06
2
3
5
7
9
10
12
14
16
17
19
21
23
24
26
27
28
29
30
   

ロボットアニメ回想録外伝 ガンダム考察その1。

その1とありますが、続くかは不明の不定期企画です。

今回は、ガンダム世界における良くある勘違いについて考察してみようかと。





良く、「ジムはガンダムの量産型なのに何故あんなに弱いの?」なんて疑問を見かけます。

それに対しての答えは大抵「コストダウンされた安物だから弱い」となっていますね。

しかし、それは間違いかも知れません。

そもそも、ガンダムとジムでは型式番号からして全然違います。

RXナンバーのガンダムに対して、ジムは新規ナンバーのRGMを使用していますね。

そして、現実の製品開発でもこんな作り方はしません

通常はプロトタイプより、製品版が優秀になります。

実際に、ジオンではプロトタイプより正式機の方が高性能ですよね。

旧ザクとザクを比べれは、その性能差は一目瞭然

旧ザクを改良し、対MS用装備を施す事で正式機となったのがザクです。

対して、ガンダムは所謂ただの試作機ではなく「高性能実験機」に当たる存在ではないかと。

その時点での最高の技術を投入し、データを取る為の実験機

それが「ガンダム」です。

ガンダムの試作機に当たるのが、所謂RX-78-1プロトタイプガンダム

これで実験を繰り返した後、そのデータを元に開発されたのがRX-78-2ガンダムですね。

そしてRX-78-3G3ガンダムは、予備機として製造されたのだと思われます。

ガンダムに何かしらのアクシデントがあっても、試験を続行出来る様にでしょう。

で、本編ではまさにガンダムの試験真っ最中だったのですね。

なので、唯一アイドリング状態にあったのです。

プロトタイプガンダムは既に役目を終えており、完全に停止状態であったと思われ、

もしかしたら、予備パーツとして分解されている最中だったのかも知れませんね。

また、予備機だったG3はいつでも起動させられるようにスタンバイだけはさせておいたのでしょう。

あるいは、まだ完全に組み上がっていない状態だった可能性も大です。

試験場を強襲したザクのパイロットも、当初はパーツばかりかと勘違いしていましたし。

まあそれが仇となって、パーツ状態だったモノは尽く破壊されてしまうのですが。

その中には、プロトタイプガンキャノンプロトタイプガンタンクも含まれていたのでしょう。

ガンダムはその後も、ジャブローなどで開発が進められて居た様です。

NTー1アレックスもそうした機体の1つで、アムロ専用に開発されたエースパイロット向けの機体でしたね。

また、全く違う生産ラインで製造された陸戦型ガンダムも存在します。

この系統は、陸戦型ジムと共に少数生産の末系統が途切れる事に。

で、ガンダムで得られたデータを元に開発されたのがRGM-79ジム

以後、こちらが主流の量産機となりました。

ガンダムのデータをある程度流用し、ザニーなどの試作機での実験データをも加えた所謂「正式機」がジムであって、決してガンダムの安物と言う見方は間違いだと思われます。

つまり、ガンダムの直系の量産機は存在しないと言う事になりますね。

この傾向はこの後も続き、ガンダムタイプが本格的に量産投入されるのはクロスボーンガンダムの時代まで待たなければなりません。

その間に開発されたMk-2、Z、ZZ、ν、クスィーなどは、結局直系量産機が登場しませんでした。

Mk-2は3機試作されましたが、フレーム材質の不具合から計画自体が打ち切り。

しかも試作機が敵に全機持ち逃げされる始末。

それまでのデータを元に量産機として開発されたのがバーザムでしたが、元にしたデータが足りなかったのか、開発陣のデザイナーが違うのか、似ても似つかない機体となっています。

ただ、性能としてはMK-2に匹敵するのだそうで。

となると、単純に開発陣が違うのでしょう。

また、アナハイムで解析されガンダムMkー3がロールアウトしています。

ですがこの機体も、フルアーマー案共々試作されただけで終わっています。

この機体が実戦投入されたと言う記録は、未だ存在しませんし。

恐らくは、Z計画との競合機だったと思われます。

持ち込まれたMK-2のデータを元に、枝分かれして行ったのでしょう。

結果、戦闘場所を選ばない最新鋭可変機のZが採用されたのではないかと。

計画はそのままZZ開発へと流れ、アナハイムでのMKシリーズは3を以って終了となったのです。

尚、MK-4とMK-5はオーガスタ製のサイコガンダムの流れを組む機体なので、直接の関係はあまりない模様。

ただし、MK-4と5の開発にはアナハイムから出向したスタッフが関わっているらしく、無関係ではありませんが。




(;´∀`)



そしてそのZも、あまりに高価過ぎる為に結局直系の量産機が存在しません。

勿論プランはありましたが、コストに性能が見合わず却下

一部資料では、1機が試作されたという情報もあり。

プロトタイプに関しては、かなりの数が存在している様ですが。

Zプラス少数が量産されるに留まり、リ・ガズィに至っては完全に量産試作機です。

量産化の妨げになる変形機能を極力排除した、画期的な機体ではありました。

が、それですらコストがかかるとして1機が試作されたに過ぎません。

その後、再設計量産機としてリゼルが開発されましたがこれも少数生産のみでした。

後継機としてZ2(ゼッツー)もありましたが、これもプランのみで終了。

ZZ開発計画の方が優先された様です。

試作機が作られたと言う未確認情報もありますが。

そのZZガンダムにしても、量産型は同じくコストのせいでプランのみで却下

兎に角ハイメガキャノンが、量産化の妨げになった様で。

プロトタイプZZと、フルアーマー案を載せた先行量産試作機であるFAZZが少数生産された程度に留まっています。

プロトタイプZZは改造されて木星で赤い巨人と戦ったと言う噂も。

再設計機のSガンダムに至っては、量産化が検討される事すら無かった様です。

まあこの機体はそもそもALICEシステムの実験機だったので、それでいいのでしょうが。

ALICEが不採用になった時点で、この機体の役目も終わってますし。

νガンダムに関しては、強化案とモロガンダムタイプの量産案が提示されています。

特に量産型νガンダムは、フィン・ファンネルとインコムを選べたりと相当な高級機となっていました。

νガンダム自体もHWSでの強化案や、HI-νの存在もあります。

ですが、あまりにもシャアの反乱があっさり終結した為計画は全て廃案になったそうで。

量産型νガンダムに至っては、実機での実験も行われていただけに残念です。

その後に開発されたのがオデュッセウスガンダム

クスィーガンダムの試作機として開発された様ですが、ペーネロペーユニットを装着され実戦投入されてしまいます。

と言うのも、オデュッセウスガンダム自体がアナハイム20周年記念で作られた機体だからなんですが。

それが、何故かそのまま連邦軍に納品されてしまった模様。

これが無かったら、マフティーの反乱は成功したかもですのに。

アナハイム、全く以って節操がありません

そして、クスィーガンダムは更なる高性能機を求めたマフティーの要請により開発された機体です。

これもその時の最先端技術を全て注ぎ込んだ超高級機だった為、一切の量産プランがありません

その為、マフティーが使用していたのはギラ・ドーガ再設計機であるメッサーとなっています。

同じく、ユニコーンガンダムも都合3機が試作されたのみで量産プランは無し

連邦軍が使用していた機体は、従来のZ計画から生み出されたリゼルやデルタプラスなどでした。

で、シルエットガンダムに至っては完全にF91のパクリ機体です。

それで得た技術を元に、集大成とも言えるネオ・ガンダムを開発しましたが、2機が製造されたのみに留まりました。

直系の量産機は存在せず、殆どサナリィの機体を弄ったモノばかりという有り様。

この辺りから、アナハイムの転落が始まるのですがこれはまた別の話。

一方、F90からガンダムタイプを製造し始めたサナリィ。

これも都合3機が存在しますが、3号機が未組み立てのままクラスターガンダムへと作り替えられています。

直系の量産機はやはり存在せずF90サポート(S)タイプを参考にしたGキャノンが、アナハイムに委託生産された程度ですね。

しかも企業間のトラブルのせいで、元になった機体とは似ても似つかないキャノン系機体となってしまいました。



(´・ω・`)



その後に、ようやく登場したのが量産型F91です。

幾つかの機能がオミットされていますが、正式な直系量産機です。

少数量産かどうかはまだはっきりしていないので、ある程度は生産されていたと思われ。

この時代、他にもクロスボーンガンダムの量産機のフリントがモロにガンダム顔だったりしましたね。

更に後の時代では、Vガンダムが少数量産され投入されています。

また、その量産機であるガンイージもガンダム顔をした高性能量産機ですね。





さて、本題はジムに戻ります。

正式機のワリにはオデッサで投入された時初期不良を起こしまくりましたが、そんな事は現実でも良くある話。

所謂リコールがそれに当たります。

某ソニーのゲーム機なんぞは、初期不良が当たり前とか言われてましたしw

バンダ◯の製品にも、結構初期不良が多いですよね。

股間プラプラのガオガイガーやら、顔が変なウルトラマンに泣いた人も多いはず。

様々なバリエーションを生み出しつつ、最終的にジム3までが生産されています。

この後は、アナハイムのネモと統合されジェガン系として新たなスタートを切りました。

以降、ガンダム系とは違う独自の路線を行っているので、やはりガンダムの直系の量産機とは言えない気がしますね。

その後小型化の波でヘビーガンへと変わり、Vの時代にはジャベリンが生産されています。



(`・ω・´)




余談ですが、ガンキャノン面白い経路を辿っていますね。

色々バリエーションが試作されたり、性能が向上した直系の量産型が存在したりしています。

この量産型ガンキャノンは、この時期では非常に珍しい直系の量産機でした。

しかも正式機として必要な、性能の向上も果たしています。

更にガンキャノン2と言う機体も存在し、これも結構な高性能量産機でした。

量産型ガンキャノンと同じく、少数が生産されただけに留まりましたが。

しかしながら、ジムキャノンコストで敗北し少数生産のみで消えていきました。

この後は、Gキャノンまでほぼ完全に系統が途絶えてしまいます。

しかも、元がF90Sタイプの量産機であるF70の更にライセンス生産機というややこしい存在でした。

よって、型式番号もF71ともうガンキャノンの面影すらありません。

とは言え、貴重なガンキャノン系機体であるのは確かですね。

ちなみにガンキャノン・ディテクターという機体もありますが、これは似ているだけで実はメタス系だったり。

ハヤトがかっての愛機にあやかって、命名したのだそうで。

ただ、似ているだけに機能的には極めてガンキャノンに近いモノになっています。





このガンキャノン系よりある意味もっと悲惨だったのが、ガンタンク系でした。

幾つかのバリエーションが少数生産されたものの、どれも性能的にパッとしないモノばかり。

元々のガンタンクからして、MSとは何かを理解しないまま製造された機体です。

戦車が完全に旧式化した時代に、一体この機体の何処に未来があると言うのでしょうか。

従って、そういう方向へ進むのはある意味止むを得なかったのでしょう。

やはり、ガンダム世界ではキャタピラ走行の機体は機動力に難がある様で。

なお、MSに変形するガンタンク(F50D)も存在しますが、やはり性能的に要求に満たず少数生産で終わっています。

しかも製造はサナリィと、ガンタンクと呼んでいいかも微妙な存在でした。

映画「ガンダムF91」で登場したアレは、この機体のレプリカなんだそうで。




更に余談ですが、ガンダムとジムは実はバイクで言うレース用カスタム機(あるいはコンセプトマシン)とその量産型レプリカの関係ではないかと言う説もあります。

これはこれで、十分にありうる話ですね。

高価な一点ものの機体を、ファンの声に応える形でコストダウンの為デチューンして量産する。

今でも珍しい話ではありません

高性能機の先進的なテクノロジーが反映された機体は、やはり結構な高性能機になる可能性が大だからです。

ガンダムWでも、高性能すぎるトールギスに代わって扱いやすいリーオーが開発されていましたね。

デチューンやコストダウンは、ガンダム世界では低性能の代名詞である事も多いのですが…

このリーオーみたいに、扱いやすくする為のデチューンは決して悪い事ではありません

実際にはコストも抑えられて、非常に効率が良くなる事が殆どですね。

トップレーサー(あるいはエースパイロット)しか扱えない超高性能機なんか、市販した所で誰も扱えない上に超高額になってしまいますし。

後、ガンダムOOではほぼ主役ガンダム全機種にプロトタイプとなる機体が存在しています。

これは最初からしっかり設定されている、中々ナイスなやり方ではないかと。



元は地球連邦軍の主力MSとして生み出され、連綿と系統が連なる名機「ジム」

その信頼性と生産性は特筆すべきモノでした。

これからも、そのバリエーションは増えていくのでしょう。



( ´ー`)フゥー...

theme : 機動戦士ガンダムシリーズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード