08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

琵琶湖博物館へ行ってきた。

タイトルの通り、琵琶湖にある「琵琶湖博物館」へ行って見ました。





このスポットは、気になってはいたものの行けなかった場所であります。

というのも、若干入館料が高いと感じたからです。

私のツーリングは、「なるべくお金を使わない」が基本コンセプト。

必要があれば、ご飯すらカットする有様。

つか、一人でお店でご飯食べるという発想がそもそもありませんw

で…そのコンセプトから外れてしまうので、中々足が向かなかったのです。



'`,、('∀`) '`,、




しかし、今回は違います



なんと、今週の金土日に限り無料開放という中々の太っ腹。

これは行くしか無い!と思い、体調不良も構わず行ってしまいました。

うん、若干夏風邪気味なんですよ。



(;´д`)トホホ…




さて、博物館に着くとバイク駐輪無料だったので更に嬉しい気分になりました。

その気分を保持しつつ、入り口でパンフを貰っていざ突入。

土曜日であり無料であるせいか、老若男女様々な年齢層の人間が大勢詰めかけていてびっくり。

みんな考える事は一緒なんですね。

やはり子供連れが一番多く、レアだったのは老夫婦ですか。

あ、私みたいな男独りっきりもレアでしたが特に気にしません


何時もの事ですし。


様々なイベントもあり、あちこちで行列が出来ていました。

博物館は二階建てであり、1Fは研究施設及び学習コーナーがひしめいています。

そして、恐らくはここに来る子供たちの一番の楽しみであろう「淡水魚」の展示コーナーも。

色々な水族館を回ってきた私には物足りないですが、色々工夫や研究を重ねて展示されている良い水族コーナーだと思いました。

ビワコオオナマズに気を取られつつも軽く水族コーナーを流して、2Fへ。

ここからは琵琶湖の歴史や人々の生活など、いきなり観点がグローバルな世界に突入します。

で、大きく三つの展示室に別れており…

A展示室では琵琶湖が出来る以前からの歴史を網羅しており、流石のクオリティでした。

更に古生物関係の展示もあり、そっちが好きな私としてはワクワクモノです。

つか、コウガゾウの復元骨格大きすぎ

体高がほぼ4メートルなので、アーマード・トルーパーより若干大きい計算になります。

体長も7メートルを超えるので、洒落にならないヘヴィさ。

私は、ファイズ映画版のエラスモテリウムオルフェノクを思い出してしまいました。

実際のエラスモテリウムは、コウガゾウより小さいのですがw



(; ・`д・´)



B展示室では、人と琵琶湖の歴史が語られています。

ここも中々興味深く、当時湖で使われていたや昔の瀬田の唐橋の一部再現とかが印象深かったですね。

C展示室では、湖の環境と人々の暮らしに付いて展示されています。

世界の湖に関する資料や、琵琶湖研究の歴史などもあり見応え充分。

それに並行して、世間の流行などの歴史を綴った展示もあります。

古い生活電化製品玩具、それに書籍などもありこれも面白いですね。

でも、乳丸出しのエマニュエル夫人の映画チラシ?はどうかと思うの。

中に入ると、別の場所から移築された古い家がそのまま建っていて驚かされます。

庭に台所、居間に離れのトイレと鶏小屋と中々の規模。

トイレは当然の事ながら汲み取りですが、昭和中期でも良く見られた光景なので特に驚かず。

鶏小屋からは、ご丁寧に鳴き声が聞こえてきます。

水道が入ってくる前の暮らしという事なので、戦前くらいでしょうか。

この後も、琵琶湖を中心に生活を考えさせられる展示が続きます。

お子様が居るご家庭の方々は、是非何度かここに通わせる事オススメ。

DQNになるのを、少しでも防げるかも知れません。




(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン



気が付いたら、3時間程入り浸ってました。

体調さえ良ければ、もう1時間くらいは居たかも?

休憩出来るイスもあちこちにあり、疲れても問題なし

難を言えば、飲み物が売り切れまくりなので持ち込んで指定場所で水分補給がいいかも。



と言う訳で、すっかり楽しんでしまいました。

博物館なんて、そもそも超絶久しぶりだったので尚更ですね。

これでお金払って入場してたら、朝から晩まで入り浸った可能性大

まあなんにせよ、おすすめスポットです。



さて、次は何処へ行こうかな。




( ´ー`)フゥー...

theme : ツーリング
genre : 車・バイク

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード