07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ウルトラマン80回想録。

この作品は、初遭遇のリアルタイム視聴実写ウルトラマンでした。




初のアニメ作品だった前番組「ザ☆ウルトラマン

その放映終了後、すぐさま送り込まれた第二のウルトラマン。

それが「ウルトラマン80」でした。

勿論、私は引き続き視聴しています。

名前の80は、80年代の新たなウルトラマンという意味を込めて付けられたそうで。

ウルトラマンの中でも、唯一放映された年が名前で分かる稀有な存在ですね。

当時、弟にウルトラマン81が居るというネタが何処かにあった様な。

デザインも、初代ウルトラマンをベースにシンプルになっています。

しかし、良く見ればかなりオリジナリティのあるデザインですね。

まず、これまでのウルトラマンであった背びれが無くなっている事。

着ぐるみのファスナー隠しの意味があった背びれですが、新技術の投入で必要無くなったお陰なんだそうで。

これ以降のウルトラマンは、殆ど背びれが目立たない感じになっています。

ただ、デザインとして取り入れられているので一応存在はしますが。

そして、鼻梁が造形されている点も大きな特徴ですね。

この造形のお陰で、ひと目でウルトラマン80と分かる様になっているのではないかと。

更に、ボディのへその部分に菱型のバックルが付いています。

これも80オリジナルの部分で、バックルビームを放つ事が可能。

似た様なモノが、同作品に登場したウルトラの女戦士ユリアンにも存在しますが…

攻撃に使えるかは不明です。

そう、80と言えば初の女戦士であるユリアンが登場していますね。

厳密には戦士ではないらしいですが、物語内で戦闘行為を行ったのはウルトラの星出身者ではユリアンがでした。

その後も、ウルトラマンUSAでウルトラウーマンベスが登場した位なので非常にレアな存在です。

他にも、U40出身のウルトラマンジョーニアスの妹アミアもいますが取り敢えず除外

ウルトラマン妹?知るかそんなの。

しかしこのユリアン、肩書きがまた凄い。

何と「ウルトラの星の王女」だそうで。

つか、ウルトラの国って王政だったのですね。

となると、そろそろウルトラ大王とかウルトラの王子とか出てきてもおかしくないと思います。

何かサイヤ人みたいですな。



'`,、('∀`) '`,、



ウルトラマン80自身に関しては、相当強いウルトラマンだったのではないかと。

なんせ、全ての戦いにおいて負け知らずなんですから。

これまでのウルトラマンは、必ず最低一度は負けています。

しかし、この80は最後まで無敗のまま終わりました。

それは非常に凄い事ですよね。

特訓で新技を追加するという事も無かったので、最初からかなり完成された戦士だったのでしょう。

ウルトラ漫画では、地球へ来る前の80が厳しい修行に耐える姿が描かれていました。

その事からも、才能に胡座をかいている訳ではなくするべき事を全て終えてやってきたと思われ。

逆にメビウス辺りは、この辺りをすっ飛ばして来た為に未熟だったのではないかと。

タロウによって、最低限の戦闘訓練は行われましたが。

宇宙刑事で例えるなら、80がシャリバンでメビウスがシャイダーという感じですか。

レオに至っては、メビウスの域にすら達していない状態で戦い始めたのでしょう。

元々ウルトラ戦士ではないですしね。

だからこそ、セブンによる厳しい特訓が課せられたのでしょうが。

ただ、勿論敗北寸前まで行った事はあります。

その際に、ユリアンが初変身を行い80の窮地を救いました。

彼女に助けて貰ったとは言え、死ぬまで行かなかったのは素直に凄いです。

80の必殺技は「サクシウム光線

SUCCESSから付けられたというこの光線は、一説にはストリウム光線以上の威力があると言われていますね。

放つ前に、タロウやエースと同じく独自のポーズを取ります。

溜めなのか、それとも発射に必要なプロセスなのかは不明ですが。

その他にも多彩な技を持ち、心技体のバランスが良く取れていると思います。



(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン




そして、ウルトラマン80で特筆すべき点は最初からちゃんとした職業持ちだった事ですね。

人間に変身して滞在しているタイプには珍しい存在です。

同じタイプのセブンなど、最初は風来坊でしたしねw

ウルトラ警備隊に入隊出来なかったら、ホームレスヒーローだったかも知れません。

ただし、途中で続けられなくなったのか最初の職業である教師は投げ捨ててしまってますが。

と言うか、幾らウルトラマンでも無休で働くのはきついでしょう。

UGMに入隊した後は、放課後休日を丸々当てていたみたいですし。

こんな無茶を続けていたら、ウルトラセブンみたいに過労死寸前まで行ってしまいそうです。

仕方無かったとは言え、教育を途中で投げてしまった事を本人は非常に悔いていました。

メビウスでは、その事についてのフォローが成されていましたね。

その回は、ある意味本当の最終回としても良い位の良い出来でした。

リアルタイムで見た私も、凄く懐かしい想いでその回を見ていたのを覚えています。

劇中で元教え子が言った「俺達のウルトラマン」と言う言葉は、まさに80をリアルタイムで見た世代の言葉を代弁している様で嬉しかったです。



(`・ω・´)




さて、80の変身アイテムについても触れておきましょうか。

その名も「ブライトスティック

初代ウルトラマン以来、久しぶりにスティック状に戻りました。

当然ながら、声が鈴置洋孝でも左舷の弾幕が薄い訳でもありません。

このアイテムが凄いのは、初の変身以外にも使えるアイテムだったからです。

の先に装着して威力を強化したり、バリアを張る事も可能という高性能仕様。

ベーターカプセルから一気に進化した感がありますね。

まあ、恐らくは玩具を出すスポンサーの意向もあったのでしょうが。

付加価値があれば、より売り出しやすいのは確かですしね。

勿論、コストも跳ね上がってしまいますが。



(;´∀`)





80の怪獣に関しては、流石に覚えている奴は多いですね。

ザ☆ウルトラマン同様、再放送が無かったので一回きりしか見ていないのですが。

一号怪獣月の輪怪獣クレッセントに始まり…

親子怪獣ザンドリアス&マザーザンドリアス

4次元からの侵略者の手先、ロボット怪獣メカギラス

メビウスにも登場した、硫酸怪獣ホー

更に、人を怪獣に変える凶悪極まりない吸血怪獣ギマイラ

それとは逆に、タロウに登場しそうなファンタジックな奴らも居ましたね。

相撲の神様が変身したとされる、すもう怪獣ジヒビキラン

そして、足の神様が変身したマラソン怪獣イダテンラン

つか、いきなりえらい投げやりな怪獣どもですねw

見ていた当時、カラーの違いにかなり面食らった覚えが。

特にジヒビキランの回で、着いて行こうとしたマラソンランナーがアキレス腱を切って苦しむシーンは妙にリアルで怖かったです。

こいつらはいずれも、神様だけに殺される事もなく終わりました。

他に、ゴモラバルタン星人などの常連もいます。

特にバルタン星人なんかは、滅んだはずの星に動物園を作ろうと企む抜作っぷりでした。

新しくバルタン星を制定したのか、滅んだのを知らない別の集団なのかは未だ謎のまま

この侵略の後、この世界軸にはバルタン星人は出現していません。

完全に滅んでしまったか、それとも侵略を諦めたのかはやはり謎のままです。

他にもレッドキングが出現しましたが、こいつは本物に良く似たイミテーションでした。

ゴモラは2と呼ばれる、ウルトラマンと戦った奴とは別個体だそうで。

原種とは違う超能力を持っている事から、改造されている説が濃厚だとか。

更に強敵と言えば、80を敗北寸前まで追い込んだ合体怪獣プラズママイナズマ

こいつらのお陰で、最後の戦いにおいてウルトラマン80は出撃ストップをかけられてしまいました。

そしてその最終回で、ウルトラマンと戦う事無いままUGMに葬り去られた冷凍怪獣マーゴドンなどなど。

このマーゴドン、冷凍怪獣にしては妙にリアルな弱点を持っていました。

と言うのも、常に低温なので衝撃に弱くなっているのだそうで。

何か奇妙なバランス感覚の元に成り立っている怪獣ですね。

他にも熱攻撃には異様に強いと言う、冷気属性にしては非常に珍しい特徴があります。

もしファンタジーRPGに登場したら、初見撃破が難しいかも。

純粋にレベルを上げて物理で殴るのが良い模様。

ちなみにこのマーゴドンを最後に、怪獣は25年間出現しない時代が続きます。

どうでもいい話ですが、こいつが出てきた最終回のタイトルがちと酷い

あっ! キリンも象も氷になった!!

どう思います?

最終回のタイトルとは思えない、脳天気ささえ漂うタイトルじゃないですか。

そこは鉄板タイトルで、さらばとかさよならウルトラマンとか付けとけば良かったのにw



(´・ω・`)




そして、この作品の防衛組織はUGM

Utility Government Members」の略だそうで。

レオの帰還からクレッセント出現までの5年間、この組織が地球を守っていた事になります。

結構長い期間が開いたせいか、怪獣の存在すら過去のものになりつつあった時期だったそうで。

少しでもクレッセントの出現が遅かったら、解体されていたかも知れませんね。

最も、いつ怪獣が出現するか分からない事が実証されたお陰で、メビウスの時にも防衛組織が存在したのでしょうが。

前回でも触れましたが、大型母艦「スペースマミー」を所持。

他にも汎用戦闘機のスカイハイヤー

分離合体が可能なシルバーガルなどで武装しています。

特筆すべき点は、メイン武器にレーザーを採用している事でしょう。

これまでの防衛組織の戦闘機が主にロケット弾で攻撃していただけに、かなり画期的でした。

実際にはレーザーバルカンみたいな感じでしたが、非常に綺麗で強そうな印象を受けましたね。

ただ、母艦であるスペースマミーはあまり強くない印象があります。

何か妙に負ける事が多かった様に思いました。

UGMでも弱いのではないかと言う疑問があったのか、途中で武装が強化されています。

基本は母艦であり、戦艦では無いと言う事なのでしょう。

しかし割りと頑張った組織でもあり、最後は自力で怪獣を撃破するまでになっています。

ですが、残念ながらこの戦いの後すぐに解体されてしまったみたいですね。

勿論、無防備宣言を出した訳でも無く新しい防衛組織の構築の為だったのですが。

この後地球を守る事になるチームGUYSは、10年の準備期間を経て結成された様です。

これに関しては、またメビウスの時にでも語ろうかと。





そう言えば、この作品はレオに続いてOPが変わった作品ですね。

ザ☆ウルトラマンからEDが加わり、そちらも変化しました。

私はどちらのOPも非常に気に入っています

前期OPはウルトラマン80の事を、悲哀も交えて歌い上げた名曲。

後期OPは、頼もしいヒーローとしての80を歌い上げた名曲だと思います。

感じとしては、前期が平成に近く後期が昭和に近い印象を受けましたね。





玩具に関しては、小さな可動フィギュアを所持していた事を覚えています。

ウルトラマンの他にも、様々なヒーローが商品化されたお手頃価格のシリーズでした。

可動範囲は足の付け根位ですが、一応満足していたと思います。

それ以外は特に何も持ってなかったですね。

勿論、怪獣消しゴムは引き続き蒐集していましたが。





私はこのウルトラマン80と言う作品が大好きだったのですが、どうも視聴率的には失敗だったみたいです。

様々なテコ入れが施されましたが、結局劇的には上がらずじまいだったそうで。

妙にファンタジックな回があったのも、子供の視聴者を増やそうとした努力の跡だった模様。

その後、ウルトラマンティガまで15年半もTV放送のウルトラマンが途絶えてしまいます。

これは、仮面ライダーより遥かに長い時間ですね。

それだけ、TV局にとっては痛いダメージだったと言う事なんでしょうか。

それでも、私は「俺達のウルトラマン」である80が好きです。






ウルトラの星から飛来し、教師と防衛隊の二足のわらじで活躍したウルトラマン80。

その活躍と強さは、今でも私のリアルタイムレジェンドヒーローです。



( ´ー`)フゥー...

theme : 特撮
genre : サブカル

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード