10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スペクトルマン回想録。

今回はタイトルが二転三転した「スペクトルマン」を取り上げます。





この作品も、やはりそれ程見れた訳ではありません

しかし、そのオリジナリティの濃い姿や個性的な敵は良く覚えています。

まずはストーリーを。

惑星Eから追放された悪の天才科学者・宇宙猿人ゴリは地球に到達した。美しい地球に魅せられるゴリだったが、公害による地球汚染を見て憤激、自分が人間にとって代わって地球の支配者になろうと考える。彼は公害などを利用して次々と侵略怪獣を送り出すが、ネビュラ71遊星の指令で地球に派遣されたエージェント、スペクトルマンがその前に立ちはだかる。

(Wikipediaより転載)


まず、良く分からないのがゴリの母星から出て来た理由の矛盾です。

ここでは簡単に「追放された」となっていますが、ストーリー説明では「脱走した」となっていました。

善人に洗脳されそうになったのを、部下のラーに助けられて逃げ出したそうで。

これ、一体どっちなんでしょうね?

逃げたと追放されたでは、全く意味が違って来るのですが。

おまけに、スペクトルマンが派遣された理由も非常に無理があります。

まず、追放された場合ですがこれはまだマシですね。

惑星Eが無責任に放り出したので、宇宙警察の様な事をやっているネビュラ71遊星の連中が監視人を派遣したと言う事で問題無いかと。

しかし、問題は脱走したパターンの方です。

凶悪犯を逃したのですから、惑星Eの警察組織なりなんなりが責任持って対処すべきでしょう。

なのに、何故ネビュラ71遊星が介入して来るのかが良く分かりません。

どっちにせよ、惑星Eの責任は重大ではないかと。

この矛盾に対して。すごかが的に解釈してみましょうか。

まず、惑星Eはネビュラ71遊星の保護下にある惑星と考えて良さそうです。

で、権限は惑星内のみに限定され、宇宙に出た後は管轄外となってしまうのでは?

で、脱走されたでは惑星Eの責任が追求されるので、追放した事にしてしまったと考えられます。

どっちにせよ、ロクな星ではありませんね。

で、外宇宙に出てしまった犯罪者どもを追跡する役目をスペクトルマンが負っていると言う事でしょう。

勿論、地球に来たスペクトルマンの他にも沢山存在すると思われます。

地球方面に逃げたのがたった2人だったので、スペクトルマンも1人で十分と判断されたのですかね。

ですが、ゴリの科学力と人脈は並ではありませんでした。

公害や地球の生物を材料に超ローコストで怪獣などを作り出し、更には宇宙犯罪者なども呼び寄せてやりたい放題の有様。

正直、宇宙警備隊とかデカレンジャーが出張ってきてもおかしくないレベルの案件ですよね。

スペクトルマンの戦闘力が微妙だった事もあり、ゴリ一味を鎮圧するのに都合63話もかかってしまったのです。

なるほど、恐らくは平和ボケした惑星Eの連中では手に負えない訳ですね。

ネビュラ71遊星も大変な事です。



(;´∀`)




そう、この番組のヒーローであるスペクトルマン

何と言うか、性能や権限が非常に微妙なのです。

まず、彼は宇宙人でありサイボーグという珍しいタイプのヒーローでした。

他にこういう複合タイプのヒーローは、あまりいないのではないかと。

しかも、どうやら更にコスチュームを蒸着しないといけない模様。

デザインも顔のインパクトに比べて、体は妙に地味と少しアンバランスさを感じます。

おまけに宇宙船を持って来ていないので、母星から直接照射という無茶な仕様になっていました。

恐らくはワープシステムを応用して、瞬時に電送していたと思われ。

でなければ、とんでもない時間がかかってしまいますし。

システム自体が未熟だったせいか、ネビュラ71遊星が目視出来ないと電送不可という凄まじい欠点も抱えていました。

更に、変身にも許可の申請が必要とお役所仕事ここに極まれりです。

何という面倒臭い仕様なんでしょうか。

このシステムから考えて、もしかしたらネビュラ71遊星の連中は宇宙警察の前身だったのかも知れませんね。

これだけの労力を行使して活動していたスペクトルマンですが、その戦闘力は本当に微妙でした。

敗北回数はかなり多く、強力な武器はまたも申請が必要

申請が通って使えたとしても物凄く燃費が悪く、戦闘終了後には倒れ伏してしまう有様。

ウルトラマンみたいにカッコ良く飛び去るなんて余裕は、全くありません

稼働時間に制限がないのにこの有様と言う事は、相当燃費が悪いかエネルギー効率に欠陥があるかのどちらかでしょう。

三分間しか戦えない光の国の戦士達と比べても、相当戦闘力が落ちると思われ。

それどころか、エメラルド星人が作った戦闘用ロボットにも劣る可能性があります。

スペクトルマンの苦戦を元に様々な組織改編が行われ、肉体改造から強化服メインへの移行が急激に進行。

巨大戦力に対しては別の巨大戦力で対応する事にし、強化服の装着も現地で任意に行う事が可能に。

敵の処刑権限も付加し、スピーディーな対処及び殲滅をモットーに活動範囲を拡大。

本部をバード星に移し、今の宇宙警察が誕生したと想像すると中々面白いですよね。



(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン





さて、この作品は元々「宇宙猿人ゴリ」なるタイトルで放映されました。

敵がタイトルになる作品は、主に怪獣映画に多い気がします。

しかし、TVのレギュラー放映番組でそのパターンは許されず、タイトルは「宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン」へと改題。

最後は「スペクトルマン」に落ち着く事に。

ゴジラシリーズで言えば、タイトルが「地球防衛軍」あるいは「自衛隊」になってしまった様なモノでしょうか。

GForceでも可。

タイトルは奪われたモノの、この宇宙猿人ゴリは物凄い天才でした。

戦闘力自体は人間レベルで、完全にもやしですね。

生まれながらの独裁者と言う、意味不明の存在として誕生。

地球でもその科学力が猛威を奮いました。

侵略の理由が、人間が地球を汚しまくるので征服してやめさせようという結構もっともなモノ

何かデビルガンダムと東方不敗を思い出しますね。

生まれながらの独裁者とやらの考えなので、何処まで本気か良く分かりませんが。

ただ言える事は、地球人の命などゴミ程度にしか思ってなかった様ですね。

とは言え、地球に科学特捜隊レベルの防衛力とウルトラマンか宇宙刑事ギャバンでも居たら結構あっさり倒されてしまったかも知れません。

なので、こちらも敵としては非常に微妙だったと思います。

防衛組織(?)である公害Gメン(後に怪獣Gメン)の貧弱さは、恐らく防衛組織では最下位ではないかと。

なんせ、特殊な武器も無ければ戦闘機も所持していませんから。

スペクトルマンがいなかったら、この時期の地球は簡単に終わっていた可能性が大です。

苦労してスペクトルマンを送り込んでくれたネビュラ71遊星には、頭が上がりませんね。

このゴリは、散々地球で悪事を働いた後、部下のラーの戦死を以って地球征服を断念

改心を迫るスペクトルマンをスルーし、とっとと自爆して果てました。

何と言うか、戦国時代の武将みたいな最後ですね。

恐らくは、ラーを失った喪失感と精神改造で無理矢理改心させられる事への恐怖がそうさせたのでしょうか。

とは言え、ゴリの陰謀は潰え、スペクトルマンはネビュラ71遊星へ帰還して行きました。

ここに、何とも奇妙なミリタリーバランスで行われた戦いは終わりを告げたのです。





ちなみにこの作品は、OPが2つあります。

どっちも軽快で良い曲ですよね。

EDテーマは、一部でかなり有名な宇宙猿人ゴリのテーマソングとなっております。

これを聞けば、大体ゴリと言うキャラクターが分かるようになっている所が凄い。

死ね死ね団のテーマと並んで、インパクトのある敵のテーマではないかと。






ネビュラ71遊星から派遣され、苦境にもめげず必死に地球を守ったスペクトルマン。

その苦労が、後のヒーロー達に生きているのかも知れません。



( ´ー`)フゥー...

theme : 特撮
genre : サブカル

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード