08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

伝説の勇者ダ・ガーン回想録。

前回に引き続き、勇者シリーズ第三作目。

伝説の勇者ダ・ガーン」を取り上げたいと思います。





この作品で、主人公は再び少年に戻ります。

ただし、その位置付けが勇者の隊長というモノの為…

少々年齢を上げて対応していた様ですね。


…にしても、小学生にそれをやらせるのは無理があるかとは思いますがw

なお主人公に関しては、ありがちな少年主人公なので特に語る事はありません。


取り敢えずストーリーをば。

ひょんなことから地球の分身である宝珠「オーリン」を手にした小学生高杉星史は、地球が産み出した8体の勇者たちの隊長に選ばれる。
勇者は世界各地で宝珠(勇者の石)の姿で眠っているが、現代人の作ったメカと一体化することで変形ロボットとなり星史の指示に従い戦うのだ。

地球の運命をかけた伝説の勇者ロボと侵略者レッドロンとの戦いが始まった。
惑星上に5箇所存在する「開放点」を突き止められた惑星は、プラネットエナジーを抜き取られ炎の珠となって生命は全て死滅してしまうという。
はたして星史とダ・ガーンたちは地球を救うことができるのか。


(ウィキペディアより転載)


今回の勇者は「星の意思」と呼ばれるモノであり、宇宙から来たモノではありません。

星が自分を守る為に生み出した存在と言う事の様です。

何か「星獣戦隊ギンガマン」に似てますが、こっちが先ですね。

ただし、似た様な設定ならかなり前の「電撃戦隊チェンジマン」でも使用されてます。

まあ、ありがちな設定だと言う事でしょうか。

主役勇者のダ・ガーンは、エクスカイザーと同じく声優「速水奨」が演じています。

エクスカイザーも好きだったので、素直に嬉しかったですね。


ダ・ガーンの名前の由来は、当時「大魔王シャザーン」からだと聞いたのですが…

ウィキペでは「男玩」(男児向け玩具)からと記述してありました。

どっちが正しいのでしょうね?

個人的には、シャザーンの方がそれっぽくていいです。

ゴセイジャーのお陰で、もう玩具戦略にはうんざりですので。


それはおいておいて。


ダ・ガーンは、三体のメカと合体して「ダ・ガーンX」となります。

背中のウイングがXを描いているのが、ネーミングの由来でしょうか?

更にライオンに変形する勇者「ガ・オーン」と合体し、「グレートダ・ガーンGX」へ進化。

…なんですが、実はあんまり好きじゃないのです。

というのも、必殺技が射撃系なんですよねぇ。

何と言うか、剣技より弱く感じてしまうのですよ。

それに、異様にごてごてと物が付いてるのもマイナス点

強そうに見えるかもですが、私としては微妙でした。

とはいえ、ダ・ガーンXの最大必殺技「ブレストアースバスター」は良かったと思います。

いかにも強そうな攻撃でしたしね。


後印象深かったのは、異星の勇者「セブンチェンジャー」でしょうか。

トランスフォーマーの「シックスチェンジ」シリーズを受け継ぎ、脅威の七変形!

とにかく強かったのを覚えてます。

そういえば、シックスナイトの声って速水奨氏でしたねぇ。



'`,、('∀`) '`,、



敵のオーボス軍も、面白いキャラ揃いでしたねぇ。

メカフェチ(?)で、禁断の「合体封じ」を敢行した「レッドロン

合体の瞬間を狙って攻撃とは、お約束を踏みにじるド外道ですねw

まあ、最初から合体して出撃されればあっさり失敗するんですが。

こいつの愛機「レッドガイスト」は、トランスフォーマーの「デスザラス」の流用なので有名ですね。

見ていて何か悲しくなったのを覚えています。

使い回しは、やっぱ美しくないですよねぇ;

デスザラス様、結構好きだったのにorz

やけに強かったのだけが救いですが。

その他、個性豊かな幹部がいました。

そういえば、ウィキペでは…

「敵キャラは倒したり殺したりするのが全てじゃない」という概念が勇者シリーズの中では、初めて取り入れられた作品とありますが…


ちょっと待てぃ

エクスカイザーのガイスター一味も、ファイバードの敵幹部であるゾルシュラ死んで無いぞ?

ただ逮捕捕獲されただけです。

ドライアスは確かに消滅しましたが、それはダ・ガーンのオーボス同様でしょう?

ダイノガイストは、自らの価値観に基づいて誇り高き最後を迎えただけですし。

結構いい加減ですね。

ウィキペのこの項を書いた人間が悪いのか、元々のサンライズの記述が悪いのかわかんないですけど。

つか項を書いていた人間は、前二作の結末を知らなかったのでしょうかね?


┐(´д`)┌ヤレヤレ


一々小うるさいウィキペのチェックが入ってない所を見ると、サンライズのミスである可能性が高いかも?

まあ、確かにオーボス軍のデ・ブッチョやピンキーみたいに味方あるいはそれに近い存在にはなりませんでしたが。

つかデ・ブッチョよ、おまいのネーミングセンスの最悪さは忘れて無いぞw

主人公を「チョロチョロ」って…ありえん(;^ω^)

確かにチョロチョロ目ざわりだったのでしょうけどw


ピンキーとビオレッツェも、忘れがたい存在感がありますね。



閑話休題。


後、前作に引き続きヒロインが存在しますが…

ぶっちゃけいらなかった気もします。

特に、幼馴染の女の子は見ていてウザかった

いちいちうるさい上に、お節介焼きでやきもち焼きというウザスキル完備

こういうタイプ、私は大嫌いなんですよ。

自分の彼氏でもないのに、勝手にやきもち焼いて男に危害を加えたりするとか最悪でしょ。

キチガ○なら仕方ないですけど。

そういうのは、まず告白してからにしてください。

黙ってても相手が察してくれるなんて事は、そうそうありません

つか、甘えるのも大概にしろと言いたい。

おまけにセブンチェンジャーのご主人であるヤンチャーとキスしてしまい、事実上ヒロインから転落というお粗末な結果に。


(ノ∀`)アチャー


確か小説版でも、もうひとりのヒロインである「桜小路 螢」に存在感で負けてた気がします。

どうしてこうなった!(AA略)

もっとも、最近多いキチガ○系ヒロインよりはまだマシだったとは思います。

小学生ですしねぇ。





ラスボスであるオーボス(大ボスが由来w)も、面白いキャラでした。

宇宙創造時に生まれ、永い時を生きて疲れ果てた存在であり…

いつしか、死ぬ事に憧れてしまう悲しい存在でした。

そして、自分を殺してくれるかも知れない力「星の意思」に興味を持ちます。

その結果が、星の大量破壊行為だったみたいです。

小説版で、その辺りを深く描写してた気がしますね。

自らを殺す為、その力を求めるが故に破壊と殺戮を繰り返すと言う歪みっぷりがたまりませんでした。


遂に辿り着いた地球で、伝説のダ・ガーンX達に滅ぼされる瞬間…

これで死ねるのか…」という言葉を呟いたオーボス

この瞬間、なんかこいつが憎めなくなったのは私だけでしょうか?

まあ、沢山の命を奪い去った罪は消えないのですが。




玩具関係は手を出してないですが、セブンチェンジャーは欲しかったかもw

OPとEDも、なかなかの良曲だったと思います。

特にOPは、合唱versionも存在しました。

確か最終回でかかった覚えがありますね。




様々な新機軸を盛り込んだ野心作「伝説の勇者ダ・ガーン

特に合体破りは、これからもある意味伝説として語り継がれることでしょう。


( ´ー`)フゥー...

theme : アニメ・感想
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード