10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

仮面ライダーを語ってみよう!響鬼編。

妙に間が開いてしまいましたが、今回は「仮面ライダー響鬼」を取り上げます。





最初にこの作品の情報を見た時は、本当に驚きました

もう完全に何だか良く解らないモノになっててびっくり。

何と言うか、ライダーというカテゴリから完全に外れている様に見えたからです。

例を挙げていくと…


ベルトで変身しない。

変身時に「変身!」と言わない

バイクがない

ついでに複眼もない

必殺技がライダーキックじゃない

トドメに敵は妖怪


…恐らくは、龍騎以上に視聴者に拒否感があったのではと思います。

後から冷静に考えてみると、それほど逸脱した物ではないと解るのですが。


ベルトで変身しないならアマゾンとシンとライダーマンがすでに該当。

しかも彼らは変身とも言いません。

ついでにシンは専用バイクもありませんね。

複眼にしても、龍騎のライダーは殆ど無い連中ばかりです。

必殺技にしてもすでにRXが通った道でしかありません。




で、一話を見た感想はずばり「面白い

仮面ライダーじゃなくていいんじゃないかな?とは思いましたが。

実際、元は「変身忍者嵐」をモチーフにした物語だったと聞きます。

それがバンダイの意向で仮面ライダーになった模様。

何かゲッターロボ號みたいですね。



'`,、('∀`) '`,、


それはさておき。

変身も地味ながら格好いいし、何よりヒビキさんがいい男過ぎ!

シュッ!のポーズも小気味良く決まり、大人の余裕と強さに溢れていました。

本当に久々の「大人の男」が演じるライダーだっただけに、即ファンになりましたね。

敵も不気味で斬新だったし、音撃も思ってたよりも良かったです。

今までありそうでなかった「怪奇現象」的存在に対抗するライダー。

これは今でも響鬼が唯一なのではと思います。

そのどれもこれもが「妖怪」をモチーフにしており、毎回何が出てくるか楽しみでした。

零シリーズの世界に行っても無双してくれそうですね。

…まあ、RX辺りなら何でも倒せそうですが。



というモチーフと発想も面白いですね。

主人公が鬼の漫画とかはいっぱいあるし、そこは気にならなかったです。

アギトとかは龍がモチーフですし、もう何が来てもおかしくないなと思ったからですが。

デザインも秀逸で、私好みでした。

戦闘も炎を吹いたり、爪で突き刺したりと怪人寄りの能力が目立ちます。

顔だけ変身解除も、漫画版の仮面ライダーを彷彿とさせていい感じだと思います。

それに、等身大ではなくでかい敵が日常的にメインというのも凄い。

毎回の迫力のあるバトルが楽しみでなりませんでした。

童子や姫とのバトルもあり、等身大もフォローしてる辺り抜かりがありません。

問題点だったバイクも、同じ鬼である威吹鬼が最初から乗っており…

響鬼も中盤で馬鹿高いバイクを元に作られた専用マシン「凱火」に乗るようになって解決。

これは素直に安心しました。

このまま最後までバイクがなかったらどうしようか…とハラハラしていたのも事実ですしw

尚、劇場版では暫定的にホンダの某バイクに搭乗していましたね。

後、変身したら服がダメになる辺りはBLACKの原作を思い出しました。

最も、戦国時代だとそうではないので変身の技術が退化あるいは失伝したのかも。

リアルに考えると、アマゾン辺りも変身ごとに服が消えてもおかしくないのですよねぇ。


(; ・`д・´)



更に猛士という組織に所属しており、日本各地に支部があり鬼がいる。

この設定もリアルですよねぇ。

たった一人のヒーローでは限られた地域しか守れないし、当然だとは思います。

少年仮面ライダー隊も全国に支部がありましたし、そこまで逸脱した物ではないかと。

でもこの設定、全くと言っていい程生かしきれてなかったのは残念

かろうじて、劇場版で可能性が示唆されただけに留まりました。

その気になれば幾らでもスピンオフが利くし、他の県を守る鬼を物語内に出して話を広げたり出来たはずなんですが。

勿体無い…;


また、後半での路線変更も正直イマイチでした。

なんつーか、響鬼らしくなくなった感じです。

悪い意味で普通の平成ライダー臭い雰囲気になったというか、何と言うか…

敵も等身大の魔化魍が多くなり、本当に普通っぽくなって行きました。

加えて、主人公格たる安達明日夢少年が後半になるにつれていらない存在になって行ったのも問題です。

響鬼の弟子にならない時点で、一緒に居る意味が消滅してしまってるのはどうかと。

こうなると、ただの好奇心で猛士の活動に顔を突っ込んでる様にしか見えません。

その問題は、響鬼への弟子入りを目論み果たした桐谷京介の存在で色濃く浮き彫りになります。

彼と切磋琢磨して、最後は二人で鬼になるくらいの展開で良かったと思うんですがねぇ。

つか明日夢が別の道を選んだ事で、更に接点が無くなってしまったのは痛すぎます。

これなら最初から出さなければ良かったのでは?とさえ思わずにはいられません。



(´ε`;)ウーン…



最も、ディケイドの響鬼世界では従来そうなるはずだったであろう展開になっていて一安心でしたが。

響鬼さんが死んでしまうというのも、従来の最終回で予定されていた展開でしたしね。



色々問題はありましたが、仮面ライダーとは本来「異形

これを敢えて扱った本作品には、間違いなく意義があったと思います。

玩具もディスクアニマルが売れまくりましたしね。

まあ私は、あんまり欲しいなと思う玩具は無かったのですが。

賛否両論の後半にしても、斬鬼さんと轟鬼の物語は非常に良かったです。

また、布施明氏が歌うOP及びED。

それにBGMのみだった初期OPも素晴らしいモノでした。

良くも悪くも個性的

それでも、存在する価値はあったと私は思います。



最終回後も、魔化魍と戦い続けているであろう「仮面ライダー響鬼

人を守る鬼の歴史は、これからも続いていく事でしょう。


( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダー
genre : サブカル

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード