10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ドラマ「妖怪人間ベム」が予想外だった件について。

今回はガンダムはお休みなので、先週土曜日に無事最終回を迎えたドラマ。

妖怪人間ベム」について語ろうかと思います。

※最終回のネタバレ含みます。





さて、この作品はかってアニメで放映されたモノのドラマ化です。

私も再放送で見て、色々楽しませて頂きました。

主題歌に替え歌が多いのも、結構有名かも?

ただ、最終回は非常に後味が悪い展開だったのだけが残念でした。

原因は制作側は第二部作る気満々だったのに、諸般の事情で叶わなかったからとの事。

最終回で妖怪人間達が死んだような描写がされてますが、普通に生きてます

そのパイロットフィルムまで完成していたのですがねぇ。

多分スポンサーが付かなかったのだと思われ。

その後のベム達の旅が見たかったのですが、非常に残念です。




で、何となくスタイリッシュになったリメイク版アニメが放映されましたが…


テレ東系だったせいもあり、未見のまま終わってます。

何というか、テレ東系には本当に縁がないorz



(´・ω・`)



そして、何となくネットを回遊していた時にふと「ドラマ化」のネタを見つけてびっくり

「何故になって?」

と思ったのですが、放送枠を見て納得。

そう、あの怪ドラマ「怪物くん」と同じ土曜九時だったのです。

で、この「怪物くん」

特に原作ファンからの評判が非常に悪い内容でした。

流石に子供向けの内容を、無理矢理大人向けドラマ臭く改変するのは無理があった様です。

個人的には、主役からして半ズボンの変態親父にしか見えずがっかりした記憶が。

一話以降、見る気も起こらずそのまま放置でした。



(´・ω:;.:...



かように、アニメのドラマ化と言うモノは余程原作をしっかりリスペクトしないと黒歴史にしかなりません。

で、この妖怪人間ベムもその類かと思いつつも第二話を視てみる事に。

私が知った時点で、すでに一話は終わってしまっていたので。





そして、放送を見た私は驚きました


まずOPが非常に綺麗で良い!

主題歌も歌い手こそ変わってますが、当時と同じ歌です。

たまに二番三番になるのも良い感じです。

何より、あの怖くて有名だった歌に入る前のOPシーンまで完全再現なのは脱帽でした。

物凄く、「妖怪人間ベム」という作品のイメージを守ろうとしているのが伝わってきます。



(;゜д゜)ゴクリ…



「これは怪物くんとは違うな…」

そう思いつつ、本編を通して視聴。



結果としては、概ね満足な出来でした。

ベムのキャラだけはかなり変わってましたが、流石に原作のあのビジュアルでは無理かと納得。

代わりにそれに似た「名前のない男」が出現し、物語を盛り上げました。

ベラとベロに関しては、ほぼ完璧とも言えるキャラの仕上がりだと思います。

ベラのムチがマジで痛そうだったのも良ポイントw



ここで原作との相違点を挙げてみましょう。

まず、有名な所では「指が三本じゃない」事ですね。

これは、リメイク版でもそうでしたので今更ではあります。

で、続いてベムのイケメン化

賛否両論だったみたいですが、今回はアナザーな上に最終回を見た後ではGJだったと思いました。

そして、新たに人間ではない証が付け加えられます。

ベムとベロは、前頭部にの様な盛り上がりが。

ベラには、の様なモノがこめかみに。

共通項としては、腕などの一部の皮膚がヒビ割れの様になっている事でしょうか。



そう、相違点がこれだけしかないのです。

妖怪人間として生まれた三人が、辛い想いをしながら人間になる為の方法を探して旅をする。

姿形は醜い妖怪になってしまうが、確固たる正義の心を持ち人々を救っていく。

まさしく、昔のイメージそのままの「妖怪人間ベム」がそこにあったのです。

勿論、キモの妖怪変化も現代のCG着ぐるみで完全再現。

若干現代風にアレンジはされてますが、グロくて素晴らしい造形です。

自由意志の他にも感情の高まりで変身してしまう事もあり、そこがまた悲劇でもありました。

その姿を見た人間が、助けてもらった恩も忘れて牙を剥いてくる展開は見ていて非常に悲しかったです。

本当に、人間という生き物は救いがありません

東方不敗がぶち切れるのも仕方ないね。

救いが無ければ無い程、人間を信じようとするベム達が相対的に輝いて見える構造は見事と言う他はないですね。




(゜д゜)(。_。)(゜д゜)(。_。) ウンウン



勿論、残念な点も幾つかあります。

まず、人外の敵が出現しなかった事。

アニメでは、怪物や幽霊など様々な超常的な相手と戦って来ました。

そこで頼りになったのが、ベムの高い戦闘能力

杖を併用する事で、実体のない敵にも攻撃が可能という中々のチートっぷりです。

しかし、本作品では「もう一人のベム」とも言える「名前のない男」が仕掛ける「悪の開放」との戦いがメインでした。

つまり、凶暴化した「人間」が敵だったのです。

最終回でやりあった強盗どもに至っては、本当に普通の犯罪者でした。

多分予算の関係なのかなとは思いましたが、ここだけが凄く残念

そしてもう一つ、ベロのキャラが幼すぎて主役足り得なかったという事。

と言うのも、この「妖怪人間ベム」の主人公は「ベロ」なのです。

ベムはあくまでも「保護者的存在」であり、ベロやベラではどうにもならない時に手を貸してくれる頼もしい存在でした。

しかし、大人向けにしたせいか今回の作品ではベムがほぼ主役の扱い。

ベロはどちらかと言えば「マスコット」に近い感じに思えました。

勿論、人間なんぞには負けない戦闘能力は持っているのですが。




(;´∀`)




それでも、全12回と短い中で精一杯妖怪人間達は暴れ回りました。

そして最終回、相対した「名前のない男」の意外な正体

奴は、生みの親の死体に取り付いた実体の無い存在であり…

「一つの細胞」から先に分かれた、正にもう一人のベムだったのです。

象徴的な杖は、元は人の骨から出来ておりこれをコア人間が生み出される予定でした。

しかし、研究していた博士は心半ばにして急死

このままでは、「人工的に人間を生み出す」という計画自体が頓挫してしまいます。

その時「生きたい」と強く願った事で、先に分裂して死体に取り憑いた存在。

それが「名前のない男」でした。

彼が分離した後に、更に3つに分かれて生まれたのがベム達。

彼らもまた、人間とは違う「妖怪人間」として生まれてしまいます。

それでは、何故人間とはならなかったのか?

コアを介して誕生しなかったのが主原因ではありますが、最大の理由はこの分離にあった様です。

「名前のない男」は、ただひたすら人間の「悪心」を開放してきました。

何となくグリードに似てますね。

その欲望、解放しろ!

人は常に「光と闇」の間で揺れ動く存在です。

その闇の部分に拘る彼は、正しく人間の悪の心そのものでした。

対して、虐げられようがただ一途に人を守ってきた正義の妖怪人間であるベム達。

その、光と闇がひとつになる。

これが、唯一の「人間になる方法」だったのです。

ちなみに原作アニメでベムが掴んだ「人間になる方法」は、もっと悲惨でした。

それは、のみになり人間を乗っ取ってしまうというモノ。




(lll゜Д゜)ヒイィィィ!!



ひとつになる事で、名前が貰える。

それを只管望んだ「名前のない男」は、融合を強く要求してきます。

しかし、ベムの出した答えは…










悪を開放し続ける存在を、彼らは許しておけませんでした。

そして、融合し「」を知って人間になると言う事は「ストッパーがいなくなる」事でもあります。

彼らは、これからも正義の番人である事を選択。

唯一の弱点を付いて、男を倒したのでした。

人間になるという夢を捨ててまで。

死に際、「やっと死ねる」と呟いた彼。

彼もまた、ひとり苦しみ続けてきたのでしょうね。



(´;ω;`)ウッ…



原作アニメでも、ベム達は人間を犠牲にしてしまう方法を取りませんでした。

当時の最終回では、そこの所非常に曖昧でしたが。

しかし予定していた第二部では、他の方法を探して放浪の旅の予定だった事からも解ります。




(`・ω・´)




最後、炎の中に消えていく三人。

これも、原作アニメとほぼ同じでした。


焼け跡に残っていたのは、彼らが身に付けていたモノの一部。

しかし、杖は「名前のない男」が持っていた一振りのみ。




そう、妖怪人間は死なない

今日も何処かで、悪と戦っているのです。



このラストは、非常に格好良くて気に入りましたね。

私が大好きな「仮面ライダー」にも通じるものがあるからですが。

「妖怪人間ベム」は、「仮面ライダー」と同じく「闇に生まれ光に向かう物語

特に仮面ライダーギルスを思い出したのは私だけでしょうか。




'`,、('∀`) '`,、




それはさておき。

本当、久々に素晴らしいドラマを見せて頂きました。

制作スタッフ及び、キャストの皆様本当にお疲れ様です。



( ゜Д゜ノノ”☆パチパチパチパチ




第二部は…まあ、やらない方が良いかもですね。

綺麗に終わってますし。

この作品をお手本にして、これからのアニメ実写化も原作への愛を以ってやって欲しい物です。





( ´ー`)フゥー...

theme : 妖怪人間ベム
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード