10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ウルトラマンレオ回想録。

タロウに引き続き、今回は「ウルトラマンレオ」を取り上げます。





さて、取り上げるとは言っても実はあまり見た事がないんですよね。

と言うのも、恐らく今まで取り上げたウルトラマンの中でも一番再放送の回数が少なかったからなんですが。

そのお陰で、飛び飛びで見ていた様な記憶があります。

ハードな展開が災いして、視聴率的にかなり苦戦したせいでしょうか。

まあ、TV局としては受けのいいタロウなどを再放送したいですよね。

ともかく、第一話はかなり衝撃の展開ではありました。

タロウの後を受けて、また地球を守る仕事に就いたウルトラセブン

そのセブンが、兄弟怪獣を操るマグマ星人に開幕フルボッコにされてしまいます。

それを、マグマ星人によって故郷を滅ぼされたウルトラマンレオが助けたのが物語の始まりでした。

変身できなくなったセブンに代わり、第二の故郷とも言える地球を守る為に立ち上がるレオ。

このレオは、初のウルトラの星以外からのウルトラマンでした。

レオの故郷は獅子座L77星ですが、前述の通りマグマ星人に滅ぼされてもうありません。

恐らくは、ウルトラの星から出て別の文化を築いた一族の子孫なのでしょう。

別物と考えるには、あまりにも酷似している上にカラータイマーまで付いていますので。

ウルトラセブンでさえ付けていなかったカラータイマーを、レオや弟のアストラが付けていると言うのはかなり重要なポイントではないかと。

後年の設定でも、先祖を同じくする兄弟星という設定になった様で。

ただ、レオの活動時間は2分40秒と通常のウルトラマンより短くなっております。

ただでさえ短いのに、更に短くなるという凄まじいハンデを背負う事になりました。

また、光線技より体術に重きを置いている所も大きな特徴ですね。

特にキックチョップを得意としており、数々の敵を打ち倒しました。

しかし、それでは通用せずセブンの猛特訓によって新たな技を生み出す事もしばしば。

この猛特訓が実は曲者で、この時のセブンは気が狂ったかと思わせる位の鬼コーチっぷりだったそうで。

自分が戦えない事への焦りと、地球防衛に対する執念がそうさせたのでしょうが…

あまりの凄惨さに、視聴率まで下がってしまったみたいです。



(;´Д`)



その後、僅かながら路線変更され民話が元ネタの様な話なども作られる様になったとか。

他にも地味ながら光線技も使いこなし、円盤生物との戦いではかなりの使い手になっていた模様。

しかし、この番組を襲った不運はそれだけではありませんでした。

放映中に、オイルショックが襲い掛かり制作費を直撃

様々なリストラ策が断行された様です。

まさにリストラマン。

その結果、全滅する羽目になったMACにはもう可哀想以外の言葉が出て来ません。

お陰でついたあだ名が「全滅MAC」なんですから、もうね。

幾ら金が無いと言っても、1人残らず殺す事はないのではと思いました。

基地はおろか、メカまでも全部喰われてしまうとか悪夢も良い所です。

そりゃ、ここまでやれば制作費は何とかなるでしょうね。

しかし、子供達の心に残したトラウマと後の世に残るMACの不名誉っぷりの責任はどう取るのかと言いたい。

ただでさえ暗かった作品のイメージが、より一層暗く見えるおまけつきですしね。

他にも、16話でメンバーが総入替えになったりと不安定さが目につきます。

このろくでもない扱いを受けた防衛チーム「MAC

ちなみにMonster Attacking Crewの略だそうで。

宇宙ステーションを基地に持ち、戦力もそれなりにあった組織であった様です。

その隊長がかのモロボシ・ダンと言う所も、かなり強そうに思えました。

ですが悲しい事に、彼らが全滅した後も物語は続きます。

そして、最後までウルトラマンのみで戦い続けられた事で…

彼らが、居ても居なくても同じだった事が証明されてしまいました。

書籍「空想防衛読本」でも「存在価値の無い組織」とばっさり。

私も、彼らの事は1人たりとも覚えていません

何とも、切ない事です。




(´・ω・`)




それはさておき。

ウルトラマンレオと言えば、劇中に生き別れの弟である「アストラ」が登場した事を取り上げない訳には行かないでしょう。

レオとの息のあったコンビネーションで敵を翻弄し、合体技も持っています。

個人の戦闘力としても、レオに勝るとも劣らないとか。

宇宙でたった2人のL77星人と言う事で、仲も非常に良いみたいですね。

何となくですが、ライダーマンを思い出してしまいます。

そして、もう1人忘れてはならないのが「ウルトラマンキング

三大チートラマンの1人にして、伝説の超人です。

その数々の超常的な力で、幾度と無くレオやウルトラ兄弟を救いました。

キングの主な特徴としては、やはり目が赤い事が挙げられます。

正義のウルトラマンで、目が赤いのはこのキングだけでした。

他に赤い目を持つのは、悪のウルトラマンであるダークザギウルトラマンベリアル及びダークメフィストツヴァイカオスウルトラマンカラミティ位です。

ただ、ベリアルに関しては黄色かったり赤っぽかったり様々だったり。

これって一体どっちなんですかね?

後、ゼアスに登場したウルトラマンシャドーも赤いんですがこいつウルトラマンにカウントしていいんでしょうか?

なんせこいつだけロボットですので。

やはり、ニセウルトラセブンエースロボット同じ扱いでOK?



(´ε`;)ウーン…




まあ話を戻しまして。

キングの赤い目は、ウルトラ族の数万倍の視力があるそうで。

やはり、赤い目は強者の証なのでしょうか。

他にも、姿も他のウルトラマンとは一線を画しています。

頻繁に現れる存在ではありませんが、強烈なインパクトを持った存在でしょう。




ウルトラマンレオに登場した怪獣達は、何というかどれも妙に陰惨なイメージがあります。

レオという作品の暗さが、そのままイメージに被ってる感じがしますね。

まず思いつく強敵と言えば、やはりレッドギラスブラックギラスの兄弟怪獣。

そして、ガロンリットルの兄弟怪獣でしょうか。

前者はウルトラセブンを戦闘不能にし、後者はアストラの助け無しには勝てない強敵でした。

更に、ジャックと二人がかりで倒した二面怪獣アシュラン

この戦いでは、他にも怪獣ボールから生まれたセブンガーも加わっています。

ただ、1分しか戦えない上に再使用に50時間もかかる事からこの一回限りの使用でした。

しかも、MAC全滅時にダン諸共行方不明という有様。

一体、何処へ消えてしまったのでしょうね。

それはともかく。

ウルトラマンキングの初登場を促した、怪獣人プレッシャーも忘れてはいけません。

魔法使いみたいなを持ち、様々な超能力でレオを苦しめました。

で、MACを全滅させたシルバーブルーメも忘れられない悪夢でしょう。

防衛チームを全滅させるという、どんな敵も成し得なかった事をあっさりとクリア。

溢れ出るリストラパワーで、レオの周囲の人間までデリートしてしまいました。

恐るべしリストラパワー。



:(;゙゚'ω゚'):




この後、ウルトラマンメビウスとも別個体が戦ったり大怪獣バトルでも登場したりと結構な活躍っぷりです。

シルバーブルーメを送り込んだのは、ヤプール以来のレギュラー侵略者であるブラック指令

何故か司令ではなく指令ですが、これで正解だそうで。

こいつが送り込んだ円盤生物は、どいつもこいつも強敵でした。

特に印象深いのが、てるてる坊主に酷似したノーバ

勿論凶悪な敵で、こいつもメビウスに出演しています。

そして、計略を以ってレオを捕らえ冷凍した挙句バラバラにしてしまったブニョ

ポニョとは関係ないらしい。

冷凍バラバラ死体にされたのは、ジャックに続いて二人目ですね。

ウルトラマンキングの助けがなければ、完全敗北していた所でした。

しかし、最後の円盤生物であるブラックエンドはちょいと微妙かも。

何というか、ラスボスというイメージがいまいち無いんですよね。

おまけに、真のラスボスたるブラック指令は子供にフルボッコされた挙句死亡しています。

で、その際奪われた水晶玉を喰らって爆発四散と主人共々残念な最後でした。

タロウと言い、レオと言い何故最後の敵がイマイチ締まらないのでしょうね。

この傾向は、何とこの後のザ・ウルトラマンを挟んでウルトラマン80まで続くから困る。

まあ、それ以降はほぼ解消されるのですが。





そう言えば、このレオの変身道具である「獅子の瞳」も当時商品化されてませんね。

何というか不思議です。

デザイン的にはやはり美しく、アクセサリーとしても上物だと思うのですが。

後、玩具的には特に何も持ってなかったですね。

あまり思い入れが無いせいでしょうが。





そうそう、この作品はウルトラシリーズ初の主題歌変更があった事でも有名です。

まず前期主題歌の「ウルトラマンレオ」は、中々の名曲だと思います。

その勇壮なメロディは、劇中でも戦闘シーンに最後まで使われる程素晴らしいモノでした。

後期の「戦え!ウルトラマンレオ」は、自分的にはあまり好きでないかも。

と言うのも、曲調の妙な明るさが作品のカラーに合わない気がしてならないのですよ。

MACが全滅した後とか特に。

ただ、それを除けばウルトラマンらしい良い歌ではあります。




最後の敵を倒し、タロウと同じく旅立ったレオ。

それから5年後、新たなるウルトラマンである80が着任します。

となると、それまでに地球を去ったのでしょうね。

その後は、再度地球に来てメビウスを鍛えたりもしました。

更に、恩師セブンの息子であるゼロの師匠としても活躍したそうです。

また、ウルトラマンマックスにも警察官の役で中の人がゲスト出演しました。

その際、ファンが持っていたレオリングのレプリカをはめて登場。

最後には正体がレオっぽい事を匂わせたりで、かなりのファンサービスだったと思います。

これからも、レオの活躍は続いていく事でしょう。





故郷を失い、地球を守る為に最後まで戦い抜いたウルトラマンレオ

雄々しき若獅子は、今も宇宙の平和の為に戦い続けています。



( ´ー`)フゥー...

theme : 特撮
genre : サブカル

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード