10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

イナズマン回想録。

今回は、フォーゼでも出演した「イナズマン」を取り上げます。





実の所、この作品もそれほど視ていた訳ではありません

なので、やはり軽めに行こうかと。

この作品は、25話で一度区切りが付き、新たに「イナズマンF」として再始動しています。

なので、Wikipediaでも別ページで扱われていました。

ここで勘違いされやすいのが、ヒーローの名前です。

良く「イナズマンF」と名前も変わったと勘違いしている方がいるそうで。

ですが、実際は必殺技の名前であって、ヒーローはあくまでもイナズマンでした。

取り敢えず、ストーリー×2を。


東南大学三年生・渡五郎(わたり ごろう)はある夜、友人の丸目豪作とともに女性と少年が怪人に襲われる現場を目撃する。彼らはそこに助けに入るが怪人に攻撃を受け、五郎は海中に落下してしまう。
気がついた五郎は別の場所におり、その前には先ほどの女性と少年、数人の少年少女たちがいた。彼らは事情を説明する。「自分たちは超能力を持つミュータント・少年同盟であり、帝王バンバの率いる新人類帝国と戦っている」と。
さらに五郎の前に少年同盟の盟主・キャプテンサラーが現れる。彼は「五郎も超能力を持っている」と言い、それを覚醒させる。五郎の超能力とは2つのスタイルを持つ超人への変身能力、すなわちサナギマン、そしてイナズマンに2段変身するというものだった。五郎は少年同盟と共に新人類帝国のミュータンロボットと戦うことを決意する。
第24話・第25話(最終話)はファントム軍団との最終決戦であると同時に新たな敵・デスパー軍団の登場編でもあり、物語はそのまま『イナズマンF』へと続く。




イナズマン・渡五郎は壮絶な死闘の末、帝王バンバを倒しファントム軍団は壊滅した。しかしその直後ファントム軍団を遥かに凌ぐ新組織・デスパー軍団が現れた。その尖兵・ウデスパーは、ファントム軍団を内部分裂させたあのロボット戦士だった。ウデスパーの猛攻の前に、エネルギーの回復していない五郎は退却するが、彼を助けた男女は殺され、偶然近くにいた作業員も巻き添えを食って襲われてしまう。
と、そこにライフルを持った男が現れ、銃声一閃、五郎を助けた。男は五郎を自らの地下アジトに連れて行く。
男はインターポールの秘密捜査官・荒井誠と名乗り、この地下アジトに潜伏して戦うことを申し出る。そして、たった2人の辛く厳しい戦いの日々が始まる。



(Wikipediaより転載)




まず、「イナズマン」

主人公の名前は「渡五郎」なっていますが、漫画版では「風田サブロウ」です。

更に渡五郎は大学生ですが、風田サブロウは中学生でした。

フォーゼに登場したサブロウは高校生と、全部違っていますね。

何と言うか、これだけ主人公の名前や年齢が違う同一タイトル作品は珍しいのではないかと。

大抵、主人公の名前位は一緒なものですが。

それはさておき。

イナズマンは、特撮界では非常にレアな「超能力戦士」です。

変身後に超能力を発揮するヒーローはいましたが、変身前から超能力者。

しかも、変身自体も超能力で、道具も不使用と言うのはイナズマン位ではないかと。

仮面ライダーアギトも近いと言えば近いですが、超能力が使えて変身も出来るキャラは1人もいませんでした。

アギトに変身する翔一も、ギルスに変身する涼も超能力は使えなかったです。

ちなみにG3の装着員の氷川誠は変身も出来なければ、超能力も使えませんでしたが。

兎に角、イナズマンは超能力を駆使して新人類帝国と戦ったのです。

1話でも、敵の攻撃を跳ね返す「逆転チェスト」や「強力火柱返し」などのチート級の技を繰り出しています。

ゲームでもそれは遺憾なく発揮され、スーパーヒーロー作戦やスーパー特撮大戦でも相当強いキャラでした。

特に回避技を2つ(分身と逆転チェスト)も持っているのが強かったですね。

その反面、攻撃面では不安が残るキャラでもありました。

と言うのも、イナズマン時点では代名詞ともなる必殺技を持っていなかったからですが。

多用された超力稲妻落としも、超強力かと言われれば疑問が残ります。

稲妻を相手に落とした後パンチと言うビジュアルが、妙に地味なんですよね。

特に第一話の時は、あまりの地味さに「えっ」と驚いてしまいましたし。

超能力大戦を繰り広げたと思ったら、地味な格闘戦に入る事もある。

この辺りが、妙にアンバランスだった気がします。

最後まで超能力で戦っちゃダメなんでしょうか。

ちなみにフォーゼに登場するイナズマンは、殆ど超能力で戦っていましたね。

蝶の羽で空を飛び、稲妻をまとった攻撃を繰り出す無敵の超能力戦士として描かれていました。

必殺技の超力イナズマ落としもド派手になり、如何にも必殺技な感じになっております。

ぶっちゃけライダー要らないんじゃね?と言いたくなる強さでした。




(;´∀`)




確かに超能力でそつなく強いけど、超強力な必殺技に欠ける

それが「イナズマン」のイメージですね。

ブサイクで弱いサナギマンの存在が、それを更に増幅させていた気が。

フォーゼでは強かったサナギマンですが、こちらでは戦闘員にボコられるのがお仕事です。

別にドMのサナギマンが戦闘員にボコられる事により快楽を覚え、そのエネルギーを貯めるなんて救いようがない話ではありませんw

いや、これはこれで面白いですが放送禁止になってしまいます。

2段変身システムを持つイナズマンは、サナギの状態でエネルギーを充填しないとイナズマンになれません。

さりとて、敵に見つからない場所でこっそり耐えていると被害が増すばかり。

変身出来たはいいが、既に被害が出切った後では洒落になりません。

なので、敢えて戦いながらエネルギーを貯めるのです。

後に仮面ライダーカブトで、このシステムをオマージュしたキャストオフが登場する事になるのは有名な話。

兎に角イナズマンより、ボコられるサナギマンを良く覚えているという方も多い様で。

それくらい、サナギマンのボコられる率は高かったのです。

製作側もそれが分かっていたのか、中盤で路線変更したのでしょうが。

そう、それが「イナズマンF」です。

25話でイナズマンは、バンバに騙され脱出不可能な牢獄に閉じ込められました。

絶体絶命の危機に、超能力増幅器「ゼーバー」を創り出したイナズマン。

サナギマンの出番を過去の物としてしまうそのパワーは絶大で、哀れサナギマンの出番はほんの一瞬になってしまいました。

他にもマフラーの色が変わったりするなどの副作用もありましたが、それ程大きな変化はありません。

しかしこのゼーバー、何とイナズマンの体のパーツを組み合わせて作られた恐るべきアイテムなのです。

…イナズマン自身もミュータンロボの1種なんでしょうか?

それとも、変身した外装自体超能力で作り上げた強化服か何か?

は深まるばかり。

その謎のゼーバーを用いて放つ必殺技が「ゼーバーイナズマンフラッシュ」です。

私がこの技を初めて見たのはスーパー特撮大戦ででしたが、無数の稲妻が降り注ぐ恐ろしい技でした。

この新必殺技の前に帝王バンバは、最後の悪あがきを見せるものの力尽きて大爆発

ここに、新人類帝国は滅亡したのです。

と言うか、そもそも新人類帝国のミュータントは正直怪人の域を出ていなかった気が。

超能力らしきモノは使いますが、仮面ライダーの怪人との明確な差別化が図れていなかったと思うのです。

そもそも超能力者を改造したという設定が、モロじゃないですか。

渡五郎みたいに、超能力で変身させた方が良かったのでは?

第一話に登場したイツツバンバラも、やる事と言えば火を噴く事ばかり。

テレポートも使いましたが、基本火吹きがメインでした。

ぶっちゃけ、それって火炎放射器でも使う方が楽な気がします。

おまけに、ボスのバンバの正体も火炎ファイターで炎使い

完全に被ってますね。

折角顔が5つもあるんですから、1つの顔毎に異なる属性の攻撃でもさせれば良かったのではないかと。

でなければ、顔が5つの意味がありませんし。

もしかして、1人では弱っちいので5人重ねないと戦力にならなかったという裏設定でもあったのでしょうか。

しかも超能力が無いに等しいので、火炎放射器が内蔵されたとか?

そうだとしたら、あまりにも悲しさ倍増ですね。

そんな微妙な組織だったからこそ、デスパー軍団に乗っ取りを喰らったのでしょうが。




(´・ω・`)




対して、デスパー軍団は新人類帝国より更に機械寄りの組織です。

完全に開き直ったのでしょうか。

1話に登場した連中もノコギリだったりハンマーだったりと、完全に日曜大工シリーズです。

これでウデスパーが加わったら、そのまま工作番組でも作れそうな気が。

つくってあそぼInデスパーシティ、はっじまるよ~!

何かショッカーの後のデストロンみたいですよね。

正直、もう超能力関係ないレベルが開き直りによって更に加速して行ってます。

敵がこんなのだから、イナズマンも超能力から体術重視に切り替えて行ったモノと思われ。

それでも、巨大な地下都市を支配していたその力はかなりのモノです。

しかし、その科学力と超能力を平和の為に使わなかった為に裁きの稲妻を落とされる羽目に。

トップのガイゼル総統はバンバを超える超能力者と言う話でしたが、特に正体はありませんでした。

チェスと人間狩りが趣味の変態でしたが、そのせいか娘に裏切られてしまいます。

何もかもになったのか、この人は何故かバンバと同じ考えに至る羽目に。

かって、バンバは地殻変動マシンなるモノで日本を沈めようと画策しました。

成功すれば日本沈没という別の作品になったかもですが、世の中甘くはありません。

イナズマンによりギリギリで阻止されました。

そして、ガイゼルも同じく人工太陽を爆発させて日本沈没を企んだのです。

こいつら、どんだけ日本沈没が好きなんでしょうか。

小松左京の大ファンだったのですかね?

何故揃いも揃ってこんな頭の悪い結論に達したのかは良く分かりませんが、企んだのだから仕方ありません

日本沈没を阻止した娘を処刑したのは良いものの、ブチ切れたイナズマンにデスパーシティごと抹殺されてしまいました。

南無

ここで登場したガイゼルの娘ですが、何と最終回で唐突に出て来ます。

今となっては考えられないレベルの凄まじさですが、私も驚きました。

しかも、この娘に近付くと問答無用で親衛隊とやらに処刑される有様。

ですがこの親衛隊、娘が農民のカマ投擲(いっきか?)で傷付いて倒れても完全放置です。

その前に直訴した市民は即マシンガンで銃殺したのに、どういう事なんでしょうか。

一向に助けに来ないばかりか、農民達も銃殺されません



( ̄д ̄)エー



倒れた娘が、それを見かねた渡五郎に助けられた後に、のこのこと登場するから始末が悪い。

親衛隊とやらの仕事は、実は娘護衛でもなんでもなくてイナズマン抹殺だったのでは?

と思いたくなるレベルの不思議さでした。







後、イナズマンの時点で「少年同盟」なる組織が存在したのですが…

何か物凄く胡散臭い組織でした。

怪物揃いの新人類帝国に、何故か子供ばっかり集めて対抗しようとする謎の男「キャプテンサラー」なるモノに組織されたんだそうで。

しかもこの男、第一話以降全く姿を現しません

少年同盟のメンバーもマジで大した事が出来ない子供ばっかりで、足手まといになる事が殆どでした。

出来る事と言えば服装変化投石(?)と、要救助者の避難誘導程度です。

とうてい新人類帝国に対抗できるレベルではありません

どう考えても、全部イナズマンに丸投げして逃亡したとしか思えないのですが。

最終回で大ピンチのイナズマンの助けにも来ませんでしたし。

本当に、キャプテンサラーとは何だったのでしょうか。

そのせいか、イナズマンFでは少年同盟自体が登場しません

なので、イナズマンの相棒は荒井と名乗るインターポール捜査官だけでした。

やはり、サラーの逃亡で組織としてやっていけなくなったのでしょうか。

何とも悲しい事です。




(´・ω:;.:...





玩具関係は一切無し

と言うか、あんまり出ていない気がします。




主題歌とEDは、イナズマンとイナズマンF両方違うモノが用意されていますね。

私は主題歌はFで、EDはイナズマンの方が好きでした。





人間の自由の為に、悪の超能力集団と戦い続けた「イナズマン」

そのイナズマの輝きは、今も衰える事なく煌めき続けています。



( ´ー`)フゥー...

theme : 特撮
genre : サブカル

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード