10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

機動戦士Zガンダム回想録。

さて、今回は名作「機動戦士ガンダム」の続編「機動戦士Zガンダム」を取り上げたいと思います。






最初、これの製作決定ニュースが入ってきた時はびっくりしましたね。

ガンダムの続編は作らないと、監督自身が言っていたので尚更でした。

まあ、結局今の時代まで続く「ポスト・ガンダムの不在」が原因なんですが。

つか、未だにサンライズ&バンダイはガンダムを超える商業的ヒットを誇る作品を作れていないのはある意味凄いですね。

根底に何か凄い勘違いがあるせいだと思わないでもないんですが。


それはさておき。

このZから、再びガンダムの歴史が動き出したのは確かです。

ただ、キャラを見てびっくりしたのを覚えています。

主人公がアムロじゃねぇ!

当時、続編と言えば主人公は続投が基本(少なくとも自分の中では)だったのでこれは衝撃でした。

主役メカのZガンダムは発表されず、そこにあったのは「ガンダムMK-?

これに二度びっくり

ロボアニメでタイトルに主役メカの名を冠していて、それがデザインすらないなんてのも多分これが初めてかと。

まあ、逆に「Zガンダムってどんな凄いMSなんだろう…」と((o(´∀`)o))ワクワクさせる良い方向へと働いたんではないかと思いますが。


更に、前作ではだった「シャア・アズナブル

それが、味方の「クワトロ・バジーナ」として登場するのも衝撃的でしたね。

シャア専用のリックディアスが中々格好良かったのを覚えています。

ただ、見ていて思ったのが「弱くなったな…」というモノでした。

強い敵が味方になったら、途端に弱体化するというのは一種のお約束ではありますが…

設定によれば、MSの照準の自動化によりシャアが得意とする「一撃離脱」戦法?(ガンダム初期に良く見られた、照準を付けた次の瞬間いなくなってるってあれです)が事実上使用不可能になったせいらしいんですが。

つまり、1年戦争では後ろから照準器を回してきて狙ってたのが…

Zの時代では、コンソールに映る敵をロックオンするだけで良くなったのです。

これも、周囲360度をリアルに映し出すリニアシートシステムの賜物でしょう。



で、当の主人公である「カミーユ・ビダン

性格的には多少アクティブな所はありますが、メカに強かったり根暗なとこがあったりとアムロに結構似ています

その上世話を焼いてくれるガールフレンドまでいるのも同じ

くそうリア充め…氏ね!


ただ、このガールフレンドである「ファ・ユイリィ」はアムロのガールフレンドだった「フラウ・ボゥ」とは全く違った結末を迎えます。

フラウは結局、アムロの心を掴むに至らずハヤトとくっつくというある意味笑劇の結末でしたが…

ファは、作品を跨いではしまいますが見事カミーユをゲットしました。

原因は明らかです。

フラウは最後まで、どちらかと言えば保守的だったのに対して…

ファはMSパイロットになったり、弱いですがニュータイプに目覚めたりしてカミーユのそばにいようと努力し続けました。

まさに想いの違いが生み出した結果と言えましょう。

逆に言えば、フラウは最初からヒロインの器として描かれてなかったのでしょうねぇ。

セイラララァに全部持ってかれた気がします。

気がついたら何の為に居るのかさっぱり解らなくなっていたフラウは、凄く可哀相に思えてきますね。


閑話休題。


勿論前作主人公のアムロも、中盤以降に登場してそれなりの活躍はします。

ただ、ガンダムにはとうとう乗りませんでしたが。

この後、正式にアムロがガンダムに乗るのは「逆襲のシャア」を待たなければならないのです。

気の長い話ですね。

後もう一人、前作から引き続きレギュラーで頑張ってたのが「ブライト・ノア

この人無しでは主人公サイドは語れないという位の名艦長になった彼。

アムロに比べたら、かなり恵まれている環境だと思います。

Z・ZZ・逆シャア全部にレギュラーとして出演し続けミライを嫁に貰ったのですから。

最後まで嫁も無く(アニメ基準)、恐らくは戦死したであろうアムロとはえらい違いです。

しかも某キムチの国のパクリアニメでパチモンがバルキリーに乗って活躍してたしなっ!


対して、敵であるティターンズですが…

前作とは違い、スペースノイド側が今回は味方サイドとして描かれています。

つまり、今回の敵「ティターンズ」は地球連邦側

最も、味方組織である「エウーゴ」も離反した連邦勢力とスペースノイドが結び付いた組織なんですが。

それでもティターンズが徹底したスペースノイド弾圧に走るせいで、エウーゴは常にスペースノイド側に立って戦う事になります。

様々なティターンズ側のキャラが居たのですが、語ってるとキリがないので一人だけ紹介しようかと。

それは勿論、負け続けて最後には打ち切りエンドの様な死に方をしたあの男。

そう、その名は「ジェリド・メサ

思えば、こいつがカミーユの名前バカにしたのが全ての始まりでした。

もしも彼がこの行為を行わなければ、ガンダムMK-?は盗まれなかった可能性が高くなり…

カミーユがエウーゴに入る可能性も限りなく低くなり…

Zガンダム百式メタスも開発されなかった可能性大です。

つまり、エウーゴは戦力不足あぼーんしていた可能性極大

これだけ語れば、この男のしでかしたが大きい事が良く解ります

ファーストガンダム第1話でプロトガンダムを大破させG3ガンダムを中破、ガンキャノン&ガンタンクを一機づつ残して破壊するという武勲を立てたデニム&ジーンと比べれば雲泥の差です。

RXシリーズの性能の高さを考えると、初期同様三機づつが揃っていたらジオンの滅亡はもっと早かっただろうと思われます。

ザクの攻撃ではビクともしない装甲を持ち、ニュータイプに目覚める前のアムロはそれにかなり縋っていましたので。

あ、ジ・オリジンはこの際無視します

幾らなんでもガンダムの装甲がヘボ過ぎるので…(スパロボ基準になってる?)

まあそれはさておき。

ジェリドはこの後も、カミーユに宿命的なものを感じたらしく…

しつこく絡んで来る事になります。

しかし、ニュータイプになれなかった彼に勝ち目はありませんでした。

最強のオールドタイプとまで言われたヤザン・ゲーブルレベルにもなれなかった彼は、片っ端から仲間を犠牲にしまくる羽目になります。

これだけ悲惨だと、同情されても良さそうなものですが…

彼のお世辞にも良いと言えない性格と、悲劇のヒロインである「フォウ・ムラサメ」殺害が災いして全く同情されませんでした。

劇場版では更に地位が格下げされた模様。

挙句の果てに、最後は戦艦の爆発に巻き込まれて死亡というどーしようもないオチを迎えてしまいます。

その際のセリフは「カミーユ、貴様は俺の…」だったのですが…

これの続きは、「全てを奪った」だったそうです。

つか、今回の「お前が言うな」スレはここですか?と言いたくなったのは私だけ?

全部自業自得だろ常識的に考えて。


私個人的には、ガンダム3大ダメライバルの輝ける?一人目だと思っております。

残り二人は「ギュネイ・ガス」「クロノクル・アシャー」だったりしますが。



さて、肝心のモビルスーツなんですが…

デザイン的には悪くないのですが、いかんせん特徴的な駆動音やビームライフルの音が変わってしまったせいで全く違った印象を受けてしまったのが非常に残念でした。

何というか、MSっぽくなくなったというか。

ムーバブルフレームに変更されたせいだとも言われますが、旧世代の機体の音も違っていたのでそれはないだろうと思うのですが。

Zガンダム自体も凄いMSとは最終回を除き描かれていない上に、デザインもガンダムを少し外した感じで正直微妙。

このせいもあって、ファーストガンダムでは数多く存在した「名バトルシーン」がほぼ皆無という困った問題も出現しました。

私も最終回のアレくらいしか覚えていません。

所謂「リアル」の意味を履き違えてしまった為に起こった事だと思うんですがどうでしょう?

ファンが求めていた「リアル」とはかけ離れていたのではないかと。

ぶっちゃけガンダムという機体は「リアルメカの中のスーパーロボ」だと思うんですよ。

これを忘れちゃったら、本当にただの「戦争アニメ」になってしまうのです。

そうじゃないんじゃない?ガンダムという作品の魅力はそんな所にあったんじゃないのでは?

当時のスタッフにそう言いたい気分なのは私だけではないはず。

百式の金色にも違和感を感じましたね(弱体化した感じのするシャアが、更に弱く感じたのは私だけ?)。

アムロの乗機がゲルググモドキだったのも、(´・ω・`)ショボーンでした;

サイコガンダムとかマラサイとか、後ジ・Oなんか悪くない感じだったのですが。



プラモにしても、144分の1Zガンダム&MK-?を購入したっきりな気がします。

しかも、Zは変形しないがっかりプラモでしたし。

やはりもうこの時期、ファミコンの台頭によってプラモがメイン趣味から外れていたのが大きいですね。



この作品の問題はそれだけではありませんでした。

主人公が精神崩壊して終わるという、ガンダム史上空前にして絶後のラストを迎えてしまったのが1番痛かったのではないかと思います。

生死不明とかいうのは良くあるんですが(0080は主人公はアルらしいのでノーカン)。

これに匹敵するのは、主人公が射殺されて終了の「閃光のハサウェイ」くらいではないかと。

ただし、未だにこれは映像化されてないんですけどねw



その後製作された劇場版では、カミーユは精神崩壊しないラストを迎えます。

でも、この場合ガンダムZZに続かなくなる可能性大なんですよねぇw

全く持って痛し痒しです。



ファーストガンダムが持っていた輝きをそぎ落とし、リアルで固めた結果こうなった。

「機動戦士Zガンダム」は、後世に対しても凄く良い見本になったと思います。

以後、こういう作りは少しづつではありますが改善されていくのがせめてもの救いでしょうか。

最も、最近のMSは飛んでばかりでロクに動かないのが新たなる問題として浮上してますが。




それでも、ガンダム復活の狼煙を上げた記念すべき作品である「機動戦士Zガンダム

この名が、ガンダムファンの間で語られなくなる事は無いでしょう。




( ´ー`)フゥー...

theme : アニメ・感想
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [DVD] |

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [DVD]出演:内山昂輝 /藤村 歩 /...

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード