11
1
3
4
6
8
10
11
13
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

超人バロム・1回想録。

今回は、合体変身で割りと有名な「超人バロム・1」を取り上げます。





とは言っても、この作品も再放送を数回視た程度なんですが。

取り敢えず、ストーリーをば。

大宇宙で何千年も戦い続ける二つの力があった。一つは、平和と正義の力であるコプー、もう一つは、悪と呪いの力であるドルゲ。
激しく永い戦いの果てにドルゲは地球に到達し、地底深くに住処であるドルゲ洞を構え、地球を悪の世界にするための活動を開始する。ドルゲ自身は直接手を下さず、人間を自らの分身=悪のエージェントとして超能力を与え、人類滅亡計画を実行させる。
コプーもまたドルゲを追い地球に到ったが、彼の生命は寿命を迎えようとしていた。
その時出会ったドルゲの戦闘員・アントマンと勇敢に戦う2人の少年、白鳥 健太郎(しらとり けんたろう)と木戸 猛(きど たけし)の友情と正義感に心を打たれたコプーは、彼らに「超人バロム・1」に合体変身(バロム・クロス)する能力を与え、ドルゲとの戦いを託したのである。
白鳥健太郎と木戸猛はドルゲ魔人に対抗する正義のエージェントとして、ドルゲ魔人探知機ボップを使い、暗躍するドルゲ魔人の企みを見破り、彼らと闘う。


(Wikipediaより転載)



バロム・1と言えば、私的にはやはり主題歌がまず最初に出てきます。

大御所、水木一郎が熱唱する名曲ですが、間違いなく一度聞いたら忘れないインパクトがありました。

カッコイイ歌なのですが、問題は歌詞に擬音が凄く多い事です。

だからと言って、擬音を抜いたらスッキリはするものの物足りない

そんな、不思議な歌でした。

似た様な歌に、同じく水木一郎が歌うゴッドマンの歌があります。

こっちは、歌詞の殆どが「SOS」で構成されるという奇妙な仕様。

何故かニコニコ動画で妙に人気が出たので、知っている人も多いのではないかと。

それはさておき。

このバロム・1、ごっこ遊びでも結構人気でした。

と言うのも、非常に面白い変身方法を取っていたからなんですが。

2人の主人公(子供)が、友情パワーを高めて腕をクロスさせる事で変身。

堂々たる大人のヒーローであるバロム・1となるのです。

最初から大人のヒーローに比べると、非常にごっこ遊びがしやすいと思いませんか?

特別なアイテムも要りませんしね。

最も、変身した後は片方がお払い箱になるのですが。

何処かの記事では、変身に参加した後は戦闘員役をやらされていたと書いてありました。

バロム・1役を続けるのは、力関係が上の人間だったそうで。

何と言うか、ご愁傷様です。



(´・ω・`)




このバロム・1。

ヒーローとしては、結構カッコイイデザインでしたね。

流石は平和と正義の力コプーのエージェント

ちなみにエージェントとは「代理人」と言う意味です。

この場合は、戦えなくなったコプーの代理人という意味があるのでしょう。

しかし、デカレンジャーの敵のエージェント・アブレラは誰の代理人かは不明なままでした。

中々良い言葉を持って来ていますね。

バロム・1のエネルギーは、ずばり「友情

これが低下すると、変身中でも分離してしまうそうで。

戦闘の方針などで揉めると、そのまま分解敗北の危機が訪れます。

事実、中で揉めて分離なんてピンチが幾度かあった模様。

キカイダーみたいに、変身してしまえばこっちのものという訳にはいきません。

友情パワーがエネルギーだけに、シビアなヒーローです。

ただし、スペックは相当高く過保護とも言えるレベル。

やはり、子供を変身させると言う事で細心の注意を払ったのでしょうか。

ちなみにバロム・1はマッハロッド号というを持っています。

しかし、変身者が子供なので無免許運転と言う事に。



Σ(゚д゚lll)ガーン



まあ、車検も通らないし普段はボップに姿を変えてるのでどーでもいいと言えばどーでもいいですが。

仮面ライダーでもアマゾン辺りは間違いなく無免許運転でしょうしねぇ。

それは置いておくとして。

バロム・1と言えば、やはり気持ちが悪い怪人どもでしょう。

仮面ライダーでも序盤にあった怪奇性を、もっと突き詰めた形がドルゲ魔人です。

初期は動物や人間に、ボスのドルゲの細胞を移植した怪人でした。

この中でも、不気味な子守唄を歌うヤゴゲルゲは結構有名だと思います。

私も、何故かこいつの歌だけはなんとなく覚えていました。

とは言え、まだまだ仮面ライダーの怪人とそれ程がある訳ではありません。

問題は、そいつらの後に出現したドルゲの体の一部から作られた連中です。

こいつらが、本当に気持ち悪い造形でした。

クチビルゲ、ノウゲルゲなど本当に体の一部がクローズアップされた怪人だったのです。

とは言え、ドルゲなので人間にないパーツも怪人化していましたが。

ウロコルゲトゲゲルゲなどがそうですね。

特にトゲゲルゲは、非常にエグい作りをしていました。

と言うのも、中世の拷問器具に「鉄の処女」と言うモノがありました。

女性を象った像で、中にはトゲが無数に生えているアレです。

最も、この鉄の処女は実際には存在せず偽物だけが残っているらしいのですが。

まあ、そもそもあんな中に入れられたら拷問以前に死にますしね。

で、そのトゲゲルゲはその機能を持ち合わせた怪人でした。

つまり、開閉出来る蓋が体に付いており、そこに犠牲者を挟み込んでトゲを突き刺すのです。

しかも、ご丁寧に毒付きというからもう凶悪なんてものではありません。




(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!




キン肉マンに登場したジャンクマンを思い出す人も多そうですよね。

兎に角、それに刺された人間の姿が物凄く怖かったのを覚えています。

今でこそ怖いもの無しですが、当時は残酷なシーンとかオカルトチックなシーンが苦手な子供でしたので。

正直、トラウマレベルで恐ろしかったですね。

ただ、怪人が死んだら消える毒ってのは微妙です。

ハッピーエンドにするには良いシステムですが、使う方には全くメリットがありません

と言うか、リアルでもそんな毒は存在しませんし。

だったら毒では無く、怪人とリンクしたウイルスナノマシンの方がまだマシそうです。



(´ε`;)ウーン…




後、ノウゲルゲってモロに脳味噌が露出してますが大丈夫ですか?

一撃喰らうどころか、空気中に晒すだけでもダメージを受けそうですが。

せめてハカイダーみたいに、カバーを付けるなりして下さい。

そのままでは、歩く弱点そのものです。

攻撃方法も、脳波を吸うという意味不明なモノでした。

なんだかなぁ。

戦闘では、やはり本体に攻撃を喰らうとあっさりやられてしまった模様。

循環させていたのであろう、血液を派手に垂れ流して死んだそうで。

まあ、脳味噌じゃ仕方ありませんよね。





それとOPのネタを冒頭に取り上げましたが、EDテーマも名曲だったと思います。

と言うか、こっちの方が私は好きかも。

玩具関係は一切持っていなかったですが、当時出ていたボップの玩具を投げて壊したと言う人が多いと聞きます。

まあ、劇中でも投げる事が多いアイテムですしねぇ。

象が踏んでも壊れないボップとか発売したら、バカ売れしたかも知れません。




そして、この作品も残念ながら打ち切り作品でした。

一番の原因は、仮面ライダー程の人気が出なかったせいなんだそうで。

しかし、敵のボスと同じ名前の外国人から苦情を喰らったせいだと言う話の方が有名ですよね。

実際、影響がゼロと言う訳では無さそう

諸々の複合した理由によって、全35話という結構中途半端な話数で終わってしまいました。

野心的な作品だっただけに、残念ですね。





様々な新機軸を盛り込んだ野心作「超人バロム・1」

結果は打ち切りでしたが、トラウマ怪人も含めて見るべき点の多い作品でした。




( ´ー`)フゥー...

theme : 特撮
genre : サブカル

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード