07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

シルバー仮面回想録。

今回は、ミラーマンの裏番組だった「シルバー仮面」を取り上げます。





まあ、例によって例の如くそれ程視た訳ではないのですが。

その姿を見た最初の感想は「ライダーマンもどき」でした。

最も、シルバー仮面の方が早いのですが。

取り敢えず、ストーリーを。

光子ロケットの設計者・春日博士は、設計図を狙うチグリス星人によって殺害され、家も燃やされてしまう。そのさなか、博士の5人の遺児たちは父がロケットエンジンの設計図を何らかの方法で隠したことと、次男の光二にシルバー仮面に変身する能力(銀の力)を与えていたことを知る。
父の遺志を継いで光子ロケットを完成させることを決意した兄妹。光子ロケットを奪取して自らの宇宙制覇に利用しようとする、また人類の宇宙進出を脅威に感じて妨害しようと暗躍する様々な宇宙人と戦い、出会う人々の無理解や冷たい視線にも耐えながら、父の協力者たちに会うために日本各地を旅するのだった。
そんな彼らの努力の甲斐あって、ついに光子ロケットは完成し宇宙へ飛び立つことになった。だが、その行先でサザン星人の襲撃に遭い、ロケットは破壊されてしまった。その時あふれ出た光子エネルギーを浴びたシルバー仮面は、シルバー仮面ジャイアントとなりサザン星人を倒した。こうして新たな力を得た春日兄妹は父の愛弟子・津山博士と共に新たなロケット開発と押し寄せてくる巨大宇宙人との戦いに情熱を燃やしてゆく。



(Wikipediaより転載)


何と言うか、ツッコミどころの多いストーリーですよね。

まず、地球人の1人が宇宙を飛べるロケットを開発しただけで宇宙から即刺客がやってくるのが凄い

こいつら、どんだけなんだと。

と言うか、ようやく宇宙に出られるレベルの科学力しか持たない人類を驚異とか意味分かりません

こいつら、人類が発生してから今までずっとストーカーの如く観察していたのでしょうか。

でなければ、速攻で宇宙人がダイレクトに殺しに来たりしませんし。

光子ロケットを奪取しようと考える奴は、もっと意味不明です。

遠い星から地球まで来れる科学力があるのに、何故光子ロケットが必要なんでしょう?

もっと性能の高い自前の宇宙船があると思うのですが。

となると、やはりこいつらは所謂ガイゾックと同じと考える方が妥当でしょう。

ガイゾックとは、ザンボット3の敵で一定以上の文明を持つ星に反応して攻め滅ぼす性質を持っています。

過剰防衛意識から作られた、一人よがりな大迷惑システムなんでしょうね。

これと似た様なシステムが、地球に設置されていたと考える方が無理がありません。

宇宙を牛耳りたい連中が、宇宙開発後進星を支配する為に行った。

概ねそんな感じだと思われます。

しかし、それにしても非常にまとまりのない連中ですよね。

目的が一定でないのが、その理由です。

だから、後進星たる地球のヒーローに勝てなかったのでしょう。

幾ら進んだ科学力があっても、使うモノがアホだとこうなるという良い見本です。



(;´Д`)



さて、肝心のシルバー仮面ですが…

何と言うか、非常に暗い印象があります。

作品全体のカラーが暗い上に、夜間の戦闘も多く暗い印象がより強くなっていた気が。

おまけにシルバー仮面の体に光る部分がないので、夜間戦闘で映えないのが問題です。

これがウルトラマンなら、目とカラータイマーの光が闇夜に映えるのですが。

正直、見ていて何をやっているのかイマイチ分かりづらかったです。

しかも、シルバー仮面自身が殆ど特殊能力を持たないのが更に物語を地味にしていました。

流石にそれが問題になったのか、途中から路線変更が行われます。

タイトルが「シルバー仮面ジャイアント」に変わり、巨大化能力が付与されました。

口元の露出もなくなり、安っぽさも解消される事に。

それと同時に、数多くの特殊能力が使用可能になり大幅に強化されたのです。

番組のフォーマットも、前半と後半両方にヒーローが登場する様にして楽しみを広げました。

これは、現在でも主流になっているフォーマットですよね。

かなりの先進性を以って、番組を制作していたのが分かります。

この改変によって、裏番組のミラーマンをかなり苦しめる事に成功したのだとか。

あの手この手で光子ロケットの秘密を狙う極悪宇宙人どもを相手に、シルバー仮面は戦い続けたのです。

しかしこういう戦いを続けていたせいで、最終回でとんでもないミスをやらかす羽目になってしまいました。

何と、友好を結びに来たアンドロメダ星人の宇宙船を警告無しに撃墜してしまったのです。



Σ(゚Д゚;エーッ!



流石にこれは心が荒み過ぎだと思いました。

哀れ、アンドロメダ星人の一家は宇宙船を破壊され父が死亡する羽目に。

確かに今までの連中はろくでもない奴らばかりでしたが、それでも警告なしってのはまずいのではないかと。

それ以前に、そんな火力を持った飛行物体を民間人が所有しているって凄すぎませんか?

一体どうやって許可を取ったのか、知りたい所です。

それはさておき。

これまでの極悪宇宙人どもが、完全に宇宙人に対しての信用を底辺まで落としていたのです。

しかし、生き残った母親が命を賭けてシルバー仮面を援護。

ようやく、春日兄弟(特に三男)はアンドロメダ星人を信用する事に。

まあ、もう赤ん坊しか生き残ってないのですが。

ちなみに、一番血気盛んな三男を演じていたのは東光太郎を演じていた人と同じです。

青臭い所が、東光太郎と結構似ている気が。

で、計画に横槍を入れて来ていた宇宙人をシルバーリングで撃破。

兄弟は、アンドロメダに赤ん坊を返し友好を結ぶ為に旅立つ事になるのです。



ォオー!!(゚д゚屮)屮




しかし、ここで1つ疑問が。

と言うのも、光子ロケットではアンドロメダまで30年かかるんだとか。

ですが、アンドロメダ銀河までは230万光年あります。

つまり、光の速さでも230万年かかると言う事に。

かの宇宙戦艦ヤマトは、一億光年以上先のイスカンダルまで1年で往復しなければなりませんでした。

それを可能にしたのが、波動エンジンとワープシステムだったのです。

空間と距離をすっ飛ばして移動する事により、短い期間で目的地に到着する事が可能な夢のシステム。

それがワープです。

ですが、光子ロケットにはワープシステムがどうも搭載されていない模様。

となると、到底30年では到着する事が出来ません

これは酷い設定ミスだと笑うのは簡単ですが、それではすごかが的とは言えませんね。

なので、もう少し突っ込んで考えてみましょう。

最近の観測結果で、地球から30光年以内に地球型惑星が100以上も存在しているらしいとありました。

その結果から考えると、地球人がアンドロメダと呼んでいる銀河とはまたの「アンドロメダ星」と言う星が30光年以内にあると考えるのが妥当でしょう。

アンドロメダ銀河の名前も、元は地球人が考えたモノ。

宇宙人の母星に、たまたまアンドロメダと付いて居てもおかしくはありません。

ガミラス人が、地球の事をテロンと呼んでいた様に。

春日兄弟は、そのアンドロメダ星を目指して発進したと言う事なんでしょうね。

地球へやってきていた無法宇宙人どもも、この範囲内から来ていた可能性が大です。

それより遠いと、ワープ装置が必須になりますしね。

いえ、30年でもワープ装置が欲しいのは確かですが。



'`,、('∀`) '`,、




そう言えば、この作品の主題歌はかなり暗いメロディラインの曲ですよね。

歌詞も何か辛気臭いし、モロに番組のカラーに合わせた感があります。

嫌いではないのですが、ヒーローモノとしてのインパクトには欠ける気が。

とは言え、シルバー仮面の歌としてはこれ以外考えられない程マッチしているのは確かです。



余談ですが、このシルバー仮面はミラーマン同様リメイク作品がありました。

しかし、やはりミラーマン同様ほぼ別物になっているのでここでは取り上げません。

時代が大正だったり、重要なキーワードの光子ロケットが登場しないってどういう事なんでしょうね。

おまけに主人公はハーフの女と、完全に意味不明です。

どうしてそういう発想になってしまったのやら。





宇宙へ飛び出す事を夢見て、光子ロケットを守って戦ったシルバー仮面。

予定では、2031年に彼らが帰ってくる様です。



( ´ー`)フゥー...

theme : 特撮
genre : サブカル

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード