクールで必ず優勝を果たしてきたという強者で、当然のことながらその年も私たちのクラスが「優勝候補の筆頭」なんていう風に前々から囁かれていたんですね。
それでコンクールを数ヵ月後に控え他のクラスの歌声がチラホラと聞こえようになってきたある日、いよいよ我々のクラスも歌を決めようじゃないかということになって、先生が予め自分でテープに録音してきた歌をみんなで聞くことになったんですけど(嫌な予感…)
その中になんと「さらば宇宙戦艦ヤマト」の「好敵手」って歌が収録されてたんですよねw

「炎の中に~サ・ム・ラ・イを見た!!デースラ~
それはお前だったぁ~♪」

「好敵手」
http://www.youtube.com/watch?v=Kp385OXG13I

って歌なんですけれど(歌・ささきいさお)実際に聞いていただいたらわかる通りこれってデスラーのテーマなんですよねw

他のクラスの生徒たちが「モルダウ」だとか「いい日旅立ち」だとか「もしもピアノが弾けたなら」だとかを練習している中で、我々の総統はデスラーのテーマを我々にに歌わせようとしていたんですね。

しかしさすがにこれには皆が猛反対しまして(なんでテレサのテーマじゃないんだと!)
それで結局多数決で「あの素晴らしい愛をもう一度」に決定したんですけれど、総統は優勝を逃す以上に悔しい表情を浮かべておりましたw
でも結局その年のコンクールは我々のクラスが優勝したんですけどね(^^)

>アラドン様

なるほど、色々面白い先生が居たようですねw
非常に羨ましいです。

>「あの素晴らしい愛をもう一度」

これはちと面白くないですよねw
私の場合、合唱ではなく合奏コンクールがあり…
「宇宙戦艦ヤマト」と「銀河鉄道999」が2連発で当たるという謎の快挙を成し遂げてます(;´∀`)

>(なんでテレサのテーマじゃないんだと!)

つーかデスラーのテーマ以前に、主題歌(あるいは無印のエンディング)を歌おうという発想は何処にも無かったんでしょうかw

…テレサのテーマって、ヤマト2のエンディングでしたっけ?

個人的にはヤマト3のエンディングテーマ(二曲あった)が好きでしたね(絵が3ではなく何故か劇場版のものでしたが)

>「宇宙戦艦ヤマト」と「銀河鉄道999」が2連発

なかなかどうして大らかな学校じゃないですかw
999といえば、夏休みの読書感想文に999の小説について書いたら総統にすごい褒められて、授業中みんなの前で読まされました(読ますなよ…)

>つーかデスラーのテーマ以前に

いやほんと仰るとおりなんですよねw
「宇宙戦艦ヤマト」はさすがにちょっと恥ずかしいですが(合奏には相応しいでしょうけど)
「真っ赤なスカーフ」なら意外と合唱でもイケたんじゃないかな。
だいたいデスラーのテーマで本気で優勝しようと思ってるところが凄いです。
もしそれでほんとに優勝してたら「おまえらガミラス星人かよ」って突っ込まれてたかもしれませんねw
ただ、総統は確かにに連覇してきただけあって、練習も他のクラスとは一味違ってたんですよ。
自分の歌声をテープにわざわざ入れてきたんですけど、2人の総統がそれぞれ別の声部を同時に歌い分けるという二重唱(デュエット)仕様になっていて、我々はそのテープを何度も何度も聞いて、そのとおりに歌って見事優勝したというわけです。

>個人的にはヤマト3のエンディングテーマ

岩崎広美と堀江美津子の曲ですよね。
わたしもあの2曲は大好きですよ(^^)

>アラドン様

恐るべし総統…w
そんな先生に恵まれたかったですねv

そもそもヤマトはOPが全部同じなので、自然とエンディングに力が入ったのか…神曲クラスばっかですよね。
真っ赤なスカーフは恐ろしく切なくて良いですし、テレサのテーマは何か神秘的でこれまた良し。

後、ささきいさおが歌う古代がヤマトを降りる時の心境を歌った歌も名曲ですよねぇ。

…つか、ダンバインのはずがヤマトの話に∑

ほんとだっ
いつの間にかヤマトの話に(というか総統の話?)
「いかん!」(真田技師長)

まぁ今回は映画公開記念ということで(^^;
もし良ければその内ヤマトの特集もやって下さいw
出来ればルパンなんかも(もうやっちゃったかな?)

>神曲クラスばっか

エンディングももちろんそうですけど、ヤマトの楽曲はどれもこれもみんな素晴らしいものばかりでしたよね。
例えば↓の曲だとか

イスカンダル 交響組曲 「宇宙戦艦ヤマト」
http://www.youtube.com/watch?v=zc2Qhq33FB8&feature=related

思わず「西暦、2199年」ってナレーションしたくなっちゃいますw

>真っ赤なスカーフは恐ろしく切なくて良い

確か第10話の「さらば太陽圏!!銀河より愛をこめて!!」
だったかな…。
最後、古代と沖田館長が地球別れを告げた後で静かに、

タララタラララタ~ララ~♪

と流れ始める「真っ赤なスカーフ」がものすごい切なくていいんですよねぇw

>テレサのテーマは何か神秘的でこれまた良し

「テレサよ永久に」ですよね。
これもテレサのイメージにピッタリのバラードでしたね。
一応、スターシャのテーマもあるんですが、こちらはささき氏の歌は無し。

スターシャ 交響組曲 「宇宙戦艦ヤマト」
http://www.youtube.com/watch?v=lCB-bJY1RD0&feature=related

宮川氏はどうしてこんなに美しい曲が書けるのかな…。
本当に偉大な方でしたね。

>古代がヤマトを降りる時の心境を歌った

ささきいさお - 宇宙戦艦ヤマト (1977.11.20)
http://www.youtube.com/watch?v=affcDxEFeIc

↑の髪型もきっと古代の心境を…

>アラドン様

>その内ヤマトの特集もやって下さいw 出来ればルパンなんかも

ヤマトは外伝っぽい感じでやりたいですね。
ルパンは…実は語れるほど知らないんですorz
たまに見たり、TVスペシャルをながら見する程度なので…(;´д`)トホホ

>↑の髪型もきっと古代の心境を…

髪形もそうなんですが、若い!
メチャ若い!
年月の流れを感じさせる映像ですね。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード