06
2
3
5
7
9
10
12
14
16
17
19
21
23
24
26
28
29
30
   

スパイダーマン(東映)回想録。

何かニコニコで妙な人気を得てしまった東映版「スパイダーマン

今回はこの作品を取り上げたいと思います。





ちなみに、私がスパイダーマンという作品を知ったのはこれが最初でした。

自分的にはかなり斬新に見えてお気に入りになり、走り方などを真似して遊んだ記憶があります。

その後で、アメリカ版アニメのスパイダーマンを見てびっくり

だって、全くイメージが違うのですよ。

ロボも出ないしブレスレットも見える場所に付けてない、その上名乗り口上も無い。

当時、物凄く混乱したのを覚えています。

実際は、東映版の方が特異な存在だったのですが。


まず、原作のストーリーを。

勉強以外は冴えないクイーンズ在住の高校生、ピーター・パーカーは、ある日社会見学中に被験体のクモに噛まれた事により、スーパーパワーを手に入れる。
彼は、赤と青のコスチュームを誂え、テレビ出演して金を稼いだ。一躍人気者となっていた彼は、ある日の番組収録後、一人の強盗が警備員から逃げるのを、「自分の仕事じゃない」と見逃した。しかししばらくして、彼の父親代わりだったベン・パーカーが、何者かによって殺害される。それを知ったピーターは殺人犯を追うが、それが自分が見逃してやった強盗だと気付く。後悔の念に苛まれたピーターは、ベンが残した「大いなる力には、大いなる責任が伴う (With great power comes great responsibility.)」という言葉[† 1]を胸に、人々の為に自分の超能力を使う事を決意するのだった。



続いて、東映版のストーリーを。


オートレーサーの山城拓也は、高名な科学者の父を研究成果の悪用を目論む異星人のモンスター教授に殺された。故郷を滅ぼされて教授を追って来たが力尽きたスパイダー星人・ガリアから、蜘蛛の能力を与えられて、超人・スパイダーマンとなり、仇である教授が率いる鉄十字団と戦う。


(Wikipediaから転載)



…これだけ違えば、そりゃ混乱もします。

しかも東映版のストーリー説明が短い!

まあ、そりゃ大して書く事もないでしょうけど。

私的には、東映版の方のストーリーがやはり気に入っています。

と言うのも、原作版のスパイダーマンって放射線で突然変異した蜘蛛に噛まれてパワーを身に着けたんですよね?

何かそれが、ゴジラのパクリに思えて仕方ないのです。

実際には、放射線に凄い突然変異をさせる力はありません。

せいぜい、奇妙かつ寿命も短い奇形を生み出す程度でしょう。

それよりは、宇宙人から貰ったブレスレットで変身の方がまだリアリティがある様に思うのです。

原作版も面白いのですが、個人的にはどうしても先に知った東映版に肩入れしてしまいますね。

やはり、幼少時にヒーローとして鮮烈な記憶を残して行ってくれましたので。



(`・ω・´)




東映版スパイダーマンのスペックは、幼少時に見た雑誌に「人間の3倍の力を持つ」とありました。

何か赤い人が出て来そうですが、3倍です。

かなり謙虚な数字ですよねぇ。

某ヒーローなど6600倍もの力を持つと言うのに。

それに加えて、お馴染みのなどをするする登る能力。

そして、ブレスレットからのウェブネットなどがあります。

などと言うと、何かインターネットの説明みたいですね。

ブレスレット型端末で、ネットに繋げますよ的な説明をしている様な錯覚を受けましたw

ですが、原作版とは違いウェブを攻撃用や移動用に使う事は少なかったです。

地面を独特の走り方で駆けるか、専用マシンで移動していました。

そう、東映版はマシンに恵まれているのです。

となると、わざわざあちこちにウェブの残骸を残しながらターザンする必要はないのでしょう。

他にもスパイダー感覚は原作と同じく、悪の波動を感じ取る事が可能。

変身も、ブレスレットは半分位しか手伝ってくれません。

残りのジッパーの上げ下げは、セルフサービスとなっております。

これもヒーローとしては、結構珍しいですよね。

ちなみに、変身解除も恐らくセルフサービスだと思われ。

妙な所で原作チックです。

最終回でも半脱ぎ状態を披露しておりました。

で、非常に特筆すべきは必殺技を持たない事。

これがまた凄い斬新でした。

今から考えたら、結構アメコミ的ですよね。

東映的には、これが精一杯の歩み寄りだったのかも。

と言うのも、敵の怪人たるマシーンベムを倒す役は別にいるのです。

それが、冒頭でも少し触れた巨大ロボ「レオパルドン

普段はマーベラーと呼ばれる宇宙戦艦モードですが、スパイダーマンの操作でレオパルドンへと変形します。

このレオパルドンこそ、スパイダーマンの最終兵器とも呼べる存在でした。

なんせ、こいつマジで無敵なんですよ。

必殺武器のソードビッカーを繰り出すと、マシーンベムなど一撃で消し飛んでしまいます。

おまけに、変形せずにマーベラーカノンだけで粉砕した事も。

強い!絶対に強い!としか言い様がありません。

ラスボスのモンスター教授ですら、一撃で葬り去られてしまったのです。

敵の鉄十字団も、こいつに対しては物凄く警戒していた模様。

400年前にスパイダー星を滅ぼした時は、レオパルドンが留守の時を狙って襲った様です。

何と言うか、ちょっと情けない組織ですよね。

まあ、あんな化物相手にするのは凄くだったのでしょうが。

しかし、戻ってきたスパイダー星人ガリアは激怒

散々に負けながら、地球まで逃げる羽目になってしまいました。

ですが、奇跡的にガリアをに嵌める事に成功。

せこいですが、番組開始前に滅亡する危機だけは避ける事が出来たのでした。

…うん、やっぱり情けない敵組織ですなw



'`,、('∀`) '`,、




ガリアを倒して安心した鉄十字団ですが、志とレオパルドンを受け継ぐスパイダーマンの出現はまさに寝耳に水だったでしょう。

色々頑張って悪事を働くものの、結局スパイダーマンはおろかレオパルドンを揺るがせる事も叶わず地球の塵と消えてしまいました。

正直、スパイダー星を滅ぼせたのはまぐれじゃないか?と思わないでもありませんね。

とは言え、ガリアとは違いスパイダーブレスからのエキス供給が無いと普通の人間と殆ど変わらないので、ピンチに陥る事もありました。

その点は、なりっぱなしの原作版とは違い親切と言えば親切です。

また、スパイダースーツの防御力も微妙で無敵と言うレベルでは無かった気が。

この辺りが、物語に緊迫感を持たせていた記憶があります。

武器にしても、飛び道具の一つも持っていませんでしたしね。

原作版みたいに、ウェブを敵にぶつけたりはしなかったと思いますので。






私はこの作品を再放送で視ていたのですが、何故か最終回だけ見逃してしまいました。

最近まで最終回がどうなったのか知る機会が無かったのですが、何とマーベルのHPで無料配信していると聞きアクセス。

そこでようやく最終回を視る事が叶ったのです。

何と言うか、一つ大きな荷物を下ろす事が出来た様な気分でスッキリしました。

本当にモンスター教授が一撃で粉砕されているのを見て、これこそ東映版だなぁと感動までしましたよw

なお、原作版はイマイチ肌に合わずTVで一作目を視ただけで終わってしまった模様。

それと、ニコニコでは良く「ダーマ」と略されていますね。

勿論ドラクエの転職の神殿ではなく、名乗り時の滑舌が微妙だったせいなんでしょうが。

良く聞くと、確かに「スパイダーマッ!」と聞こえなくもない気が。

後、名乗りセリフが毎回結構変わる事でも有名です。

中でもやはり「キノコ狩りの男!」が有名でしょうか。

別にキノコ狩りに来てた訳ではなく、敵のマシーンベムがキノコ型だったせいなんですが。

個人的には最終回でも使った「鉄十字キラー!」が好きですね。

最初に良く使われた「地獄からの使者」も悪くないのですが、それを聞くとデビルサターン6の方を思い出してしまうのです。




(´・ω・`)




玩具関係は一切無し

ただ、スーパー戦隊に繋がる存在であるレオパルドンの玩具は欲しかったですね。

これの成功が、バトルフィーバーJでのバトルフィーバーロボ登場に繋がるのですから。

何気に、重要な位置にあるメカです。

その後、超合金魂でも登場してびっくりしました。

今や、結構なプレミアが付いていますが。




主題歌は、やはり王道の特撮ソングで非常に燃える内容になっております。

私も非常に気に入ってたり

EDは、打って変わって切ない感じの曲に。

こっちも良い歌なので必聴です。





日本で魔改造され、独特なヒーローとして生まれ変わった「スパイダーマン(東映)」

主役が蜘蛛の超人と言う独特のオリジナリティは、今でも色褪せる事無く存在しています。




( ´ー`)フゥー...

theme : 特撮
genre : サブカル

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード