08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

機動新世紀ガンダムX回想録。

前回のウイングに続き、今回は「機動新世紀ガンダムX」を取り上げます。




この作品は、ガンダムとしては珍しく「打ち切り」に遭った作品です。

思えば、初代ガンダムも同じく初回放送は打ち切りと言う結果で終わりました。

仮面ライダーで言えばアマゾンの位置付けでしょうか。

まあ、アマゾンの場合はTV局の番組改編の煽りを喰らったせいなんですが。




そして、どちらかと言えば原点回帰の方向性を目指したこの作品も打ち切り。

何か妙な縁を感じなくもありませんね。


取り敢えずストーリーを。


アフターウォー (A.W.) 15年。人類と地球に壊滅的な打撃を与えた勝者無き大戦争、第7次宇宙戦争後の荒廃した地球が舞台。

戦争で孤児となった少年ガロード・ランは、ジャンク屋やモビルスーツ狩りを生業として逞しく生きていた。
そこにある依頼が来る。
内容はバルチャー艦「フリーデン」に誘拐されたティファ・アディールという少女を取り戻してほしいというものだった。
しかしティファに一目惚れしたガロードは、依頼者を見て激しく怯えたティファをつれて逃走。

そしてティファに導かれたガロードは、幻のモビルスーツ「ガンダムX」を発見する。
紆余曲折を経て2人は、フリーデン艦長ジャミル・ニートと共に、「ニュータイプ」と呼ばれる人々を探す旅に出る。


(Wikipediaより転載)



ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?



何と、たった6行しかありません。

しかも、文章も凄く下手くそです。

他の項目も、何となく寂しい感じが漂ってる印象を受けるのは私だけ?

その癖、当時の事情とかそういう所だけがっつり書き込んであるアンバランスさが気になって仕方ありません。

何と言うか「( ^ω^ )どうしてこうなった!?」と言いたくなりました。

あ、でも登場人物とかMSの項はかなり充実していますのでオススメ。




Wikipediaのアフターウォー並の荒廃っぷり(?)はさておいて。



主人公のガロード・ランは珍しく「普通の少年」です。

超人でもなければNTでもありません

宇宙世紀シリーズで言えばジュドーのポジションに当たると思います。

メカにもそれなりに強くジャンク屋をやっており、更に親が居なくて元気でしたたか。

どうです?かなり似ていると思いませんか?

乗り込むMSも、両者共に大火力が売りのガンダムと来たもんだ。

スパロボでもMAP兵器要員として活躍していますね。

作品的ナンバリングも3作目と一緒ですし、何らかの因縁を感じずにはいられません。

しかしながら、ジュドーの様なNT能力はなく…

代わりに備わっていたのが「不屈の精神」と「高い生存能力」でした。

加えて、生身でMSを捕獲してしまうテクニック高いMS操縦センスも併せ持っています。

戦争で荒れ果てた世界で子供一人生きるには、その資質を備えざるを得なかったからなのでしょう。

で…ある依頼を受けた日から、ガロード・ランの人生は「一人の少女を守る戦い」となりました。

この作品で私が一番好きなキャラと言っても過言ではない彼。

声が合ってないとかほざくにわかは死ぬべき割りとマジで。

乗機は、15年前の戦争で決戦用MSとして開発された「ガンダムX

そんな大昔の機体が強いのか?と疑問を感じる方もいらっしゃいましょうが…

当時最高の技術を注ぎ込んで製造されたMSの上、戦後は文明の後退などにより満足な開発施設がなかった事情があります。

で、ガンダムXクラスのMSを製造するレベルにまで回復するのに15年

勿論、それを量産化するだけの力はまだ無くワンオフ機止まりではありますが。

特徴としてはやはりサテライトキャノンが挙げられます。

月からのマイクロウェーブを受け発射されたが最後、敵を容赦無く焼き尽くす

その威力は、コロニーすら一撃で粉砕してしまう程。

…なんですがまあ、ツインバスターライフルが少し強力になった程度のモノと見ていいかも。

それを聞いて「何だ、大した事ないな」と思った方は甘い

本来、GXは12機のビットモビルスーツと共に運用される機体なのです。

つまり、13のサテライトキャノンで敵を徹底的に撃滅するというのが本当の運用方法と言う事に。

何という大艦巨砲主義

流石、世界崩壊の引き金になった機体です。


そして、後継機は「ガンダムダブルエックス

全般的に性能が向上しており、武装も強化されているのは勿論。

サテライトキャノンもツインになって脅威度もUP。

ただし、開発したのはですが。



( ̄д ̄)エー



過去のガンダムでも、主人公が敵からかっぱらった後継機に乗るパターンはこれしかありません。

ザブングルを思い出した人も結構居そうですね。

ちなみにSEEDのフリーダムガンダムもそうだと言われるかもですが、あれはピンク髪が勝手にあげてしまったもの。

主人公が直接奪った訳ではありません。

しかも、DXがまがりなりにもGXを開発した側に開発されたのに対して…

フリーダムガンダムは、縁も縁もない敵軍に開発された切ない事情もあります。

加えて、主人公機ストライクともほぼ関係がないという恐ろしい機体。

むしろインパルスが後継機臭い。

なのでノーカウントとしました。


それはさておき。

Gファルコンという支援機と合体する事で、更なる強化も果たされるおまけ付き。

スパロボα外伝では非常にお世話になりました。

強力な機体に加えてパイロット三人乗りですからね。



そして、それ以外の味方ガンダムがまた凄い

何が凄いかって、残り2機共に接近戦用武器を持ってないのです。

完全にガンキャノンガンタンクポジですどうもありがとうございました。




(; ・`д・´)




その片割れガンダムエアマスターは、機動力手数で戦うタイプ。

しかし、イマイチ強い印象がないのは何故?

GジェネFでも、バーストを開発するまでは凄まじく使い辛い機体でした。

バーストになった途端、火力が段違いに向上するから困るw

パイロットは、頼れる兄貴ことウイッツ・スー

ガンダムより、この人の方が印象強いってどういうことなの…

最後にちゃっかりオペ子をゲットした幸せモノでもあります。


そして、ウイッツに比べて何だか影が薄いロアビイ・ロイが搭乗するガンダムレオパルド

機体自体もガンダムヘビーアームズと被る為、尚の事影の薄さに拍車をかけてる気が。

おまけに設定上は存在した接近戦用武器を、本編未使用という勿体無い事もしています。

パイロットも本命の女にフラれ、余り物同士でくっつくという色々悲惨な末路を迎えました。




(´・ω・`)




まあ死なないだけマシですね(おい)。


他にも、15年前のエースパイロットにしてフリーデンのリーダーであるジャミル・ニートも忘れてはいけません。

元NTであり、ガンダムXの初代パイロットでもあった彼。

色々あってNT能力を失い、コクピット恐怖症というトラウマまで抱え込みつつもNT保護の為に戦い続ける強い漢です。

ガロード・ランの良い保護者でもあり、迷ったり壁にぶちあたった彼を叱咤激励する姿は素晴らしいモノがありました。

フリーデンのお父さんという表現がぴったり来る方ですね。

後半、コクピット恐怖症を克服しガンダムXディバイダーを駆る様に。



この作品では2番目に好きなキャラです。


そして、ヒロインのティファ・アディール

NT能力を備え、それ故に狙われる少女。

ガロードは、彼女を守る為に戦っていると言っても過言ではありません。

性格は極めて大人しく、人を思いやる優しさも持つ良い子です。

ツンデレとか暴力ヒロインに見習わせたいと思う今日この頃。

NT能力の無いガロードにとって、彼女がいなければサテライトキャノンは放てません

故に、最初から最後まで物語の中心に居たヒロインでした。

ちなみに、この世界のNTは宇宙世紀のNTとは全く違います

こちらのは、ぶっちゃけて言えば「超能力者

しかも、突然変異で生まれた一品モノです。

ですが、ジャミルも含めたほぼ全ての人間はNTを宇宙世紀型のモノだと考えていました。

その真実を月で知った時、ティファ及びジャミルはNTという呪縛から解き放たれます。

余談ですが、この話を曲解したのかガンダムXは「NT否定」の話だと得意げにのたまう方がいますね。

実際にはこの作品におけるNTが、人類の革新でも何でもない事が判明しただけなのですが。

それを宇宙世紀のNTまで否定したなんて言うのは、過大解釈でしかありません。

その証拠に、月のD.O.M.E.の声優はアムロの中の人で行こうかと言う話を「NTの意味合いが変わってしまう」という理由で却下していますし。

何にせよ、この作品は紛れも無く「一人の少年と少女のお話」であったと思います。


後、パーラ・シスは打ち切りでなければもう少し活躍できた気が。




そして、避けては通れない敵の名キャラ「フロスト兄弟」の事も語らねばなりませんね。

ツインズシンクロニティと呼ばれる超能力を持ち、何度となくフリーデンの面々と交戦したライバルキャラです。

兄弟間でだけ通じる特殊なテレパシーであり、それを利用したコンビネーションは脅威の一言。

乗機は兄のシャギア・フロストがガンダムヴァサーゴ

私の愛馬は凶暴です。

弟のオルバ・フロストがガンダムアシュタロン

僕達が望んだ戦争だ!

いずれもガンダムXに匹敵するかそれ以上の強力なMSです。

後半、この二機はパワーアップ

最後まで最強の敵としてフリーデンの前に立ち塞がりました。

Gジェネでは、ガンダムヴァサーゴが使いやすかった記憶がありますね。

それに対して、アシュタロンは没個性で使い辛かった気ががが。



彼らの目的はただひとつ

自分達を認めなかった世界への復讐

と言うのも、ツインシンクロニティという能力は「カテゴリーF」と呼ばれゴミ扱いされたからなのですが。

カテゴリーキングだったら不死身だったのに。

目的の為には手段を選ばず、怨念を背にのし上がる姿は鬼気迫るものがありました。

しかもこいつら、最終戦闘後もしっかり生き延びています

ガロードに完敗し、一応改心したみたいですが。

ガンダムとしては、非常に珍しい結果と言えるでしょう。

思えば、1stのシャアも生き延びました。

やはり、奇妙な縁を感じます。



後、妙にホモ臭いのでその点が今でもネタにされてるから困る。



'`,、('∀`) '`,、




で、玩具は全く手を出していません。

と言うのも、この作品何というか量産型MSに魅力がない気がするのです。

量産型MSは出番も多く、主役MSを支える屋台骨と言っても過言ではありません。

宇宙世紀ガンダムのザクタイプ&ジムタイプMS然り、ウイングのリーオー然り…

しかしながらこのガンダムXでは、個人的意見ですが魅力的な量産型MSが出ませんでした。

味方にはほぼ量産型MSが所属しておらず、敵もフロスト兄弟がブイブイ言わせてたせいもあるのかなと。

他に印象に残っているとすれば、カリス・ノーティラスのベルディゴにランスローのクラウダ位でしょうか。

その他のMSは殆ど覚えてないです。


その辺りも、プラモに手を出さなかった大きな理由ではないかと。





主題歌は2つありますが、どっちも神曲で一聴の価値あり。

前回言い忘れましたが、ウイングも主題歌は凄く良いです。





少年が少女を守りぬく、そんなお話だった「機動新世紀ガンダムX」

世界が如何に荒廃しようと、彼と彼女の絆は永久に強くある事でしょう。



( ´ー`)フゥー...

theme : 機動戦士ガンダムシリーズ
genre : アニメ・コミック

comment

ガンダムXの記事待ってました~
しかしWikipediaの文がなんか酷いですね…

ガロードは確かにジュドーに近い感じがします、特に自身の力で『我が道を行く』姿は素晴らしい。
確かに声合ってないと言われると腹立ちますねW、まぁ声優さんが最近少年約をやらなくなったのが原因かも…(泣)

ガンダムXは確かにで恐ろしい印象が強いです。
ただ原作もゲームもサテライトが貯まらないと火力がイマイチな所もありましたが、
個人的にサテライトは使えなくても万能なデュバイダーが大好きです。
ダブルXはGファルコンとの合体が大好きでした。敵が作った物のですが奪い取りそのまま主役機になる姿がウォーカーギャリアみたいで好きでした。
一応α外伝でも共演しましたし、

ウィッツとロアビーは確かに最後の扱いの差が酷かったですね、個人的にこの二人が主役の『天国なんてあるのかな?』はかなり好きな回です。
ガンダムもエアマスターが使いやすく、レオパルドは単体でダブルXに匹敵するのが素敵でした。
ジャミルはいいキャプテンでした、ガロードを叱咤激励する姿は毎回痺れまして、特に『何も考えずに走れ!』は印象深い回です。

フロスト兄弟はあまりのキレ物っぷりがなんか大好きでした、確かに認めて貰えないのは非常に辛いのは分かりますが、それで世界を再び廃墟にしようとするとのはどうかと思いました。ただ最後は生き残り改心?したのでよかったのですが
ガンダムもスパロボでは珍しく敵側で合体攻撃があって非常に面白いです。

この作品のNTの理論は個人的にアリだと思います。
この頃から一部のガノタの発言が酷くなって気がしてとても残念です。

確かに量産型MSの魅力はあんまりなかったですね
序盤は廃墟した世界だから皆が量産型を専用タイプにカスタマイズしていてまともな軍備すらなかった気がします、後半は量産型が出ましたがあまり印象がなかったですね、

個人的に初めてレンタルで全話視聴して印象深い作品なんで去年出たのプラモのHGAWも買ってしまいました。

長文失礼しました。

>DD様

コメントありがとうございますv

Wikipediaマジで酷いですよねぇ。
まるでどこかのアニメを良く知らないTVガイド本の解説を丸写しした様な…w

ガロードの声優は、どう考えても高木さん以外考えられないですね。
あの声だからこそガロードと言える訳で。

確かにガンダムX自体はサテライトキャノンありきで開発された機体なので、それ以外は普通のガンダムと変わらない装備でした。
衛星さえ破壊されなければ、地上でもサテライトキャノン打ち放題だったらしいですね。
ディバイダーは、リアルロボッツファイナルアタック!というPSのゲームで非常に使いやすかったです。

ガノタの質の低下は、確かにガンダムXに始まりSEEDで極まった感がありますねぇ。
確かに制作側も結果が出せなかった前科ありと言うのもあり、一概にガノタだけが悪いとも言いがたいから困るw

量産機は本当に残念でした。
クラウダは良い機体なんですが、いかんせん出番が遅すぎた…;

私はガンダムXをリアルタイムで最後まで視聴したのですが、ウイングと同じく中盤微妙にgdった感じがあった気がします。
宇宙編に入って、面白くなってきたー!と思った矢先の放送短縮でがっかりした覚えがありますね。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード