08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダーウィザード&獣電戦隊キョウリュウジャー。

恒例の仮面ライダーウィザード 第40話「自転車に乗りたい

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ18「つかんだッ!カンフーひっさつけん

感想です。



まずキョウリュウジャー

納得の解決回でした。


怖いものなしで慣らしたダイゴ。

それ故に弱さを知らないとの事で、キョウリュウグレーからダメ出しを受けてしまいました。

何と言うか、深いですよねぇ。

こういう回をやる事で、ダイゴのキャラに更なる魅力と厚みを加える。

キャラクター作りとは、こういう作業の地道な繰り返しではないかと。

それを怠ってしまえば、キャラはただの記号となってしまうのですよ。

某魔法使いみたいに。


それはさておき。

キョウリュウグレーは、原初のキョウリュウジャーであった事が判明しました。

最初に変身したが故に、デーボス軍の恐ろしさを一番良く知っています。

だからこそ、スピリットとなった後も後進を導く為に戦い続けているとか胸熱ですよね。

試練を乗り越える為に、逢魔の森を彷徨うダイゴ。

謎の釣り人との出会いを経て、自分の恐怖の根源を掴みます。

仲間を失う事。

これが、ダイゴの一番恐れる事でした。

自分の弱さと向き合ったダイゴ。

キョウリュウグレーとの立ち会いにも勝利し、いざ戦場へ。

ピンチだったゴールドを救出し、見違える様なブレイブを発揮し敵を粉砕します。

このシーンは、前回を覚えているとスカッとしますね。

何気にドゴルドとゴールドの因縁の戦いも行なっている辺り、内容が濃い戦闘でした。



(`・ω・´)




巨大戦では、マッチョで応戦しますが攻撃の激しさに苦戦を強いられます。

しかし、グレーが託してくれたブンパッキーのお陰で大逆転

そう、キョウリュウジンカンフー誕生です。

これ、恐ろしい程の近接攻撃力特化ですよねぇ。

かと言って、機動力が死んでる訳でも無いから恐ろしい。

操縦スペースでのアクションも、中々ダイナミックで良いですね。

哀れ、ナガレボーシは鉄球フルボッコにあって文字通りのになるのでした。



前編を見た時は凄い不安だったのですが、後編でしっかり締めてくれたので一安心です。

ダイゴのキャラが、また好きになりました。

キョウリュウグレーも、人間体を2パターン持っていたのにはびっくりです。

シアンと共に、また新たな味方を連れて来る為に旅立ったグレー。

再登場が、待ち遠しいですね。




次回、空蝉丸回。

楽しみに待つとしましょうか。




次は仮面ライダーウィザード



何と言うか、微妙な回でした。

そもそも何が微妙かと言いますと、本筋と単発ファントム回を一緒にやってしまうからではないかと。

そのお陰で、物凄く物語に一体感が無いんですよね。

で、どっちも中途半端で終わってしまうみたいな。

ま、脚本家がヘッタクソなんでしょう。

あるいは、もう幾ら頑張ってもダメな状況まで来ているとか。


晴人は、殆どゲートとは関わらず白魔の捜索を行います。

と言うか、そういうのももっと早くにしておきませんか?

いえ、晴人を責めているのではなく物語の構成を責めているのですよ。

だって、もう40話ですよね?

正味、あと9話あるかないかでしょう。

その段階で晴人のキャラも薄っぺらいまま、白魔捜索も始まったばかりとかエンジンかかるの遅過ぎではないかと。

ただ、木崎を頼るという発想は悪くないと思います。

魔法と言う便利スキルがあるのにも関わらず、新たな捜索系リングも出ない辺りやる気を疑いますが。

ここは千里眼のリングとか、探知のリングとか出しても良いのでは?

プラモンスターを総動員する人海戦術もありでしょう。

響鬼でも使っていた手です。

なんつーかウィザードの魔法って、アストロスイッチより不便な気が。

折角魔法なのに、勿体無いです。

魔法と言う題材を、完全に持て余していますね。

で、ゲートの元へ向かう途中にメデューサの迎撃に遭遇。

しかし、インフィニティーにはならず相変わらずの舐めプ攻撃

メデューサも舐められたものです。

過去に何度も辛酸を嘗めさせられた相手だと言うのに。

魔力を温存したいのかもですが、それで勝てる相手なんですかね?

晴人って、正直馬鹿なんじゃないかと思うのですが。



(´ε`;)ウーン…




そして仁藤は、何故か自転車の達人である事が判明。

バイクの代わりに、自転車でグール達を翻弄します。

と言うか、仮面ライダーなんですからバイク乗りましょうよ。

本気で自分のバイクがないライダーって、こいつとダークキバ(サガ)と轟鬼位なんではないかと。

あるいは、劇場版オリジナルライダー。

ディエンドと仮面ライダーシンは、レッツゴー仮面ライダーで搭乗しているのが確認されています。

ダキバにしても、変身前はビッグスクーターに搭乗していましたね。

轟鬼にしても、普段の移動がなだけでした。

今年の戦隊もバイク使うのに、ライダーのこいつがバイク無しとか一体何を考えてるんでしょうか。

なんだかなぁ。

ただ、自転車の先生としてはまともに活動していましたね。

子供に物を教えるのに、結構向いているのかも。

でも、瞬平から分捕った自転車はそろそろ返してあげてください。

1つ間違えれば、立派な犯罪ですので。




(;´∀`)





占い娘は安定の空気

輪島氏は、脅迫されて指輪を作った事が判明しました。

白魔、完全に真っ黒です。

と言うか、あの札束何処から手に入れたんでしょうね?

刑事女は、徹夜でモンタージュ作成と一応頑張っていました。

晴人の魔法が役立たずなので、地味な作業を強いられています。

あれ、結構面倒なんですよね。

そう言えば、何か少し木崎氏がデレてました。

この人も便利なのに、出番少ないですよねぇ。

そして、瞬平は自転車取られるだけの出オチでした。

まあ、こいつはこの程度の出番でいいと思います。



(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン




で、今回のゲートは少年

近所のお姉さんの自転車を勝手に持ちだして大怪我し、迷惑をかけた事をずっと気にしていました。

おまけにゲートとしてファントムに襲われると、散々です。

その少年のせいで自転車大破の上怒られて、呼び出されたかと思ったら自転車を喰らって昏倒する羽目になったお姉さんも大概悲惨ですが。

それでお前のせいだのなんだのと煽られたら、絶望しても無理はありません。

今回は久々にヒビが入ってますが、アンダーワールドへ行くんですかね?

予告を見る限りでは、またも自力で抑えこみそうですが。

キャラクターとしては、ごく普通の少年ですね。

罪悪感も感じてますし、何度も転んでは起き上がり特訓に耐え切りましたので。

さて、次回でどうなる事やら。




(゚A゚;)ゴクリ




そして、再登場した真由。

と言うかこの人、どうやって来たのでしょう?

バイクもウィザードのが一台ぽつんと停まっていただけですし、ねぇ。

テレポートのリングでも持っているのでしょうか。

何にせよ、またバイク無しのライダー()ですね。

それはさておき。

彼女はすっかり魔法使いとなっていました。

無駄に華麗な動きで、白い魔法使いドライバーに指輪をかざしまさかの変身

…したのは良いのですが、ダサすぎませんか?

仮面ライダー明治メイジって言うそうですが、物凄く雑魚臭がします。

ライオトルーパーと言う単語が頭を掠めたのは、私だけではないはず。

白魔ドライバーなんですから、もう少しスペシャルな奴に変身しても良いのでは?

何もかもが学芸会クラスの造形なのは、ある意味予想の斜め上でした。

全身から安っぽさが漂うこの変身後、一体誰得なんでしょうか?

特に肩のトゲがもんの凄く安っぽいです。

何つーか、けち臭いです白魔。

それと真由、予告とセリフを言うタイミングが違ってませんか?

変身前に言っていたセリフを、本編では変身後に言ってた気がします。



(;´Д`)





今回のファントムはシルフィ

風の精霊ですな。

しかし、またしても気持ち悪いおっさんでした。

イケメンや女を出してはいかんという縛りでもあるんでしょうか。

いい加減うんざりです。

ファントムのデザインは女っぽいのに、人間体がカマ臭いおっさんとか誰得なんですか?

たまには意外な奴がファントムで…という展開が来てもいいのでは?

子供とか老人とか。

ウィザード達も戦いにくくて、また違った苦戦を描けると思うのですが。

を自在に操る様ですが、戦闘力的には高く無さそう。

ハリケーンスタイルと噛み合わせれば面白かったのですが、晴人は絶賛メデューサと舐めプ中です。

舐めプ中とか…いやらしい…。

このままこいつは、ウィザードとまともに戦う事のないまま終わりそう?



(;^ω^)





戦闘では、毎度恒例の舐めプタイムでした。

ニチアサキッズタイムならぬニチアサ舐めプタイムですな。

ウィザードはまたもドラゴンで舐めプし、ビーストはハイパーにもならずマントも使いません

こいつらやる気あるんでしょうか?

バハムートの時に学習しなかったのですかね?

特にウィザードは酷いです。

舐めプした挙句、またもタイマーを封じられて落下寸前にまで追い詰められる有様。

馬鹿なのか?

馬鹿なんだな?

見ているこっちが絶望してファントムを量産しそうです。

インフィニティーでさえ、グレムリンに逃げられてるんですよ?

そこは最初からインフィニティーか、オールドラゴンでも発動してケリを付ける所でしょう?

もうメチャクチャですよねぇ。

ビーストにしても、ひたすら産廃剣でシルフィに斬りかかっては転がされる始末。

そこはファルコのマントで対向するか、とっととハイパーになる所では?

なのに、ミラージュマグナムすら使用しないとは一体どうなっているのですか?

戦いは遊びじゃないのですから、とっとと産廃剣など捨ててハイパーになって下さいますか?



(´Д`)ハァ…




こんだけ戦闘がつまらないライダーって、ウィザードが初めてではないかと。





次回、解決編。

特に何の期待もせず待つとしましょうか。



( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーウィザード
genre : テレビ・ラジオ

comment

No title

シルフィは流石に女性かと思ったのに、残念です。真由が抑え込んでメイジなら晴人だってメイジになるだろ、って言いたくなります。『ニチアサ舐めプタイム』・・・牙神さんホンットにうまいこと言いますよね。最高ですっv-363

キングとグレーのバトルはマジで胸アツでした。カーレンジャーのオープニング曲にこういう歌詞があります。『自分にもある弱さを知ればホントのヒーロー』。まさにこういうことなんだと思います。怖いもの知らずで終わらせない本当のブレイブ。今回キングはそれを知って改めてみんなで一緒に歩んでいけるんだと思いました。一人じゃない、仲間がいること。それが大切。そんなメッセージが込められたこの回を見ることができた自分は本当に幸せ者だと感じました。

日本も震災があったけどこういう作品を作ってくれる優しくユーモアのある監督さんや脚本家さんたちのおかげでみんなが勇気を出して一歩踏み出せるんじゃないかと思います(何か大げさでしょうかね、すみません)。

No title

キョウリュウジャーほんとにいいですね!
2週待った価値ありの内容でした。
小2の長男と4歳の長女はハマりまくりで、今の時点で今日の回の録画を3回観たほどです。
それに引き換えウィザードは・・・
長男は仮面ライダー大好き人間ですが、ウィザードの話題は一切しない状態です。
オーズやフォーゼは何度も繰り返し見ていた彼もウィザードは義務として1回見て終わりという感じです。
子供でも良いものとそうでないもの違いは分かりますね。
作り手は今後、子供を舐めずにポンコツ作家に任せないことですね。

「占い娘は安定の空気。」「毎度恒例の舐めプタイム」には笑ってしまいます。ほんと毎回その通りですね。占い娘は生きてるんか死んでるんか分からないレベルです。
戦闘は、なんもワクワクもハラハラ無く、流れ作業ですよね。

出演陣のエナジーの違いをはじめ、全てに関してこれほど相反する作品も珍しいですね。

No title

>タイム弁当様。

コメントありがとうございますv

シルフィにはがっかりですよねぇ。
もう壊滅的にセンスがありません。

真由がメイジというのも、正直意味不明ですよね。
どう見ても映画の販促以外の何者でもない気が。

そうそう、私もカーレンジャーの歌を思い出しました。
かなり意識しているのではないかと。
脚本家に三条さんを迎えているだけあって、今回の戦隊は本気度が非常に高いです。
ゴーバスターズでの反省が生きている感じですね。


>ふみふみ様。

コメントありがとうございますv

キョウリュウジャー、面白かったですよね。
お子様にも是非オススメできる、ブレイブな内容でした。
やはりヒーローモノは、子供達に夢と勇気とワクワクを与えてくれるモノじゃないとダメだと思います。
しかし、ウィザードにはそれがありません。
それどころか、子供達に悪夢と絶望とがっかりを与えてどうするつもりなのかと。
子供にすら見放されてしまった時点で、最早ただの茶番でしかないのでしょうね。
私もウィザードは、ガンダムAGEや聖闘士星矢Ωと言った最近の駄作同様、そしてお子さん同様二度見たいとは思いません。
放送が始まった当初は、こんなどうしようもない内容になるとは思いもしませんでした。
と言うか、仮面ライダーでまで舐めプを見せられる羽目になるとは;
偉大な先輩ライダー達と故石ノ森章太郎氏及び全ライダーファンに、ポンコツ脚本家どもは土下座して謝るべきでしょうね。

No title

キョウリュウジャー

ダイゴが自分の弱さを見つけるまでが丁寧に描写されていていい話でした。ゴールドがドゴルドの狙いを分かっているシーンも良かったです。ちゃんと成長しているシーンがあるのは良い事ですから。

ウィザード

晴人はいい加減メデューサ相手にはドラゴンを基本にしろと、インフィニティーじゃなくてドラゴタイマーでの分身を優先したのはゲートの保護を優先したにしても、分身は以前に妨害されたんだから何か対策でも有るのかと思ったら何もなくてびっくりしました。ブリザードでも撃ってから分身すれば問題なかったんじゃないでしょうか?。

No title

>ハナ様。

コメントありがとうございますv

キョウリュウジャーは、森を彷徨うダイゴと幻の父の対話が良かったですね。
非常に丁寧に対話内容も考えられていて、凄く感心させられました。

ウィザードは、ホントいつまでデフォルトフォームでボコられるんでしょうね。
普通なら即インフィニティーでも良かったでしょうに。
でなければ、ハナ様のおっしゃる様にブリザードで足止めしてから分身とか、普通は考えますよねぇ。
戦闘内容が頭悪すぎて、まんま晴人がアホにしか見えないと言う。
まあ、脚本家が無能で監督もフォローしきれないんでしょうね。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード