10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

機動戦士ガンダムSEED DESTINY回想録。

前回に引き続いて、軽く種死を逝ってみたいと思います。





この作品に関しては、当初あんまり期待していませんでした。

前作SEEDのラストで、キャラが色々死に過ぎてうんざりしていたからですが。

取り敢えずストーリーをば。


コズミック・イラ(C.E.)71年6月15日、大西洋連邦とオーブ連合首長国によるオノゴロ島の攻防戦の中、シン・アスカはたった一発の砲弾で家族を失った。妹 マユが落とした携帯電話を握り締め、彼は自らの非力さに絶望する。
その後、地球連合軍とザフト軍による大戦は、第二次ヤキン・ドゥーエ宙域戦、ユニウス条約の締結を経て、一応の停止を見た。しかし、争いの火種は消えることはなかった。
一年にも及ぶ戦争を停戦へと導いた英雄キラはその後MS(モビルスーツ)を降り、共に戦い抜いたマリューとバルトフェルド、恋人のラクスと孤児たちと共に、オーブの僻地で静かな生活を送っていた。同じく、停戦に貢献した元ザフト軍人のアスランはアレックスと名を変え、オーブ首相カガリのパートナーとして公私をサポートしていた。
停戦から2年後、C.E.73年10月2日。プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルとの非公式会談の為、新造艦ミネルバの進水式の準備が進むL4 アーモリーワンを訪れたカガリとアスラン。だがその最中、ザフト軍が開発した新型MSカオス、ガイア、アビスが何者かに強奪され、周囲は混乱に陥る。これを阻止すべく、ミネルバからも新型機インパルスが出撃。そのパイロットは、プラントに渡りザフト軍に入隊したシンであった。
新型機を強奪した謎の部隊を追い、カガリとアスランを伴ったままミネルバは出撃する。だがそんな中、安定軌道にあったはずのユニウスセブンが地球に落下し始めたという報せが入る。それは、ナチュラルへの憎しみを募らせ続けるザフト脱走兵達の仕組んだものだった。しかし、この事件を利用しようと暗躍する者達も動き始め、世界は再び混乱と戦火に包まれるのだった。


(wikipediaより転載)



ちなみに、主人公シンの家族を奪った一撃を放ったのは「英雄」キラなんだそうです。

後付けで無かった事にされたらしいですけどね。

前作ラストで死んだはずのムウも、何故か生きてる事にされてましたし。

宇宙空間を漂うヘルメットが、後で消されたのは有名な話。

何というか、いきなり妙にヘタな小細工が目立つ作りだから困る。




(;´∀`)




この種死、ストーリーの最初からまたもガンダム強奪で全く進歩していないのを感じさせました。

だから、盗んだ所で最新技術が使われてる試作機なんて運用できんだろと。

量産型のザクとかならともかく。

マジで一体何処から予備パーツを調達したのか、じっくり話し合いたい所です。

似たパーツで代用は可能かもですが、確実に性能は落ちるでしょうし。

同じ強奪を描いた0083では、ガンダムはおまけでメインは核弾頭にありました。

更にガンダムF90でも強奪されますが、強奪された機体は敵の手によって徹底的に改造されています。

しかも、運用されたのがラストバトルの一回だけと何とか整備無しでも行けるレベルでした。

そういうのに比べると、本当に無理がある展開ですね。

ま、この作品の問題はこんなものではないのですが。



(; ・`д・´)




一番の問題はやはり「主人公が変わってしまう」事でしょう。

最初はシン・アスカで進んで行きますが、前作主人公キラ・ヤマトが登場してから少しずつ変わっていきます。

キラは核動力の禁止兵器であるフリーダムガンダムを隠し持ち、国家元首を誘拐するという暴挙に出ました。

その後は、戦争をやめさせると称して無差別テロを実行。

戦場に出現しては、ソレスタルビーイングもどきの行動を繰り返す事になります。

もどきと称したのは、その行動自体に深い意味が無かったからですが。

しかも、一度はテロリストとしてシンにフリーダムごと粉砕されたはずでした。

なのに、以前同様生きているというご都合主義っぷり。

というか、そんな丈夫なセーフティシャッターがあるならそれで装甲でも作れと。

大体何も考えず敵味方関係なく叩き落とした所で、戦争は終わりません

そもそも世界を変えたければ、隠遁なんてしないでプラントで政治活動に邁進すれば良かったのです。

現にプラントでは、ラクス・クラインの偽物が有効利用されていました。

そこでオリジナルラクスが出て行って、政界に打って出るのが平和的解決と言うものです。

なのに、ラクス軍はテロ組織のまま全てを制して戦いに勝ってしまいました。



( ̄д ̄)エー



まさかのテロ組織大勝利に、マジでびっくりです。

テロ組織が動かす世界なんか、どう考えても明日なんかないと思うのですが。

この展開で呆れるのは、あれよあれよと主人公の陣営が悪側に貶められる事でした。

そもそもプラントが示したデスティニープラン自体、ただの提案で強制力などなかったのですが。

それを、正義のラクス軍が叩きのめすという話に摩り替わってしまうから困る。

そのお陰で、主人公シンは成長しないまま主人公の座を追われる羽目に。

EDのキャストでもキラの名前が先に出、OPでもキラのストフリがメインになる始末。

機体にしても、キラのストフリやアスランのインジャスに比べたら明らかに劣る機体を宛てがわれ…

それでも結構好きなんですけどね。

トドメとばかりに、キラどころかアスランにさえ一矢報いる事無く撃墜されるという救いのない終わり方をします。

当のキラは、前作で苦戦したプロヴィデンスの後継機であるレジェンドを一蹴と大活躍。

あまりにも余裕がありすぎて、本当に面白くありません。

つかキラ陣営は結局最終戦で、1人の戦死者も機体のダメージもないとか無茶苦茶でしょう。

ガンダムAGEですら、AGE-1が中破したと言うのに。



:(;゙゚'ω゚'):



流石にこれは視ていて唖然としました。

仮にZガンダムで例えるとしましょうか。

エウーゴが実はで、アムロがZより凄いガンダムを入手。

前作キャラと共に、エウーゴ及びティターンズに対してテロを仕掛けます。

そして途中からアムロメインのOPに代わり、カミーユは脇役扱い

更にクワトロまで寝返って、カミーユはクワトロに手も足も出ずやられてEND。

こんな展開のZって許せますか?

私なら絶対に許せませんね。

Zはあくまでも「カミーユ・ビダン」のお話です。

だからこそ、前作主人公アムロ・レイは凄く控えめな出演でした。

MSはあくまでガンダムではなく、立場としてもカミーユの味方のままでした。

前作ファンには少し不満がありましょうが、新主人公がいるのですから当然の流れと言えます。

なのに、普通ならやってはいけない改変をしてしまった。

それが、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」と言う作品です。

他にも手抜き作画に多すぎる総集編と、問題が山積みだからもうね。





(´・ω・`)




ガンダムAGEも酷かったですが、この作品は別のベクトルで酷い作品だと思います。

何というか、脚本って本当に大切なんだなぁとつくづくそう感じました。

ネットでも、キラ陣営をフルボッコにする二次小説が次々と執筆され…

その中で、ラクス軍(ラクシズとも称される事も)はありとあらゆる方法で敗北し悲惨な結末を迎えます。

ラクス軍は、大体原作通り話にならないキチガ◯テロリストとして描かれ、和解する展開はほぼありません。

一方シンは主人公か、オリジナルあるいはクロス先の主人公の仲間として存在し扱いはまず良い感じ。

ああ、やはりみんな許せなかったんだ…と何か安心しましたね。




そのせいか、この作品で一番好きな機体はインパルスガンダムです。

キラのフリーダムを撃墜した時は、思わず拍手喝采してしまいましたし。

2番目に好きなのはデスティニーガンダムですかね。

他はグフイグナイテッドも悪くなかったかなと。

でもドムトルーパーはいらない。

ザクも評判は良くないみたいですが、ジンやゲイツの延長線上にあると思えばそれ程違和感はない気が。

まぁ、プラモとかは一切買ってないんですが。





かってガンダム史上最悪と称された「機動戦士ガンダムSEED DESTINY

その伝説は、新しいガンダムが発表されても忘れられる事無く続いていく事でしょう。




( ´ー`)フゥー...

theme : 機動戦士ガンダムシリーズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード