06
2
3
5
7
9
10
12
14
16
17
19
21
23
24
26
27
28
29
30
   

ウルトラマンダイナ回想録。

ティガに続いて「ウルトラマンダイナ」を取り上げます。



この作品は、ウルトラマンティガと世界観が繋がった話です。

その繋がりは、従来のウルトラシリーズより密接と言えるレベルでした。

ウルトラマン同士の共演こそありませんでしたが、勿論前作主人公も登場。

そして、防衛組織「GUTS」も強化再編成され「スーパーGUTS」となっています。

旧メンバーも様々な道を進んでおり、この作品でもそれがちゃんと描写されていました。

それまでのウルトラマンで違和感があった「旧防衛組織のメンバーは何処に?」と言う問題を解決している辺り、今回は抜かりがありません。

後に平成仮面ライダーシリーズも、似た様な道を歩みます。

クウガとアギトの関係は、どう考えてもティガとダイナを意識しているのではないかと。

最も、アギトでは制作側のポカでクウガの遺した遺産を使えずじまいに終わりましたが。

そこが、円谷プロと東映のなんでしょうね。

その後、東映が過去の財産を使う事に思い当たるまで相当な時間を要する事に。

具体的に言えば龍騎から電王の映画まで。

さて、この作品のメインであるウルトラマンダイナ。

実は、ティガ回でも言及した通り由来が殆ど不明なウルトラマンです。

能力の特徴的にティガに似ていますが、超古代文明とは関係がない模様。

主人公アスカがその力を手に入れたのも火星と、ティガとは全く異なる経緯です。

ティガではあそこまで細かく設定されていたモノが、ダイナになると何故こんなに不明瞭なんでしょうか。

そこが非常に気になる所。

もしかしたら、超古代に地球から旅立ったのひとつが帰って来たのかも知れませんね。

所でこのダイナ、最終回で珍しい事になっています。

宿敵を下したのは良いものの、その後ワームホールに消え何と生死不明となってしまいました。

これまでのウルトラマンでは考えられない凄いオチです。

見ていた当時、唖然としたのを覚えています。

これまででは、主人公やウルトラマンが生死不明なままなんて事は殆ど無かったからなんですが。

バッドエンド嫌いの私から見たら、あまりにもありえない展開過ぎて受け入れがたかったのです。

その後、最近まで私的にはこのダイナの評価は低いままでした。

しかし、大怪獣バトルの映画で生存がはっきりと確認されて再度びっくり。

これでようやく、私の中での「ダイナ」への思いに決着が付いた気がします。

最も、その前に「超ウルトラ8兄弟」で再会してかなり許せる状態になっていたのですが。

その後も、最新の映画でも登場と相当客演が多いウルトラマンとなっています。



(`・ω・´)




ウルトラマンダイナは、ティガ同様3つの姿を持っています。

まず基本の「フラッシュタイプ

バランス型で、必殺技は「ソルジェント光線

ウルトラマンのスペシウム光線と同じポースから放たれる、ダイナ最強の光線です。

ただし、スペシウム光線同様通用しなかった事も多いのですが。

しかし、本編以外では強化型グリッターソルジェント光線などもあり、やはり最強の技なのだなぁと思いました。

後、ティガよりがっしりとした体型に見えます。

中の人はどうやら同じなので、わざとそう作ってあるのでしょうかね?

それとも私の気のせいでしょうか。

まあ、それは置いておくとして。

次の形態は「ミラクルタイプ

速度と超能力に特化した姿で、色はウルトラマン初となる

この姿を見慣れていたせいで、後番組「ウルトラマンガイア」に登場したウルトラマンアグルにも違和感がありませんでした。

その後、青いウルトラマンが続々登場するのですからこの初は凄い事なのではないかと。

必殺技は「レボリウムウェーブ

敵の背後にブラックホールを作り出し、吸い込ませて圧殺する恐ろしい技です。

威力的にはソルジェント光線より上っぽいのですが、無敵とは言えず何度か破られた事が。

ダイナの敵も、結構厄介な奴が多かったですね。

そして最後は「ストロングタイプ

力に極振りの姿で、ティガ同様赤の戦士となっています。

基本的に光線技より体術が得意で、必殺技以外光線技を持ちません。

何かレオを思い出しますね。

その唯一の光線技が「ガルネイトボンバー

赤い色の光弾を敵に叩きつける技で、恐らく一番破られた回数が少ない技です。

ただ、流石に3タイプチェンジは食傷気味だと感じたのか、次回作では採用されていません。

これも、平成ライダーシリーズが同じ道を辿っています。

クウガ・アギトの後に始まった龍騎は、カードで様々な武器や能力を扱うライダーでフォームチェンジはありません。

何と言うか、奇妙な一致ですね。

この後ライダーは電王までフォームチェンジが封印されますが、ウルトラはコスモスで早々と復活しました。

やはり、ガイアで何か思う所があったのでしょうね。



(´ε`;)ウーン…



新たなる光たるダイナに変身するのは、アスカ・シン

何処かで聞いた名前ですが、こちらがです。

演ずるのは、お馬鹿タレントとして一世を風靡する事になるつるの剛士

ダイナを視ていた当時、そんな事になるなど夢にも思わなかったですw

ただし、本人はウルトラマンである事に誇りを持っており後の客演にも快く出演しています。

キャラが明るい事もあり、ウルトラファンで彼を嫌いという人は非常に少ないのではないかと。

アスカの変身アイテムは「リーフラッシャー

ダイナの顔を模した岩石みたいな形をしており、変身時には折りたたまれたクリスタルが展開します。

そう言えば、このダイナは平成三部作唯一最強フォームを持たないウルトラマンです。

少なくとも、本編では登場していません。

前回で一番扱いが適当だと言った訳は、これが根拠となっております。

客演は一番多いんですがねぇ。

ただ、見方を変えれば「最強フォームを必要としなかった」とも言えます。

素のままでも強いウルトラマン。

それは、ウルトラの星出身のウルトラマンにも通じる点です。

だからこそ、別次元に飛ばされたダイナはウルトラの星出身のウルトラマン達に出会い、協力して戦う事が出来たのではないでしょうか。

まあ、コスモスやゼロみたいな異端もいますが(しかも映画で共演という共通項まである。)



(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン





先に少し触れましたが、この作品の防衛組織は「スーパーGUTS

Super Global Unlimited Task Squadの略です。

相変わらずブラック企業なんでしょうか(おい)

頼りになる隊長であるヒビキ・ゴウスケの指揮の下、日夜戦い続けるエキスパート集団です。

組織としても相当強固で、15年後を描いた映画「ウルトラマンサーガ」でもまだ存続中の模様。

また、ダイナの名付け親はこの組織のオペ子でした。

戦力として、三体分離合体構造を持つ高性能戦闘機「ガッツイーグル」を所持。

その他、前作での主力戦闘機だったガッツウイングも改良されて配備されています。

そして、前回のアートデッセイ号的存在が巨大移動基地「クラーコフNF-3000

しかし、妙にトラブルに見舞われる事が多く頼もしい兵器とは言えませんでした。

形も何かタコクモみたいで、格好良いかどうか凄く微妙です。

当然ながら、製品化もされていません。




(;´Д`)





ダイナの怪獣に関しては、ティガ以上に記憶に残っていない気がします。

一応宿敵として「スフィア」という存在がいるのですが、正直ぱっとしません。

と言うのも、人類の宇宙進出を邪魔する存在なのに最後までその理由が不明なままだったからですが。

おかげで、ただの理不尽な災害そのもの以上の存在になれなかったのです。

最後には親玉まで登場し、太陽系を飲み込もうとしました。

しかしながら、それを行ったらどういうがあるのか?

何が嬉しいのか?

全て不明なままで終わってしまいました。

ぶっちゃけ、やってる事が新マンに登場したちょい役の怪獣バキューモンと変わりないから困る、

姿も無個性な球体で、お世辞にも格好良いと言えません。

ただ、こいつは怪獣や物質と融合して強化形態にする力があります。

その設定が、後のコスモス辺りにより昇華された形で受け継がれた様に感じました。

他に唯一、強烈な印象が残っているのが「姑獲鳥

ウルトラではお馴染みの妖怪系怪獣ですが、私的にはメガテン系でもあるのでインパクトが強かったです。

造形も素晴らしく、妖怪系ならではの不気味さがナイスでした。

後は、やはりダイナを一度は倒したスフィアの合成獣ジオモス

こいつは後のネオジオモスという新形態になり、大暴れしました。

この回は、他にも旧GUTSメンバーが登場したりと嬉しい回でもありましたね。

それと、人造ウルトラマン「テラノイド」は怪獣扱いでOK?

スーパーGUTSの兵器とも少し違いますし、かと言って偽ウルトラマン系とも少し違うややこしい存在ですし。

こいつは、人造ウルトラマン計画で作られた石像にアスカからパクった光を照射して生まれた存在です。

戦闘能力は高いのですが、いかんせん心がない為にあっさりスフィアに寄生されてしまいました。

心が無ければ光を生み出す事も出来ませんし、とんだ欠陥兵器です。

ウルトラマンを我が物としたい気持ちは分かりますが、考えなしに計画を実行したとしか思えない迂闊さではないかと。

根本的に「ウルトラマンとは何か?」を理解しないまま作られた、哀れな存在です。

まあ、実行した本人は責任を取ってダイナにに光を補給し死亡していますが。

そうそう、それとは別に偽ウルトラマンダイナもいましたね。

特徴も悪い目つき尖ったつま先と、偽ウルトラマンを踏襲しています。



'`,、('∀`) '`,、




そう言えば、マスコット怪獣「ハネジロー」の存在も忘れてはいけません。

登場が11話から47話までと、ほぼメインキャラと同じ扱いを受けた初の怪獣です。

愛らしい姿と人懐っこい性格だったお陰か、マスコットとして基地に住み着く事を許されていますね。

頭もそれなりに良く、何とホームページまで持っていました。

47話で宇宙に帰還しますが、番外編で戻って来た模様。

このハネジローを受け継いたのが、コスモスのクレバーゴンやメビウスのリムエレキングなのかもですね。






主題歌は、ティガから打って変わって正統派のモノになりました。

画像もシルエットになり、一気に先祖返りした印象を受けます。

しかし、非常に力強く良い歌でした。

エンディングは二曲あり、どちらもかなり良い歌です。

私的には前期エンディング「君だけを守りたい」の方が好きかも。

ちなみにこの曲、つるの剛士バージョンも存在するそうで。

機会があれば、聞いてみたいモノです。

それと、80以来久しぶりにワンダバコーラスを入れた挿入歌も作られました。

劇中で幾度と無くかかったので、覚えている人も多いはず。

これも中々良いワンダバでした。





玩具関係は、やはり手を出さずじまい。

ガッツイーグルは少し欲しいと思ってしまいましたが。





新たなる光として、地球を守り抜いたウルトラマンダイナ。

その戦いの旅は、今尚続いています。



( ´ー`)フゥー...

theme : 特撮
genre : サブカル

comment

No title

初書き込み失礼します。

私が印象に残っているダイナの怪獣はゴルザⅡです。

Wikipediaによるとダイナは一回しかタイプチェンジが出来ないと書いてありましたけど、本編で描写されましたっけ?。

クウガ・アギトの後から電王までフォームチェンジがなかったと書いてますけど龍騎はサバイブ、555はアクセルやブラスター、剣はJフォームやKフォーム、やワイルドカリス、響は紅とアームド、カブトはハイパーフォームとフォームチェンジしていると思うのですが?。

No title

>ハナ様

コメントありがとうございますv

ゴルザはかなり多く登場していて、目立つ存在ですよね。
取り上げるのをすっかり忘れておりました;

後、フォームチェンジの問題ですが…
所謂汎用フォームチェンジと、最強フォームをごっちゃにされているのではと思います。
なのでサバイブやアクセルなどは最強フォームとカテゴライズされており、状況に応じて変えるフォームチェンジとは違うと私は解釈しております。
電王で言えば、クライマックスフォームやライナーフォーム(これは最強ではなく最終フォームですね)、キバならエンペラーフォームが最強フォームで、フォームチェンジでなれる姿(ソードフォームやガルルフォームなど)とは明らかに違いますよね?
アギトならシャイニングフォームですし、クウガならアルティメットフォームが「最強フォーム」です。
そういう解釈で書いておりますので、ご了承頂ければ幸いです。

No title

フォームチェンジの解釈了解しました。
初コメントで長々と書いてすいませんでした。

No title

>ハナ様

いえいえ、解釈に関しては色々難しいですよね。
後、ファイズの場合はアクセルが「強化フォーム」で、「ブラスター」が最強フォームですね。
少し訂正をしておきます。

ライダーも色々で、汎用フォームと強化フォームと最強フォーム(クウガ・アギト・電王・キバなど)を持っている者がいる一方で、最強フォームしかない者(龍騎)、強化フォームと最強フォーム持ち(響鬼・ブレイド・ファイズなど)もいると言うのが面白いですね。
一方で、カブト(特殊進化系チェンジと最強フォーム持ち)やRX(強化フォームとフォームチェンジを兼ねる)やディケイド(特殊フォームチェンジと最強フォーム持ち)みたいな変わり種もいます。
これが昭和になると、強化フォームがデフォルトで固定されるのが当たり前(一号・二号・スカイライダーなど)でしたね。
平成第二期からは、Wのハーフチェンジやオーズのコンボチェンジなど、もっと複雑な方向性になって行きました。
現在のウィザードは、今の所非常にクウガに近い位置にありながら、全ての力をまとめたり分身出来たりともうやりたい放題です。
これからも、更なる進化を遂げたライダーが登場するのでしょう。
それを、楽しみに見守って行きたいですね。
長文失礼しました。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード