10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

機動戦士ガンダムOO 第一部最終回「刹那」感想です。

…未だショックから抜けてませんが、最終回の感想です。





冒頭から悪趣味モビルアーマーとの激戦が続きます。

そして、また一人死亡

一体何人ジェノサイドすれば気が済むんでしょうか(;´Д`)

…まあ、名前も覚えてないGNアームズ搭乗員ですが(オイ)


やはり実体剣はGNフィールドでは防ぎ辛いらしく、次第にずたずたにされていくMA.

あちこちには剣が刺さってます。

いくらセブンソードと呼ばれる機体でも、大盤振る舞い過ぎます。

相変わらず三流悪役なセリフばっかのアレハンドロ氏、MAの爆発の中に消えて行きました。


死んだか?


一方アレルヤも、ハレルヤと融合(?)を果たし親父&ロリッ子超兵を追い詰めていきます。

片手片足なのに、無茶をします。

モビルスーツの高機動の秘密は、手足を振り回して姿勢制御するANBACにあるのですが…

相当機体バランスが崩れているにも関わらず、相当な機動力。

ガンダムがいかに完成度が高いか良くわかりますね。


この戦いは結局痛み分けに終わります。

…ハレルヤが死んだ様な描写があったのですが、これは完全なる人格融合と解釈していいのだろうか(;´∀`)


そして、ティエリアもナドレから太陽炉を分離。

後に託そうと思ったのでしょうが、プトレマイオスが補足してなければ単なる粗大ゴミ廃棄です。

まあ、それも計算ずくなのかもですが機体が爆発する危険性もないので回収を待ったほうが良かったのではないでしょうか?

このままでは二度手間ですw

ティエリアは、なんというか同人誌でネタにされそうな事をのたまいつつ…

力尽きた様な描写がありましたが、単に気絶しただけでしょう。


一方のアレハンドロ、まだ死んでませんでした。

やたら驚く描写が多いのは、戦いの素人である事を表現しているようにも見えます。

この悪趣味MA、中にMSを内包していました。

まるでプラモ狂四郎みたいな戦法です。


かの伝説のプラモ少年は、ガンダムの内部に更に小さいガンダムを仕込んで勝利したことがあります。

まさかこの類型悪役が似たような事をするとは思ってませんでした(;・∀・)

ですが、デザインがなんかザンスカール製MSシャッコーに酷似していると思うのは私だけでしょうか?

色も似てますしね。


あんまり格好良くないラスボスですが、GNフィールドも健在でエクシアの攻撃を防ぎます。

対するエクシアも、トランザムを発動。

世界の歪みと判断されたアレハンドロ氏、たちまち切り裂かれて機体ともども瀕死に。

更に、愛人(?)に踊らされていた事が判明。

なんつーか、アレハンドロすら彼の手のひらの上で踊っていた道化に過ぎなかったらしいです。

こんな時間が迫った時に、衝撃の事実を告白しないで欲しいものです。

第二部への布石でしょうか?


キレた氏が愛人(?)の映ったモニターをぶん殴った瞬間…

タイミングよく機体が大爆発








アレハンドロ・コーナー戦死


まあ、死亡フラグ立てたしこれは予定調和でしたね。


しかしっ!


これがラストバトルではなかったのですっ!!!


とんでもないどんでん返しです。

アレハンドロ氏、全く立場がありません



そう!


そのラスボスとは…


漢!グラハム・エーカーでした(;´Д`)


な、なんでこのタイミングで出てくるんだアンタはw

どーやって来たのか?

どーやって刹那の場所を捕捉したのか?

総ての疑問を置き去りにして、蛇足とも言える戦いが始まります。

幾ら出番なしで置き去りにされたとはいえ、それはあんまりですグラハム王子w


その戦う意味も、良くわからなくなって来ました。


例の部下と博士の敵討ちもあるようですが(スローネの分まで押し付けられてるw)、真の理由は…


彼がガンダムに恋した存在であり、歪んだ愛情でひたすらガンダムに戦いを挑んできたのですが…


当人、はっきりとそれを自覚した模様。

すなわち…


可愛さ余って憎さ百倍


…どこまで歪んだ愛情振りかざしてんだよアンタは!とツッコみたいw

リアルで考えたら果てしなく怖いです。

想像してみてください。

女に告白されたのはいいが、その手には包丁が握られていた…

しかも、返事も待たずに「愛しさ余って憎いからお前を倒す」とばかりに襲ってきたら…


怖すぎるでしょう^^;


その暴走状態でガンダムに襲い掛かるグラハム王子(ガンダムエースのあるコーナーでそう呼ばれてるw)

いきなりエクシアの左腕を切断!

擬似GNドライヴを搭載したオーバーフラッグが強いのか、グラハム王子の気迫が勝っているのか、明らかにアレハンドロより強いです。


お互いに破壊しあい、頭部までぶっ壊れても戦闘を続ける二機。

ここに至って、グラハム王子まで歪む始末です。

すでに彼は私怨で私闘を行う狂戦士(バーサーカー)と化しており、どーにもなりません;



そして、両者の最後のサーベルの一撃が互いの機体を貫き合います。








グラハム・エーカー…戦死!!



…完全に駆け込み出演な上に、ほぼ無駄死にです。

後になんにも残らない死でした。

ガンダムに恋焦がれた挙句、結局決着を着けないと気が済まなかったのは解るんですけど、ねぇ。

本人は敵討ち出来た事に満足しながら逝った模様ですが…(;><)

刹那も(生きていれば)単なる強敵(狂敵?)としか、記憶していないでしょう。


…なんでこんな展開になるんでしょうねorz


まあ、取り敢えず…


グラハム・エーカー王子に…敬礼!!(`・ω・´)ゞビシッ!!




勝者(?)である刹那は、マリナ嬢に遺書(?)をちゃっかり遺してました。

どーも彼女の存在に、世界を変える力を感じた模様。

単なる一目惚れでない事を祈ります。


地球の方向に流れていく、半壊したエクシア。


刹那・F・セイエイの生死は不明のまま、四年がいきなり過ぎます。



あれ?


沙慈クン、まともに復活しているではありませんかw


暗黒の復讐戦士にはならず、マジメに頑張り宇宙で仕事をしていました。

いい感じでの予想破りに、一応感服ですw


その彼が見たGN粒子の尾を引くMS…


世界は、一つにまとまり…

国家の垣根もなくなり、軍隊もひとつになり平和になったように見えます。

ちゃっかり生きていたアリー・サーシェスは自棄酒を煽ってました。

いい気味ですw


そして、ルイスらしき女性(髪を切ってましたが)一緒にいるティエリア?

一体彼に何が?

もー何が何だか解りません(;^ω^)

なんか女っぽい気もしたんですが、本当にこいつティエリアなんでしょうか?

謎です。


アレハンドロを躍らせていた黒幕、愛人(?)←名前覚えてやれ

彼も意味不明の言葉を放ちながら、世界を見つめています。

狙いは結局なんだったのか?これも謎でした。

そしてある小惑星の基地を訪れる王留美。

そこで保管されていたのは、支援組織フェレシュテが所持していたあの…

Oガンダムでした。

初代ガンダムそっくりなこの機体、そしてそれを元に開発されていたガンダム。


その名は…


OO(ダブルオー)ガンダム!






Σ(゚Д゚;エーッ!




ちょwおまwww



最後の最後でそういうネタを(以下略)


あったんだ…OOガンダム(;・∀・)


まあ、第二部が始まらない限りこのままで終わってしまいますが。


かりそめの平和を保ったまま、世界の時間は流れていきます。


この先に何があるのか?


歴史はどう動こうとしているのか?


総てを第二部に託して、機動戦士ガンダムOO第一部は終了しました。


決して面白いとは言えなかった作品ですが、まだ完結していないと言う事で総評は控えたいと思います。


第二部の、疾風怒濤な展開に期待しましょう。


しかしながら…




最近のガンダム恒例の、最終回近くのキャラ整理(戦死連発)はいい加減勘弁して貰いたいですが。



つか…本当に始まるんだろうな?第二部…



(´・ω・`)



…色々他のブログ見ていたら、どーもコーラサワーとグラハム王子…生きているらしいですね^^;

最後に色々ありすぎて、見落としていたのかもですな;

もう一度、どこぞの動画配信サイトで最後の辺りを見直してみたいと思います。

ま、生きていたのであればそれで良しとしましょう^^


この二人、普通は死なないポジションの方々でしたしね。


…となると、殆ど生死不明のガンダムマイスター達だけが割りを喰った?


ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!



彼らにも、をあげて下さい…;;



ホントーに、第二部頼みますよ?サンライズさん^^;








theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード