11
1
3
4
6
8
10
11
13
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

HGUC ガンダムデルタカイレビューもどき。

発売日当日に購入したのですが、ようやく組み上げたのでレビューしようと思います。





本当なら、アリオスのに組み立てるべきキットでした。

しかし、多めのパーツ数に気後れしアリオスを急遽リハビリ用として購入したのです。

で、ある程度感覚を取り戻してからいざ挑戦しました。

…まあ、実は組んだだけで完全に完成してはいないのですが。

作業的には、合わせ目消しスミ入れ残すのみとなっております。

先に取り上げたアリオスも、実は部分塗装が残っていたり。

それはさておき。

組んでみた感想は、やはり非常にゴツいと感じました。

背中など、バックパックがないに等しいのにゴツく感じます。

折り畳めないプロトフィンファンネルと、ウイングバインダーがかなりの面積を専有しているのが大きいかなと。

と言うか、なんでこの機体プロトフィンファンネルなんて装備してるんでしょうか?

フィンファンネルと言えばνガンダムですが、これは0093年に活躍した機体です。

で、ガンダムデルタカイがテストされていたのが一年後の0094年

既に正式品のフィンファンネルが登場していますね。

なのに、何故プロトタイプを使用していたのでしょうか?

何らかの理由で、正式品が手に入らなかった?

プランのみの存在だった量産型νガンダムでも、フィンファンネル装備型が存在するんですが。

は深まるばかり。

こいつが主役の漫画が連載中みたいですが、そこで明らかになるのですかね。

後、こいつに搭載されているサイコミュがトンデモな代物らしいです。

何でも、乗った人間を勝手に強化人間に改造してしまうのだとか。

今まで様々なサイコミュが登場しましたが、改造までやってしまうのはこいつくらいではないかと。

全くもって油断ならない機体です。



(´ε`;)ウーン…



そして、真性のゴツさを誇るのがシールド

ハイメガキャノン砲ビームキャノン兼ビームサーベルが搭載されたそれは、ゴツいなんてモノではありません。

これでぶん殴れば、ギラ・ドーガの頭くらい軽くへしゃげそうです。

サザビーだったら、パイロットが即死でしょうか。

シールドとして使用した場合、破壊されれば著しく戦闘力が下がるから困る。

変形も出来なくなるので、最早説明でも書かれている通り名ばかりシールドですね。

このシールドと背負いモノを全部排除すれば、かなりすっきりした姿になります。

武装はロングメガバスターとビームサーベルのみと、かなり簡素に。

ポロリする場所も一気に減るので、弄りやすくなるかと。

全身の可動は、ごく普通かなと感じました。

ごちゃごちゃしているので、かなり可動範囲が狭く感じられます。

ボディのカラーリングは、これまでのどの宇宙世紀ガンダムとも違う不思議なモノ

強いて言えば、HIーνガンダムに近い?

色分けに関しては、シールが多いのが曲者ですがほぼ完璧ではないかと。

しかし、何か顔に妙なコレジャナイ感を感じました。

若干、縦長すぎる様な気がします。

何かヒュッケバインとかを見ている気分と言えば、お分かりになられるでしょうか。

カラーリングも手伝って、R1とかヒュッケバインなどに近い印象を受けます。

ボックスアートのデルタカイとも微妙に違うので、なおさらに感じました。

とは言え、フル装備させた姿は非常にカッコイイです。

ディスプレイするだけなら、とても映えるのではないかと。



(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン




そして、ウエイブライダーへの変形は大量の余剰パーツを出して行います。

正直、説明書を見ないと変形させられません。

何度かやれば覚えるでしょうが、あまりにも面倒過ぎてやりたくないです。

現在も、ウエイブライダー形態のままアリオスのディスプレイスタンドに刺さったまま絶賛放置中。

この形態の方が、心なしかポロリが少ないですしね。

そう、差し替え変形の恩恵は変形後がかっちりと決まる所です。

アリオスの変形は優秀ですが、一部ロックされない場所がありました。

しかし、こちらでは大体しっかりと決まります。

MS形態への変形は、完全に忘れてしまっても良さそうな気も。

まあ、それでもプロトフィンファンネルの固定がイマイチなんですが。

飛行形態自体は、やはり非常にカッコイイモノとなっております。

惑星間飛行もこなせそうな、中々のヘヴィさではないかと。

ただ、この形態も何か妙にデジャブがあります。

てか、第二次スパロボαに登場したアルテリオンの飛行形態に似てません?

カラーリングと、全体的なイメージが何となくですが。



'`,、('∀`) '`,、




中々楽しいキットですが、欠点もかなり多いです。

まず、動かしているとポロリが頻発するのは頂けませんね。

背中の背負いモノ全般シールド、腰の両側に付いているサイドアーマー

そして、肩アーマーが全部ポロリの対象です。

肩アーマー以外は、接着剤で軸を太らせるなどの処置が必要かと思われ。

肩アーマーは、構造上不可能に近いので我慢するしかありません。

あるいは、上で触れている様に飛行形態で放置するかですね。

そして、やはり豪快に余剰パーツを生み出す変形の仕方も微妙に感じました。

変形後がきっちり決まるのは良いですが、顔と胴体が丸々余るのはどうなんでしょう?

アリオスの後だけに、余計そう思いました。

そして、頭部に合わせ目が出来てしまうのも難点。

頭の左右に、見事な分割線が。

これがかなり目立つので、合わせ目消しの対象となります。

アリオスではうまく処理していたので、少しがっかりしました。

デザイン的に、隠しようが無かったのでしょうが。

他にも肩アーマーにも合わせ目が出てしまうので、処置した方が無難かも。

体と足に関しては、かなり上手くごまかせてる気がします。

そして、持ち手が右以外付属しないのはちょっと問題かなと。

右手でライフル、左手でサーベルは基本だと思うのですが。

シールドを捨てて二刀流とかも出来ないのは、誠に残念

デルタプラスなどのライフルも付いてくるのに、交換する事しか出来ないのは勿体無いです。

何かで流用とか、改造パーツなどで何とかなるんですかねこれ?

で、最後の欠点が、頭部を支えるボールジョイントが微妙におかしい事。

そのお陰で、顔が何となく俯いてしまうのですよ。

デルタガンダムか何かのキットでも、似た様な欠陥があったと言う記事を見たので、流用が多いこれにも何かしらの影響が出ているのでしょうか。

まあ、本当に微妙になので気にならないと言えば気になりませんがね。





以上、ガンダムデルタカイのレビューでした。

高額なだけあって、ボリューム感が凄まじいキットですね。

おまけにデルタプラスなどのビームライフルも付属しているので、持ち替えて遊べますし。

これで左持ち手もあれば、フル武装モードと称してもっと楽しめたのですが。

何にせよ、値段に相応しいキットだったと思います。



次回の木曜日は、もっとアホみたいに武装したキットをレビューする予定です。



( ´ー`)フゥー...

theme : 模型・プラモデル
genre : 趣味・実用

comment

お疲れ様です。
ガンダムデルタカイは買ってなかったのでこれは非常に参考になりました。

これまた意外なチョイスですが、購入理由が気になります。
ゲーム作品のMSですが遊んだと言う記事はありませんでしたし。

プロトフィンファンネル、
気になり調べたのですが採用理由書いてないですよね…
これもデルタプラスのようにかなり前から製作を考えてたんでしょうかね…

乗るだけで強化人間
これは非常に恐ろしい設定ですね。
乗った後も後遺症とか残りそう…


あぁヒュッケバインですか、確かにWWW
関係無いのですが第二次スパロボOGでヒュッケバインが処刑されるシーンは大人(会社)の事情とはいえ泣きました。


差し替え胴体まるごと、
この手の差し替え変形は昔のHGUCのΖからあまり変わってないようですね、
RGのΖが差し替え無しで驚いたのですが変形二回目でボッキリと逝ったのでそう考えると面倒でも差し替えが安定するんじゃないんでしょうか。


左手の持ち手がないんですよね…
形状が合うか分かりませんが『プレミアムパーツコレクション 関節技EX 極め手 』と言う指が動く手首のみを販売するシリーズがあるのですが。
保持はイマイチですがビームサーベルぐらいなら持てると思います。

No title

>DD様。

コメントありがとうございますv

購入動機は、最新の可変プラモを扱ってみたいという理由からですね。
しかし、買うまでアレほど余剰パーツが出るとは思いませんでした。
少し古いアリオスとの対比も楽しめましたので、結果的には良かったですが。

プロトフィンファンネルに関しては、完全に不明ですよねぇ。
デルタカイのサイコミュ・システムで作られる強化人間では、プロトフィンファンネルの2機制御が限界なんですかね。
それでも、インコムなどよりは十分強いと思いますが。

そう言えば、ヒュッケバインはアニメでエクスバインなるモノになってましたね。
玩具の出来がフルボッコ状態だったので、妙に覚えています。

差し替え変形に関しては、デルタプラスやデルタガンダムの記事を先に読んでいれば気付いただろうと思うと少し迂闊だったなと反省しきりです。
豪快チェンジ…じゃない差し替え変形だと事前に知ってたら、素直にアリオスかハルートにしたんじゃないかと思われ。
RGのZも検討対象でしたが、物凄く脆いと言う情報を得て泣く泣く諦めました;

持ち手は、また色々探したり試してみたりしたいですね。
まあその前に、ウエイブライダーから戻したくないんですがw
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード